• HOME
  • 専門家
  • 目に潜んだ病を告げるサインかも!視界に虫が飛んでいるように見える『飛蚊症』とは?
目の病気

目に潜んだ病を告げるサインかも!視界に虫が飛んでいるように見える『飛蚊症』とは?

目に潜んだ病を告げるサインかも!視界に虫が飛んでいるように見える『飛蚊症』とは?

『飛蚊症』とは、読んで字のごとく、蚊が飛んでいるように見える症状。しかし痛みもなければ、外傷も見られない……。
だからって「うっとうしいけど、そのうち慣れるでしょ?」なんて絶対禁物!

どうして放置してはいけないのか、そもそも原因は何なのか。
眼科医・岡野先生が詳しく易しく、『飛蚊症』のアレコレをひも解きます。

『飛蚊症』を理解するヒント!立ちくらみと同時に目がチカチカ!

蚊が飛んでいるように見える症状と書いて、『飛蚊症(ひぶんしょう)』
この症状をご存じでなくとも、例えば、立ちくらみと同時に、視界にチカチカと光のようなものが見えた経験はありませんか?

『飛蚊症』の仲間で、『光視症(こうししょう)』と呼ばれる症状ですが、立ちくらみと同時に起こる場合、一時的な血圧低下が、原因として考えられます。
目の内部にも血管が走っていますから、急激な血圧低下による血管の動きや衝撃が、光として映し出されるのです。

『飛蚊症』も同じく、目の内部で起こっている現象が、視界に映し出される症状。
しかし全部が全部、病気というワケではありません。

多くの場合は老化が原因!老化の進行が“影”として視界に映る

目の内部は「硝子体(しょうしたい)」と呼ばれる、タンパク質を主成分とした組織で満たされています。
同じくタンパク質を主成分とする、卵の白身を思い浮かべてみてください。新鮮なものであれば、プルプルと張りがありますが、日にちが経つとベチャッと水っぽくなるでしょう?
これは鮮度が失われるにつれ、固形の成分と水質性の成分が、分離することで起こります。

Floaters_02
出典:スマイル眼科クリニック「飛蚊症とは?」

「硝子体」も同様、老化によって固形成分と水分質の分離が進みます。すると、水分質の抜けた「硝子体」は、乾燥させたブドウのようにシワシワと縮んでしまうのです。

「硝子体」は、「網膜」に張り付く形で存在していますが、水分質の減少によって縮む、つまりサイズが小さくなると、密接していた「網膜」から、剥がれていくのです。
この剥がれていくときの動きや衝撃、またシワシワとした影が、虫状だったりゴミ状だったりと、形として映り込むのが『飛蚊症』です。

老化ならば仕方ないけれど……。病を知らせるサインの可能性も!

そう、『飛蚊症』は、老化によって、誰にでも発症するのです。老化が原因の場合、目の機能が衰え始める、40歳過ぎからの発症が多いでしょうか。
肌の老化であれば、クリームを塗ることで進行が抑えられますが、目の内部とあれば話は別。放っておくしかありません。

また「硝子体」の収縮、つまりサイズダウンが進行すれば、徐々に視界に映り込む範囲から逃れていき、むしろ気にならなくなるケースも多々あります。

ただし、眼科を受診せずに放っておくのは、いけません。
『飛蚊症』そのものは一つの症状に過ぎませんが、その裏に、失明にもつながる病が隠れていることがあるからです。

『飛蚊症』を引き起こす三大疾患!中には失明の危険を伴う病気も

1.網膜裂孔(もうまくれっこう)・網膜剥離(もうまくはくり)

Floaters_03
出典:スマイル眼科クリニック「飛蚊症とは?」

先ほどもお話しした通り、「硝子体」は本来、「網膜」に張り付く形で存在しています。
これが加齢による収縮で剥がれていくのですが、剥がれていく際、その衝撃で「網膜」が破れたり、穴が空いてしまうのが『網膜裂孔』、「硝子体」と一緒に「網膜」まで剥がれてしまうのが『網膜剥離』です。

『網膜裂孔』では、破れた部分が、影として視界に映り込みます。さらに『網膜剥離』の場合、進行すると、視界の下から影がせり上がるように見え、「もはや視界の数分の一が見えない!」といった症状を引き起こします。

「網膜」とは、光として取り入れた情報を電気信号に変えて脳に伝達する、非常に重要な器官。これが剥がれたまま放置しておけば、最悪、失明の危険さえある怖い病気です。

2.硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)

Floaters_04
出典:スマイル眼科クリニック「飛蚊症とは?」

読んで字のごとく、「硝子体」から出血する病気です。
原因は糖尿病や高血圧によって血管が切れてしまったり、外傷などによって出血したり。この血液が「硝子体」の内部に入ると、血の影が映り込み、まるでハケで絵の具を飛び散らせたように見えることがあります。

出血量が少なければ、ひざの傷が次第にかさぶたとなって治ることと同じように、自然治癒も期待できますが、出血が多い場合には手術が必要です。
また、原因として挙げた通り、糖尿病や高血圧に起因していることも少なくないので、こうした病を早期発見するためにも、やはり眼科の受診が大切です。

3.ぶどう膜炎

Floaters_05
出典:スマイル眼科クリニック「飛蚊症とは?」

「ぶどう膜」とは、「虹彩・毛様体・脈絡膜」という3つの組織をまとめた呼び方。ここに細菌やウイルスが侵入したり、目のアレルギー反応によって炎症が起こると、血管の内部にある成分が「硝子体」にまで入り込み、影として映り込みます。

この「ぶどう膜」も硝子体同様、目の重要な器官である「網膜」と密接しているため、炎症が起これば、視力低下に直結し、失明の危険があります。
細菌やウイルスによって起こるということもあり、プールや海でのレジャーなどで、目に汚れが入りやすい夏の時期、とくに注意が必要です。

以上、『飛蚊症』を引き起こす、代表的な病気を挙げましたが、とにかく、症状を感じたら、まずは眼科へ。
たとえ、老化が原因の症状であっても、病気でないと分かるだけで、気持ちもホッと軽くなるはずです。

▼詳しくは、こちらもチェック!
目のトラブルについて~飛蚊症~(ロート製薬 商品情報サイト)

『加齢黄斑変性症』セルフチェック

欧米では成人の失明原因第一位となっており、日本でも中高年に増加中の「加齢黄斑変性症」という病気をご存じでしょうか?
下の画像は『アムスラーチャートテスト』という「加齢黄斑変性症」の発見に使われるものです。
どのように見えていますか?見え方をチェックしてみましょう。

アムスラーチャートテスト"
診断結果はこちらへ

セルフチェックの結果、「加齢黄斑変性症」の可能性が疑われた方は、眼科の受診をおすすめします。

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

目の病気

まぶたの裏に石ができる!?目に違和感や痛みを引き起こす『結膜結石』とは

まぶたの裏に石ができる!?目に違和感や痛みを引き起こす『結膜結石』とは

胆石や腎臓結石など、体の中に石ができてしまう病気は決して珍しいものではありません。実は目にも、まぶたに石ができてしまう『結膜結石』という病気があるのです。

これを放っておくと、目に強い痛みが走り、場合によっては目が開けられなくなってしまうことも。しかも、石がまぶたの奥にあるうちは自覚症状がほぼないため、存在に気づいていない方は多くいます。

今回はそんな結膜結石について、眼科医の岡野先生にお話をうかがいました。治療方法はもちろん、検診が正しく行われているかを見極めるポイントも教えていただいたので、ぜひチェックしてみてください。

結膜結石とはどんなもの?

結膜結石_02

結膜結石とは、前述のとおり、まぶたの裏に石ができてしまう病気です。粘液をつくり出す細胞とカルシウムや脂質が結合することによって発生し、黄色っぽい小石になります。

まぶたの奥にあるうちは特に症状はありませんが、石がまぶたを突き破って表面に出てくると、違和感を覚えたり、角膜に傷がついて痛みを感じたりするようになります。

結膜結石ができる主な原因は、目の炎症です。慢性結膜炎トラコーマにかかっている方は、結膜結石ができやすいので注意しましょう。そのほか、ドライアイアレルギーも原因になります。

結膜炎やドライアイは、多くの方が悩まされる目のトラブルです。つまり、結膜結石は身近な目の病気といえます。

結膜結石の治療法とは

結膜結石_03

結膜結石は、発生してもすぐに治療しなければならないわけではありません。違和感や痛みがなければ、見つかっても経過観察になることがほとんど。その後は、定期検診で変化がないかをチェックしていくことになります。

しかし、すでに痛みなどの症状が出ている場合は、目薬の投与による治療を実施します。これと並行して、結膜結石ができた原因に対してもアプローチしていきます。

なお、石が角膜を傷つけてしまっている場合は、手術で石を取り除きます。これについて岡野先生は「手術と聞くとびっくりしてしまうかもしれませんが、実際はとても簡単なもので、基本的にはほんの数分で終了します。もちろん入院も必要ありませんので、安心してくださいね」と教えてくれました。

定期検診ではまぶたの裏をしっかりチェックしてもらって!

結膜結石_04

結膜結石で目を傷つけるのを防ぐためには、定期的に検診を受けることが重要になります。ひどくなる前に発見できれば、早期に根本的な問題にアプローチでき、結膜結石に対する治療は必要なくなることもあるでしょう。

なお、岡野先生は「検診を受ける際は、必ずまぶたの裏までチェックしてもらってください」と語っています。残念ながら、まぶたの裏の状態を確認してくれないクリニックもまれにあるとのこと……。その場合は、自ら申し出て診てもらうか、かかりつけのクリニックを変えることをおすすめします。

目にゴロゴロとした違和感があったら、一度まぶたの裏をチェックしてみましょう。黄色っぽい突起があれば、速やかに病院へ。この機会に、結膜結石だけでなく結膜炎などの原因もしっかり改善して、健やかな目を手に入れてくださいね。

▼岡野先生が監修しているそのほかの記事はコチラ!
白目の小さなシミ「結膜母斑」発生の原因や治療の必要性など、気になるあれこれを眼科医が解説!
20代も要注意!夕方になるとピントが合わなくなる「夕方老眼」の原因と改善・予防策
中高生男子は特に注意!春に増加する目の病気「春季カタル」ってどんなもの?
眼球破裂は意外と身近な目のケガだった!知っておきたい日常に潜む目のケガの原因とは
目が発信する危険信号を見逃さないで!眼底出血はさまざまな病気を知らせる重要な「サイン」だった

▼その他の目の病気についてはこちらもチェック!
目のトラブルについて~結膜炎~(ロート製薬 商品情報サイト)
目のトラブルについて~飛蚊症~(ロート製薬 商品情報サイト)
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

<参考>
結膜結石 | 新宿で眼科を探すなら新宿東口眼科医院 | 新宿駅東口から徒歩1分の眼科医院 土日祝日も診察
http://www.shec.jp/disease/056.html
結膜結石は眼科に行くべき?まぶたの裏のブツブツの治療法 | いしゃまち
https://www.ishamachi.com/?p=18670

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ