• HOME
  • 専門家
  • 自然回復だけでは危険!! 原因や症状もさまざまな『視神経症』とは
目の病気

自然回復だけでは危険!! 原因や症状もさまざまな『視神経症』とは

自然回復だけでは危険!! 原因や症状もさまざまな『視神経症』とは

ある日突然、視野が欠けたり、視力が低下したり……。急な目の異変に気付いたら、それは「視神経症」かもしれません。
20~50代の女性に多くみられ、放置しておけば自然に回復することもあります。しかし、感染やアレルギーによるものなど種類も症状もさまざまで、中には失明してしまう症例もあるのだとか。

そこで今回は、視神経症とはいったいどのような病気なのか、目にはどのような症状が現れ、どのような治療がおこなわれているのか。眼科医の岡野先生に聞いてきました!

視神経症とは?

まず、角膜や水晶体を経て網膜へと伝わった光の情報を電気信号に変換して脳に伝える神経線維の集まりが「視神経」です。視神経によって生成された電気信号が脳で分析されることによって私たちは”ものを見る”ことができています。

この視神経になんらかの障害を起こす病気を「視神経症」、その炎症を「視神経炎」と呼びます。しかし、この視神経症、原因不明な場合も多くあるのだとか。

症状・炎症の種類

日本眼科学会HPにて発表されている視神経症や視神経炎の種類について、特徴や症状・治療法についてご紹介します。

視神経症_02

(1)特発性視神経炎

病名の「特発性」とは、「原因不明」という意味です。20~50代の女性に多くみられ、視神経乳頭が赤く腫れる「視神経乳頭炎」と、視神経乳頭には当初所見がなく正常にみえる「球後視神経炎」があります。

球後視神経炎は、視神経以外の脊髄や大脳の白質にも病変が及んで軽快と悪化を繰り返す「多発性硬化症」の一部になることもあります。

【症状】

見ようとするところが見えない(中心暗点)、全体に霧がかかる、視野の一部からだんだん見えにくくなる、痛みを感じる、視力低下などの症状がみられます。

【治療法】

自然回復が主流です。程度や病態分類などによっては副腎皮質ステロイドやビタミン薬の点滴が用いられることもあります。

(2)抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎

「アクアポリン」とは、細胞膜に存在する細孔を持ったタンパク質で、水分子のみを選択的に通過させるため“水分の通り道”と考えるとわかりやすいでしょう。この一種であるアクアポリン4に対する抗体が作られ、脳・脊髄・視神経の毛細血管に炎症が発生することを指します。こちらも患者のほとんどが女性です。

【症状】

両眼を侵し、重度の視力低下が生じます。

【治療法】

治療にはメチルプレドニンの大量療法が用いられます。反応が悪い場合は血漿交換療法・免疫抑制薬・大量ガンマグロブリン治療が応用されます。改善しても再発の可能性が高く、副腎ステロイドなどによる維持治療が必要になります。

(3)虚血性視神経症

視神経に栄養を与える血管において循環障害が起こる病気です。多くは高齢者の片眼におき、高血圧・糖尿病・高脂血症・心疾患・血液疾患などの健康の危険因子を患者の多くが持っています。中心暗点や水平半盲(下半分あるいは上半分の視野欠損)などの視野欠損や視力低下がみられます。

【治療法】

副腎皮質ステロイド薬の点滴治療がおこなわれます。

(4)圧迫性視神経症

視神経管や視索を経て視神経が脳に入る途中に、腫瘍などで圧迫されることによって視力低下や視野の障害が起こることです。

【治療法】

多くは脳外科的治療が必要です。

(5)外傷性視神経症

事故などで前額部(特に眉毛の外側に近い部位)を強打した場合に、片側の視神経管内の視神経が挫滅して、視力・視野障害が起こることです。

【治療法】

受傷早期(通常24時間以内)であれば、副腎ステロイドの大量投与がおこなわれます。

(6)中毒性視神経症

抗結核薬(エタンブトールなど)や抗生物質・抗癌薬などの薬物による中毒性の視神経症です。シンナーや農薬などでも障害が出ることがあります。

【治療法】

疑いのある薬物の減量・中止が必要です。

(7)遺伝性視神経症

「レーベル病」と「優性遺伝性視神経萎縮」がよくみられます。前者は10~40代までに発症する場合が多く、両眼の中心部分の視力低下で発症します。男性に多く、母系遺伝です。
両眼とも0.1以下になる例が大半ですが、周辺の視野は正常で、まれにかなりの改善が特に若い時期に発症した場合にみられることがあります。後者は小学生ごろから多少両眼の視力の低下がみられるものの、通常著しい低下にはなりません。

【治療法】

確立されていません。

(8)その他

「鼻性視神経症(副鼻腔手術後にできる嚢腫が原因)」や「栄養欠乏性視神経症(ビタミンB群などの欠乏が原因)」など。

自然回復するが、不安な気持ちを持ったら診察へ

視神経症_03

原因や症状がさまざまなのがおわかりいただけたのではないでしょうか。

「視神経症を起こす病気の中には、色覚異常や、視力低下を起こし、不幸にして失明してしまう病気もある」と岡野先生は指摘します。治療の際には、視力低下や視野が欠けて不安になっている患者さんの気持ちを和らげ、原田病などとの鑑別を意識されているそうです。

視神経症は自然回復することも多い病気なので、適度に休んで自己免疫力を上げることは大切です。しかし、感染や薬物による発症のケースもあるため、気になったら放置せずに眼科の診察へいきましょう。

▼「目の病気」については、コチラの記事もオススメ!
目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)
ドライアイだけじゃない!眼科医が指摘する「夏に注意すべき目の症状」とは?
目のかすみ・充血を甘くみてはダメ!目の内部に起こる『ぶどう膜炎』とは?
運動をする人には他人事ではない! 痛みなく進行する『網膜剥離』
眼科医の視点から知る! 目とも関わりの深い『バセドウ病』
自覚症状なく進む!失明の恐れもある『糖尿病網膜症』とは?

【参考】
日本眼科学会:目の病気 視神経症
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/shishinkei_shishinkei.jsp
視神経炎: 視神経疾患: メルクマニュアル18版 日本語版
http://merckmanual.jp/mmpej/sec09/ch107/ch107d.html
虚血性視神経症の症状や原因・診断と治療方法
http://health.goo.ne.jp/medical/10A80200

文/田中利知
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

目の病気

物がゆがんで見えたらご注意を!見逃しやすい目の病気『黄班上膜』

物がゆがんで見えたらご注意を!見逃しやすい目の病気『黄班上膜』

私たちの目に現れる症状の裏には、さまざまな病気が潜んでいる可能性があります。今回は物がゆがんだり、かすんだり見える目の病気、『黄班上膜(おうはんじょうまく)』にスポットを当ててご紹介します。

40代以降から発症リスクが上がる!黄班上膜とはどんな病気?

黄斑上膜_02
出典:http://jp.rohto.com/learn-more/eyecare/column01/

人間の目をカメラに例えると、網膜はフィルムのような役割を果たしています。その中でも特に解像度が優れているのが『黄班部(おうはんぶ)』と呼ばれる場所で、そこには物を見るうえで欠かすことができない視細胞がたくさん集まっています。

今回のテーマである『黄班上膜』とは、この黄班部の上にセロファン状の膜ができてしまう目の病気です。物を見るための機能がもっとも鋭敏な部分に膜ができるため、視力に影響が出ます。また、膜が萎縮することによって網膜を引っ張り、網膜にシワが寄ったり、黄班部にむくみが起こったりし、見え方に影響が現れるのです。

黄班上膜の原因はまだ明らかになっていない部分が多いのですが、最大の原因は加齢だと考えられています。

40代以降になると、眼球の大部分を占める硝子体が網膜からはがれる『後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)』が起こります。この過程で、はがれた硝子体の一部が黄班部に残ってしまうケースがあります。取り残されてしまった硝子体に厚みができ、これが黄班上膜になるというわけです。

あなたの目は大丈夫?黄班上膜にみられる3大症状

黄班上膜は症状の現れ方に個人差があるのが特徴です。代表的な症状をご紹介しましょう。

●物がゆがんで見える『変視症(へんししょう)』

発症当初は無症状ですが、カレンダーのような格子状の物を見ると、視野の中心部分がゆがんで見えます。網膜のシワの寄り方によって、視野が縦にゆがむことも横にゆがむこともありますし、縦横両方がゆがんで見える場合もあります。これは多くの方が最初に気づく症状です。

●霧がかかったように見える『霧視(むし)』

フィルム状の膜越しに物を見ることから、霧がかかったように見えます。症状が進行すると霧のようなものがさらに濃くなり、物の判別さえ困難になるケースも。

●視力低下

黄斑上膜_03

発症当初は一定の視力を保てますが、ゆっくりと確実に視力低下が進行します。ただし、基本的には、失明にいたることはありません

以上が黄班上膜の3大症状です。年齢的には40代以上になるとリスクが高まるので、ひとつでも当てはまる項目がある方は、早めの眼科受診をおすすめします。

診断されたらまずは経過観察。日常生活に支障が出たら即手術へ

黄斑上膜_04

黄班上膜かどうかを診断するには、眼科でいくつかの検査を受ける必要があります。視力検査や眼圧検査のほか、瞳孔から眼球の奥を観察する『眼底検査』、視界のゆがみを判定する『アムスラーチャート』、網膜の断面を撮影して診断する『OCT(光干渉断層計)』による検査を受けたうえで、総合的に診断します。

黄班上膜と診断されると、まずは経過を観察するのが一般的です。進行がゆっくりであること、基本的に失明にいたる危険性がないことが主な理由です。しかし、視力低下や変視症が強くなり、日常生活に支障をきたすような場合は、すぐに手術が行われます。

黄班上膜は目の一番奥で起こる病気なので、目薬や飲み薬で治すことはできないからです。

治療として行われるのは、『硝子体手術』というものです。強膜(白目)から眼内に器具を入れ、黄班部の上に張り付いた膜を取り除きます。

ただし、手術を受けたからといって、すぐに視力が回復するわけではありません。網膜に寄ってしまったシワが徐々に伸びることで、ゆるやかに視力が戻っていくケースが多く、その期間は1年ほどともいわれています。

黄班上膜は手術によって治る可能性の高い病気ですが、長い期間放置しておくと網膜に寄ったシワが戻りにくくなり、本来の視力を取り戻せないこともあります。ひとつでも思い当たる症状があったらすぐに受診をして、病気の進行を防ぎましょう。

▼知っているようで意外と知らない目の病気はコチラ
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)
健康と病気は紙一重! 目を見ればわかる!あなたの健康状態
中高年になると増える目の病気『加齢黄斑変性症』セルフチェック
いま、中高年に増えている黄斑疾患 『黄斑円孔』の症状と正しい治療法って?
進行すると失明の危険も!原因不明の眼疾患『円錐角膜』ってなに?

<参考>
病気について 黄斑上膜 « 京都府立医大病院眼科
http://www.ganka.gr.jp/sickness_ohan-j.htm
黄斑上膜(網膜前膜、黄斑前膜) — ECP Medical Book –
http://www.eyedoctors.jp/ecpmb/disease/d05.html
黄斑上膜(黄斑前膜)|当院で受けられる手術・治療|多根記念眼科病院
http://www.tanemem.com/chiryo/other/ouhanenjomaku/index.html
症例(10) 黄斑上膜(黄斑前膜)|石川眼科医院 – 静岡市の眼科・加齢黄斑変性の治療
http://ishikawa-ganka.or.jp/353/
黄斑円孔・黄斑上膜について|網膜硝子体|病名・症例|林眼科病院|福岡市 博多駅前
http://www.hayashi.or.jp/disease/detail/c/12/i/69/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ