• HOME
  • 専門家
  • 眼科医も認める、注目の“赤い”成分!『アスタキサンチン』が眼精疲労に効果アリ
眼精疲労

眼科医も認める、注目の“赤い”成分!
『アスタキサンチン』が眼精疲労に効果アリ

眼科医も認める、注目の“赤い”成分!<br />『アスタキサンチン』が眼精疲労に効果アリ

2015年4月から『機能性表示食品制度』という、新制度が導入されたのをご存じですか?
農産物やサプリメントに含まれる成分効果の科学的根拠を、消費者庁に提出。
受理されれば「目にいい」「骨の健康を保つ」など、販売物への効能表示が可能になるという制度ですが、これを受け、いち早く消費者庁に受理されたのが、目の健康にまつわる『アスタキサンチン』という成分です。

あまり馴染みのない成分ですが、実力は、眼科医も認めるほど!
そこで今回は、アスタキサンチンに関わる臨床実験にも携わった眼科医・梶田先生に、その効果のほどを伺いました!

サプリに懐疑的だった眼科医も認める“アスタキサンチン”

astaxanthin_02

――目にいい成分として、ブルーベリーに含まれるアントシアニンなどが有名ですが、先生が、アスタキサンチンに注目される理由は何でしょう?

梶田先生
かつてはビタミンAの不足により、後天性の夜盲症(暗い場所での視力が著しく低下し、よく見えなくなる病気)にかかる人もいましたが、今は、食べるものに困らない時代。
眼科医の立場から「この成分を摂取すれば、目がよくなりますよ」と大きな声でオススメすることには、正直、懐疑的でした。

しかしアスタキサンチンについては、私自身が効果の臨床実験に関わり、その結果を目の当たりにしている以上、疑う余地はなさそう。
立ち合った3回の臨床実験において、アスタキサンチンを摂取した方の眼精疲労が、回復したのです。

衝撃の事実!『眼精疲労』の定義は、けっこう曖昧だった!?

astaxanthin_03

――実験の最前線で、その効果を確認されたんですね。

梶田先生
私がアスタキサンチンを用いた臨床実験に参加したのには、ワケがあります。
疲労回復を裏付けるための実験方法を確立したのが、私だからです。

ひと口に『眼精疲労』と言いますが、どのような症状を眼精疲労と位置づけるか、その線引きは非常に曖昧。
もちろん、視力や眼圧、視神経など、あらゆる検査をしますが、回復したかどうかは「見えるようになった気がする」「ちらつきが軽減した気がする」と、患者さんの感覚に委ねる部分が大きかった。
これでは、いくらアスタキサンチンに効果があったとしても、確固たるデータが得られません。

定義が曖昧な中、私が注目したのが「毛様体筋の震え」。
毛様体筋は、目のピント調整の役目を果たす筋肉です。例えば、腕の筋肉は、重いものを持つと自分の意志とは関係なくピクピク震え、疲れがピークに達すると、ものを持っていなくても震えます。
目の筋肉である毛様体筋も同様に、負荷が掛かれば震え、疲れがたまれば、ピント調整をしていないときにも震えが止まりません。

アスタキサンチンの効果を裏付ける、毛様体筋の震えの軽減

astaxanthin_04

――臨床実験でも、毛様体筋に注目されたんですね?

梶田先生
毛様体筋の震えを計測できる機器を使い、アスタキサンチンの摂取前/摂取後、それぞれに震えの度合いを計測しました。すると3回おこなった実験すべてにおいて、震えが軽減。
この実験結果も手伝い、アスタキサンチンが眼精疲労の回復に及ぼす効果は、消費者庁受託の事業にて、最高評価を得たそうです。

毛様体筋の震え軽減に対するアスタキサンチンの効果を、国が認めたと言っても過言ではないでしょう。

イクラにカニにエビ…、とっても身近なサケからも摂取可能!

astaxanthin_05

――目の疲れに悩むデスクワーカーには、もってこいの成分ですね。アスタキサンチンは、日常の生活でも摂取できるのでしょうか?

梶田先生
ここまで、ちょっと難しい話をしてしまいましたが、身近な食材からもアスタキサンチンは摂取できます。
アスタキサンチンは自然界に分布している天然の赤い色素で、サケやイクラ、カニやエビに多く含まれています。

とくにサケは安価で、食べた方も多彩ですよね。
現状、どれほど摂取すれば、眼精疲労に効果が認められるか定かでありませんが、やはり話題のDHAや、体の組織をつくり出すのに欠かせないタンパク質も豊富。
積極的に食べるようにして、損はなさそうです。

【参考】
産経ニュース−「トクホ」と何が違う「機能性表示食品」…「体にいい科学的根拠」の公開義務で制度は健全機能するかhttp://www.sankei.com/premium/news/150404/prm1504040005-n1.html
化学工業日報−富士化学工業 アスタキサンチン 機能性表示届け出http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2015/04/17-19906.html

取材・文/大谷享子
みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

Loading ... Loading ...
結果
Q1

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

  • はい
    93%
  • いいえ
    7%
Loading ... Loading ...
Q2

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

  • はい
    47%
  • いいえ
    53%
Loading ... Loading ...
Q3

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

  • はい
    26%
  • いいえ
    74%
Loading ... Loading ...
Q4

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

  • はい
    13%
  • いいえ
    88%
Loading ... Loading ...
Q5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

  • ロートV5粒を飲み始めて、視界がくっきりと感じて、たとえば新聞を読む時にあまり苦労なく読めた気がしました。また、スマートフォンの画面がくっきり見やすかったです(60代男性)
    48%
  • ロートV5粒を飲んでいると、見る力の衰えを感じることが少なかったです。気持ちが軽くなりました。小さなカプセルで喉にひっかかることもなく、飲むタイミングも自由なので気軽に続けてみたいと思います。(50代女性)
    20%
  • 1日1粒で、水でさっと飲みほせて良いと思います。パソコンの画面から細かい書類に目を移したり、新聞に目をやったりする時に視界がクリアに感じました。気持ち的にも前向きになりました。(40代男性)
    52%
  • ロートV5粒を飲み始めて視界がくっきりして見えました。見る力の低下を感じなかった気がしました。(50代男性)
    20%
  • 飲み始めて、小さな文字や携帯電話のメール、お琴の譜面などがくっきり見え、負担に感じなくなりました。うんざりしなくなって、気分的に楽しいです。(50代女性)
    28%
  • 飲んでいて、針に糸を通すのに、よく失敗していたのが、1回で通すことができたので驚きました。テレビを見てもぼやけが少し減ってきた気がします。クリアというか、焦点が合っている。くっきりシャープな感じに見え、確かに違うと感じました。(60代女性)
    48%
Loading ... Loading ...

「見る力」をサポートしてくれるサプリメントがあるの☆

\目の健康が気になる方におすすめ/
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
「見る力」は年齢とともに低下します。網膜に働きかけ、目の機能維持に必要なルテインやゼアキサンチンを摂取するにはサプリメントが効果的です。『ロートV5粒』なら1日1粒飲むだけなので、忙しい人でも継続して目のケアができますね。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

眼精疲労

目の疲れは“肝”の不調のせい?陰陽五行説からみる眼精疲労の原因と対策

目の疲れは“肝”の不調のせい?陰陽五行説からみる眼精疲労の原因と対策

眼精疲労やドライアイなどの対策はいろいろあります。目ディアでもさまざまな方法をご紹介してきましたが、今回は東洋医学の考え方“陰陽五行説”にもとづいて、眼精疲労の原因や対策をご紹介します。

陰陽五行ってなに?

そもそも陰陽五行説とはどんな考えなのでしょうか? 陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)とは、東洋医学における理論の1つです。簡単にいえば、自然界にあるものすべてを5つの要素に分類し、その関係や特性をもとに考えるのが陰陽五行説です。

5つの要素とは具体的に“木・火・土・金・水”です。東洋医学では、これらがバランスをとりながら機能していると考えられています。そして、私たちの体、季節、食べ物などもすべていずれかの要素に分類でき、その特性や関係性を知ることで体調管理などに役立てることができるとされています。

全身に影響する“五臓”って?その役割と関連する不調とは

陰陽五行説から見た眼精疲労_02

陰陽五行説にもとづいて私たちの体をみるとき、とくに重要なのが“五臓”(ごぞう)です。“肝・心・脾・肺・腎”の5つで、これは先にご紹介した“木・火・土・金・水”の順にそれぞれ対応しています。

この五臓は私たちになじみの深い西洋医学的な“肝臓・心臓・脾臓・肺・腎臓”に近いものですが、少し意味が違いますので注意してください。また、五臓のはたらきをサポートするものとして“五腑”があり、これは“胆・小腸・胃・大腸・膀胱”とされています。

今回は、とくに目と関係の深い“肝”の役割と、関連する不調についてご紹介します。

陰陽五行説において、“肝”は全身の血、気、体液の流れを調節する役割があります。血を貯蔵したり、精神や情緒のバランスを整えたりする役割もあるとされています。

そのため、肩こり、頭痛、眼精疲労、イライラ、食欲不振、下痢などの不調は“肝”に起因すると考えられています。

目の不調は“肝”の不調のサイン!

陰陽五行説から見た眼精疲労_03

私たちの体で重要な役割を果たしているのが五臓ですが、陰陽五行説では、五臓の不調のサインが出やすい部位というのがあります。それが“五官”です。

五官とは“目・舌・口・鼻・耳”です。これも最初にご紹介した“木・火・土・金・水”の要素や五臓の“肝・心・脾・肺・腎”にそれぞれ対応するとされています。

つまり、目になにかよくない症状が出たときは、“肝”で不調が起きているサインだというわけです。具体的には、眼精疲労やドライアイ、充血などが挙げられます。

また、五臓が弱ったり病んだりすると変化がみられる分泌液として“五液”があります。“涙・汗・よだれ・鼻水・唾”の5つで、これもそれぞれの臓の不調のサインとされています。涙が出やすくなったら、“肝”が弱っていることをうたがってみる……という関係ですね。

薬膳の“五色”で目に効くのは“青”――小松菜、にら、ネギ、ブルーベリーなど

陰陽五行説から見た眼精疲労_04

こうした目の不調やその原因とされる“肝”の不調には、どんな対策をしたらいいのでしょうか? ここでは東洋医学の考えをもとにした薬膳(その人の体質にあわせた食材に生薬を加えて作る料理)を参考にしてみましょう。

薬膳では、五臓の状態や季節にあわせて、とり入れるといい食材を五色であらわしています。“青・赤・黄・白・黒”の5つで、この順のとおりにこれまでご紹介した5要素や五臓に対応しています。

この五色の考えによれば、眼精疲労やドライアイ、涙目などには、“青”の食材が有効です。“青”は血液の質や流れにかかわる不調に効果があるとされており、季節では春にとり入れるといいとされています。

具体的な食材としては、ほうれん草、春菊、にら、ネギ、ブルーベリーなどが挙げられます。青みの強い葉野菜などが一般的なようです。ブルーベリーは目にいいとよくいわれますが、陰陽五行説からみても該当しているんですね。

今回は、眼精疲労などの目の不調について、陰陽五行説からみる原因や対策をご紹介しました。いかがでしたか? 花粉症も本格化するこれからのシーズン、東洋医学の考えをとり入れて対策してみてもいいかもしれませんね!

▼目の不調でお悩みの方はコチラもどうぞ
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

▼目にまつわる東洋医学系の対策ならこんな記事も!
知っておくと便利! 身体の調子を整えてくれる足のツボとは?
冷え性と目には深い関係があった!冷えに効くツボ押しのポイント教えます
眼精疲労に悩まされている方へ!「お灸」の効果とやり方とは?
まぶたが下がってしまう疾患 『眼瞼下垂』に有効な鍼灸治療とは?
ちょっと勇気がいる? 眼精疲労に効果がある鍼治療ってどんなもの?【1】

【参考】
肺の不調は鼻に現れる!どこが悪いか一目瞭然。陰陽五行の「五行色体表」から学ぶこれからの家庭の医学。|IN YOU
http://macrobiotic-daisuki.jp/inyougogyo-touyouigaku-25786.html
東洋医学での肝・胆の捉え方|東洋医学の穴
http://o-medicine.net/oriental-medicine/viscera1/
和漢膳(薬膳)とは|一般社団法人国際薬膳食育学会
http://kokusaiyakuzen-shokuiku.org/wakanzen/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ