• HOME
  • 専門家
  • 眼科医直伝!目に負担がかかるデスクでの“NG姿勢”と対策法
眼精疲労

眼科医直伝!目に負担がかかる
デスクでの“NG姿勢”と対策法

眼科医直伝!目に負担がかかる<br />デスクでの“NG姿勢”と対策法

1日中、パソコンと向き合った目は疲労困憊……。
ケア方法はさまざまありますが、そもそも目を疲れにくくすることはできないものか、スマイル眼科クリニックの岡野敬先生に伺ったところ、見えてきたのがデスク環境の重要性!目に優しいデスク環境のつくり方を教えていただきました。

パソコンと向き合うあなた、猫背になっていませんか?

パソコンのモニターを眺めているご自身の姿勢を見直してみてください。
姿勢と肩こりの関係はよく語られることですが、目の疲れも同様、姿勢の悪さから影響を受けます。

デスクワーカーが陥りがちなのが、背中が丸まった猫背。
背筋がまっすぐ伸びていれば、体全体で頭を支えることができますが、猫背のように頭が前にせり出てしまうと首や肩にかかる負荷が高まり、顔まわりの血行が悪くなります。

肩こりの一因となる血行不順ですが、目の疲れにも直結。
血行が悪くなると、目に送られるべき酸素や栄養分が減り、ドライアイや疲れ目を引き起こすのです。

目が疲れにくいデスク環境って?そのポイントは3つ!

つまり、血行不順にならないよう心がけることが大切。
「つねに背筋をピンと!」と心がけるのはもちろん、デスク周りを見直すことで、血行不順に陥りづらい仕事環境がつくれます。

【ポイント①】モニターは視線の15度下に画面の中心がくる高さに設定

desk_02

モニターの位置が低くては覗き込むように仕事をすることとなり、猫背になって当然。
逆にモニターの位置が高すぎると、見上げるように仕事をすることになります。見下げるときと見上げるときを比べると、見上げるときのほうが、大きく目を開くことになります。すると瞳がより空気にさらされ、ドライアイの原因に。

モニターは背筋を伸ばした状態で、ちょっと見下げるくらいの高さに設定。角度にすると視線の15度下に、画面の中心を見ることができる高さが理想的です。
椅子の高さを見直したり、クッションを敷いて高さを調整したりして、この状態をつくりましょう。

【ポイント②】腕の疲れを緩和させるリストレスト/アームレストを活用

desk_03
出典:ヲチモノ‐肘置き台にもなる超大型リストレスト『Minicute AR01』

パソコン仕事に欠かせないマウスですが、なかには腱鞘炎を起こす人もいるくらい、筋肉に負担をかけています。
とくにマウスを握ったときに手首が浮いた状態になっていると疲れやすく、筋肉の緊張状態が続くことから、やはり血行不順の原因となります。

これを解消するには、リストレストやアームレストの活用がオススメ。
新たに買わなくとも、手首の下に薄めの雑誌や、折り畳んだタオルを置くだけでも構いません。浮いていた手首の置き場が生まれますから、ずいぶんと負担が軽減できます。

【ポイント③】作業を90分間続けたら、最低5分の休憩をとる

desk_04

平成14年に厚生労働省が発表した『VDT※1作業における労働衛生管理のためのガイドライン』では、作業の継続は60分を超えないようにし、作業と作業の間には10〜15分の休憩をとることを推奨しています。
60分ごとの休憩が難しい場合も、90分は超えないようにしたいところ。

「睡眠サイクルは90分ごと」といわれるように、人間の体は90分ルールで動いています。
大学の授業も90分間でしょう?これを超えると、集中が続きません。
ですから疲れをためないためにも、効率よく仕事をするためにも、そして目を労るためにも、きちんと休む。10〜15分の休憩が難しくとも、最低5分の休憩をオススメします。

(※1)「Visual Display Terminals」の略。一般的にコンピューターを用いた作業をさす。

取材・文/大谷享子
みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

平日、パソコンを利用している時間はどれくらいですか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

デジタル時代、デスクワークで一番疲労を感じる部位は「目」だということをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

ブルーライトを発するデジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)で、目が疲れたり、炎症を起こしたりする「デジアイ症候群」をご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

(デジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)を使うことによる疲れ目)「デジアイ症候群」の原因の1つであるブルーライトは、目の中の四方八方へ飛び散ることで、目のピント調節筋を疲れさせてしまうことをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究して生まれた、PC・スマホのブルーライトなどによる目の疲れ、炎症に効く目薬として「ロートデジアイ」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

平日、パソコンを利用している時間はどれくらいですか?

  • 1時間未満
    3%
  • 1~2時間未満
    3%
  • 2~4時間未満
    10%
  • 4~6時間未満
    13%
  • 6~8時間未満
    26%
  • 8時間以上
    45%
  • 平日は利用しない
    2%
Loading ... Loading ...
Q2

デジタル時代、デスクワークで一番疲労を感じる部位は「目」だということをご存知でしたか?

  • はい
    87%
  • いいえ
    13%
Loading ... Loading ...
Q3

ブルーライトを発するデジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)で、目が疲れたり、炎症を起こしたりする「デジアイ症候群」をご存知ですか?

  • はい
    38%
  • いいえ
    62%
Loading ... Loading ...
Q4

(デジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)を使うことによる疲れ目)「デジアイ症候群」の原因の1つであるブルーライトは、目の中の四方八方へ飛び散ることで、目のピント調節筋を疲れさせてしまうことをご存知でしたか?

  • はい
    26%
  • いいえ
    74%
Loading ... Loading ...
Q5

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究して生まれた、PC・スマホのブルーライトなどによる目の疲れ、炎症に効く目薬として「ロートデジアイ」があることをご存知でしたか?

  • はい
    24%
  • いいえ
    76%
Loading ... Loading ...

パソコンやスマホからのブルーライトダメージにはこれ!

\パソコン仕事の疲れ目におすすめの目薬/
デジタル時代の瞳を癒す黄色い一滴、『ロート デジアイ』
デジタル時代の瞳を癒す黄色い一滴、『ロート デジアイ』
日中はパソコンやスマホ、夜はテレビやゲーム…1日中デジタル機器に囲まれる私たちは、画面から放出される「ブルーライト」によって目に疲労が蓄積しています。そんな「デジアイ症候群」対策の目薬を試してみませんか?

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

眼精疲労

ゆっくり浸かって目もケア!オススメ温泉紹介シリーズ「近畿中部北陸編」

ゆっくり浸かって目もケア!オススメ温泉紹介シリーズ「近畿中部北陸編」

あたたかいお風呂にゆっくり浸かることで目の疲れをとったり、のんびりとリラックスしたりする時間を過ごすことで目もケアできる温泉で、癒やされてみませんか?

今回は、全国的にも有名な「目への効能がうたわれている温泉」がある「近畿中部北陸編」の温泉をご紹介します。家族やお友だちと、温泉旅行でじっくり日頃の疲れをとって、目のケアをしましょう!

長野県浅間温泉「目之湯・紫山楼」

目の健康は身体の健康から!オススメ温泉紹介 近畿中部北陸編_02

長野県松本市にある浅間温泉には、江戸時代から伝わる「目之湯」があります。

目之湯旅館である「紫山楼」は、240年前に建設された当時の面影を随所に残しており、温泉だけでなく、旅館の雰囲気も楽しむことができます。樹齢2000年以上のヒノキで作られた浴槽もお楽しみのひとつです。

新潟県「貝掛温泉」

目の健康は身体の健康から!オススメ温泉紹介 近畿中部北陸編_03

新潟県奥湯沢にある「貝掛温泉」は、古くは江戸時代から「目の温泉」として名を広めた温泉です。その効能は昭和初期頃まで「貝掛の目薬」として、目薬も生産されていたほどで今でも「白内障・眼底出血・ドライアイ」にもよいといわれています。

熱い温泉も多い中、37度程度のぬるめであることも特徴で、長湯を楽しめます。

長野県渋温泉「六番湯」

目の健康は身体の健康から!オススメ温泉紹介 近畿中部北陸編_04

信州渋温泉は石畳の温泉街で、すべて100%源泉かけ流しがかなうほどの湯処として知られています。

宿に泊まってそのお湯を楽しむことはもちろん、湯めぐりもでき、9つの共同浴場である外湯は渋温泉に宿泊している方限定で「外湯めぐり」が楽しめるようになっています。

そのうちの六番湯は「目洗いの湯」と呼ばれ、眼病に効果があるとされている温泉です。

京都府「夕日ヶ浦温泉」

目の健康は身体の健康から!オススメ温泉紹介 近畿中部北陸編_05

夕日の絶景を眺めながら温泉に浸かることができる京都府の「夕日ヶ浦温泉」では、キレイな景色を見ることで目が癒やされます。

肌もツルツルになるという美人の湯としても知られている夕日ヶ浦温泉ですが、疲労回復にも効果があるとされ、目の疲れをじっくりケアしながら、絶景で心も癒やされる温泉です。

近畿・中部・北陸地方には古くから全国的に知られる目への効能がうたわれている温泉がいくつもあります。冬には雪深くなる地域も含まれているため、さまざまな景色を楽しめるのもこの地域の特徴です。

ひとつの温泉だけでなく、いくつもの温泉をめぐってみるのもよさそうですね。

(画像はすべてイメージです)

▼目の疲れが気になる方、温泉で癒されてみては?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

▼温泉シリーズはこちらの地域もご紹介しています!
ゆったり気分で目を癒やそう!オススメ温泉紹介シリーズ・九州編
目のケアにはリラックスも大事!オススメ温泉紹介シリーズ・中国四国編
日本人は温泉好き!GWに行きたい 全国『目にいい温泉』ガイド
疲れ目解消!“目の温泉”、ネトラバスティで白目がキレイに?
冷え性に悩む女性は、目を温めよう! 眼科医が語る冷え性と目の意外な関係とは?

【参考】
浅間温泉 目之湯旅館/信州 松本の宿目の湯
http://www.menoyu.jp
九湯めぐり|信州渋温泉
http://www.shibuonsen.net/onsen/
貝掛温泉|貝掛温泉の湯力
http://www.shibuonsen.net/onsen/
木津温泉・夕日ヶ浦温泉・周辺の温泉|温泉案内|木津、夕日ヶ浦温泉| 夕日ヶ浦海岸|夕日ヶ浦観光協会
http://yuukan.com/spa/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ