• HOME
  • 目のケア
  • アトピー性皮膚炎は目もつらい!? アレルギー反応が引き起こす“目の病気”って?
目の病気

アトピー性皮膚炎は目もつらい!? アレルギー反応が引き起こす“目の病気”って?

アトピー性皮膚炎は目もつらい!? アレルギー反応が引き起こす“目の病気”って?

今や日本国民の3割が、何らかのアレルギーを持っているといわれています。もはや国民病とさえいえるアレルギー性疾患ですが、中でもアトピー性皮膚炎をお持ちの方の場合には、それが重篤な眼科疾患の原因となることもあるようです。
一見無関係な皮膚炎が、どうして目の異常を引き起こすのか、調べてみました。

アトピー性皮膚炎ってどんな病?

日本皮膚科学会のガイドラインによると、

“アトピー性皮膚炎は,増悪・寛解を繰り返す,瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり,患者の多くは アトピー素因を持つ”

出典:公益社団法人 日本皮膚科学会 – アトピー性皮膚炎診療ガイドライン
と定義されています。
つまり、良くなったり悪くなったりを繰り返す、痒みをともなう皮膚疾患のことです。発症すると厄介な疾患ですが、実はアトピー性皮膚炎の原因は、いまだ解明されてはいません。ではなぜ、アトピー性皮膚炎が目の病の原因になるのでしょうか?

意外!? アトピーが引き起こす目の疾患は意外と多い

アトピー性皮膚炎にともなう目の疾患には、

  • 1. 眼瞼炎(がんけんえん)
  • 2. 結膜炎(角結膜炎)
  • 3. 白内障
  • 4. 角膜上皮障害
  • 5. 網膜剥離

などがあるといわれています。
中でも『眼瞼炎(がんけんえん)』の割合がもっとも多く、アトピー性眼瞼炎の場合は、目の周囲の皮膚に、湿疹、むくみ、ただれ、かさつきなど皮膚炎特有の症状が現れます。

アトピー性皮膚炎_02
出典:Calgary Optometry. Centre – Blepharitis-What is this Common Eye Condition?

その次に多いのが、『角結膜炎』と呼ばれる症状です。アトピー性角結膜炎は、アレルギー反応により角結膜(黒目と白目)に炎症が起こり、目の痒みや充血、白目の腫れ、目ヤニなどを引き起こします。春から夏にかけて重症化することが多いため、“春季カタル”とも呼ばれることもあります。

『角膜上皮障害』は、アトピー性角結膜炎(春季カタル)に続いて発症するケースが多く、角膜炎角膜びらんなどの症状を引き起こし、痛みや充血、目ヤニの分泌、角膜の一部が白く濁るなどの症状を引き起こします。
いずれも強い痒みや痛みをともなう症状ですが、これがさらに重篤な眼疾患を引き起こすケースも少なくありません。

目をこすることで生じる皮膚炎のリスク

アトピー性皮膚炎にともなう眼疾患の中でも、近年増加傾向にあるとされるのが『白内障』と『網膜剥離』です。
一般的には加齢により症状が現れるといわれる白内障ですが、その原因は1つではありません。先天的なものや、糖尿病などの代謝異常により引き起こされるもの、また外傷によって白内障の症状が引き起こされる場合もあります。

アトピー性皮膚炎_03
出典:Dijeta Plus – Katarakta siva mrena na oku simptomi, lečenje, operacija

アトピー性白内障の原因は特定されていませんが、強い痒みのために目の周りを強くかいたり、こすったり、また顔を叩いたりするなどの物理的な刺激を長期間にわたって与え続けることで引き起こされるのではないか、といわれています。
そのため、皮膚炎にかかっている時期が長いほど、白内障の現れる率が高いことが報告されています。また、アトピー性網膜剥離も同様に、目の周りに対する刺激によって引き起こされると考えられています。

こうした強い刺激により引き起こされるケースは、顔、特に眼の周囲に皮膚炎の症状が強くあらわれている人に多く、本人には自覚がなくても、就寝中にまぶたを強くこすったり、激しく叩いたりなどの行為を繰り返している事例もあるようです。

目の周りに皮膚炎の症状がある人は、眼科の検診も

一見無関係のように思えるアトピー性皮膚炎と、眼疾患との関係はご理解いただけたでしょうか?
アレルギー症状は誰にでも起こる可能性があり、また皮膚炎に限らず、花粉症などによっても、目に強い刺激を与え続けると合併症を引き起こすことも考えられます。
人の眼球は、カメラのような精度と繊細さをかねそなえた、とても大切な器官です。いかなる場合も強くこすったり、叩いたりなどの刺激を与えないのが基本だと考えてください。
もし思い当るところがあれば、皮膚科だけではなく、眼科の診断を受けることで、自分の症状をより良く知ることにつながりますよ。

▼意外な目の病気が潜んでる? 不安を感じる人にオススメの記事
写真でわかる悪性腫瘍!?“白く写る目”で早期発見されたガンとは?

花粉症だけじゃない!? その目のかゆみ、大丈夫?

「目やに」は加齢と炎症のサイン!?目やにの種類別に見る原因と対策

それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル

放置すると失明の可能性も…!目をぶつけたときの正しい応急処置

【参考】
公益社団法人 日本眼科医会 – アトピー性皮膚炎と目
http://www.gankaikai.or.jp/health/29/02.html
公益社団法人 日本皮膚科学会 – アトピー性皮膚炎診療ガイドライン
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913553_1.pdf
安井眼科 – アトピー性皮膚炎の眼合併症
http://www.yasui-eyeclinic.jp/original12.html

文/キネコ
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

診断

「目やに」は加齢と炎症のサイン!?目やにの種類別に見る原因と対策

「目やに」は加齢と炎症のサイン!?目やにの種類別に見る原因と対策

久しぶりに、ぐっすりと眠れた朝。
しかし気持ちのいい目覚めに水を差すのが「目やに」です。
生理現象として仕方のないものですが、最近、増えたと感じていたら、ちょっと注意。
今回は、そもそも目やにとは何なのか、増える原因には何が考えられるのか?
傾向と対策と合わせ、ご紹介します!

目やにの正体は、目の分泌液に絡め取られたゴミの残骸!

目から分泌されるものとして、真っ先に思い浮かぶのが涙。
しかし涙の他にも、結膜や角膜といった組織から、粘度の高い液体が分泌されています。

この粘液が担うのが、代謝によって出た老廃物などを高い粘度で絡め取り、目の外に排出する役目。粘液に絡め取られた物質は、さらに涙によって、鼻の穴に通じる鼻涙管(びるいかん)という器官まで流されますが、涙の分泌量が減る睡眠中は、そのまま目の内部にとどまることになります。

つまり目やにとは、粘液に絡め取られた物質が流されず目元に残った、いわば残骸のようなもの。とりわけ、朝の起き抜けに目やにを感じやすいのも、納得です。
ロート製薬の調べでは、「朝起きたとき、目の不快症状を感じることがある」人は65%、つまり3
人に2人は、“朝の不快症状”によりストレスを感じているのです。

sinryokusui_02

出典:ROHTO−プレスリリース−朝、目やにが気になる時などの目薬「ロート新緑水(しんりょくすい)」新発売!

その中でも最も気になる症状は、「目の疲れ(16%)」に次いで、「目やにがたまっている(13%)」という結果になりました。

疲れ目により免疫力が低下していることなどが原因で、たまった目やにが炎症を起こし、その炎症が目のかすみや疲れにつながり不快症状となる……という悪循環が生まれてしまうのです。

色と状態からセルフチェック!目やにから知る炎症のサイン

通常、目やには白っぽかったり黒っぽかったりし、カピカピと乾燥した状態。
これが少々、目元にこびりついている分には心配ないのですが、ドロドロと妙に粘度が高かったり、逆に涙のようにサラサラとした液状だったり、違和感を感じたら要注意。
粘液が絡め取ったのが細菌やウイルスだった場合、色や粘度に特徴が現れます。

◆黄緑色でドロドロしている

黄緑がかっていて、膿のような目やにで心配されるのが、細菌による炎症。
『細菌性結膜炎』にかかっている可能性があり、目の充血やゴロゴロとした違和感を伴います。

◆透明や白でサラサラしている

「妙に目やにが多いな?」と感じるのが、サラサラとした状態のとき。粘度が低く、目からこぼれやすいことから「多い」と感じます。
この場合に考えられるのが『ウイルス性結膜炎』で、やはり目の充血やゴロゴロとした違和感を感じますが、細菌性と比べて症状が強く出ることが多く、感染力も強いため、タオルの共有など、家庭内でも注意が必要です。

◆透明や白でドロドロしている

花粉症をお持ちの方なら、イメージがつきやすいことでしょう。
かゆみが強く、糸引くような目やにが特徴で、花粉やほこり、動物の毛やハウスダストなど、アレルゲン物質が目に付着することで起こる『アレルギー性結膜炎』が考えられます。
重症化すると『春季カタル』という病気を引き起こし、かゆみだけでなく、まぶたの裏に白いブツブツができ、これが大きくなると、角膜が傷つくことまであります。

その他、人間ではほとんど見られない症状ではありますが、目からの出血が混じり、赤っぽい目やにが出るなど、目やにの色や状態は、まさに“炎症のサイン”。
早急に眼科を受診することが、重症化を防ぎます。

目やには加齢でも増加!朝の不快感を払拭するには目薬が効果的

色や状態に異常がなく、単純に「目やにが増えたなぁ」と感じる場合に考えられるのが「加齢」です。
目覚めのときに目やにを感じる理由として、「日中は涙によって流される老廃物が、目元に残ってしまうから」とお話ししましたが、その他に「加齢による目やにの増加」も挙げられます。老化によって肌の水分量が減るのと同じように、涙の分泌量が減少することも、目やにが増加する原因の1つ。涙の分泌量が減ると目元にたまる老廃物が増え、自ずと目やにも増えるといった仕組みです。

涙による浄化機能が働きにくくなれば、目やにが増えるだけでなく、先に挙げたような炎症を引き起こす可能性も大きくなります。
そこで、お目覚め時には目薬によるケアがぴったり!

sinryokusui_03

出典:ROHTO商品情報サイト−『ロート新緑水』

おすすめはロート製薬から発売されている『ロート新緑水』。
目やにが異常を来す以前にも、目の内部に侵入してきたゴミや紫外線など、目はあらゆる外的ダメージと戦い、“プチ炎症”を起こしています。
目やにと共に感じる目のかすみは、この炎症に起因していることが多いと言いますが、『ロート新緑水』は生薬由来の成分を2つ(ベルべリン硫酸塩水和物、アズレンスルホン酸ナトリウム水和物)配合し、ダブルの力で沈静化。
スーッとしすぎず、やさしく浸透する清涼感で、目の不快感を緩和するだけでなく、お目覚め時にぴったりのさし心地です。

▼ご購入はこちら
『ロート新緑水 1本(13ml)』


【参考】
ミナカラ「朝起きたら目ヤニが沢山!!目やにが出る原因と予防方法、隠れている可能性のある目の病気について知ろう」
https://minacolor.com/articles/show/469
ロート製薬 商品情報サイト「ロート新緑水」
http://jp.rohto.com/shinryoku/

『加齢黄斑変性症』セルフチェック

欧米では成人の失明原因第一位となっており、日本でも中高年に増加中の「加齢黄斑変性症」という病気をご存じでしょうか?
下の画像は『アムスラーチャートテスト』という「加齢黄斑変性症」の発見に使われるものです。
どのように見えていますか?見え方をチェックしてみましょう。

アムスラーチャートテスト"
診断結果はこちらへ

セルフチェックの結果、「加齢黄斑変性症」の可能性が疑われた方は、眼科の受診をおすすめします。

「目やに」が増えたら、目の炎症のサインかも?

新緑水
朝起きたら「いつもより目やにが多い…」と感じることはありませんか?「目やに」は目の炎症のサインです。朝起きたときに目の不快感を感じる方は、目の炎症を鎮め、気持よく一日をスタートできる目薬を試してみましょう。

詳しくはこちら

文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ