• HOME
  • 専門家
  • 見えるも見えないも脳次第!?眼科医がひも解く目と脳の不思議な関係②
読み物

見えるも見えないも脳次第!?
眼科医がひも解く目と脳の不思議な関係②

見えるも見えないも脳次第!?<br />眼科医がひも解く目と脳の不思議な関係②

目と脳の関係を探る第2弾!
今回は「目の錯覚」として、もっとも有名な図形と、眼科医・梶田先生特製の画像を例に、私たちはどのようにしてモノを見ているのか、その根本に迫ります!

目の疲れは“自律神経の乱れ”! 眼科医がひも解く目と脳の不思議な関係①はこちら

誰もが知っている“あの図形”!目の錯覚は、なぜ起こるの?

eye-brain_02

出典:Wikipedia−フランツ・カール・ミュラー・リヤー

この3つの図形のうち、水平線がもっとも長いのは、どれでしょう?
すでに答えをご存じの方も多いでしょう。そう、「長さはすべて同じ」が正解です。

「目の錯覚」にまつわる図形として、あまりにも有名。実際は同じ長さなのに、両端から伸びる矢羽根が外側に開いている図形のほうが、水平線が長く見えます。
これは『ミュラー・リヤー錯視』と呼ばれ、ドイツの心理学者・ミュラー・リヤーが、目の働きが解明されるより前、120年以上も昔に発表したものです。

錯覚は脳の仕業!?見るという行為は、目だけの働きにあらず

同じ長さの水平線が、なぜ違った長さに見えるのか?
心理学の観点から、今でも多くの研究や議論がなされているようですが、眼科医の観点から言えば、脳の働きに起因しています。

私たちは目で見ています。
しかし「見る」という行為は、目の働きのみで完結するものではありません。
目でとらえた情報が脳に伝わり、脳が処理をすることで「これは円形」「これは鉛筆」というように、形としてモノとして、認識することができます。
では、「目の錯覚」として有名なこの図形を見るとき、脳は、どのように働いているのでしょう?

なぜ長さが違って見えるのか?解明のヒントは“磁力線”!

eye-brain_03

出典:弧理論(Ark Theory) 解説ブログ (旧 弧電磁気論)−そもそも単極誘導は理解されていないのではないか

理科の授業で、磁石と砂鉄を使った実験をしたことがありますよね?
砂鉄の中に磁石を置くと、磁力の流れに沿って線が浮かび上がります。この磁力線が、目が錯覚を起こすワケを解き明かしてくれます。

『ミュラー・リヤー錯視』の図形を、磁力線に置き換えて考えてみましょう。
矢羽根が内側に閉じている図形を見るとき、脳は磁石のN極からS極を結ぶ曲線(=A)をイメージし、逆に矢羽根が外側に開いた図形を見るときは、磁石の両端から外側に伸びていく線(=B)をイメージします。

eye-brain_04

出典:TutorVista.com−Mapping of Magnetic Lines of Force

そこで「両端を結ぶ閉じた線=短い」「両端から外に広がる線=長い」と脳が認識し、同じ長さなのに、違った長さに見えてしまうのです。

気持ち次第でよく見える!?“脳で見ている”を解き明かす

eye-brain_05

脳が引き起こす驚くべき現象を、もうひとつ。
上の画像、全体的にぼやけていて、見ていて気持ちが悪いでしょう?
けれど「気持ち悪い、見づらい」という認識を捨ててください。
そして片目を閉じて利き目だけで、一番ハッキリと読み取れる、中央の「類を」という文字のあたりをジッと見つめてみてください。

どうでしょう?徐々に徐々に、ぼやけが解かれ、見える(読める)範囲が広がっていくはずです。
そして「意外と見えるかも?」と思えたら、今度は両目で見てみてください。
最初に見たときの「見えない」という印象が変わるはずです。

この現象こそ、まさしく「目で見ている」のではなく、「脳で見ている」証拠。
目という器官は、実は、そこまで性能がいいものではありません。ぼやけた文字は、ぼやけた文字としてしか認識できず、それを補うほどの機能を持ち合わせていないのです。
しかし、“気持ち”=“脳”から「見えない」という決めつけを捨て去ると、脳が「見えるように」文字のぼやけを修正し始めるのです。

「見える!」と思えば、瞬時に視力までUPする!?

『ミュラー・リヤー錯視』を例にした目の錯覚も、ぼやけている文字が読めるというポジティブな現象も、すべて脳の働きによるもの。
また、私たち霊長類よりも目の機能が劣っているとされる鳥類が、遠くにいる獲物を見つけ、瞬時にして捕らえられるのも、脳のおかげです。
目の機能のみでは、瞬時に捕らえられるほどハッキリ見えていなくても、「獲物を捕らえなければ!」という脳の指令が、それを可能にしてくれるのです。

事実、人間における視力検査の場面でも、気の持ちようで、0.6〜1.2くらいまでは、一瞬にして変わってしまうことがよくあります。
それほど目の働きは、脳の影響下にあるのです。

【参考】
株式会社ニデック−目のおはなし−Vol.14 目の錯覚の不思議https://www.nidek.co.jp/eyestory/eye_14.html

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

寒サニ負ケズ、雪ニモ負ケズ、目の健康を祈願しよう!目にご利益のある神様まとめ~東北編~

寒サニ負ケズ、雪ニモ負ケズ、目の健康を祈願しよう!目にご利益のある神様まとめ~東北編~

日に日に寒さが厳しくなり、コートが手放せない時季となりました。特に冬の東北は雪がたくさん積もり、美しい銀世界が広がります。しかし、冬は空気が乾燥するため目が乾きやすく、ドライアイなどの目のトラブルも起こりやすくなります。

目の健康を維持してきれいな雪景色を楽しむためにも、目にご利益のあるスポットへ出かけてみましょう!

平泉中尊寺 峯薬師堂(ひらいずみちゅうそんじ みねやくしどう):岩手県

世界遺産に登録されている岩手県平泉の中尊寺には、目にご利益のある峯薬師堂があります。弁慶堂や地蔵堂、薬師堂を横目に傾斜の急な坂を登ると、小さな池に挟まれた峯薬師堂が見えてきます。お堂は小さいものの、金箔で覆われた薬師如来像の姿が輝いています。

注目したいのは、「目の絵馬」です。目にご利益のある絵馬として有名で、目のお守りとともに峯薬師堂にある札所でしか購入できません。目の絵馬が板いっぱいに奉納されている様子は、“目”だけに目を引きます。お守りにも平仮名で「め」と書かれています。旅の記念に購入してみるのもおすすめですよ。

また、峯薬師堂の池には天然記念物のモリアオガエルが生息しています。敷地内にはカエルの石像がありますが、目が目立つように造られているのが特徴です。目にご利益のあるお寺や神社は全国各地にありますが、これほどあちこちに目のこだわりが見られるお寺も興味深いですね。

住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
アクセス:JR平泉駅より徒歩約25分

名水 渾神の清水(いがみのしつこ):青森県

目の神様_03

(※画像はイメージです)

青森県平川市には、「名水百選(昭和版)」に指定された『渾神の清水』と呼ばれる湧水があります。

平安時代、蝦夷(えみし/えぞ)征伐に訪れた坂上田村麻呂が眼病にかかった際、夢の中に神様が現れ、「この先の清水で目を洗えばたちまち治る」といわれて湧水で目をすすいだところ、眼病が治ったと伝えられています。

渾神(いがみ)の清水の名も、「眼の神(めのかみ)」が由来となっているそうです。

住所:青森県平川市唐竹滝ノ沢地内
アクセス:循環バス唐竹・広船線「芦毛沢温泉前」下車、徒歩約15分

三瀧山不動院:宮城県

a6b2b895d897f466693892d94ac49352_s

福の神『仙台四郎』を祀る三滝山不動院は、仙台市の商業の中心地・クリスロード商店街の中にあります。

家内安全や商売繁盛、開運のご利益で知られていますが、1865年に眼病平癒の祈願を行ったことがきっかけで、目の仏様としても広まるようになったそう。ご本尊は『大日大聖不動明王』で、大日如来の使いとして仏法を守護する仏様です。酉年生まれの守り神で、目の守護仏でもあります。

また、三瀧山不動院では毎月28日に、仏様の智慧の火で人間の悩みや苦しみのもとである煩悩を焼き尽くす「お護摩(おごま)修行」を行っています。参拝のタイミングを合わせて、身を清めてもらってはいかがでしょうか?

住所:宮城県仙台市青葉区中央2-5-7
アクセス:JR仙台駅より徒歩約10分

東北地方で目にご利益のあるスポットを3つご紹介しましたが、いかがでしたか?雪に包まれた街を散策しながら目の神様に会いに行くのも、趣があっていいですよね。

東北を旅する機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。

▼「目の神様」に会えるのは東北だけじゃない!そのほかのエリアはこちらから
紅葉狩りの合間に目の健康を祈願しに行こう!目の神様まとめ~甲信越編~
紫外線が降り注ぐ夏だからこそ目の健康を祈願しよう!目の神様まとめ~東海編~

〈参考〉
関山 中尊寺
http://www.chusonji.or.jp/index.html
平泉中尊寺で珍しい「目」のご利益が!?|All About
https://allabout.co.jp/gm/gc/407147/
峯薬師堂(目の絵馬)|世界遺産の平泉へおでんせ
http://www.i-tiiki.biz/hiraizumi/cyu-k/me-yakusi.html
名水 渾神の清水(いがみのしつこ)|青森の魅力
https://aomori-miryoku.com/2010/09/13/名水百選- 渾神の清水(いがみのしつこ)/
渾神の清水|青森県観光情報サイト アプティネット
http://www.aptinet.jp/Detail_display_00002333.html
福の神に会いに行こう!願えば叶う「三瀧山不動院(みたきさんふどういん)」|RETRIP
https://retrip.jp/articles/31365/
仙台四朗安置の寺・三瀧山不動院
http://www.mitakisan.com/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ