• HOME
  • 専門家
  • お子さんが視力検査で引っかかったら……眼科医に学ぶ初めてメガネをつくるときのポイント
子ども

お子さんが視力検査で引っかかったら……眼科医に学ぶ初めてメガネをつくるときのポイント

お子さんが視力検査で引っかかったら……眼科医に学ぶ初めてメガネをつくるときのポイント

子どもたちにとってワクワクの新学期のはじまりは、保護者の方からすればちょっと不安なタイミングでもあるはず。なぜなら、学期のはじまりには健康診断が行われるからです。「大切な我が子の体に異常はないだろうか……」と心配する親御さんは多いことでしょう。

そこで今回は、お子さんが初めてメガネをつくるときのポイントを、眼科医の岡野先生に聞いてきました。備えあれば憂いなし!もしお子さんにメガネが必要になっても、以下にご紹介するポイントを知っておけば安心ですよ。

メガネは立派な医療器具!値段だけで選ぶのはNG

子どものメガネ_02

「お子さんのメガネをつくるうえでまず徹底してほしいのは、必ず眼科で検査を受け、処方箋を出してもらうことです。眼科にかからずにメガネ屋さんに行ってしまう方がまれにいますが、メガネ屋さんでは単純な視力検査はできても、目に異常があるかどうかは診られません」と、岡野先生は教えてくれました。

私たちは“視力が悪い=近視”と決めつけてしまいがちですが、たとえば角膜に炎症が起きていたり、視環境がよくなかったり(テレビを見る部屋が暗いなど)することで視力が落ちている場合もあります。その場合、根本的な原因を解決しなければ、視力がどんどん悪くなることもあるのです。

放っておけば、大きな病気にもつながりかねません。メガネをつくるときは、必ず医師の診断を受けて、処方箋を出してもらいましょう。

また、岡野先生はメガネ屋さんの質にもこだわってほしいと話します。

メガネは立派な医療器具その調整にはプロの技術が必要です。しかし、最近では安い価格だけを売りにした、質が高いとはいえないメガネ屋さんも多くあります。スタッフ教育をとっても、あるメガネ屋さんでは研修に2年をかけているのに、かたや半日で研修を終えてしまうところも……これでは差が出るのは当然ですよね。スタッフの技術やアフターフォローの内容もチェックして、いいメガネ屋さんを選ぶようにしてください」。

子どものメガネにまつわる“あるある”な疑問に眼科医が回答!

子どものメガネ_03

ここからは、お子さんのメガネに関する“あるある”な疑問を、眼科医にぶつけてみました。デザインや機能に悩んだり、そもそもお子さんがメガネを嫌がったり……そんな保護者のみなさんの声に、岡野先生が答えます。

Q1:どれくらいの視力になったらメガネが必要なの?

基本的には、視力が0.7以下になったらメガネが必要とされています。それ以外でも、家でテレビを見たり本を読んだりするときに、目を細めるようになったら要注意。よく見えないことにストレスを感じている可能性があります。

また、姿勢が悪くなるのも視力が低下しているときに見られる特徴です。この状態で放っておくと、視力がさらに悪くなる可能性もあります。速やかに眼科にかかって相談してくださいね。

Q2:メガネのデザイン選びは子どもに任せても大丈夫?

お子さんのメガネのデザインで注意すべきポイントは、鼻あてです。お子さんは大人よりも鼻が低いので、鼻あてがないデザインのメガネだとずり落ちやすいんです。しっかりした鼻あてさえあれば、あとはお子さんの好みを聞きながら選んで大丈夫ですよ。

Q3:レンズにブルーライトカットはつけるべき?

ブルーライトカットをつけてはダメということはありませんが、お子さんの場合はつけないことをおすすめします。なぜなら、ブルーライトカットレンズは、近視抑制に効果があるといわれているバイオレットライトまで跳ね返してしまうからです。

基本的に、ブルーライトが目に悪さをするのは、暗い環境で画面を見ているとき。ブルーライトカットはつけず、テレビやパソコンを見るときは部屋を明るくしてあげるのがいいでしょう。

バイオレットライトについてはこちらの記事でもご紹介しています。
近視を抑制できる!?太陽光に含まれる『バイオレットライト』の効果とは

Q4:子どもがメガネをかけるのを嫌がるのですが……。

お子さんがメガネを嫌がる理由として考えられるのが、かけ心地の悪さですね。

メガネはつくっておしまいではなく、こまめに調整してあげることが必要。本人が快適に使える形にすることもそうですが、使い続けるうちにどうしても緩んでくるので、直してあげなければならないんです。

こうしたデリケートな調整が必要だからこそ、ぜひメガネ屋さん選びにはこだわってください。

それから、見た目が変わることで友達にからかわれるなど、精神的な問題が原因のケースもあるでしょう。この場合は、保護者の方がうまくサポートしてあげてください。メガネの役割や、かけることによるメリットを丁寧に説明してあげるといいですね。

ご紹介したポイントを押さえれば、きっとお子さんが快適に使えるメガネをつくれるはず!大切なお子さんの目を、良質なメガネでしっかりサポートしてあげてくださいね。

▼お子さんの目に関するそのほかの記事はコチラ!
ライフスタイルの変化で、クラスの約4人に1人がメガネっ子(ロート製薬 商品情報サイト)
最近子どもに増えている『軸性近視』とは?予防のために気をつけたい習慣
子どもの弱視がわかったら……早期にはじめたい『アイパッチ』治療
《医師監修》「秀才くん=メガネ」には理由があった!?子どもの視力と学力の深い関係とは
2歳で発症することも……見逃さないで!子どもの花粉症
目に飛び込む光や色が怖い……!視覚過敏の子どもをサポートする方法

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

子ども

視力低下の原因は目の疲れ!子どもの目を守るために親ができる対策

視力低下の原因は目の疲れ!子どもの目を守るために親ができる対策

スマホにゲーム……と、デジタル機器を扱うのが当たり前になっている現代の子どもたち。「子どもの視力が低下している」と言われ、お子さまの視力低下を気にされている方も多いのではないでしょうか。

視力低下の原因のひとつは、目の疲れの蓄積によるもの。テレビやゲームはもちろんのこと、勉強や読書などで長時間近くでものを見続けることで、ピント調節筋は疲れてしまいます。そうすると一時的にものが見えにくい近視状態となります。

これを「仮性近視」といい、目を休めたり、目薬をさすといった適切な対処をすることで視力は元に戻ります。しかし、対処せずに目の疲れがたまり続けると、見えにくい状態を元に戻すことができなくなり、視力低下へとつながるのです。

そこで、今回は子どもの目の状態を把握するために、疲れ目度をチェック! 疲れ目が気になるときは、子どもの目を守るためにできることを生活に取り入れていきましょう。

子どもの「疲れ目度をチェック」する方法

Vロートジュニア_02

目が疲れているかどうかは、大人でもなかなか判断がつかないものです。外から見ただけではわかりづらいので、お父さんお母さんも子どもの目の疲れに気が付きにくいという難点もあります。

そこで、症状をうまく自分で説明できない子どもの目の疲れや異変を把握するために、役立つのが「疲れ目チェック」です。

たとえば、

  • ・テレビやゲームをしているときに目を細めていないか
  • ・テレビを見たりゲームをしたりしているときに目が赤くなっていないか
  • ・勉強しているとき、猫背になって机に顔を近づけていないか
    •  

      といった子どもの様子をチェックして判定します。子どもの疲れ目をチェックするカンタンなツールもあるので、活用してみましょう!

      子どもの疲れ目CHECK!(ロート製薬 商品情報サイト)

      生活習慣を見直して子どもの疲れ目を予防しよう

      Vロートジュニア_03

      子どもの疲れ目は普段の生活習慣に原因があるケースが多く、目を酷使している環境を正すだけで、疲れ目のケアにつながる可能性があります。

      特に注意したい生活習慣は2つです。

      (1)長時間、熱中してものを見続ける

      テレビや勉強など、集中してものを凝視し続けると、まばたきが少なくなり、目は乾いて疲れてしまいます。

      たとえば、1日数時間ゲームをする習慣が身についてしまっているなら、「ゲームは◯時間まで」と時間制限を設けるようにしましょう。ただし、これまで数時間好きなようにゲームをしていた子どもにとって、ある日突然「ゲームは○時間まで」と決めつけられてしまうと、反抗したくなるものです。

      子どもと一緒に目の健康について話したうえで、1日のゲーム時間や休憩のタイミングを決め、自主的に守れる環境を作ってあげるのがおすすめです。

      (2)猫背などの悪い姿勢でものを見ている

      猫背になると、画面と目の距離が近くなってしまいます。勉強するとき、机に目を近づけすぎていないでしょうか。悪い姿勢でゲーム画面やテレビを見続けるのも、目だけでなく身体の健康にもよくありません。

      そこで、正しい姿勢を身につけられるよう、座るイスを工夫するなど自然と悪い姿勢を取らずに済むような環境を整えてあげたいものです。

      どちらの生活習慣を変えるときにも、重要なのは「子どもが自主的におこなうように促すこと」です。子どもと保護者が一緒に考えて、疲れ目にならない方法を探していくようにしましょう。

      目にいい食べ物を取り入れよう

      Vロートジュニア_04

      目にいいとされる成分「ルテイン」「アントシアニン」などが多く含まれる食べ物をなるべく取り入れた食事づくりを意識するのも効果的です。

      “天然のサングラス”と呼ばれる「ルテイン」は、ほうれん草やブロッコリーに多く含まれます。目にいい食べ物として有名なブルーベリーには「アントシアニン」が豊富に含まれているといわれていますが、紫芋にも実はたくさん含有されています。

      これらの食材を普段の食事に取り入れて子どもと一緒に食べれば、子どもの疲れ目だけでなく、家族みんなの目の健康を守ることにつながります。

      ▼目にいい食べ物について、詳しくご紹介している記事はこちらです。
      天然のサングラス!? 有害な光から目を守る注目成分『ルテイン』不足はサプリで解消
      ブルーベリー以外にもたくさんあった!眼科医が教える「目にいい食べもの」まとめ
      まさかの〇〇!? ブルーベリーよりも“アントシアニン”が豊富な食べ物とは!?

      まだまだできる子どもの疲れ目ケア!

      Vロートジュニア_05

      平日はお父さんお母さんも忙しく、子守りをゲームやテレビに頼りがちになってしまうことも。そこで、休日にはゲームや勉強の合間に休む時間を親子で作り、自然と触れる機会を作ってみてはいかがでしょうか。

      遠くを眺めたり、自然のなかで虫取りをしたり遊んだりする経験は、目の健康にも効果的だとされています。テレビやゲーム、勉強などで近くばかり見ている目を癒やすために、休日は、ゲームも勉強道具も置いて外へ出かけてみるのもおすすめです。

      また、子ども用の目薬を活用するのも疲れ目ケアのひとつになります。小中学生などの視る力の回復をサポートしてくれる子ども専用目薬なら、子どもにも安心して使うことができます。

      Vロートジュニア_06
      第3類医薬品
      出典:ロート製薬 Vロートジュニアサイト

      Vロートジュニアは、子どもの目のケアに使う“子ども専用”目薬として、用法が15歳未満のみの「視る力の回復」をサポートしてくれる目薬です。

      受験やゲーム、スマホ……と、目を酷使しがちな現代のジュニア世代のために、目の疲れに効くピント調節機能改善成分の「ビタミンB12」と「ネオスチグミンメチル硫酸塩」をWで配合しています。

      子どもの目が疲れていないかよく見て、ゲームや勉強の合間などに、疲れ目ケアの強い味方Vロートジュニアを使って子どもの目の健康を守りましょう!

      ▼ご購入はこちら
      『Vロートジュニア』(第3類医薬品)

      ▼詳しい商品情報はこちら
      『Vロートジュニア』(ロート製薬 商品情報サイト)

      ▼子どもの目を守るために、知っておきたい他の知識はコチラ!
      子どもの装用に医師が警鐘!コンタクトは何歳から使用してもいいの?
      夏がくる、その前に!子どもの目を守るケア習慣を身につけよう
      ゲームにスマホ…疲れている子どもの目は『妖怪ストレッチ動画』でケア
      発達のヒントは遊びにあり? 子どもの目の成長をサポートする遊び
      赤ちゃんの視力は0.01未満!? 子どもの視界を体験して危険を回避しよう

      【参考】
      子どもの疲れ目・仮性近視対策!/ロート製薬 商品情報サイト
      http://jp.rohto.com/kidseye/research03/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ