• HOME
  • 専門家
  • 【医師監修】大人気アイドルも絶賛の『ICL』向いている人&向いていない人の条件とは?
視力回復

【医師監修】大人気アイドルも絶賛の『ICL』向いている人&向いていない人の条件とは?

【医師監修】大人気アイドルも絶賛の『ICL』向いている人&向いていない人の条件とは?

国民的アイドルグループの人気メンバーが施術を受けたことで、その認知度が急上昇している視力矯正治療ICL。目の中にレンズを入れることで、視力の改善を図る治療です。

このレンズは手術後に除去することも可能で、角膜を削るレーシックとは違い、やり直しがきくことなどが魅力。近視や乱視の方を救う画期的な治療として、注目を集めています。

今回は眼科医の岡野先生に、そんなICLに向いている人、その逆に向いていない人の条件について聞いてきました。「ICLに興味はあるけど踏み出せない」というあなた、ぜひチェックしてください!

強度近視の方必見!ICLはこんな方におすすめ

ICLが向いている方の条件としては、まず-6D以下の強度近視であること、もしくは-3D以下の乱視であることが挙げられます。

ICLと同じく視力を矯正する治療であるレーシックは、強度近視には対応できません。泣く泣くレーシックをあきらめた方も、ICLなら視力回復を望めるでしょう。

また、生まれつき角膜が薄い場合もレーシックは受けられませんが、ICLなら問題ありません。

なお、ICL治療の対象となる年齢は、だいたい20歳から45歳まで。目の状態によってはこの限りではありませんが、老眼の症状が出てくるようになると、あまり効果を得られなくなります。

▼ICLの基礎情報を知りたい方はコチラをチェック!
【医師監修】あの大人気アイドルも絶賛!話題の視力矯正治療『ICL』ってどんなもの?
《医師監修》レーシックのデメリットを解消!簡単な手術で視力を回復できる「眼内コンタクトレンズ治療」とは
目の中に入れるコンタクト!? レーシックに代わる選択肢『ICL』手術とは?

格闘技など激しいスポーツをする方にICLは不向きかも……

先述の条件を満たしている場合でも、ICLがあまり向かないことも。たとえば、格闘技やサッカーなど、激しい衝撃を受けることが多いスポーツをしているケースが挙げられます。なぜなら、強い衝撃を受けることで、目の中でレンズが動いてしまうためです。

前虹彩型はレンズが適正な位置からずれてしまい、後虹彩型はレンズが水晶体を圧迫して、白内障を引き起こす可能性があります。心当たりがある方は、眼科を受診する際に、必ず医師に相談するようにしましょう。

治療を受ける際は生活スタイルをよく見直して!

ICLを検討している方に向けて、岡野先生は次のように注意を促しています。

「ICLを受けて視力を回復することは、誰にとってもいい結果を生むわけではありません。たとえば、パソコンを使ったデスクワークがメインの仕事に就いているなど、近くのものを長時間見るライフスタイルを送っている場合。こういったケースでは、実は近視の目のほうが負担なく作業できるんですよ。

視力が悪い方にとってみれば、ICLはとても魅力的な治療に思えるでしょう。飛びつきたくなる気持ちもわかりますが、一度立ち止まって自身の生活についてよく見直し、本当に自分に必要な治療かどうかを考えるようにしてください」。

決して安くはない金額を払って手術を受けたのに、結果的にあまりメリットを感じられなかった……そんな悲惨な自体にならないよう、治療を選択する前に、自身の生活スタイルについてよく見直すようにしてくださいね。

「視力矯正を望んでいたのに、レーシックでは条件が合わなかった」。ICLは、そんな方にぴったりの治療法です。強度近視などの身体的な条件だけでなく、やり直しができないレーシックに対して恐怖心を抱えていた方も、一度検討してみてはいかがでしょうか?

費用や効果、自身の生活に合うかどうかなどをよく考慮した上で、ぜひあなたに合った選択をしてくださいね。

▼岡野先生が監修するそのほかの記事はコチラ!
《医師監修》眼科医が実践する目の疲れ解消法!おいしく“菊”を食べて目をサポート
《医師監修》視力低下を防ぐカギは外遊びにあった!?眼科医が教える近視抑制の最前線

▼その視力の低下、実は目の疲れのせいかも?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

視力回復

高い?安い?コスパがいいのはどれ?徹底比較!視力矯正費用まとめ

高い?安い?コスパがいいのはどれ?徹底比較!視力矯正費用まとめ

視力が悪い方にとって「メガネにするか?コンタクトレンズにするか?」は永遠のテーマです。さらに、レーシックをはじめとする視力回復手術が普及したことで、選択肢は広がるばかり。

そこで今回は、費用コストパフォーマンスに焦点をしぼって、さまざまな視力矯正法を比較してみました。

メガネはコスパ最強の視力矯正アイテム?!

視力矯正費用_02

視力矯正アイテムの定番であるメガネは、簡単につけ外しできるところが最大の魅力です。

フレームやレンズが壊れたり、視力が変わったりしない限りは交換する必要がなく、コンタクトレンズのようなケア用品も不要ですから、大事に使えばコスパに優れたアイテムだといえるでしょう。

●メガネの費用 約5,000円前後

2年に1回のペースで新調した場合、10年間でおよそ2万5,000円

コンタクトレンズの1dayと2weekは10年で約40万円もの差が!

視力矯正費用_03

続いてコンタクトレンズです。コンタクトレンズのメリットはいくつかありますが、「見た目の印象がまったく変わらないこと」を理由に選んでいる方も多いのではないでしょうか?

レンズの種類はハードレンズとソフトレンズがあり、ソフトレンズに関しては1日で使い捨てる1day、2週間ケアをして使う2weekの2つが現在の主流です。さっそくそれぞれの費用を比較してみましょう。

●ハードコンタクトレンズの費用 2枚で約1万弱~1万5,000円(別途ケア用品代)

2年に1回のペースで新調した場合、10年間でおよそ5万円~7万5,000円

●ソフトコンタクトレンズの費用

◎1dayタイプ 1箱(30~32枚入り) 約2,500円×両眼分=1ヵ月あたり約5,000円
1年で約6万円 10年で約60万円

◎2weekタイプ 1箱(6枚入り) 約2,500円×両眼分=3ヵ月あたり約5,000円(別途ケア用品代)
1年で約2万円 10年で約20万円

視力が変わらない前提であれば、ハードコンタクトレンズがもっともコスパに優れ、続いて2weekタイプ、1dayタイプの順になります。とはいえ、1day以外は洗浄液や保存液、保管ケースなどのランニングコストが発生します。

「メガネがメインでたまにコンタクトレンズを使う」程度の方は、ランニングコストが実質ゼロの1dayタイプがお得です。

損をしないために知っておきたい!レーシックの価格差について

視力矯正費用_04

次に、視力矯正手術の代名詞的存在であるレーシックの費用についてです。

レーシックの場合はクリニックによって大きな価格差があり、安いものだと8万円程度、高額なものになると40万円以上とさまざまです。価格差のナゾを探るべく実在するコースを比較してみたところ、使われる機器、担当医のキャリア、保障期間などの違いが見えてきました。

【事例1】費用8万円

□ 昔からある標準的な機器で手術
□ ドクターは選べない
□ 1年保障
□ 40歳以上、近視・乱視が強い方、角膜が薄い方は受けられない

【事例2】費用20~30万円

□ 安全性や効果の高い機器で手術
□ 高い技術力のあるドクターが担当
□ 3~5年保障
□ 術後がより自然に近い見え方に

【事例3】費用40万円

□ 最新の機器で手術
□ 実績豊富な役職つきドクターが担当
□ 10~15年保障(トータルケア)
□ 強度近視や角膜の薄い方でも受けられることが多い
□ 無料託児サービス、交通費補助など、オプションつき

3つの事例を比べてみると、安い=安全性が低いわけではなく、心理的にも満足度の高い手術を受けたい方のために、高額なコースも用意されていると推測できます。

まだまだあります!今話題の視力回復法のお値段は?

視力矯正費用_05

まずは、2018年3月にアイドルグループ・HKT48の指原莉乃さんが受けたことで一躍有名になった「ICL治療」について、気になる費用をご紹介します。

●ICL治療(眼内コンタクトレンズ治療) 費用約50~70万円

角膜を削ることなく、目の中にレンズを入れて視力を矯正する手術法です。眼内に挿入してしまうため、コンタクトレンズのようにズレたり外れたりする心配がなく、交換不要で半永久的に使えるといわれています。

ただし、最新技術を駆使したレンズを使用するため、費用は高額になります。

また、「手術をしない視力回復法」と呼び声の高い、話題のオルソケラトロジーの費用はこちらです。

●オルソケラトロジー 検査代+両眼のレンズ代=約15~20万円(初期費用)

夜間寝ている間にレンズを装用し、日中は裸眼で過ごせる治療法です。角膜を削ってしまうレーシックは目を元の状態に戻すことはできませんが、オルソケラトロジーはレンズの装用を止めれば元の状態に戻るため、安全性を重視する方に人気です。

肝心の費用ですが、初期費用のほかに定期検診代、ケア用品代、レンズが割れたり紛失したりした場合のレンズ代などが発生します。ランニングコストがかかる治療法だとお考えください。

今回は費用とコスパにしぼってご紹介しましたが、価格のみにとらわれて選択するのは危険です。

まずはかかりつけの眼科医に相談したうえで、メガネにするかコンタクトレンズにするか、レーシックを受けるのか、違う手術にするのか。十分なアドバイスを受けてから、検討するようにしましょう。

▼知って得する!次世代の視力矯正手術や視力矯正アイテムについてはコチラ
レーシックを超える!次世代の視力矯正手術『リレックススマイル』とは
安価にいくつもメガネがつくれる時代!気軽さに隠れたリスクと、正しいメガネのつくり方
日本が誇るメガネの聖地!『鯖江市』ってどんなところ?
コンタクトが怖い……でもチャレンジしたい!はじめてのコンタクトレンズ作り

▼コンタクトレンズにまつわる疑問はこちらで解決!
コンタクトQ&A(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
メガネ メガネ通販のZoff[ゾフ]オンラインストア【眼鏡・めがねブランド】
http://www.zoff.co.jp/sp/glasses/#women
短期間で交換する使い捨てコンタクトレンズとは
http://www.chuo-contact.co.jp/column/contact-lens/15121113.html
【徹底比較】レーシック・コンタクトレンズ・メガネでは結局どれがいい? レーシック、コンタクトレンズなど視力回復の徹底研究サイト 視力回復ゼミ
https://eyecure.jp/2158
レーシック手術で視力回復/品川近視クリニック・東京、大阪、名古屋、札幌、福岡の5院
http://shinagawa-shoyukai.com/lp/?gclid=EAIaIQobChMIg9aNypSJ2gIVWQwrCh1-ZAekEAAYASAAEgLzCvD_BwE
オルソケラトロジーの費用・維持費はどのくらい?保険は適用になるの? レーシック、コンタクトレンズなど視力回復の徹底研究サイト 視力回復ゼミ
https://eyecure.jp/2126
ニューアイシーエル(ICL)近視矯正手術について~|比嘉眼科病院
http://www.higaganka.jp/icl/
『眼科医が教える 目の衰え・疲れ目がスッキリする本』吉野健一著/PHP研究所

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ