• HOME
  • 専門家
  • その生活習慣、ちょっと待った! 疲労回復にやっていいこと、悪いこと
アイケア

その生活習慣、ちょっと待った! 疲労回復にやっていいこと、悪いこと

その生活習慣、ちょっと待った! 疲労回復にやっていいこと、悪いこと

疲れた体をいたわり、疲労回復させるためによかれと思っておこなっていた生活習慣が、実は逆効果だった…。ということが、実はよくあるんです!

今回は、体のしくみに詳しいカイロプラクター・檜垣暁子先生に、間違いがちな疲労回復のための生活習慣についてレクチャーしてもらいましたよ!

誤った知識が、目の疲労を増長させる

体によいと思ってやっていたことが、かえって疲れを招いてしまったり、リラックスとは反対の活動的な状態になってしまったり…などと、「疲労を回復させるための努力をしているわりには、効果が得られなかった」という経験はありませんか?

しかしもしかしたら、これは間違った知識を得て実践しているために起こったことかもしれません。

まず疲労している人に多いのは、背中や首、肩周りの筋肉がこり固まっていること。これは目の健康を損なうことにも繋がります。

★姿勢が悪くなりパソコンの画面と目の適切な距離が保てなくなる
★目を動かす筋肉(外眼筋)もこりやすくなる
★ピント調整にかかわる目の筋肉(毛様体筋)がうまく機能しなくなる
★睡眠に問題が生じるケースでは、しっかりと目を休めることができなくなる
★緊張状態が続くことで、まばたき数(1分間に平均20回くらい)や涙の分泌にも変化が生じ、ドライアイなど目の不快な症状を起こしやすくなる

このような症状に悩まされないためにも、さっそくみなさんもご自身の生活習慣を振り返ってみましょう。

やってはいけない生活習慣5選

みなさんがおこないがちな、「目からウロコの間違った生活習慣」について、ご紹介します。

1.朝の支度は短い時間で → ×

その生活習慣、ちょっと待った!_02

睡眠時間をできるだけ長くとるために、「朝の支度にかける時間は短時間で」と考えている人がいます。出勤など外出をするまでの時間にゆとりがあり、その中でてきぱき支度を済ませて、その後にゆっくり過ごすのはよいことです。しかし、最小限の時間枠で、バタバタ大急ぎで支度をするのは、意外とストレスがかかるものです。

かえって朝から疲れてしまい、元気に仕事がスタートできないことも少なくありません。時々なら仕方ないですが、毎朝バタバタ、という習慣は避けましょう。

2.なるべく座るようにする → ×

その生活習慣、ちょっと待った!_03

イスに座ると、体が楽に感じるかもしれません。立ち仕事やたくさん歩いた後などは、足の疲労を和らげるためにイスに座ると楽になると思います。

しかし、デスクワークなどの座り姿勢が普段から続いている人にとっては、イスに座る機会が増えることで、姿勢保持の筋肉が疲労し、腰や背中、首などの筋肉がこってしまうケースがあります。

3.お風呂は熱いお湯に入る → ×

その生活習慣、ちょっと待った!_04

「熱いお風呂に浸かることが好き」という人は多いですよね。頭もすっきりして気分がよいかもしれません。しかし、実は42度くらいの湯温では、体を活動的にする交感神経のはたらきが優位になりやすいのです。

疲労やコリを解消させ、目の筋肉もリラックスさせるには、38~40度くらいのぬるめの温度が適しています。

4.疲れている時こそたくさん食べる! → ×

その生活習慣、ちょっと待った!_05

「疲れを回復させるために、がっつり肉料理を食べよう!」と思う人がいるかもしれません。しかし、疲労時は胃腸のはたらきが低下しているケースも少なくありません。

消化に時間がかかったり、刺激物で胃に負担がかかったりすると、かえって不調を招きます。疲れている時こそ、消化のよい食事とバランスのとれた栄養をこころがけましょう。

5.姿勢はいつも正しく保つ → ×

その生活習慣、ちょっと待った!_06

パソコンに向かう時など、正しい姿勢を保つことでディスプレイと目の適切な距離を保ち、目の筋肉疲労を予防することを心がけている方もいらっしゃると思います。しかし疲労している場合は、姿勢を保持するための筋肉がこってしまい逆効果になることも。

筋肉をあたためる・ストレッチをするなどして血行を改善させてからでないと、無理に正しい姿勢を続けようとすることで、体に負担がかかる場合もあるようです。

普段なにげなく行動していたことが、健康を損なう要因になっていたり、よかれと思ってやっていたことが逆効果だったり…。今回の記事を読んで、驚かれた方も多いのではないでしょうか?これからは正しい知識をもって、きちんとご自愛くださいね!

▼見直したい生活習慣はまだまだあります…
正しいレンズケアのすすめ(ロート製薬 商品情報サイト)
気づいたら背中が丸まっていない? 『猫背』をシャキッと治す方法~前編~
気づいたら背中が丸まっていない? 『猫背』をシャキッと治す方法~後編~
自律神経をシャキッと整える新習慣 ~【呼吸】&【瞑想】編~
自律神経をシャキッと整える新習慣 ~【食事】&【運動】編~

文/よしだみすず
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

眼精疲労

『疲れ目』と『眼精疲労』は違う!? 眼精疲労が原因でおこる頭痛の傾向と対策

『疲れ目』と『眼精疲労』は違う!? 眼精疲労が原因でおこる頭痛の傾向と対策

IT環境の発達などで、現代人は目を酷使してしまいがちです。もはや疲れ目は日常生活と切り離せないという方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、単なる疲れ目だとあなどっていては大間違い。重度の疲れ目(眼精疲労)は体全体にさまざまな悪影響を及ぼすこともあるのです。

その代表的な症状が『頭痛』です。今回は眼精疲労が原因でおこる、頭痛の種類と対処法をご紹介します。

『眼精疲労』は『疲れ目』のことではなかった?

疲れ目のことを、ごく日常的な感覚で『眼精疲労』と呼んでいませんか?

実は医学的には、疲れ目と眼精疲労とは区別して考えられています。いわゆる「目が疲れた」という症状や、「目が痛い、重い」などの症状の中でも、目を休めることや睡眠などで改善される状態のことを『疲れ目』と呼び、症状が改善されず、頑固に長引く状態のことを『眼精疲労』と呼びます。

軽度の疲れ目の場合は休息することで改善できますが、眼精疲労が続くと全身に悪影響を及ぼし、頭痛や肩こり、倦怠感やめまい、吐き気などを引き起こすこともあります。

眼精疲労が引き起こす頭痛は、こんなにつらい!

眼精疲労.頭痛_02

眼精疲労を原因とする頭痛は、いわゆる“慢性頭痛”と呼ばれる症状が多いようです。中でも、大きく分けて3種類あるといわれています。

1.緊張型頭痛

目の周りや首、肩の筋肉が緊張し、血流が悪化することで発症する“血管収縮型”の頭痛です。頭が締めつけられるようなキリキリとした痛みが特徴で、目の奥の痛みや倦怠感、めまいなどを引き起こすこともあります。

2.片頭痛(※偏頭痛という場合も)

こめかみがズキズキと脈打つように痛み、時に吐き気をともなうこともある“血管拡張型”の頭痛です。女性に多くみられる症状で、数時間で治まる場合もあれば、数日間にわたり長引く場合もあります。月に数回の頻度で発作的に起こることも特徴です。

3.群発頭痛

目の奥をえぐられたような激しい痛みが起こる頭痛で、群発期に入ると1~2ヶ月にも渡って毎日のように痛みが起こります。一次頭痛(脳腫瘍や脳出血などの原因がない頭痛)の中ではもっとも痛みの激しい頭痛で、20代から40代の男性に多いのが特徴です。

頭痛の症状ごとに分かれる対処法

では、それぞれの頭痛に改善方法はあるのでしょうか?
対処法は、頭痛の種類に応じて異なります。中には真逆の効果を及ぼすものもありますので、できれば医師の意見を聞くなどして慎重におこないましょう。

眼精疲労.頭痛_03

『緊張型頭痛』の場合は、緊張した筋肉をほぐし、血管の収縮で悪化した血行を改善することが必要です。ゆったりと入浴することで首や肩を温め、ストレッチやマッサージなどで筋肉をほぐしましょう。また、蒸しタオルで目を温めることも効果的です。

『片頭痛』は、血管の拡張により引き起こされます。対処法は緊張型頭痛とは正反対ですから、血管を拡張する入浴やマッサージなどは厳禁です。
首筋や目の周囲、こめかみのあたりを冷やすことや、こめかみを指で押さえて血流を阻害するなどをおこないましょう。また片頭痛の期間は静かな部屋で横になり、体を休めることが必要です。

『群発頭痛』の場合は痛みが激しいこともあり、個人でおこなえる対処法に頼ることは危険です。かならず専門医の診察を受け、適切な治療をおこないましょう。
群発頭痛はアルコールがトリガーとなることが知られています。喫煙者に多くみられることも特徴ですので、痛みのある期間の飲酒はひかえ、禁煙することも重要です。

▼疲れ目の改善なら、こちらも参考に!
カイロプラクターがズバリ解決! 疲れ目⇔肩こりの悪循環を断ち切る方法

【続】カイロプラクターがズバリ解決! 疲れ目✕肩こりをやわらげるセルフケア

たった1分で目がスッキリ! 疲れ目に効く『眼ヨガ』を試してみた!

ストレスをためないことも大切。目に負担をかけない生活を

眼精疲労.頭痛_04

眼精疲労が誘発する症状は、決して頭痛だけではありません。場合によっては、白内障や緑内障の症状が眼精疲労の原因になっていることもありえます。
取り返しのつかないことになる前に医師の診断を受けることが基本ですが、日常生活では目に与えるストレスを軽減することも眼精疲労を予防するポイントとなります。

適正な視力矯正器具を使用する、暗い部屋での作業を避ける、パソコンを使用する時は正しい姿勢で座るなど、目に負担をかけない生活を心がけることが大切です。
“目に優しい”生活をおこなうだけでも、眼精疲労の原因を軽減することができますよ。目をいたわる習慣をつけ、眼精疲労を予防していきましょう。

▼目に優しい生活には、こちらの記事もオススメ!
バラの香りが疲れ目を癒す!? 今話題の『ローズウォーター』
目は寝ている間にダメージを修復!就寝中のケアを後押しする4つの新習慣
日常化生活から見直そう! 健康な目を維持するための6つの生活習慣

▼なかなか治らない肩こりや頭痛、その原因は眼精疲労かも…?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
ヘルスケア大学 – 眼精疲労からくる頭痛の特徴と対処法
http://www.skincare-univ.com/article/005918/
エスエス製薬 – 頭痛の原因と種類
http://www.ssp.co.jp/eve/pain/head/q1.html
おとなの安心クラブ – 眼精疲労は、ただの目の疲れと考えず、早めの対策を
http://www.secom.co.jp/otona/health/no9_1204.html
AllAbout – 群発頭痛の原因・症状・治し方
http://allabout.co.jp/gm/gc/432879/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ