• HOME
  • 専門家
  • 日本人は欧米人に比べて眼球が大きい!? サイズを知れば見えてくる、コンタクトによる健康被害
コンタクト

日本人は欧米人に比べて眼球が大きい!? サイズを知れば見えてくる、コンタクトによる健康被害

日本人は欧米人に比べて眼球が大きい!? サイズを知れば見えてくる、コンタクトによる健康被害

私たちが抱く欧米人のイメージは、顔が小さくて目がパッチリ。
となれば当然、眼球のサイズも日本人より大きいはず?

しかし眼科の先生によれば、欧米人もアジア人も眼球の大きさに大差はなく、むしろアジア人のほうが、やや大きめだそう。
目の大きさをコンプレックスとする日本人は少なくないだけに、なんだかうれしくなってしまう話題ですが、この大きさの違いによって生じるのが、コンタクトレンズのサイズ問題。

いったい何が問題なのか?
コンタクトによる健康被害に詳しい眼科医・岡野先生が、警鐘を鳴らします!

目のサイズは顔のサイズに比例!?目そのものはアジア人のほうが大きい

欧米人のスタイルに憧れる方にとって、コンプレックスの最たる源かも知れませんが、私たちアジア人は、欧米人に比べて顔が大きいのです。

顔が大きいということは、顔の骨格が大きいということ。
眼球は、『眼窩(がんか)』と呼ばれる頭蓋骨のくぼみに収まっているものですから、顔の骨格が大きければ、自ずと、くぼみに収まる眼球のサイズもアップします。

そう、欧米人に比べて顔が大きいアジア人は、顔のサイズに比例して、眼球も大きい
欧米人の目が大きく見えるのは、まぶたの形状やホリの深さが強く影響しているのであって、目そのもの=眼球は、私たちアジア人のほうが大きい傾向にあるのです。

目が悪い人なら知っている!?眼球サイズは“あの機器”で測定できる

眼球の大きさは、そう簡単に測れるものではないので、ご自身のサイズを知らずとも当たり前。けれど大きさの目安となる値は、眼科に行けば、容易に知ることができます。

eye-size_02
出典:秒刊サンデー−『視力が良い人』には伝わらない不思議な画像がネットで話題に

メガネやコンタクトレンズをつくるために眼科を訪れたことのある人なら、のぞき込むと、青空に浮かぶ気球が見える機器をご存じでしょう。
『オートレフラクトメーター』という機器ですが、これによって近視や遠視、乱視の度数を始め、右目と左目の距離など、目にまつわるさまざまなことが測定できます。

この機器で測定できる項目のうち、眼球の大きさに関わるのが『角膜曲率半径』。ざっくり言ってしまえば、角膜(黒目)が、どれほどカーブしているかを示す値です。
球体はカーブの連続でできていますから、この値を知れば、大方の眼球サイズも見えてくるというワケです。

コンタクト使用者は要注目!サイズを知ったところでどうなるの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

眼球サイズを知るヒントとなる角膜曲率半径は、コンタクトレンズを処方するのに欠かせません。
コンタクトレンズは、度の入ったやわらかなレンズを角膜にかぶせて使用するもの。
目により良くフィットさせるには、角膜のカーブとコンタクトのカーブが、極力、一致している必要があります。

使い捨てのコンタクトをお持ちの方は、パッケージを見てみてください。

「BC(ベースカーブ)」という値がコンタクトのカーブを示し、角膜そのもののカーブに+1mm前後が理想的な数値です。
しかし自身にフィットしたBCを知らずに適当に選ぶと、先に取り上げた「欧米人とアジア人の眼球サイズの違い」がアダとなります。

自身のサイズを知らずにコンタクトを個人輸入…その危険性に迫る!

どんな製品も、自国民に最もフィットするよう製造されるもの。
コンタクトレンズもご多分に漏れず、製造国が欧米であれば、欧米人のサイズに合わせたつくりとなっていて当然です。

比較的、眼球が大きなアジア人は、角膜のカーブが、欧米人に比べてゆるやか。
BCで示すと9.0~9.2mmという値が日本人には多々見られますが、そのサイズは欧米人となると珍しく、海外製のコンタクトレンズでは、製造すらされていないことがよくあります。

それなのに「安いから!」と、海外からコンタクトレンズを個人輸入。BCに目を向けず選んでは、いつもMサイズの服を着用している人が、窮屈な思いをしてSサイズを着ているのと同じです。

すると本来、コンタクトレンズと角膜の間にあるべき涙や空気が入り込む余裕がなくなり、ドライアイの原因になったり、コンタクトレンズとの隙間が真空状態となり、「なかなか外れない!」といった事態を招きます。

ひどいときには無理やりにコンタクトレンズを外した拍子に、角膜がベリッと剥がれて激痛!なんて事態もあり得るのです。

▼「ヤバイ!コンタクトが外れない!」そんな緊急事態にはこちら

また、角膜のカーブを示す値に対し、コンタクトレンズのBCは+1mm程度が理想的とお話ししましたが、これは角膜とレンズの間にあるべき、涙の量を計算してのこと。
ほどよい涙を含んで角膜の上でコンタクトレンズがきれいな形を作ることでその形自体がレンズ効果を持ちます。

視力に合った度数を選んでいても、眼球のカーブに合っていない、小さいサイズのコンタクトレンズを装用することで、レンズのカーブが引き伸ばされてしまうことも、「度数は合っているのによく見えない、ゆがんで見える」の原因となっている可能性があります。

これらを防ぎ、健康な目を維持するためには、言うまでもなく、眼科で処方されたコンタクトを使用することが第一。
「処方箋をもとに通販しているから」という方も、視力だけでなく、まれにBCが変化することもありますので、定期的な受診をおすすめします。

他にもあった!知らないと怖いコンタクトの間違った使い方

「サイズの合わないコンタクト使用」に心当たりがあった方。他にも間違った使い方をしているかも…。そのまま使っていると目の病気を引き起こすかもしれません。

ハードコンタクトを水洗いしている

ソフトは洗浄液を使うけど、ハードなら水でもOK!は大間違い。また、ハードを使い続けると『眼瞼下垂(がんけんかすい)』という症状の原因にもなります。
▼詳しくはこちら
ハードコンタクトレンズ使用者に警鐘!人相にまで影響する『眼瞼下垂』って!?

洗浄はつけ置き洗いで済ませてしまっている

使い終わったコンタクトレンズには雑菌がいっぱい!つけ置き洗いだけだと不十分です。きちんと洗浄液でこすり洗いをしましょう。
▼詳しくはこちら
つけ置き洗浄のみはNG!! コンタクトレンズの正しいお手入れ法

長時間コンタクトをつけっぱなしにしている

疲れて帰ってきて、コンタクトをつけたまま寝てしまった…。なんてことありませんか?角膜が傷つき、感染症の原因にもなるので要注意です!
▼詳しくはこちら
コンタクトレンズでまさかの失明…!? 『アカントアメーバ』が怖すぎる!

間違ったコンタクトの使い方は目の病気を引き起こします。正しい知識と正しい使い方で安全なコンタクトライフを送りましょう。

▼みんなのコンタクト事情を知りたい!
大人女子たちのコンタクト事情(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
メニコン−コンタクトレンズ百科事典−コンタクトレンズ各部の名称と規格http://www.menicon.co.jp/whats/encyclo/lib_b/302.html

目のテストに挑戦!

下記のカラーチャートに何種類の色が使われているか、あなたは見分けることができますか?

tetrachromacy2_02
答えはこちら!!

見えた色の数によってはもしかしたら、あなたは「4色型色覚者」かもしれません!

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

コンタクト

子どもの装用に医師が警鐘!コンタクトは何歳から使用してもいいの?

子どもの装用に医師が警鐘!コンタクトは何歳から使用してもいいの?

出典:YouTube「How young can children wear contact lenses? Adriana Cortina & pediatric optometrist in Miami」

子どものおしゃれも多様化した昨今。ファッションの観点からメガネの装用を嫌がるお子さんも少なくないようです。

しかしコンタクトレンズは、その機能に障害が生じた場合、人体へのリスクが高いとされる「高度管理医療機器」に指定されています。

そこで今回は、子どもが安全にコンタクトを使用するにはどんなことに注意すべきか、そもそもコンタクトの装用は何歳からが理想的なのか、眼科医・岡野先生がズバリ指摘します!

医師の見解は?子どものコンタクト装用は少なくとも「15歳」から

コンタクトは何歳からOK子どものコンタクト装用で守ってほしいこと_02

単刀直入に言えば、「子どものコンタクト装用は、少なくとも15歳から」と岡野先生は指摘します。ご自身が院長を務めるスマイル眼科クリニックでも、15歳未満の患者さんにはまず、メガネを強くすすめるそうです。

その最たる理由はズバリ、管理の難しさです。

外したコンタクトの洗浄、すすぎ、保存と簡単な作業ではありますが、大人でもおろそかにしてしまい、目に炎症が起こることが少なくありません。

さらに子どもの場合、大人のサポートが必要になります。たとえ毎日のケアがしっかりできていたとしても、体育の授業や部活など、運動をする機会も多いことから、大人以上に目へのアクシデントが多いことも見逃せません。

しかし子どもは自らの違和感に気付きづらかったり、気付いていても口に出さなかったりすることもあります。大人が率先して、子どもの異常に気付く必要が出てくるでしょう。

自分で管理できても油断禁物!アレルギー性の病が深刻化するおそれも

コンタクトは何歳からOK子どものコンタクト装用で守ってほしいこと_03
出典:Parents.com「Eye Infection Basics」

1つの基準となる15歳を過ぎ、自分でコンタクトの管理ができるようになったとしても、「コンタクトを選択するのは成人を過ぎてからが理想的」だと岡野先生は言います。

なぜなら目に起こる『アレルギー性結膜炎』が最も発症しやすいのは、17歳の男子と統計的に明らかになっているからです。

アレルギー性結膜炎とは、花粉に代表されるアレルゲン物質が目の表面に付着し、目のかゆみや充血、目やになどの症状が出る病です。

コンタクトを装用している場合、レンズにアレルゲン物質が付着することから目への接触時間が長くなり、より病にかかりやすくなったり、症状が深刻化したりする可能性が高まります。アレルギー性結膜炎が発症しやすい傾向にある17歳前後の未成年においては、やはりコンタクトの使用は避けるべきなのです。

日常的にスポーツをする場合には?それでもやっぱりメガネが安心

コンタクトは何歳からOK子どものコンタクト装用で守ってほしいこと_04
出典:『Tennis RX』

とは言え、激しい動きをともなうスポーツをしており、メガネが邪魔になるケースもありますよね。

しかし1970年代のプロテニスもおいては、メガネを着けたままプレーする選手が珍しくなく、野球解説者として今も活躍するかつての名捕手・古田敦也選手もメガネを装用したままプレーしていた事実が示すように、メガネでも十分にスポーツはできるのです。

岡野先生自身も、非常に軽量で高いフィット性のあるスポーツ用メガネの愛用者であり、メガネの装用による運動時のケガと、コンタクトによる目の炎症を比較すれば、やはり後者にリスクがあると指摘します。

ただ、強い衝撃がともなう柔道やフィギュアスポーツなど、メガネが割れる危険性が高いスポーツなどをする場合には、コンタクトという選択肢が挙がってきます。

その場合には、毎日のケアが必要ない「ワンデー」タイプがオススメです。

大人も要注意!自分に合ったメガネを持っていてこそのコンタクト

コンタクトは何歳からOK子どものコンタクト装用で守ってほしいこと_05

また、これは大人にも言えることですが、メガネではなくコンタクトを常用するという選択をしたにせよ、「3か月に一度」と義務づけられた定期検診が欠かせないのはもちろんのことです。また、それ以前に必ず、自分の視力に合ったメガネを持つことが大前提となります。

日本人における平均年齢が男女ともに80歳を超える時代、加齢による目の病にかかったり、まぶたのたるみが生じたりと、コンタクトを一生使い続けられるとは限りません。むしろ、「一生、使い続けられるのは、まれなケース」だと岡野先生は言います。

さらに加齢に関わらず、大震災などの災害に見舞われて避難生活を余儀なくされた場合にも、毎日のケアが必要なコンタクトは使用が難しくなってしまうのです。

成長の段階にある子どもの目を守るのは、大人の役目でもあります。

今回、ご紹介した「まずメガネという選択を」ということだけでなく、「そもそも、どうして近視になってしまったのか」を考える機会を設け、日ごろの姿勢や子ども部屋の照明など、今一度、親子一緒に見直してみてくださいね。

▼「子どもの目の健康」については、コチラの記事もオススメ!
予備軍は4割?!子どものドライアイが急増中(ロート製薬 商品情報サイト)
【PR】夏がくる、その前に!子どもの目を守るケア習慣を身につけよう
【PR】ゲームにスマホ…疲れている子どもの目は『妖怪ストレッチ動画』でケア
発達のヒントは遊びにあり?子どもの目の成長をサポートする遊び
子どもが『不同視』と診断されたら?進行抑制のための基礎知識
赤ちゃんの視力は0.01未満!? 子どもの視界を体験して危険を回避しよう

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ