• HOME
  • 専門家
  • 眼科医直伝!目に負担がかかるデスクでの“NG姿勢”と対策法
眼精疲労

眼科医直伝!目に負担がかかる
デスクでの“NG姿勢”と対策法

眼科医直伝!目に負担がかかる<br />デスクでの“NG姿勢”と対策法

1日中、パソコンと向き合った目は疲労困憊……。
ケア方法はさまざまありますが、そもそも目を疲れにくくすることはできないものか、スマイル眼科クリニックの岡野敬先生に伺ったところ、見えてきたのがデスク環境の重要性!目に優しいデスク環境のつくり方を教えていただきました。

パソコンと向き合うあなた、猫背になっていませんか?

パソコンのモニターを眺めているご自身の姿勢を見直してみてください。
姿勢と肩こりの関係はよく語られることですが、目の疲れも同様、姿勢の悪さから影響を受けます。

デスクワーカーが陥りがちなのが、背中が丸まった猫背。
背筋がまっすぐ伸びていれば、体全体で頭を支えることができますが、猫背のように頭が前にせり出てしまうと首や肩にかかる負荷が高まり、顔まわりの血行が悪くなります。

肩こりの一因となる血行不順ですが、目の疲れにも直結。
血行が悪くなると、目に送られるべき酸素や栄養分が減り、ドライアイや疲れ目を引き起こすのです。

目が疲れにくいデスク環境って?そのポイントは3つ!

つまり、血行不順にならないよう心がけることが大切。
「つねに背筋をピンと!」と心がけるのはもちろん、デスク周りを見直すことで、血行不順に陥りづらい仕事環境がつくれます。

【ポイント①】モニターは視線の15度下に画面の中心がくる高さに設定

desk_02

モニターの位置が低くては覗き込むように仕事をすることとなり、猫背になって当然。
逆にモニターの位置が高すぎると、見上げるように仕事をすることになります。見下げるときと見上げるときを比べると、見上げるときのほうが、大きく目を開くことになります。すると瞳がより空気にさらされ、ドライアイの原因に。

モニターは背筋を伸ばした状態で、ちょっと見下げるくらいの高さに設定。角度にすると視線の15度下に、画面の中心を見ることができる高さが理想的です。
椅子の高さを見直したり、クッションを敷いて高さを調整したりして、この状態をつくりましょう。

【ポイント②】腕の疲れを緩和させるリストレスト/アームレストを活用

desk_03
出典:ヲチモノ‐肘置き台にもなる超大型リストレスト『Minicute AR01』

パソコン仕事に欠かせないマウスですが、なかには腱鞘炎を起こす人もいるくらい、筋肉に負担をかけています。
とくにマウスを握ったときに手首が浮いた状態になっていると疲れやすく、筋肉の緊張状態が続くことから、やはり血行不順の原因となります。

これを解消するには、リストレストやアームレストの活用がオススメ。
新たに買わなくとも、手首の下に薄めの雑誌や、折り畳んだタオルを置くだけでも構いません。浮いていた手首の置き場が生まれますから、ずいぶんと負担が軽減できます。

【ポイント③】作業を90分間続けたら、最低5分の休憩をとる

desk_04

平成14年に厚生労働省が発表した『VDT※1作業における労働衛生管理のためのガイドライン』では、作業の継続は60分を超えないようにし、作業と作業の間には10〜15分の休憩をとることを推奨しています。
60分ごとの休憩が難しい場合も、90分は超えないようにしたいところ。

「睡眠サイクルは90分ごと」といわれるように、人間の体は90分ルールで動いています。
大学の授業も90分間でしょう?これを超えると、集中が続きません。
ですから疲れをためないためにも、効率よく仕事をするためにも、そして目を労るためにも、きちんと休む。10〜15分の休憩が難しくとも、最低5分の休憩をオススメします。

(※1)「Visual Display Terminals」の略。一般的にコンピューターを用いた作業をさす。

取材・文/大谷享子
みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

平日、パソコンを利用している時間はどれくらいですか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

デジタル時代、デスクワークで一番疲労を感じる部位は「目」だということをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

ブルーライトを発するデジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)で、目が疲れたり、炎症を起こしたりする「デジアイ症候群」をご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

(デジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)を使うことによる疲れ目)「デジアイ症候群」の原因の1つであるブルーライトは、目の中の四方八方へ飛び散ることで、目のピント調節筋を疲れさせてしまうことをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究して生まれた、PC・スマホのブルーライトなどによる目の疲れ、炎症に効く目薬として「ロートデジアイ」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

平日、パソコンを利用している時間はどれくらいですか?

  • 1時間未満
    3%
  • 1~2時間未満
    4%
  • 2~4時間未満
    10%
  • 4~6時間未満
    13%
  • 6~8時間未満
    26%
  • 8時間以上
    42%
  • 平日は利用しない
    1%
Loading ... Loading ...
Q2

デジタル時代、デスクワークで一番疲労を感じる部位は「目」だということをご存知でしたか?

  • はい
    89%
  • いいえ
    11%
Loading ... Loading ...
Q3

ブルーライトを発するデジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)で、目が疲れたり、炎症を起こしたりする「デジアイ症候群」をご存知ですか?

  • はい
    33%
  • いいえ
    67%
Loading ... Loading ...
Q4

(デジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)を使うことによる疲れ目)「デジアイ症候群」の原因の1つであるブルーライトは、目の中の四方八方へ飛び散ることで、目のピント調節筋を疲れさせてしまうことをご存知でしたか?

  • はい
    28%
  • いいえ
    72%
Loading ... Loading ...
Q5

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究して生まれた、PC・スマホのブルーライトなどによる目の疲れ、炎症に効く目薬として「ロートデジアイ」があることをご存知でしたか?

  • はい
    30%
  • いいえ
    70%
Loading ... Loading ...

パソコンやスマホからのブルーライトダメージにはこれ!

\パソコン仕事の疲れ目におすすめの目薬/
デジタル時代の瞳を癒す黄色い一滴、『ロート デジアイ』
デジタル時代の瞳を癒す黄色い一滴、『ロート デジアイ』
日中はパソコンやスマホ、夜はテレビやゲーム…1日中デジタル機器に囲まれる私たちは、画面から放出される「ブルーライト」によって目に疲労が蓄積しています。そんな「デジアイ症候群」対策の目薬を試してみませんか?

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

眼精疲労

受験生&保護者の方は必見!勉強で目が疲れないための4つのポイント

受験生&保護者の方は必見!勉強で目が疲れないための4つのポイント

受験勉強はここからが勝負! という季節になりましたね。受験生に限らず、勉強中に目が疲れて集中できなかったり、「視力が落ちた?」と感じたりすることはありませんか?

もしくは無意識に勉強中に机や本に顔を近づけていたら、それは疲れ目近視が始まっているサインかもしれません。“目の疲れ”は視力と勉強の大敵! これを読んで、ぜひ正しい予防法を知っておきましょう。

なぜ勉強で目が疲れるの? ポイントは“ピント調節”と“まばたき”にあった!

勉強疲れ目_02

そもそも、勉強するとなぜ目が疲れるのでしょうか? 原因は大きく分けて2つあります。

1つは、近くを見続けたことによる“ピント機能の低下”です。

私たちの目は、“水晶体”というカメラのレンズに当たる部分の厚さを変えることでピントを合わせています。水晶体には“毛様体筋(もうようたいきん)”という筋肉がくっついていて、これのはたらきによって近くを見るときに水晶体は厚く、遠くを見るときには薄くなります。

ところが、勉強などで長時間ピントが近くに固定されると、この筋肉がずっと緊張した状態になってしまいます。これが疲れ目を引き起こすのです。

勉強疲れ目_03

もう1つの原因として、まばたきの回数が減ったことによるドライアイが挙げられます。

勉強などに集中して1点を凝視すると、まばたきの回数は少なくなります。すると、目が乾いてきます。目にうるおいがないと、酸素や栄養の供給が減ってしまい、結果として疲れ目になってしまいます。

勉強に集中しているのはいいことですが、定期的に休憩をとってまばたきをしたり、目にうるおいを与えるような目薬を使ったりするといいでしょう。

なぜ目が疲れるとよくないの?

勉強疲れ目_04

目が疲れると、教科書にうまくピントが合わなくなったりイライラしたりして、なかなか勉強に集中できません。それだけでなく、目の疲れは視力の低下にもつながるので注意が必要です。

疲れ目からくる視力の低下は“近視”(近眼ともいう)です。近視には、大きく分けて3種類があります。

疲れ目が原因の一時的な視力低下を“仮性近視”といいます。これは一時的なものなので、目を休ませたり栄養をきちんと与えたりすれば、ある程度は回復できます。

ところが仮性近視の状態を改善しないと、近視が常態となってしまいます。これを“真性近視”といいます。

真性近視の人は常にピントがうまく調節できない状態になり、さらに近視が悪化してしまうケースが多くみられます。それを防ぐために、視力矯正のメガネやコンタクトレンズを使用するのです。

また、真性近視のなかで遺伝的な要因が大きいものを“軸性近視”といいます。

このように近視はメガネなどで矯正できますが、さらに悪化させないために、また近視でない人はそうならないために、目に負担をかけないよう心がけることが大切です。

目にいい勉強の環境を整えよう!

勉強疲れ目_05

勉強中の疲れ目を予防するには、目に負担をかけないような環境や姿勢を整えることが大切です。具体的に4つのポイントをご紹介します!

(1)照明

勉強疲れ目_06

照明は「明るければ明るいほど目にいい」と思っていませんか? 実はそうでもないのです。

私たちの目は、明るい場所では毛様体筋を収縮させることで“瞳孔(どうこう)”を閉じ、暗いところでは逆に弛緩させて瞳孔を開いています。そのため、明るすぎる場所に長時間いると、近くを見続けたときと同じようにこの筋肉が疲れてしまうのです。かといって暗すぎるとよく見えず、やはり目が疲れます。

ポイントは、目に直接光が入らない場所に電気スタンドを置くことです。具体的には、利き手と反対側の真横もしくは斜め後ろから、手元を照らすように置くとベストです。これなら手元が影にならず、目にも光が入らなくて済みます。

(2)エアコンと加湿器

エアコンの風が直接当たると、体や喉はもちろん、目も乾燥します。風向きを調整し、直風を避けるようにしましょう。また、冬場は暖房によって乾燥しやすいので、加湿器を使うといいでしょう。ちなみに、目にとって理想的な湿度は40%といわれています。

(3)姿勢

小学校などで「勉強中は姿勢を正しましょう」といわれませんでしたか? これにはちゃんと理由があります。猫背や丸まった姿勢では、本やノートに目が近づきすぎ、疲れ目や近視の原因になります。タブレット端末などを使う場合も、目に近づけすぎないよう注意しましょう。

また、勉強中の姿勢が悪くなる原因として、ペンや鉛筆の持ちかたがよくない場合もあります。例えばペン先近くを握ってしまうと、手元がよく見えないため、のぞき込むようにして姿勢が崩れてしまいます。理想的な握りのポジションはペン先から3~4cmとされているので、意識してみるといいでしょう。

(4)メガネ

勉強疲れ目_07

すでに近視の人は、さらなる視力低下を防ぐためにメガネやコンタクトレンズで矯正することが必要です。またコンタクトを長時間つけているとドライアイになりやすいので、普段はコンタクト派の人も、家ではなるべくメガネに替えるようにしましょう。

いかがでしたか? 疲れ目は、勉強の効率にとっても目の健康にとっても大敵です。これらの予防法をとり入れて、うまく疲れ目を撃退してくださいね!

▼勉強が大事でも、目の使い過ぎは禁物です!
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

▼疲れ目には、こんな対策もありますよ!
疲れ目の原因は「ピント調節筋」の疲労かも? 疲れ目対策もご紹介!
鍼灸師直伝!疲れ目・眼精疲労を1分間でスッキリ解消する方法
現代人は要注意!デスクワーカーを静かに襲う「疲れ目」の対処法
毎晩のバスタイムのついでに! 42℃のシャワーで疲れ目解消
バラの香りが疲れ目を癒す!? 今話題の『ローズウォーター』

【参考】
勉強の天敵!疲れ目を解消しよう|受験サポートNews
http://kou.benesse.co.jp/news/yaruki/15102602.html
子供の視力低下が始まったら…近視の原因を探り実践!視力回復法|健康生活
http://health-to-you.jp/myopia/kodomokinsi78781/
★視力低下を防ぐ電気スタンドの置き方、鉛筆の持ち方|ママノート
http://mamanote.jp/news/3425

文/本間佳苗
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ