• HOME
  • 専門家
  • 《医師監修》欧米では失明原因の第1位!日本人にも増殖中の『加齢黄斑変性』ってどんな病気!?
老眼

《医師監修》欧米では失明原因の第1位!日本人にも
増殖中の『加齢黄斑変性』ってどんな病気!?

《医師監修》欧米では失明原因の第1位!日本人にも<br>増殖中の『加齢黄斑変性』ってどんな病気!?

緑内障や白内障なら聞いたことがあるけれど、『加齢黄斑変性』って!?
あまり馴染みのない病気ですが、欧米ではなんと、失明原因の第1位。
しかし日本人にも発症者が増えており、現在では失明原因の第4位なのだとか…。

加齢とともに誰でもかかる可能性があるという、この病気。
いったいどんな病気なのか、なぜ発症するのか?
すぐに実践できる予防方法まで、眼科医・梶田先生に聞いてきました!

失明を引き起こす『加齢黄斑変性』、その原因は“目のやけど”だった!?

『加齢黄斑変性』とは、読んで字のごとく「黄斑」の変性によって引き起こされる病。
「黄斑」とは、カメラで言えばフイルムの役目を果たす、「網膜」の中心部にあります。
網膜は外界から取り入れた光を電気信号に変え、脳に伝達する働きをしますから、この中心にある「黄斑」が機能しなくなれば、最悪、失明の可能性すらあるのです。

では、「黄斑」が変性を起こす原因は何なのか?
最近、明らかになってきたのが、外界から取り入れられた光による熱障害。分かりやすく表現すれば、やけどの症状です。

光とレンズのタッグで発熱、発火!虫メガネを例に病気の原因を探る

ARMD_02

出典:Oider to.−どのように虫眼鏡で火を作成する

虫メガネに太陽の光を当て、発火させる実験をしたことがありませんか?
目も虫メガネ同様、レンズの仕組みを持っており、目で見た情報は光として取り入れられることから、発火までいかずとも、非常に大きな熱が発生します。
その熱から目を守っているのが、網膜のうしろにある「脈絡膜」という細胞。
「脈絡膜」の働きにより、光から生じる熱を冷却してくれているのです。

「脈絡膜」には、非常に多くの血管が走っています。
しかし加齢によって徐々に血流が悪くなると、冷却機能がうまく働くなくなる。
すると脈絡膜に守られていた網膜が、やけどに似た症状を起こします。
やけどをすると、水ぶくれになるでしょう?
水ぶくれのように、網膜の一部がぷくっと膨れ上がると見え方にゆがみが生じ、さらにひどいやけどとなれば、細胞が死んでしまう。すると失明、つまり「見えない!」となってしまうのです。

日差しの強さ・喫煙率・遠視の多さ。欧米に発症者が多いのも納得!

『加齢黄斑変性』ですが、欧米人に発症者が多く、失明原因の第1位と言われています。
しかし虫メガネを例にすれば、納得がいくでしょう。
日本に比べ、欧米には日差しの強い国が多い。
となれば、より強い光を目に取り込むこととなり、網膜へのダメージも大きくなります。

合わせて注目したいのが、喫煙率。
日本も喫煙者の多い国として挙げられますが、欧米も負けてはいません。
喫煙は血管を収縮させ、血流の流れを悪くします。
すると先にお話しした「脈絡膜」の働きも低下し、冷却機能がスムーズに働きません。

もうひとつ、『加齢黄斑変性』の多い国に挙げられるのが、遠視の人の多さです。
外界から光を取り入れ、ピントを調節して像として結ぶ。
見るという行為をざっくり説明すると、このようになりますが、俗に「目が悪い」と言われる近視の人は、メガネやコンタクトレンズを使い、光を拡散させて網膜まで届けます。
しかし俗に「目がいい」と言われる遠視の人は、自らの力で光を像として結ぶため、網膜に届く光の量が多くなるのです。

日本人にも増殖中!食生活の変化で“網膜の守り役”が減っている!?

日本では、あまり馴染みのない病気でしたが、現在では失明原因の第4位となっています。
その大きな原因は、食生活の変化です。

ARMD_03
出典:ROHTO−目のアンチエイジング読本−加齢黄斑変性とは?

見るごとに光を受ける網膜ですが、何も無防備というワケではありません。
「ルテイン」「ゼアキサンチン」という黄色い色素成分が網膜の表面に膜をつくり、光から受けるダメージを軽減してくれているのです。
この成分は、人間の体にもともと備わっているものの、加齢とともに減少していき、自ら生成することができません。
となれば、外から取り入れる必要があります。

「ルテイン」「ゼアキサンチン」は、緑黄野菜に含有されていますが、日本でも、欧米の食文化が一般化。野菜の摂取量が減っているというのは、よく語られることです。

またパソコンの普及も、発症者が増えている原因のひとつでしょう。
ディスプレイから発される「ブルーライト」という光ですが、紫外線に次いで強いエネルギーを持ちます。
日常、日光から受けるダメージに加え、ブルーライトによるダメージも受けるのですから、網膜が疲弊して当然です。

食生活の改善や禁煙…!複合的な対策で『加齢黄斑変性』を予防する

どちらかが見えづらければ、片方の目が補うというように、私たちは左右2つの目で見ています。
そのため、どちらか片方が『加齢黄斑変性』の症状を来たし、見え方にゆがみが生じたり、見えない箇所が生じても、なかなか気づくことができません。
ですから病気にならないよう、常日頃の予防が大切です。

ARMD_04

“網膜の守り役”である「ルテイン」や「ゼアキサンチン」を取り入れるには、含有量の多い、ほうれん草やブロッコリーを意識的に食べること。
毎日、食べるのが難しければ、サプリメントで摂取するのも手です。

また、喫煙は「脈絡膜」の機能を低下させますから、タバコは控えるようにし、必要以上に光を取り込まないよう、屋外では、サングラスを着用するようにするといいでしょう。

▼『加齢黄斑変性』かどうかセルフチェックしてみましょう!
中高年になると増える目の病気『加齢黄班変性症』セルフチェック

▼目の老化が気になる方はコチラもチェック!
目の老化について(ロート製薬 商品情報サイト)

btn_v5'

目のテストに挑戦!

下記のカラーチャートに何種類の色が使われているか、あなたは見分けることができますか?

tetrachromacy2_02
答えはこちら!!

見えた色の数によってはもしかしたら、あなたは「4色型色覚者」かもしれません!

取材・文/大谷享子
みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

Loading ... Loading ...
結果
Q1

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

  • はい
    94%
  • いいえ
    6%
Loading ... Loading ...
Q2

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

  • はい
    45%
  • いいえ
    55%
Loading ... Loading ...
Q3

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

  • はい
    30%
  • いいえ
    70%
Loading ... Loading ...
Q4

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

  • はい
    11%
  • いいえ
    89%
Loading ... Loading ...
Q5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

  • ロートV5粒を飲み始めて、視界がくっきりと感じて、たとえば新聞を読む時にあまり苦労なく読めた気がしました。また、スマートフォンの画面がくっきり見やすかったです(60代男性)
    23%
  • ロートV5粒を飲んでいると、見る力の衰えを感じることが少なかったです。気持ちが軽くなりました。小さなカプセルで喉にひっかかることもなく、飲むタイミングも自由なので気軽に続けてみたいと思います。(50代女性)
    11%
  • 1日1粒で、水でさっと飲みほせて良いと思います。パソコンの画面から細かい書類に目を移したり、新聞に目をやったりする時に視界がクリアに感じました。気持ち的にも前向きになりました。(40代男性)
    20%
  • ロートV5粒を飲み始めて視界がくっきりして見えました。見る力の低下を感じなかった気がしました。(50代男性)
    12%
  • 飲み始めて、小さな文字や携帯電話のメール、お琴の譜面などがくっきり見え、負担に感じなくなりました。うんざりしなくなって、気分的に楽しいです。(50代女性)
    13%
  • 飲んでいて、針に糸を通すのに、よく失敗していたのが、1回で通すことができたので驚きました。テレビを見てもぼやけが少し減ってきた気がします。クリアというか、焦点が合っている。くっきりシャープな感じに見え、確かに違うと感じました。(60代女性)
    21%
Loading ... Loading ...

「見る力」をサポートしてくれるサプリメントがあるの☆

\目の健康が気になる方におすすめ/
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
「見る力」は年齢とともに低下します。網膜に働きかけ、目の機能維持に必要なルテインやゼアキサンチンを摂取するにはサプリメントが効果的です。『ロートV5粒』なら1日1粒飲むだけなので、忙しい人でも継続して目のケアができますね。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

老眼

【永久保存版】老眼にならないために!今から取り組むべき4つのこと

【永久保存版】老眼にならないために!今から取り組むべき4つのこと

近い将来訪れる「老眼」に怯えているみなさん、お待たせしました。これまで目ディアで取り上げた老眼特集の中から、老眼になる前にやっておきたい予防・対策をまとめてお届けします!

簡単すぎてビックリ!老眼予防に効果絶大なツボ押し

老眼は年齢とともに誰にでも起こる老化現象です。多くの方が45歳前後から「近くのものが見えづらい」症状を自覚するようになります。

加齢にともなう老化現象をゼロにすることはできませんが、アンチエイジング(抗加齢)の発想で目や体をケアしていけば、老眼になるスピードを遅らせることは可能です。

まずはその道のプロである鍼灸師直伝の「老眼を予防する3つのツボ」をご紹介しましょう。

1.手のひらの小指のつけ根にある『老眼点(ろうがんてん)』
2.手の甲、親指のつけ根の骨と人さし指のつけ根の骨との間にある『合谷(ごうこく)』
3.手のひらの親指の下にあるふくらみの外側にある『魚際(ぎょさい)』

ツボの押し方はいたって簡単で、反対側の親指の腹でゆっくりと5秒かけて押します。これを10回ほどくり返せばOK。

『魚際』のツボには目元の小ジワをのばす効果も期待できますから、目元の笑いジワなどが気になる方にもおすすめです。電車の中や入浴タイムなど、ちょっとしたすきま時間にぜひお試しください。

《鍼灸師監修》毎日続ければ5歳若返る!?「老眼」「老化」に効果大!ツボ押しのススメ

目がショボショボする、目が重たい、目の奥が痛む……といった症状は、すべて疲れ目のサインです。それと同時に、40歳以上の方は老眼予備軍のサインでもあります。

老眼と疲れ目は非常に密接な関係にあり、老眼を予防するにはその日の疲れ目をその日のうちに解消するのがポイントです。疲れ目でお悩みの方は、こちらのツボ押しも合わせてどうぞ!

【鍼灸師監修】視力回復も期待できる!?今日から刺激したい目にいい足のツボ3つ
《鍼灸師監修》若々しい目元をつくる! 疲れ目&小じわ対策に効く、ツボ刺激法

目の紫外線対策をきちんと行えば老眼は回避できる!?

今回のテーマは「なってしまった老眼を改善する」ではなく、あくまで「老眼の予防」です。そのためには、老眼に直結するマイナス要因を減らす手段を知っておく必要があります。

紫外線が肌に多大なダメージを与え、シワやシミをつくる要因にもなることはよく知られています。しかし、目にも悪影響を及ぼすことはご存知でしょうか?

長期にわたって目に紫外線を浴び続けてしまうと、紫外線の蓄積によって目の奥にある水晶体が変性して弾力を失い、機能が衰えます。つまり、老化するのです。

紫外線が「早期の老眼」の原因のひとつであることは医学的にも証明されています。

目の紫外線対策は、「できるだけ目から至近距離で紫外線対策を施すのが有効」とされています。屋外で活用したいアイテムはこちらです。

○UVカットサングラス
○UVカットコンタクトレンズ
○UVカットメガネ
○UVカット加工が施された日傘、つばの広い帽子

油断大敵!目も日焼けします!UVカットコンタクトレンズで紫外線対策

「サングラスを買っても似合わない……」という方はこちらをご覧ください。初心者でも失敗しないサングラスの選び方をご紹介しています。

紫外線から目を守れ!今春のトレンドアイテム『サングラス』の選び方

また、目の紫外線対策は早いほど「早期老眼」のリスクを抑えることができます。お子さんにも紫外線対策を!

幼少期の紫外線が将来の白内障リスクに!?キッズサングラスのすすめ

外食派も大丈夫!老眼予防と目の健康維持に欠かせない2大野菜

「健康は食にあり」「1日3食、栄養バランスのとれた食事を」というフレーズはもう耳にタコができるくらい、みなさんもご存知ですよね。とはいえ、仕事が忙しいとなかなか実行できないものです。

ここでは老眼予防のために、最低限これだけはとっておきたい野菜をご紹介します。

それはずばり、トマトさつまいもです!この2つには「目の美容サポーター」との呼び声も高い『ビタミンACE(エース)』が豊富に含まれています。

ビタミンACEとは、ビタミンA、C、Eの頭文字をとった総称です。それぞれが老眼予防と目の健康維持に欠かせない栄養素ですが、3つセットでとることで、抜群のアンチエイジング効果を発揮するのです。

トマトは生のままで食べられるので調理不要、さつまいもはスーパーなどで購入できる焼き芋でOKです。ただし、ビタミンACEは一度にたくさんとっても体内に溜めておくことはできませんから、こまめに食べるようにしましょう。

食べるアンチエイジング!目元の“老い”に効く食べ物ルール

「老眼予防に効果のある献立が知りたい」という方は、こちらもご覧ください。

今日の献立はコレで決まり! 老眼予防・ケアができる理想のレシピ
目にいい成分がたっぷり!魚の目玉をおいしく食べる方法

スマホ依存が老眼を助長する!?

読者のみなさんの多くは、この記事をスマホで読んでいるのではないでしょうか。休憩時間やランチタイムをはじめ、電車の移動中、さらには歩いている最中も、スマホを操作していませんか?

スマホ画面を見続けていると、目元の筋肉が緊張し続けて凝り固まるフリーズ状態に陥ります。これが眼精疲労を引き起こし、老眼の発症を早める原因のひとつだといわれています。

そこでおすすめしたいのが、意識的にスマホを使わない時間をもうける「デジタルデトックス」です。

老眼予防の効果が期待できるだけでなく、ネットに関するストレスが軽減したり、日々の何気ないできごとが幸せに感じられたりなど、多くのメリットを感じられるはずです。

《専門家監修》ネットやスマホ依存になっていない?「デジタルデトックス」の効果的なやり方
週末は脱スマホが新常識! デジタルデトックスのすすめ

老眼の予防・対策、いかがでしたか?未来のあなたの目をつくるのは、今のあなたです。ぜひ興味を持ったものから気軽にトライしてみましょう。

▼今さら人には聞けない老眼の基本を知りたい方はコチラ
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)
本当のところどうなの! 眼科医がおしえる正しい老眼との付き合い方
これって老眼のサイン? 自分でできる老眼チェック法
目の老化は誰にでもやって来る! 今やるべき老眼対策ライフハック

〈参考〉
「アフリカ人は目がよい」は誤り 紫外線で進む目の老化|NIKKEI STYLE
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO87233340V20C15A5000000
『図解 老眼をぐんぐん若返らせる! 眼トレ&回復法のすべて』日比野佐和子・林田康隆(共著)/日東書院
『眼科医が教える 目の衰え・疲れ目がスッキリする本』吉野健一著/PHP研究所
『くわしく知りたい目の病気』NHK出版

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ