• HOME
  • 専門家
  • “目の色”が違えば“見える色”も違う!?眼科医が教える目の不思議
読み物

“目の色”が違えば“見える色”も違う!?
眼科医が教える目の不思議

“目の色”が違えば“見える色”も違う!?<br />眼科医が教える目の不思議

黒い瞳と青い瞳……。
瞳の色は、顔の印象を大きく左右しますが、その違いって、外側から見える色だけ?
瞳の色が違うなら、見える色も違ってくるのではないか?
素朴な疑問を眼科医・岡野先生にぶつけてみると、納得!の答えが見えてきました。

見え方の違いに迫る第一歩!そのカギを握るのが「眩しさ」

ラグビーワールドカップの真っ最中。
プレイを見ていると、目の下に黒いシールを貼って挑む、白人選手に気がつきます。
これは「アイブラック(Eye Black)」などと呼ばれ、日本人選手がつけていることもありますが、とりわけ欧米人選手に多く見られるのは、「アイブラック」が、眩しさを軽減させるアイテムだからです。

eyecolor_02

出典:Wikipedia−『Eye black』

サングラスを例にしても、日本人に比べ、欧米人のほうが、圧倒的に利用率が高い。
日本人の場合、ファッション目的のためにサングラスを掛ける人が少なくありませんが、欧米人は、日差しが降り注ぐ炎天下にサングラスなしでは、眩しくて仕方がないのです。

目の色を決めるのは「虹彩」に含まれる色素量!多いほど黒みが強い

眩しさは言うまでもなく、目から伝わる刺激において、日本人と欧米人との間に感じ方の差が生じるワケは、目の色の違いにあります。

eyecolor_03

出典:Wikipedia−『虹彩』

目の色はそもそも、目の内部にある「虹彩」という組織の色で決まります。
虹彩に含まれるメラニン色素の量が多ければ多いほど、黒みを帯びた色となるため、欧米人に多い青や緑色の瞳に比べ、日本人に多い黒みの強い瞳のほうが、色素量が多いことになります。
この虹彩、目に入ってくる光の量を調整する役目を担っていますが、黒みが強いほうが光を通しづらいという特徴があるため、日本人のほうが、眩しさに強いのです。

例の画像を見れば納得!光の調節量が違えば、見える“色”も違ってくる

さて、「目の色の違い」と「感じる眩しさの違い」についてお話ししましたが、感じる眩しさが違えば、見え方にも多少、違いが生じます。

eyecolor_04

出典:WIRED−THE SCIENCE OF WHY NO ONE AGREES ON THE COLOR OF THIS DRESS

少し前にネットで話題となり、この『目ディア』でも取り上げた画像。
これは脳のバイアスによって、色の見え方が異なるといったカラクリですが、画像の明度を変えてみると、実際の色も変わっていきます。
前述の通り、目の色を決める虹彩は、光の量を調整する組織ですから、目の色の違いによって内部に入ってくる光の量が変われば、見える色が若干、異なったとしても不思議はないのです。

ISOの実験で明らかに?青い瞳のほうが、赤い色をよく見分ける!?

もう一つ、虹彩による光の調節量とは別に、虹彩の色=目の色そのものが、見え方を左右させるといった説があります。
多くの分野において、国際的な標準規格を定める国際標準化機構(ISO)がおこなった実験によれば、「黒い目よりも青い目の方が、赤い色については、4倍の色素視感力があるらしい」という結果が出たと言うのです。

語尾の「らしい」が示す通り、その理由は、はっきり解明されていません。
岡野先生は、虹彩の色そのものが、一種の“色メガネ”のような役割を果たしているのではないか?と推察しているそう。

青い瞳=青い虹彩を持つ人は、青いサングラスをして世界を見ている!?

eyecolor_05

“色メガネ”と言っても、慣用句の話ではありません。
例えば、黄色い色をしたサングラスをかけて世界を見ると、黄色いモノや、何色にも染まることができる白いモノは、サングラス通りに黄色く見える一方、赤や青の色みを持つモノのほうが、かえって際立って見えます。

つまり国際標準化機構の言う、「青い瞳のほうが、赤い色について、4倍の色素視感力がある」というのは、青い色のサングラスをかけて世界を見ている状態。
大げさに言ってしまえば、虹彩の色と同化する青とは別の色、すなわち赤い色が、際立って見えているということではないか?という推察です。

ただ、目に見えている色は、見ている“その人自身”にしかわかりません。
同じ瞳の色を持つ日本人同士であっても、信号機の横断OKを示す色を「青!」と言う人がいたり、「緑!」と言う人がいたりと個人差があるのと一緒。
見る人によって、感覚や表現に違いがあるため、そもそも「この色は何色なのか」、一つの答えなんて存在しないのです。

▼日本人と欧米人の目の違いについてはこちら
ただの“おしゃれ”や“かっこつけ”では なかった!? 欧米人の『サングラス事情』
うさぎの目はなぜ赤い? 日本人の目は焦げ茶が多い? 瞳の色の違いには理由があった!
日本人は欧米人に比べて眼球が大きい!? サイズを知れば見えてくる、コンタクトによる健康被害

▼目の錯覚による見える色の違いについてはこちら
同じ色なのに違って見える!? 驚きの錯視と色の世界
モノクロ写真がカラーに見える!? 残像を利用した『色錯覚』動画がおもしろい!

▼目の色を変えるといえば「カラコン」!正しく利用できていますか?
知らないと怖い!カラーコンタクトレンズとの正しい付き合い方(ロート製薬 商品情報サイト)

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

コミュニケーションのツボはアイコンタクト!相手の目を見て話すコツ

コミュニケーションのツボはアイコンタクト!相手の目を見て話すコツ

コミュニケーションにおいて、アイコンタクトは重要な要素です。しかし、そうはいっても苦手な方も多いのではないでしょうか?

「アイコンタクトが大切なことはわかっていても、どこを見ていいのかわからず視線をそらしがち」「目ばかり見ていると恥ずかしくなってくる」とアイコンタクトの取り方で悩んでいるときに試してみたい、相手の目を見て話すコツをご紹介します!

ビジネスにおいてアイコンタクトはなぜ重要?

アイコンタクト_02

アイコンタクトをしっかり取ることはビジネスにおいてとても重要です。目と目を合わせることで、相手が自分の話していることを理解しているかどうかを判断することも、相手の話をきちんと聞いていることを伝えることもできます。

友人や家族とのコミュニケーションであれば、アイコンタクトを取らなくても「恥ずかしがり屋だから」と許してもらえるでしょう。

しかし、ビジネスにおいては「信用できない」「心ここにあらず」と思われてしまう可能性があり、アイコンタクトがなければリスクの高いコミュニケーションとなってしまうのです。

アイコンタクトを取らないと絶対にコミュニケーションが取れないわけではありませんが、営業などで想いを伝えたいときや、相手から何かを引き出したいときにはアイコンタクトが大切であることは覚えておきましょう。

会話中のアイコンタクトは目を見なくてもOK

アイコンタクト_03

会話中のアイコンタクトでは、目を見なくてもOKです。特に流れるように会話を繰り広げているようなときには、目をじっと見つめていると、相手に威圧感を与えてしまう可能性もあるため、適度に視線をそらすこともポイントになります。

会話の中で覚えていてほしいことや確認したいことでは、相手の目をしっかりと見つめてアイコンタクトを取る必要がありますが、そうでないときには、眉間の辺りに視線を合わせてぼんやりと見つめるようにしてみましょう。

目をハッキリ見ているわけではないので気恥ずかしさは和らぎ、相手の目の辺りを見ていることで「目を見て話をしている」印象を与えることができます。

アイコンタクトを取るコツ

アイコンタクト_04

アイコンタクトを取るコツは、眉の辺りをぼんやりと見るようにすることもひとつですが、「アイコンタクトを取るぞ」と目で見ることに意識を向けるのではなく、会話の内容や、自分の心・考えに意識を集中させるのも一手です。

目で見ることから意識がそれることで、「どこを見たらいいのだろう」「顔の表情はどうしたらいいかな」といったことを考えずに会話を続けられるようになります。

また、相手の目を見るときも、30秒程度で視線を外すようにするのがコツです。41秒以上見つめ続けると相手に圧迫感を与えてしまうという研究結果も出ているため、ここぞというときだけ相手の目を見て、スッと視線を外すのがポイントになります。

アイコンタクト_05

コミュニケーションのツボであるアイコンタクトですが、見つめ続けすぎるのもマイナスイメージにつながってしまいます。

相手の目を見ることを苦手に感じているなら、まずは眉間の間に視線を持っていき、相手を見ることではなく会話や自分の考えに意識を向けてみてください。

それに慣れてきたら、しっかり伝えたいことをいうときだけ30秒ほど目を見るようにして、アイコンタクトマスターを目指してみましょう!

▼コミュニケーションに関するこんな情報も見てみよう!
オランウータンとヒトの目は似ている? 共通点は “コミュニケーション”のとり方にあった!

▼仕事のし過ぎで目に疲れがたまっていませんか?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
視線が苦手?相手の目を見られない人がやるといい2つの方法|「マイナビウーマン」
https://woman.mynavi.jp/article/140925-178/
人の目を見て話をするコツ|現役·心理カウンセラーの『知って得する心理学』+α
https://ameblo.jp/will3104/entry-11652018680.html
仕事がデキると言われている人が必ずおさえている交渉・商談の鉄則/和知鋭二郎・クロスメディア・パブリッシング(インプレス) ・2009/1/16

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ