• HOME
  • 専門家
  • 海中で目を開けても痛くないのはナゼ!?夏の瞳にまつわるトリビア&トラブル
トリビア

海中で目を開けても痛くないのはナゼ!?
夏の瞳にまつわるトリビア&トラブル

海中で目を開けても痛くないのはナゼ!?<br />夏の瞳にまつわるトリビア&トラブル

梅雨明け宣言が列島を駆け巡り、いよいよ、夏も本番!家族旅行や週末のプールなど、レジャーが楽しい季節です。そこで今回は、夏の瞳にフォーカス。

夏にまつわる瞳のトリビアから、夏のレジャーで気を付けたい、目のトラブルや対処法まで、目のことなら何でもござれ、眼科医・岡野先生に教えていただきました!

涙の味を思えば納得!塩水の海中で目を開けていられるワケ

Leisure_02

「傷口に塩を塗る」という表現があります。ことわざとしてだけでなく、傷口に塩を塗ろうものなら、痛くて仕方ありません。
しかし、目は複雑で繊細な器官であることから、塩の刺激にも弱いように思えますが、塩水である海水のなかでは、取り立てて痛みを感じることなく、目を開けることができます。

なぜ、海水のなかで、目を開けていられるのか?
その理由は、涙の味を思えば納得できます。涙が口に入るとしょっぱいですよね?

そう、海水ほどの濃度ではないものの、目を覆っている涙にも塩分が含まれているため、塩水である海中でも、さしたる痛みを感じることなく、目を開けていられるのです。

こちらも答えは単純!バーベキューの煙が目にしみるのはナゼ?

Leisure_03

次にバーベキューや花火にまつわる、簡単な豆知識を一つ。
もくもくと立ち上がる煙が目に入ると「痛い!」。レジャーシーンで、お馴染みの一コマです。

海中で目が開けられるのと同様、煙が目にしみるワケも、とっても単純。
文字通り、つかみ所のない煙を見ると、つい、空気と同列に気体と考えてしまいがちですが、煙は、何らかの物体を燃やすことで発生するもの。バーベキューであれば炭だったり、花火であれば火薬の成分だったり、非常に微細ではあるものの、固形物が混じっています。
固形物を含んだ煙が目に入れば、それはもう、ゴミが目に入ったのと同然。しみる、痛いとなるのです。

ただし痛みは、一時的なもの。痛みと同時に分泌された涙が、ゴミを流してくれます。
花火の火花が目に入ったなんて事態でない限り、常識の範疇で、楽しんでいる以上、大事に至ることはないので、ご安心を。

海でもバーベキューでも!屋外なら、どこでも起こりうる『夏目』

Leisure_04

さて、ここまでちょっとした小ネタをお話ししましたが、大切なのはここから。
夏のレジャーで起こりやすい、目のトラブルについてお話しします。

まず、海でもプールでもバーベキューでも、あらゆるシーンで気を付けたいのが『夏目』。
『海目』や『山目』と呼ばれることもありますが、いずれのフレーズに聞き覚えがなくとも、『雪目』ならご存じの方も多いのではないでしょうか。
快晴のゲレンデで、白銀の雪に反射した日差しを目に受け、目が炎症を起こす疾患です。

『夏目』は、これのサマーバージョン。
ゲレンデでは反射によって、日差しを強く受けることになりますが、もともと日差しの強い夏においては、太陽の下に長時間いるだけで、目が日に焼けてしまい、炎症を起こす危険性が高いのです。

『夏目』になると目が真っ赤に充血。ときには「痛くて目が開けられない!」と、眼科を受診される方もいますが、症状を引き起こしているのは、日差しに含まれる紫外線。
紫外線にはエネルギーの強いA波と、そこまで強くないB波がありますが、炎症を引き起こすのはB波のほう。
エネルギーが弱いことから目の内部に潜入せず、表面に停滞するので、目の組織の中で最も外側にある「角膜」を傷つけるのです。

『夏目』を回避するには目に直接、紫外線を受けないよう、サングラスを装着すること。
UVカットが施されていなくても、レンズそのものが光を反射してくれるので、メガネを装着するだけでも、受けるエネルギーを軽減することができます。

日差しがないからって油断は禁物!夜のレジャーでも要注意

Leisure_05
出典:You Tube−NEW! – Flowtron Electronic Insect Killer Hands-On Test and Review

さらに意外な落とし穴となるのが、キャンプやナイタースポーツといった、夜のレジャー。
「日差しがないのになぜ?」と、不思議に思われるかも知れませんが、レジャー施設に設置された「殺虫灯」が、『夏目』に似た症状を引き起こします。

虫は、光に集まる習性を持っていますが、虫が感知しているのは紫外線。
そのため「殺虫灯」から発される光は紫外線を多く含んでおり、うっかり、光源の近くで長時間の作業をしてしまうと、目の健康が害されるというわけです。

目だけを防御してもダメ!夏の『結膜炎』は、手洗いうがいで防止

Leisure_06

もう一つ、夏に増える疾患が『結膜炎』です。
黒目の表面を覆っている粘膜、「結膜」が炎症を起こすことを指しますが、原因はアレルギーだったり、細菌だったり、ウイルスだったりとさまざま。
『結膜炎』にかかると目が充血したり、涙や目やにが増えたり、まぶたが腫れたり、さらに目だけの症状に止まらず、発熱することもあります。

とくに夏の多いのが『はやり目』と呼ばれる、『ウイルス性結膜炎』。
ウイルスは生物へ生物へと宿主を探して感染していきますが、プールや温泉といったレジャーの定番は、格好の伝染場所です。
空気中に浮遊しているウイルスなら、乾燥によって60時間程度で死滅するものの、乾燥とは無縁の水中ではウイルスが死なず、浮遊し続けているからです。

『ウイルス性結膜炎』は、口から感染したり、ちょっとした傷から感染したりと、目だけを防御しても防げないのが厄介ですが、それでも水中メガネやゴーグルは、装着するに越したことはありません。
また手洗いうがいはしっかりと、夏バテに負けず、しっかり体力を維持することも大切です。

目のテストに挑戦!

下記のカラーチャートに何種類の色が使われているか、あなたは見分けることができますか?

tetrachromacy2_02
答えはこちら!!

見えた色の数によってはもしかしたら、あなたは「4色型色覚者」かもしれません!

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

トリビア

気球を見て計測するのは遠くを見るため!目の検査で使われる「オートレフ・ケラトメーター」の役割とは?

気球を見て計測するのは遠くを見るため!目の検査で使われる「オートレフ・ケラトメーター」の役割とは?

コンタクトやメガネを常用している人であれば、目の検査を行う機会は多いでしょう。「オートレフ・ケラトメーター」という、レンズの向こう側に気球が見える機器を使ったこともあるのではないでしょうか?その際、「なんで気球なんだろう?」と疑問に思ったことがある人もいるはず。

今回は、目の検査の際に使われる機器、オートレフ・ケラトメーターについてお話ししていきます。

オートレフ・ケラトメーターは、目のピントを測定する機器

視力検査「気球」_02

目の検査の際には、レンズをのぞくと気球が見える機器が使われることがあります。これが「オートレフ・ケラトメーター」です。この機器では、目のピントや屈折力を測定しています。

最初にオートレフ・ケラトメーターをのぞくと、気球の画像にピントが合わず、ぼやけて見えることが多いですよね。しかし、次第にピントが合うようになっていくはずです。「自分の目でピントを合わせている」と思うかもしれませんが、このとき実は、機器のほうが目のピントが合う瞬間を自動で調べてくれているのです。

私たちの目は物を見るとき、目に入る光が網膜上で焦点を結ぶことにより、ピントが合う仕組みになっています。しかし、目による光の屈折が正常でなくなってしまうと、近視や遠視、乱視のような屈折異常を起こしてしまいます。この屈折異常を、目の瞳孔から網膜に光を当て、網膜から反射する光によって測定しているのが、オートレフ・ケラトメーターです。

私たちはこの機器があるおかげで、より自分に合ったメガネやコンタクトを作ることができているといえます。

画像が気球なのは「遠くを見る」ため!?

視力検査「気球」_03

オートレフ・ケラトメーターの多くは、画像に気球を用いています。実は、この気球には、「遠くを見てもらうため」という目的があります。気球の画像自体は、機器をのぞくと近くにあるように見えるかもしれませんが、レンズを使うことで、遠くに気球があるように見せているのです。

ちなみに、画像は決して気球でないといけない…というわけではありません。正確な検査のためには真ん中を見てもらう必要もあるため、中心に集中できるものであれば、気球に限らず他の画像でもよいとのこと。昔は飛行機の画像を用いている機器もあったそうですよ。

ただ見たままを答えるのはNG!正しく視力を測るための注意点とは?

視力検査「気球」_04

目の検査の際には、「C」のような輪(ランドルト環)を見て、輪の切れ目を答える検査もよく行われます。実はこれ、オートレフ・ケラトメーターによる検査とはまったく別の意味を持つもの。

オートレフ・ケラトメーターの検査では目の屈折力を測っているのに対し、ランドルト環の検査では、「本人が認識している実際の見え方」を確認しているのです。屈折力に異常がなくてもきちんと物が見えないことがあるので、どちらも必要な検査なのですね。

オートレフ・ケラトメーターでの測定が行われるときには、ほとんどセットでランドルト環による検査も行われるので、正しい検査方法を知っていて損はない!ということで、ここからは、正しく視力を計測するための3つの注意点をご紹介します。

●決められた位置から前後に動かない

検査の際に、「輪の切れ目がよく見えないから」といって、少し体を前のめりにして答えていませんか?定位置から測ることによって正しい計測が可能になるので、背筋をピンと伸ばして答えるようにしましょう。首や頭を傾けて見るのもNGです。

●両目を自然に開けた状態で対象を見る

目を細めたり片目をつぶったりして、今の視力でなんとか小さな対象まで見えるようにしようとしていませんか?気持ちは分かりますが、これでは当然、正確な視力を測ることはできません。普通に物や景色を見るのと同じように、自然に目を開けた状態で計測しましょう。器具で隠れているほうの片目も一緒に、自然に開けた状態にしておくのがコツです。

●視力検査用のメガネは動かさない

検査用のメガネを装着して行う場合は、メガネを自分で動かしたりせず、スタッフの人にかけてもらった状態のまま、視力検査を行うようにしてください。

今回は「オートレフ・ケラトメーター」に関するトリビアや、視力を測定する際の注意点についてお話しましたが、いかがでしたか?正しく検査を行い、自分の目に合うコンタクトやメガネを作りましょう!

▼視力検査に関しては、こんな記事もオススメ!
誰にでも経験のある『視力検査』いつから始まったの?そのルーツとは?
目の検査は『視力検査』だけじゃない! 知らなかった目に関する『○○検査』
“C”だけじゃなかった!? 世界の『視力検査表』にまつわるトリビア

▼最近ピントが合いづらくなった…という方はコチラもチェック
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
眼科で見せられるあの「気球」は何なのか聞いてきた|Daily portal
http://portal.nifty.com/kiji/160308195883_1.htm
メガネ屋さんで見る気球の意味は? 自動で視力測定できる機械ってどういう仕組み? 2ページ目|マイナビ学生の窓口
https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/34133?page=2
視力検査で登場する気球がぼやけるのには理由があった?|子供の病気いろは
http://kodomo-byouki-iroha.com/shiryoku-kensa-kikyuu-3183.html
視力検査を受ける時の注意点。|さくら眼科 院長&スタッフblog
http://www.sakura-ganka.jp/blog/?p=4559

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ