• HOME
  • 専門家
  • ハードコンタクトレンズ使用者に警鐘!人相にまで影響する『眼瞼下垂』って!?
コンタクト

ハードコンタクトレンズ使用者に警鐘!人相にまで影響する『眼瞼下垂』って!?

ハードコンタクトレンズ使用者に警鐘!人相にまで影響する『眼瞼下垂』って!?

「コンタクトレンズはハード?ソフト?」―――。

何気なく交わされる会話ですが、今現在、ハードコンタクトレンズは性能に関して、ソフトコンタクトレンズに大きく差をつけられているそう。
長年、ハードコンタクトレンズを使用することにより、人相すら変わってしまう『眼瞼下垂』という症状を引き起こすとことさえあると言います。

そこで今回は、ハードコンタクトレンズのデメリットと合わせ、気になる『眼瞼下垂』について眼科医・岡野先生に聞いてきました。
ハードコンタクトレンズを使用されている方はもちろん、お知り合いに使用者がいる方も必見です!

「ハードのほうが優秀」という思い込みは時代遅れ!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソフトコンタクトレンズが主流となりつつある昨今。
ハードコンタクトレンズを使用されている方に理由を尋ねると、「ソフトよりも目にいいから!」ですとか、「ソフトよりサイズが小さい分、目に違和感がないから!」とお答えになることが少なくありません。

けれど、ちょっと待ってください。
恐らくその方は、十数年前にコンタクトレンズを処方されて以来、ソフトコンタクトレンズを試していないのではないでしょうか?

確かに「ソフトよりもハードコンタクトレンズのほうが、酸素透過性が高い(酸素をたっぷり通す)」と言われている時代がありました。
しかしハードコンタクトレンズは1999年に最新型が発売されて以降、モデルチェンジはあったものの、根本的な性能は大きくは変化していないのです。
一方、ソフトコンタクトレンズは、毎年のように新たな種類が開発、発売され、年を追うごとに性能を向上させてきました。

酸素透過性において、ハードコンタクトレンズが圧勝していたのは、少なくとも90年代後半まで。
21世紀に入ってからは、ソフトコンタクトレンズに追い抜かれてしまったのです。

時代とともに勘違いも勃発!「ハードは水洗いOK」は大間違い!?

gankenkasui_03

さらに「ソフトは洗浄液を使わないといけないけど、ハードなら水道水でも洗えるから楽ちん!」と言う方がいます。
これは、もし今もおこなっているという方がいたら、やめることをオススメします。

「ハードコンタクトレンズの進化は停滞気味」とお話ししましたが、“コンタクトレンズの元祖”として1930年代に誕生して以降、大きく進化をしてきました。
とりわけ、1970年代に開発された酸素透過性のあるハードコンタクトレンズは、目の健康にとって大きな躍進。
レンズをかぶせる部位である角膜(俗に言う黒目)も呼吸をしており、酸素が通らないと呼吸困難のような状態を引き起こします。
角膜に酸素が通わなければ、長時間の装着が難しいだけでなく、ついには細胞が死んでしまい、目の病にもつながります。
酸素透過性レンズの開発により、このリスクが大きく軽減されたのです。

しかし酸素が通るということは、レンズに微細な穴が開いていると言うこと。
専用でない液体で洗えば、この微細な穴にも水道水の成分であるカルシウムなどが付着し、汚れの原因となります。
つまり水洗いが許されていたのは、酸素透過性レンズが一般に広まる80年代まで。
今となっては、ハードコンタクトレンズの進化の流れから取り残された“都市伝説”のようなものです。

長年の使用でまぶたが伸びる!?ハードが引き起こす『眼瞼下垂』

gankenkasui_04

目の病気や視力の矯正などに特別な事情がない限り、ハードよりも、ソフトコンタクトレンズの使用をオススメします。
なぜなら、これまでお話ししてきたこと以外に、ハードコンタクトレンズを長年、使用していると、『眼瞼下垂(がんけんかすい)』という症状を引き起こす可能性が高くなるからです。

『眼瞼下垂』とは、まぶたの上げ下げに使用する「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」という筋肉が伸びてしまい、まぶたが上がりにくい=目が十分に開きにくくなってしまう病気。
後天的な発祥の場合、ハードコンタクトレンズの使用者に多く見られます。
その理由は、コンタクトレンズによる摩擦、こすりつけられる抵抗、重力による負荷など。ソフトコンタクトレンズ使用者には、摩擦も抵抗も少ないせいか、この症状が見られることは滅多にありませんから、やはり要因は、ハードコンタクトレンズ自体にあると考えるのが自然です。

コンタクトレンズは角膜の上に“のせて”使用します。
角膜からズレないよう、緻密につくられていますが、地球上に重力がある以上、どうしても下へ、下へと引っぱられてしまう。
そこに生理現象である、まばたきが加わります。
まばたきは言うまでもなく、まぶたの上下運動ですが、ここで「重力によって下がろうとするコンタクトレンズ」と「上に上がろうとするまぶた」の間で摩擦が生じます。
すると、お互いがこすれ合うことで、少しずつ、少しずつ、まぶたの筋肉=眼瞼挙筋が伸びてしまい、「目を開くのも困難!」となってしまうのです。

人相だけじゃない!『眼瞼下垂』は手術が必要になることも

gankenkasui_05

ハードコンタクトレンズの使用による『眼瞼下垂』ですが、眼科医であれば、患者さんの顔を見ただけで、疾患を見て取れます。
まぶたが伸びる、つまりは、目にかぶさる皮膚の面積が広くなるということですが、この状況下でも、必死にまぶたを上げよう=目を開こうとすることから、眉毛がヘの字になり、おでこにシワができます。
症状が進行してくると、一般の方にも「眠そうな表情をする方だな」という印象を与えるかも知れません。

しかし人相が変わるだけなら健康には害はないものの、さらに症状が進むと、瞳孔が隠れてしまうほど、まぶたが伸びきってしまいます。
瞳孔は閉じたり開いたりによって、光として取り入れた情報を鮮明に結ぶための器官。
ここが隠れてしまえば「見る」という働きに支障を来し、手術が必要になります。

長年のハードコンタクトレンズ使用による『眼瞼下垂』の症状は、40〜50代ごろに、手術を要するにまで進行するケースが多々、見られます。
この記事をご覧のハードコンタクトレンズ使用者の方は、手術を要するようになる前に、今一度、眼科を受診されてはいかがでしょうか?

【参考】
産経ニュース−カラコンによる眼障害 酸素不足が原因、最悪失明
http://www.sankei.com/life/news/140930/lif1409300009-n1.html
gooヘルスケア−眼瞼下垂の症状と原因
http://health.goo.ne.jp/medical/10A10600
KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト−眼瞼下垂
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000195.html

1分間ですっきり!疲れ目解消のツボ

目頭と鼻の間の『睛明(せいめい)』、眉頭の『攅竹(さんちく)』、眉尻と目尻の間から親指1本分うしろのへこんだところ、こめかみのあたりには『太陽(たいよう)』の3つは目の疲れを軽減してくれるツボです。
「目が疲れたな」と感じたら、指の腹でこれらのツボをゆっくりと、5秒ずつ押してみてください!

tetrachromacy2_02
疲れ目解消のツボについて、詳しくはこちら!

取材・文/大谷享子
みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

目が乾いて涙の状態が不安定になると、目が疲れやすくなることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

コンタクト使用時の目の悩みはなんですか?(複数回答可)

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

1品2役で、コンタクトの乾きを癒す目薬にも、コンタクトレンズ装着液にもなる目薬として「ロートCキューブプラス ダブルフィット」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

コンタクトの目の疲れやかゆみを癒すコンタクト用目薬として、「ロートCキューブプラス ビタフレッシュ」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

さらに、長時間のコンタクト装用時のドライアイ(目の乾き)に、持続するうるおい感にこだわったとろみある薬液で、瞳とレンズの乾きを癒すコンタクト用目薬として「ロートCキューブプラス モイスト」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

目が乾いて涙の状態が不安定になると、目が疲れやすくなることをご存知でしたか?

  • はい
    67%
  • いいえ
    33%
Loading ... Loading ...
Q2

コンタクト使用時の目の悩みはなんですか?(複数回答可)

  • 目が乾く(ドライアイ)
    67%
  • 目がしょぼしょぼする
    39%
  • 目の酷使・疲れ
    43%
  • 目の不快感、異物感
    39%
  • 目の充血
    23%
  • 目がぼやける、かすむ
    43%
Loading ... Loading ...
Q3

1品2役で、コンタクトの乾きを癒す目薬にも、コンタクトレンズ装着液にもなる目薬として「ロートCキューブプラス ダブルフィット」があることをご存知でしたか?

  • はい
    33%
  • いいえ
    67%
Loading ... Loading ...
Q4

コンタクトの目の疲れやかゆみを癒すコンタクト用目薬として、「ロートCキューブプラス ビタフレッシュ」があることをご存知でしたか?

  • はい
    25%
  • いいえ
    75%
Loading ... Loading ...
Q5

さらに、長時間のコンタクト装用時のドライアイ(目の乾き)に、持続するうるおい感にこだわったとろみある薬液で、瞳とレンズの乾きを癒すコンタクト用目薬として「ロートCキューブプラス モイスト」があることをご存知でしたか?

  • はい
    23%
  • いいえ
    77%
Loading ... Loading ...

コンタクトレンズの悩みや不快感の解消をサポート!

\コンタクトレンズを使う方におすすめの目薬/
装着液としても目薬としても!『ロート Cキューブプラス ダブルフィット』
装着液としても目薬としても!『ロート Cキューブプラス ダブルフィット』
朝コンタクトが入れづらい、夕方になるとコンタクトが張りつく…そんな時は『ロート Cキューブプラス ダブルフィット』。装着液としても使え、瞳のことを考えた有効成分もしっかり配合した、一石二鳥の目薬です。
うるおうだけでは取れない、コンタクトによる疲れ目対策
うるおうだけでは取れない、コンタクトによる疲れ目対策
長時間のコンタクト使用は目のかすみや疲れ目、辛い肩こりを引き起こします。『ロートCキューブプラスビタフレッシュ』はビタミンB6をはじめとする6つの有効成分で、潤すだけでは取りきれない目の疲れにスーッと効きます。
最高級のとろみベールが瞳とレンズを包み込む『ロート Cキューブプラス モイスト』
最高級のとろみベールが瞳とレンズを包み込む『ロート Cキューブプラス モイスト』
しょぼしょぼする目の乾き、コンタクトのゴロゴロ不快感には、瞳のうるおいが持続する、Cキューブ史上、最高級のとろみベールを。涙の蒸発を防いだり角膜を修復するなど、6つ有効成分が瞳やレンズの乾きをうるおします。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

コンタクト

あなたは知ってる?日本初のコンタクトレンズ誕生に隠された感動秘話とは

あなたは知ってる?日本初のコンタクトレンズ誕生に隠された感動秘話とは

普段みなさんが当たり前のように使用しているコンタクトレンズ。視力がいい方でも、街を歩けばコンタクトレンズを販売しているお店や広告を目にする機会はたくさんありますよね。

そんなコンタクトレンズが日本で初めて誕生した背景には、感動的なストーリーがありました。

今回は、日本で初めてコンタクトレンズを生み出した、水谷豊医師の感動秘話をご紹介します。

日本でコンタクトレンズが生まれたのはいつ頃のこと?

コンタクトの歴史_02

日本で初めてコンタクトレンズが誕生したのは、1950年(昭和25年)のことです。当時はまだ実験的なものとして生まれたコンタクトレンズですが、1951年に臨床的成功を収め、7年後の1958年にはハードコンタクトレンズが発売されました。

1958年にハードコンタクトレンズを発売した『日本コンタクトレンズ研究所』という合同会社は、現在も『株式会社日本コンタクトレンズ(ニチコン)』としてコンタクトレンズの製造販売を続けています。

コンタクトレンズの原理はダ・ヴィンチが発明した?!

コンタクトの歴史_03

そもそもコンタクトレンズの原理は、1508年にレオナルド・ダ・ヴィンチが、「ガラスの壺に顔をつけ、目を開けてみたところ、見える景色が変わった」ことから発見されたとされています。

その後、さまざまな実験や発見が積み重ねられ、1938年にPMMAという素材で作ったレンズが生み出され、一般にも普及するようになりました。

水谷豊医師と高校生の物語

コンタクトの歴史_04

1950年(昭和25年)、日本で初めてコンタクトレンズを完成させたとされているのが、水谷豊医師です。

水谷医師は当時、眼科医として名古屋大学で講師を務めており、眼科を訪れたある高校生と息子を心配する母親から「視力が悪く将来を悲観してしまっている」と相談を受けます。

円錐角膜という眼疾患を患っていた高校生は、眼鏡では視力矯正ができませんでした。処置方法に悩んだ水谷医師は、ガラス製(PMMA)コンタクトレンズに関する報告を思い出し、自分で作成してみることにしました。

コンタクトの歴史_05

水谷医師は、「高校生を救いたい」という思いから、自宅の台所を使って試行錯誤しながら毎晩コンタクト作りに励みます。そして、1年の歳月をかけ、ついにコンタクトレンズを完成させます。

できたコンタクトレンズをその高校生の目につけたところ、0.04だった左目の視力は0.4に、0.02だった右目の視力はなんと、0.9まで見事に回復したのです。

この奇跡のようなできごとに「さらに改良を重ねれば、視力低下で悩んでいる人たちをもっと救うことができるのでは」と考えた水谷医師は、その後も研究を進め、コンタクトレンズの生産に乗り出しました。これが、日本のコンタクトレンズの前身だといわれています。

日本で初めてコンタクトレンズをつけ、視力が回復したときの高校生の感動は、言葉にしがたいものだったのではないでしょうか。たまにはこうして、現代では当たり前に使っている“便利なモノ”の裏にあるストーリーに思いを馳せてみるのもいいものですね。

▼コンタクトレンズに関する記事はこちらも要チェック!
コンタクトQ&A(ロート製薬 商品情報サイト)
自分に合うのはどんな色?カラーコンタクトでイメージチェンジ
コンタクトレンズの洗浄液は種類も豊富!違いを知って適切なケアをしよう
まるで映画の世界!ここまで進化している最新コンタクトレンズ事情

(参考サイト)
日本で最初のコンタクトレンズの話:日本コンタクトレンズ
http://www.nipponcl.co.jp/comp/co03.html
コンタクトレンズの歴史 | 駅前北村眼科
http://www.kitamuraganka.com/index.php?catid=21
コンタクトレンズ-Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ