• HOME
  • 専門家
  • 花粉症対策にも!『免疫力』を高めるには【後編~実践編~】
花粉

花粉症対策にも!『免疫力』を高めるには【後編~実践編~】

花粉症対策にも!『免疫力』を高めるには【後編~実践編~】

出典:8 myths about powerlifting

体内に入ったウィルスや細菌から身を守るための力、“免疫力”。これを整えておくことで、健康維持へとつながります。
前回に引き続き、免疫力を高めるために私たちができる毎日の習慣やエクササイズについて、ゴッドハンドと名高いカイロプラクター・檜垣暁子先生にご指導いただきました!

毎日の習慣に!免疫力を高める7つの方法

前回ご説明したように、加齢や自律神経の乱れによって、免疫力は衰えます。そして免疫力が低下すると、風邪をひきやすくなったり、花粉症などのアレルギー症状を引き起こしたり、果ては“がん”を発症する可能性が高まったり、といった危険にもつながりかねません。

→前回の記事はこちら!
花粉症対策にも!春先に向けて整えておきたい『免疫力』

そこでこの免疫力を高めるために、心がけておきたい7つの習慣についてご紹介します。

【1】筋力アップを図り、低体温化を予防する

免疫細胞は体温37度くらいでより活発化するといわれています。平熱が35度台という人は、適度な全身運動や筋肉を使った運動で、筋力低下を予防しましょう。
筋肉量が少しでも増えると、体温も上昇しやすくなりますよ。

【2】有酸素運動を取り入れる

免疫力アップ後編_02

普段の歩くスピードを速める、小走り程度に走るなど呼吸を意識した運動をおこないましょう。継続することで、自律神経のバランスが整い、免疫系のバランス保持にも役立ちます。

【3】腸内環境を安定させる

人間の体は、血液中の白血球が全身をくまなく回ることで病気から身を守っています。そしてその免疫細胞の多く(60~70%)は腸に集結しているため、腸のコンディションを良好に保つことが大切です。この腸内細菌によって免疫細胞がトレーニングされ、病原体と戦えるようになります。

免疫力アップ後編_03

ヨーグルト(ビフィズス菌・乳酸菌)にオリゴ糖(乳酸菌のエサとなる)を加えたり、納豆、チーズなどを食べたりして、善玉菌を増やしましょう。食物繊維も善玉菌のエサとなるので、食物繊維豊富なシリアルにヨーグルトをかけて……というのも食べやすいのでおすすめです。

【4】抗酸化作用のある食材選び

殺菌力の強い「活性酸素」は呼吸によって約2%がつくられています。
適度な活性酸素はウィルスや細菌と戦うのに役立ちますが、強いストレスやバランスの悪い食事などによって増えすぎてしまうと、必要な細胞までも酸化させてしまい、これが免疫力低下につながります。

抗酸化作用の高い食材は、果物や野菜に含まれるビタミンC(ブロッコリー・赤ピーマン)、ビタミンE(ナッツ類・アボカド)、リコピン(トマトに多い)、βカロチン(にんじん、モロヘイヤ、パセリ)、カテキン(緑茶)などが挙げられるので、積極的に摂取しましょう。

【5】質の良い睡眠をとる

免疫力アップ後編_04

免疫細胞の活動は、眠っている間に促進されます。夜遅くまでパソコンやスマホの明るい画面を見たり、仕事をしていたりすると交感神経が優位に働き、免疫系機能のバランスが崩れてしまいます。
人の自然なリズムに従うよう、夜はなるべく夕陽に近い明るさの部屋でのんびり過ごし、早めの就寝を心がけ、日の光を浴びての起床、というのが理想的です。

【6】ストレスを発散する

ストレスで自律神経が乱れると、白血球の中の顆粒球やリンパ球の割合に影響します。これにより免疫系のバランスも崩れてしまうため、ストレスの発散や、リラックスタイムを設けるなどし、なるべく“緊張”と“リラックス”の偏りをなくすことが大切です。

【7】自律神経系のバランスを調整する

自律神経系のバランスが崩れると、眠りが浅くなったり、入眠困難になったりと体を休めることができず免疫力低下につながります
自律神経系の調整は、心身の緊張をほぐすことが役立つため、治療院でマッサージを受けることも有効ですし、ストレッチやセルフマッサージを続けることも効果があります。
自宅でストレッチをおこなう際は、背骨を伸ばし背骨の自然なS字カーブを保持できる状態にしましょう。(バランスボールやストレッチポールなどがおすすめです)

なお、カイロプラクティックは、背骨の状態を重要視しており、自律神経と深い関係がある背骨や骨盤への刺激を加えることで自律神経系に変化を起こすと考えられています。そのため、カイロプラクティックの調整も、自律神経のバランスを整えることにつながります。

自宅でできる簡単エクササイズ

では、自律神経のバランスを整えるために、背骨を意識した自分でできるエクササイズをご紹介します。

背骨の安定性に重要な役割をする脊柱起立筋を目覚めさせるエクササイズ

【1】脚を肩幅に開いて立ちます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【2】腕組みをして、脚の付け根から上半身を前に倒していきます。なるべくゆっくりと5秒くらいかけて伸ばしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【3】体が床と水平になったら、背骨を真っ直ぐに保ったまま、脚の付け根を支点に上半身を起こしていきます。こちらも5秒かけてゆっくり戻していきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

動きにくくなった背骨に刺激を入れるエクササイズ

【1】ヒザを床に付けて立ちます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【2】手を体の前でクロスして、頭を下げ、なるべく背中をまるめます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【3】背骨の骨を1つ1つ動かしていくイメージで、腰から背中、首をゆっくりと起こしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その他にも、免疫力細胞が集まっている足の甲にあるリンパ腺の反射区をマッサージすることで、活性化させることができます。
下の画像のように、足の甲の第1指(親指)と第2指(ひとさし指)の間を末端から足首の方へ向けて1分間ほどマッサージしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

季節の変わり目は、とくに様々な症状に悩まされることがあります。すぐそこまで訪れる春を前に、自律神経のバランスを整え、強い体づくりをはじめてみませんか?
今回紹介した生活習慣やエクササイズを、ぜひ日々の生活に取り入れてみてくださいね!

文/よしだみすず
みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 4

日本人の4人に1人が花粉症ということをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 4

200階建てのマンション(上空600mほど)に住んでいたとしても、花粉は飛んでくることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 4

花粉症に対して、どのような対処をされていますか?(複数回答可)

Loading ... Loading ...
Q4 / 4

以下はロート製薬「ロート アルガードクリアブロックZ」の特徴です。ご存知のものはありますか?(複数回答可)

Loading ... Loading ...
結果
Q1

日本人の4人に1人が花粉症ということをご存知でしたか?

  • はい
    100%
  • いいえ
    0%
Loading ... Loading ...
Q2

200階建てのマンション(上空600mほど)に住んでいたとしても、花粉は飛んでくることをご存知でしたか?

  • はい
    67%
  • いいえ
    33%
Loading ... Loading ...
Q3

花粉症に対して、どのような対処をされていますか?(複数回答可)

  • マスク
    60%
  • サングラス・メガネ
    20%
  • 市販の目薬
    20%
  • 市販の内服薬
    0%
  • 市販の点鼻薬
    20%
  • 市販の鼻洗浄剤
    0%
  • 病院に行く
    20%
  • 外出を控える
    20%
  • 布団や洗濯物を外に干さない
    20%
Loading ... Loading ...
Q4

以下はロート製薬「ロート アルガードクリアブロックZ」の特徴です。ご存知のものはありますか?(複数回答可)

  • ガマンの限界を超えた目のかゆみに効く
    50%
  • アルガード史上最強の目薬
    0%
  • 全有効成分、基準内最大濃度配合(抗アレルギー成分、抗炎症成分、かゆみを止める成分、角膜保護成分の4つ)
    50%
  • 有効成分の「効き目」と、かゆくてたまらない瞳に絶妙の清涼感がスーッと広がる気持ちいい「さし心地」の「配合の妙」にこだわっている
    25%
  • しみないさし心地のものもある
    25%
  • 知っているものはない
    0%
Loading ... Loading ...

つらい花粉による目の症状に、すぐできる対策!

\花粉症におすすめの目薬/
ガマンの限界を超えた目のかゆみに!『ロート アルガード クリアブロックZ』
ガマンの限界を超えた目のかゆみに!『ロート アルガード クリアブロックZ』
花粉やハウスダストなどによるつらい目のかゆみ・充血に。全有効成分を最大濃度配合した、アルガード史上、最強の処方設計です。さした瞬間、絶妙な清涼感がスーッと広がり、心地よく続きます。
目にしみないやさしいさし心地、『ロート アルガード クリアマイルドZ』
目にしみないやさしいさし心地、『ロート アルガード クリアマイルドZ』
全有効成分を最大濃度配合、アルガード史上最強の処方設計を実現。花粉やハウスダストなどによるつらいかゆみ・充血を感じている敏感な瞳に、しみないさし心地でしっかり効きます。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

花粉

花粉症対策にも!『免疫力』を高めるには【前編】

花粉症対策にも!『免疫力』を高めるには【前編】

疲れやすい、体調を崩しやすいといった症状の原因としてよく挙げられるのが、『免疫力の低下』というワードです。免疫力の低下は、疲れだけでなく、ドライアイなどの眼疾患にも影響します。

では、いったいこの『免疫力』とはどんなもので、なぜ健康を維持するために大切だと言われるのでしょうか。
そこで今回は、体の仕組みに詳しいカイロプラクター・檜垣暁子先生に『免疫力』について教えてもらいました。

『免疫力』っていったいどんなもの?

私たちの体には、体内に入ったウイルスや細菌などから身を守るための防衛機能が備わっています。その守る力のことを『免疫力』と言い、生きていくためにはとても大切な働きをしてくれています。そして、この免疫力を低下させないように過ごすことが、健康維持へとつながるのです。

『免疫力』が低下するとどうなるの?

では、この免疫力が低下するとどういったことが体に起こるのでしょうか。

【1】風邪が治りにくくなる、すぐに風邪をひく

【2】インフルエンザなど流行のウイルスに感染しやすくなる

これは、次のメカニズムが機能しづらくなるからです。  
——
ウイルスが体内に侵入 

自然免疫(生まれつきあるマクロファージ・NK細胞)がウイルスに対抗 

マクロファージが獲得免疫(予防ワクチンなど)、ヘルパーT細胞へウイルスが侵入したことを知らせる 

ヘルパーT細胞がキラーT細胞へ連絡してウイルスと闘わせる 

B細胞がウイルスに対抗するための抗体を生成し、ウイルスと闘う  

勝てば風邪(発熱など)が治る 

さらにこのウイルス情報をT細胞とB細胞が記憶して次回ウイルスの侵入時に備える
——

【3】アレルギー症状を引き起こす

春に向けて、悩まされる方も多い花粉症も同じです。スギやヒノキなどの植物の花粉がアレルゲンとなり、このアレルゲンが血液中のIgE抗体(アレルギー抗体と呼ばれるたんぱく質)と結合して、肥満細胞からヒスタミンなどの炎症物質を放出しようとします。

【4】癌にも影響がある

免疫系が正常であれば、体内に発生したガン細胞を排除することができることがわかっています。しかし免疫力が低下しているとこのガン細胞を処理することができなくなってしまいます。

さらには、体の免疫環境が低下していると、さまざまな疾患に悩まされることもあります。
とくに目は直接外界と接している部分です。免疫力が低下していると、疲れ目や充血、ドライアイなどにもかかりやすくなると言われているのです。

免疫力が低下する原因とは

免疫力前編_02

大きくわけて、2つの原因が挙げられます。

【1】加齢によるもの

赤ちゃんの頃には低い免疫力ですが、少しずつ高まっていき20歳頃にそのピークを迎えます。しかしその後は下降線へと向かう一方なのです。40代では50%になり、70歳代では10%にまで落ち込むと言われています。
体内に侵入したウイルスなどの異物に対抗するために重要な「T細胞」は、胸腺でつくられるのですが、加齢により胸腺が萎縮してしまうことで、T細胞が減少することが関係しています。

【2】自律神経系が乱れる生活習慣

ウイルスや細菌などから体を守るために、白血球からのマクロファージ、顆粒球(主に細菌に対して作用)、リンパ球(主にウイルスに対して作用)がありますが、この顆粒球とリンパ球は自律神経系によって支配されるため、自律神経系がストレスや生活リズムの乱れなどによってそのバランスを崩すと顆粒球とリンパ球までもが影響を受けることになります。

つまり免疫系を正常に保つには、顆粒球とリンパ球のバランスが大切なので、自律神経系の安定がカギとなるのです。
自律神経系を乱さないためには、生活習慣を整えることが一番です。
下記に該当する方は、注意が必要ですよ!

【あなたはいくつ当てはまる?自律神経系が乱れるNG生活習慣CHECK】

□心身を休める時間が少ない(働き過ぎや休日でものんびり過ごさないなど)
□睡眠時間が不規則
□食事の時間が不規則(夜遅い飲食など) 
□運動不足
□悩みや考え事が常に頭の片隅にある
□栄養バランスが悪い食事が多い
□体が冷えている(冷たい飲み物、衣類、エアコンなど)

体温が1度下がると免疫力が30%低下すると言われています。理想的な体温は36.5~37.1度です。

いかがでしたか?今回は『免疫力』の大切さについてまとめましたが、次回の後編(3月掲載予定)はこの『免疫力』を整える方法や自分でできるリンパマッサージについてご紹介します。お楽しみに!

▼檜垣先生のゴッドハンドが光る記事はコチラ!
専門家が教える“体のゆがみ”解消法 【その1】ゆがみを直して快眠をGET!

専門家が教える“体のゆがみ”解消法 【その2】どこでも簡単にできるストレッチ編

専門家が教える“体のゆがみ”解消法! 【その3】気をつけたい生活習慣編

自律神経系の機能不全でドライアイと肩こりが同時に起こる!?2つに共通する対策法とは!

カイロプラクターがズバリ解決! 疲れ目⇔肩こりの悪循環を断ち切る方法

【続】カイロプラクターがズバリ解決! 疲れ目✕肩こりをやわらげるセルフケア

文/よしだみすず
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ