• HOME
  • 専門家
  • 欧米では失明原因の第1位!日本人にも増殖中の『加齢黄斑変性』ってどんな病気!?
老眼

欧米では失明原因の第1位!日本人にも
増殖中の『加齢黄斑変性』ってどんな病気!?

欧米では失明原因の第1位!日本人にも<br />増殖中の『加齢黄斑変性』ってどんな病気!?

緑内障や白内障なら聞いたことがあるけれど、『加齢黄斑変性』って!?
あまり馴染みのない病気ですが、欧米ではなんと、失明原因の第1位。
しかし日本人にも発症者が増えており、現在では失明原因の第4位なのだとか…。

加齢とともに誰でもかかる可能性があるという、この病気。
いったいどんな病気なのか、なぜ発症するのか?
すぐに実践できる予防方法まで、眼科医・梶田先生に聞いてきました!

失明を引き起こす『加齢黄斑変性』、その原因は“目のやけど”だった!?

『加齢黄斑変性』とは、読んで字のごとく「黄斑」の変性によって引き起こされる病。
「黄斑」とは、カメラで言えばフイルムの役目を果たす、「網膜」の中心部にあります。
網膜は外界から取り入れた光を電気信号に変え、脳に伝達する働きをしますから、この中心にある「黄斑」が機能しなくなれば、最悪、失明の可能性すらあるのです。

では、「黄斑」が変性を起こす原因は何なのか?
最近、明らかになってきたのが、外界から取り入れられた光による熱障害。分かりやすく表現すれば、やけどの症状です。

光とレンズのタッグで発熱、発火!虫メガネを例に病気の原因を探る

ARMD_02

出典:Oider to.−どのように虫眼鏡で火を作成する

虫メガネに太陽の光を当て、発火させる実験をしたことがありませんか?
目も虫メガネ同様、レンズの仕組みを持っており、目で見た情報は光として取り入れられることから、発火までいかずとも、非常に大きな熱が発生します。
その熱から目を守っているのが、網膜のうしろにある「脈絡膜」という細胞。
「脈絡膜」の働きにより、光から生じる熱を冷却してくれているのです。

「脈絡膜」には、非常に多くの血管が走っています。
しかし加齢によって徐々に血流が悪くなると、冷却機能がうまく働くなくなる。
すると脈絡膜に守られていた網膜が、やけどに似た症状を起こします。
やけどをすると、水ぶくれになるでしょう?
水ぶくれのように、網膜の一部がぷくっと膨れ上がると見え方にゆがみが生じ、さらにひどいやけどとなれば、細胞が死んでしまう。すると失明、つまり「見えない!」となってしまうのです。

日差しの強さ・喫煙率・遠視の多さ。欧米に発症者が多いのも納得!

『加齢黄斑変性』ですが、欧米人に発症者が多く、失明原因の第1位と言われています。
しかし虫メガネを例にすれば、納得がいくでしょう。
日本に比べ、欧米には日差しの強い国が多い。
となれば、より強い光を目に取り込むこととなり、網膜へのダメージも大きくなります。

合わせて注目したいのが、喫煙率。
日本も喫煙者の多い国として挙げられますが、欧米も負けてはいません。
喫煙は血管を収縮させ、血流の流れを悪くします。
すると先にお話しした「脈絡膜」の働きも低下し、冷却機能がスムーズに働きません。

もうひとつ、『加齢黄斑変性』の多い国に挙げられるのが、遠視の人の多さです。
外界から光を取り入れ、ピントを調節して像として結ぶ。
見るという行為をざっくり説明すると、このようになりますが、俗に「目が悪い」と言われる近視の人は、メガネやコンタクトレンズを使い、光を拡散させて網膜まで届けます。
しかし俗に「目がいい」と言われる遠視の人は、自らの力で光を像として結ぶため、網膜に届く光の量が多くなるのです。

日本人にも増殖中!食生活の変化で“網膜の守り役”が減っている!?

日本では、あまり馴染みのない病気でしたが、現在では失明原因の第4位となっています。
その大きな原因は、食生活の変化です。

ARMD_03
出典:ROHTO−目のアンチエイジング読本−加齢黄斑変性とは?

見るごとに光を受ける網膜ですが、何も無防備というワケではありません。
「ルテイン」「ゼアキサンチン」という黄色い色素成分が網膜の表面に膜をつくり、光から受けるダメージを軽減してくれているのです。
この成分は、人間の体にもともと備わっているものの、加齢とともに減少していき、自ら生成することができません。
となれば、外から取り入れる必要があります。

「ルテイン」「ゼアキサンチン」は、緑黄野菜に含有されていますが、日本でも、欧米の食文化が一般化。野菜の摂取量が減っているというのは、よく語られることです。

またパソコンの普及も、発症者が増えている原因のひとつでしょう。
ディスプレイから発される「ブルーライト」という光ですが、紫外線に次いで強いエネルギーを持ちます。
日常、日光から受けるダメージに加え、ブルーライトによるダメージも受けるのですから、網膜が疲弊して当然です。

食生活の改善や禁煙…!複合的な対策で『加齢黄斑変性』を予防する

どちらかが見えづらければ、片方の目が補うというように、私たちは左右2つの目で見ています。
そのため、どちらか片方が『加齢黄斑変性』の症状を来たし、見え方にゆがみが生じたり、見えない箇所が生じても、なかなか気づくことができません。
ですから病気にならないよう、常日頃の予防が大切です。

ARMD_04

“網膜の守り役”である「ルテイン」や「ゼアキサンチン」を取り入れるには、含有量の多い、ほうれん草やブロッコリーを意識的に食べること。
毎日、食べるのが難しければ、サプリメントで摂取するのも手です。

また、喫煙は「脈絡膜」の機能を低下させますから、タバコは控えるようにし、必要以上に光を取り込まないよう、屋外では、サングラスを着用するようにするといいでしょう。

▼『加齢黄斑変性』かどうかセルフチェックしてみましょう!
中高年になると増える目の病気『加齢黄班変性症』セルフチェック

▼目の老化が気になる方はコチラもチェック!
目の老化について(ロート製薬 商品情報サイト)

btn_v5'

目のテストに挑戦!

下記のカラーチャートに何種類の色が使われているか、あなたは見分けることができますか?

tetrachromacy2_02
答えはこちら!!

見えた色の数によってはもしかしたら、あなたは「4色型色覚者」かもしれません!

取材・文/大谷享子
みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

Loading ... Loading ...
結果
Q1

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

  • はい
    92%
  • いいえ
    8%
Loading ... Loading ...
Q2

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

  • はい
    47%
  • いいえ
    53%
Loading ... Loading ...
Q3

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

  • はい
    17%
  • いいえ
    83%
Loading ... Loading ...
Q4

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

  • はい
    17%
  • いいえ
    83%
Loading ... Loading ...
Q5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

  • ロートV5粒を飲み始めて、視界がくっきりと感じて、たとえば新聞を読む時にあまり苦労なく読めた気がしました。また、スマートフォンの画面がくっきり見やすかったです(60代男性)
    58%
  • ロートV5粒を飲んでいると、見る力の衰えを感じることが少なかったです。気持ちが軽くなりました。小さなカプセルで喉にひっかかることもなく、飲むタイミングも自由なので気軽に続けてみたいと思います。(50代女性)
    33%
  • 1日1粒で、水でさっと飲みほせて良いと思います。パソコンの画面から細かい書類に目を移したり、新聞に目をやったりする時に視界がクリアに感じました。気持ち的にも前向きになりました。(40代男性)
    67%
  • ロートV5粒を飲み始めて視界がくっきりして見えました。見る力の低下を感じなかった気がしました。(50代男性)
    25%
  • 飲み始めて、小さな文字や携帯電話のメール、お琴の譜面などがくっきり見え、負担に感じなくなりました。うんざりしなくなって、気分的に楽しいです。(50代女性)
    25%
  • 飲んでいて、針に糸を通すのに、よく失敗していたのが、1回で通すことができたので驚きました。テレビを見てもぼやけが少し減ってきた気がします。クリアというか、焦点が合っている。くっきりシャープな感じに見え、確かに違うと感じました。(60代女性)
    33%
Loading ... Loading ...

「見る力」をサポートしてくれるサプリメントがあるの☆

\目の健康が気になる方におすすめ/
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
「見る力」は年齢とともに低下します。網膜に働きかけ、目の機能維持に必要なルテインやゼアキサンチンを摂取するにはサプリメントが効果的です。『ロートV5粒』なら1日1粒飲むだけなので、忙しい人でも継続して目のケアができますね。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

老眼

本当のところどうなの!? 眼科医がおしえる正しい老眼との付き合い方

本当のところどうなの!? 眼科医がおしえる正しい老眼との付き合い方

PHOTO BY Thomas Leuthard

心は永遠の10代のままでも、体はそうとはいきません。加齢ともに現れる体の変化と戦っているみなさんが、目に関して特に気にされるのは「老眼」でしょう。
目ディアでも過去に老眼について多くの記事を掲載してきましたが、「老眼とはうまく付き合っていくしかない」と眼科医の岡野先生はいいます。でも、どうすればいいの……?

そこで今回は、老眼とうまく付き合っていくにはどうすればいいのかを、岡野先生にアドバイスしていただきました!

老眼とはどんな病気?

もともとは「年をとって目のピント調整力が落ちること」を「老眼」といってきました。原因は、水晶体の老化といわれ、水晶体が加齢とともに弾力性を失い、近くを見るときにピントが合わせづらくなる現象でした。

しかし、現代ではスマホの使用などで目の使い方が悪いために調節力が落ちる「スマホ老眼」などと呼ばれる人も増えています。つまり、寝ても眼疲労(ピントの調節力)が改善しない状態が続けば、「老眼」と呼ばれているということです。

もはや、年をとってから心配すればいい病気ではなくなってしまった老眼。現代を生きる私たちは、今後老眼とどのように付き合っていけばよいのでしょうか。

世の中に出回っている老眼対策は正しいの?

専門家に聞く老眼対策_02

現在では手術による老眼対策も可能になりましたが、おすすめはしないと岡野先生はいいます。

それは、年齢を重ねるごとに進行していく老眼をある一時期に手術して調整しても、また症状は悪化するからです。どんどん悪くなる症状とイタチごっこで複数回手術をできる方は、なかなかいないのではないでしょうか。

他の対策についても、岡野先生は疑問を投げかけます。

たとえば目にやさしい栄養素を摂取したり、ガムを咀嚼することで顔や目の筋肉を動かしたりする対策もありますが、効果は保証できません。市販されている目薬も、瞳を無理やり閉じさせてピンホール効果で一時的にごまかしているだけです。老眼用の遠近両用コンタクトレンズも、近いところと遠いところが両方見えるよう作られるため、結果として全体的にぼんやりしてしまうそうです。

▼今までご紹介した老眼対策はコチラ!
眼精疲労解消や老眼防止には『ガム』が有効!? 噛むことと目の関係とは?
今日の献立はコレで決まり! 老眼予防・ケアができる理想のレシピ
老眼になる前に知っておきたい!遠近両用コンタクトレンズ2

また、トレーニングなどによって目のまわりの筋肉を鍛えることも効果がないとはいえませんが、結果的に目が疲れてしまい、老眼以外にも病気のリスクをあげてしまう可能性もあるそうです。

▼目のトレーニングについて、詳しくはコチラ!
視力回復、老眼改善!画像と動画で『立体視トレーニング』に挑戦
見るだけ簡単!眼筋トレーニング動画で目ヂカラUP↑ 老眼対策にも!
老眼鏡をかける前にお試しあれ!老眼改善トレーニング3選

結論は、メガネが一番!

専門家に聞く老眼対策_03

いろいろな老眼対策があるものの、老眼を治して症状を消すことはできません。だからこそ、「ネガティヴになるのではなく、老眼といかにうまく付き合っていかに悪化を防ぐかを考えるのがよい」と岡野先生はいいます。逃げられないものはしょうがない!開き直って対策を考えていきましょう。

そこで岡野先生がすすめるのは「早くから老眼対策した多重焦点眼鏡を使うこと」です。

「老眼の症状が悪化してくる40代からではなく、10代・20代のうちから「サイバー眼鏡」ともいわれる近くも遠くも見やすい多重焦点眼鏡をかけて、多重焦点の眼鏡を使うことになれておくのがよい」と岡野先生はいいます。
光学技術が発達したおかげで、多重焦点眼鏡も見た目は普通の眼鏡と一緒です。値段もあまり変わりないので、新しく眼鏡を買う予定の方は老眼対策レンズも選択肢にいれてみてはいかかでしょうか。

▼『老眼』についてもっと詳しく知りたい方はコチラ!
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

▼目の健康についての詳細は、コチラの他記事も参考に!
目の老化は誰にでもやって来る! 今やるべき老眼対策ライフハック
40歳になったら知っておきたい! 正しい老眼鏡の選び方
百害あって一利なし! 眼科医が指摘する『喫煙がおびやかす目の健康』
鏡開きはお汁粉で目の健康も促進! “赤いダイヤ・小豆”のパワーとは
その歴史は100年以上!【ロート製薬】のアイケアヒストリーとは?

【参考】
目の老化について(ロート製薬 商品情報サイト)
http://jp.rohto.com/learn-more/eyecare/article04/

文/田中利知
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ