• HOME
  • 専門家
  • それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル
目の病気

それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル

それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル

コップに水を注ぐにもこぼしてしまう、靴の左右を履き間違えてしまう、ドアにぶつかってしまう……。
どれも日常によくあるうっかりミスですが、頻発したら要注意!もしかしたらそれ、失明の危険まである怖い病気、『緑内障』かもしれません。
全国に360万人以上の患者がいるとされ、その9割以上に自覚症状がないという緑内障。病気の怖さやうっかりミスが頻発するワケ、さらには気になる予防方法まで、眼科の先生に聞いてきました。

そもそも『緑内障』ってどんな病気?お年寄りがかかるものじゃないの!?

視神経という神経の集合体が、眼球に集められた情報を脳に伝達することにより、私たちは「目で見る」ことができます。しかし眼圧の上昇によって視神経が傷つけられると、視野の一部が欠けたり、最悪、失明したりします。これが『緑内障』という病気です。

この視神経ですが、一生、万能というワケにはいきません。年齢を重ねるごとに眼圧から受ける影響が強くなり、視神経の欠損も多くなっていきます。そこで、ようやく見え方に疑問を感じ、眼科を受診される方がほとんど。「緑内障はお年寄りの病気でしょ?」というイメージが強いのもそのためですが、実は20代からジワジワと進行が進んでいるというパターンも、少なくありません。

頻発したら要注意!人間の驚くべき機能がうっかりミスを引き起こす

「盲点を突く」という言葉がありますが、単なる慣用句ではありません。盲点は医学用語で、人間には生まれながらに、「見えない箇所」が存在しています。それでも私たちは、視界に欠損を感じることはありませんよね?それは脳が欠損した部分を補い、「見えているように見せてくれている」からです。

しかし緑内障が進行すると、視野の欠損が増加していきます。「コップに水を注ぐ」という行為を例にしましょう。私たちは日常生活で何度もコップに水を注ぎ、その行為と場面を脳が記憶します。すると、ちょっと視野が欠けていても、これまでの経験をもとに脳が視野の欠損を補い、「見えていないのに見えている」状態をつくり出します。けれど現実には、視野の一部が欠けている。そこで手元に狂いが生じ、ちゃんとコップに水を注いでいたつもりなのに、上手に注げない、こぼしてしまうといった、うっかりミスが起こります。

うっかりミスから気づくようでは手遅れ!?緑内障を早期発見するには?

うっかりミスを頻発するようになったら、緑内障が進行している可能性も。脳が視野の欠陥を補填できない状況、例えば初めて訪れる場所で「見え方に違和感がある!」と気づいて眼科を受診される方もいますが、やはり、初期の段階は過ぎています。

緑内障を早期に発見するのは、素人判断では難しいところ。となると、重要なのは健康診断です。会社にもよりますが、視力検査に加え、眼底検査が組み込まれているはずです。この検査で『視神経乳頭陥凹(ししんけいにゅうとうかんおう)』の結果が出たら、視神経が眼圧に負け、一部が凹んでいる状態かもしれません。早めに眼科を受診しましょう。

笑う門には福来たる!ストレスフルな生活が緑内障を予防する!?

眼圧、つまり眼球にかかる圧力の巡りをスムーズにするため、体を冷やさないように心がけるなど、代謝を高める生活が先決です。冗談のようですが、いつもイライラして、眉間にシワを寄せているのもよくありません。目元に力が入っているだけで眼球にかかる圧力が強くなり、積み重なれば視神経の欠損に繋がります。

残念ながら、健やかな生活を心がけること以外に、明確な緑内障予防の対策がないのが実情。しかし失明に陥る前に、健康診断で症状に気づければ、目薬の点眼ひとつで進行を抑えることができます。会社の健康診断に眼底検査が組み込まれていない場合も、自治体が補助金を出してくれることがあるので、お近くの眼科に尋ねてみてくださいね。

▼緑内障の詳しい症状や治療法はコチラ
目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
NHK『ためしてガッテン:うっかりミスで発覚!40代を襲う謎の病』 http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20130731.html

日本眼科学会『視神経の病気』 http://www.nichigan.or.jp/public/disease/shishinkei_shishinkei.jsp

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

目の病気

中高生男子は特に注意!春に増加する目の病気「春季カタル」ってどんなもの?

中高生男子は特に注意!春に増加する目の病気「春季カタル」ってどんなもの?

ぽかぽかの暖かい陽気が気持ちいい季節、春。たくさんの新しい出会いがあったり、桜の下でお花見を楽しめたりといったイベントが多く、多くの方々がいいイメージを抱く季節といえるでしょう。

しかしその一方で、春はある目の病気が起こりやすい季節でもあります。その病気とは「春季カタル」です。

眼科医の岡野先生によると、毎年冬の終わり頃から春にかけて、春季カタルになる方が増加するのだそうです。今回は、そんな春季カタルという病気について岡野先生にお話を伺いました。症状から治療法・予防法まで、詳しくご紹介します。

春季カタルとはどんな病気?

春季カタル_02

春季カタルとは、重度のアレルギー性結膜炎のことです。なんらかの物質にアレルギー反応を示し、結膜(まぶたの裏側から眼球にかけてを覆う粘膜)がひどい炎症を起こします。

どの物質に対してアレルギー反応が出るかは人によって異なりますが、花粉が原因になることが非常に多いため、春に患者数が増加します。そのため、「春季カタル」(カタルは粘膜に起こる炎症の意味)と呼ばれているのです。

なお、花粉の他にも、ハウスダストやダニ、カビなどが原因で起こることもあります。近年ではさまざまな物質にアレルギーをもつ子どもが増加傾向にあるため、それにともなって春以外に発症するケースも増えており、季節を問わず注意が必要な病気になってきています。

症状としては、目にかゆみや痛みを感じたり、白目の充血や異物感があったり、コンタクトレンズがずれやすくなったりといったものが挙げられます。

状態が悪化すると、まぶたの裏に乳頭のような突起がたくさんできる、黒目の周囲にある白目が水ぶくれのようになるなどの症状が見られるようになり、日常生活に支障をきたすようになってしまいます。

春季カタルになりやすいor悪化しやすいタイプとは?

春季カタル_03

春季カタルになりやすいのは、幼児から青年にかけての男性です。特に、17歳前後の男子が最もなりやすいといわれています。これには免疫の問題が関係しており、どうしても成人よりも子ども、女性よりも男性の発症リスクが高いのです。

とはいえ、もちろん大人や女性が発症する場合もあるので、前述のような症状が現れた場合は速やかに眼科で治療を受けてください。

また、春季カタルはコンタクトレンズを着用していると悪化しやすくなります。なぜなら、コンタクトレンズが結膜の炎症による異物感に気付きにくくしてしまうため、状態が悪くなっても気づきにくくなるからです。コンタクトレンズを使っている方は、外した際に目に違和感がないかをチェックする習慣をつけるといいでしょう。

春季カタルの治療法とは?

春季カタル_04

近年では春季カタルに効く薬の開発が進んでおり、点眼薬や内服薬で治せるケースがほとんどになりました。特にステロイドの入った目薬や注射が有効で、重度の春季カタルであっても、これだけで症状が治まることもあります。

ただし、結膜にできた突起が大きくなってしまった場合は、手術で一つひとつ切除しなくてはなりません。薬による治療に比べるとどうしても負担が大きくなるため、症状が出たら少しでも早く通院するようにしましょう。

春季カタルにならないためにはどうしたらいい?

春季カタル_05

春季カタルにならないためには、自身のアレルギーに合わせてきちんと治療を受けることが必要になります。

例えば花粉がアレルギーの原因なら、花粉が飛び始める1月下旬から2月上旬頃までに、予防薬の服用をスタートするようにしましょう。また、ハウスダストやダニ・カビが原因の場合も、薬物による治療や、アレルギーの原因となる物質を少量ずつ体内に投与して慣れさせる治療(減感作療法)などといった選択肢があります。

春季カタルになる前に、根本の問題に対してアプローチするようにしてください。

気持ちよく春を迎えるためには、早いうちから対策を講じておくことが重要。また、もし春季カタルを発症してしまった場合でも、早期に眼科を受診すれば大がかりな治療が必要になることはありません。「目の健康に意識的になること」が最も大切なポイントといえるでしょう。

▼季節の変化によって増加する目の病気についてはこちらをチェック!
より小さなPM0.5も登場?!春のお外は要注意!(ロート製薬 商品情報サイト)
健やかに春を迎えるために……知っておきたい「冬に起こる目のトラブル」あれこれ
冬のカサカサ乾燥空気は目にも悪い?!今やっておきたい乾燥対策
ドライアイだけじゃない!眼科医が指摘する「夏に注意すべき目の症状」とは?
夏を過ぎてもご用心! 気の緩む季節こそ注意したい「はやり目」

【参考】
【医師監修】重症のアレルギー性結膜炎「春季カタル」とは | ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/010958/
花粉症には早めの治療が大切 ~あなたに合った花粉症対策を始めましょう | 病気の知識 | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)
http://www.shionogi.co.jp/wellness/diseases/hayfever.html
【医師監修】ハウスダストのアレルギーはどう治療する? | ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/017355/

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ