• HOME
  • 専門家
  • それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル
目の病気

それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル

それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル

コップに水を注ぐにもこぼしてしまう、靴の左右を履き間違えてしまう、ドアにぶつかってしまう……。
どれも日常によくあるうっかりミスですが、頻発したら要注意!もしかしたらそれ、失明の危険まである怖い病気、『緑内障』かもしれません。
全国に360万人以上の患者がいるとされ、その9割以上に自覚症状がないという緑内障。病気の怖さやうっかりミスが頻発するワケ、さらには気になる予防方法まで、眼科の先生に聞いてきました。

そもそも『緑内障』ってどんな病気?お年寄りがかかるものじゃないの!?

視神経という神経の集合体が、眼球に集められた情報を脳に伝達することにより、私たちは「目で見る」ことができます。しかし眼圧の上昇によって視神経が傷つけられると、視野の一部が欠けたり、最悪、失明したりします。これが『緑内障』という病気です。

この視神経ですが、一生、万能というワケにはいきません。年齢を重ねるごとに眼圧から受ける影響が強くなり、視神経の欠損も多くなっていきます。そこで、ようやく見え方に疑問を感じ、眼科を受診される方がほとんど。「緑内障はお年寄りの病気でしょ?」というイメージが強いのもそのためですが、実は20代からジワジワと進行が進んでいるというパターンも、少なくありません。

頻発したら要注意!人間の驚くべき機能がうっかりミスを引き起こす

「盲点を突く」という言葉がありますが、単なる慣用句ではありません。盲点は医学用語で、人間には生まれながらに、「見えない箇所」が存在しています。それでも私たちは、視界に欠損を感じることはありませんよね?それは脳が欠損した部分を補い、「見えているように見せてくれている」からです。

しかし緑内障が進行すると、視野の欠損が増加していきます。「コップに水を注ぐ」という行為を例にしましょう。私たちは日常生活で何度もコップに水を注ぎ、その行為と場面を脳が記憶します。すると、ちょっと視野が欠けていても、これまでの経験をもとに脳が視野の欠損を補い、「見えていないのに見えている」状態をつくり出します。けれど現実には、視野の一部が欠けている。そこで手元に狂いが生じ、ちゃんとコップに水を注いでいたつもりなのに、上手に注げない、こぼしてしまうといった、うっかりミスが起こります。

うっかりミスから気づくようでは手遅れ!?緑内障を早期発見するには?

うっかりミスを頻発するようになったら、緑内障が進行している可能性も。脳が視野の欠陥を補填できない状況、例えば初めて訪れる場所で「見え方に違和感がある!」と気づいて眼科を受診される方もいますが、やはり、初期の段階は過ぎています。

緑内障を早期に発見するのは、素人判断では難しいところ。となると、重要なのは健康診断です。会社にもよりますが、視力検査に加え、眼底検査が組み込まれているはずです。この検査で『視神経乳頭陥凹(ししんけいにゅうとうかんおう)』の結果が出たら、視神経が眼圧に負け、一部が凹んでいる状態かもしれません。早めに眼科を受診しましょう。

笑う門には福来たる!ストレスフルな生活が緑内障を予防する!?

眼圧、つまり眼球にかかる圧力の巡りをスムーズにするため、体を冷やさないように心がけるなど、代謝を高める生活が先決です。冗談のようですが、いつもイライラして、眉間にシワを寄せているのもよくありません。目元に力が入っているだけで眼球にかかる圧力が強くなり、積み重なれば視神経の欠損に繋がります。

残念ながら、健やかな生活を心がけること以外に、明確な緑内障予防の対策がないのが実情。しかし失明に陥る前に、健康診断で症状に気づければ、目薬の点眼ひとつで進行を抑えることができます。会社の健康診断に眼底検査が組み込まれていない場合も、自治体が補助金を出してくれることがあるので、お近くの眼科に尋ねてみてくださいね。

▼緑内障の詳しい症状や治療法はコチラ
目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
NHK『ためしてガッテン:うっかりミスで発覚!40代を襲う謎の病』 http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20130731.html

日本眼科学会『視神経の病気』 http://www.nichigan.or.jp/public/disease/shishinkei_shishinkei.jsp

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

目の病気

まぶたの裏に石ができる!?目に違和感や痛みを引き起こす『結膜結石』とは

まぶたの裏に石ができる!?目に違和感や痛みを引き起こす『結膜結石』とは

胆石や腎臓結石など、体の中に石ができてしまう病気は決して珍しいものではありません。実は目にも、まぶたに石ができてしまう『結膜結石』という病気があるのです。

これを放っておくと、目に強い痛みが走り、場合によっては目が開けられなくなってしまうことも。しかも、石がまぶたの奥にあるうちは自覚症状がほぼないため、存在に気づいていない方は多くいます。

今回はそんな結膜結石について、眼科医の岡野先生にお話をうかがいました。治療方法はもちろん、検診が正しく行われているかを見極めるポイントも教えていただいたので、ぜひチェックしてみてください。

結膜結石とはどんなもの?

結膜結石_02

結膜結石とは、前述のとおり、まぶたの裏に石ができてしまう病気です。粘液をつくり出す細胞とカルシウムや脂質が結合することによって発生し、黄色っぽい小石になります。

まぶたの奥にあるうちは特に症状はありませんが、石がまぶたを突き破って表面に出てくると、違和感を覚えたり、角膜に傷がついて痛みを感じたりするようになります。

結膜結石ができる主な原因は、目の炎症です。慢性結膜炎トラコーマにかかっている方は、結膜結石ができやすいので注意しましょう。そのほか、ドライアイアレルギーも原因になります。

結膜炎やドライアイは、多くの方が悩まされる目のトラブルです。つまり、結膜結石は身近な目の病気といえます。

結膜結石の治療法とは

結膜結石_03

結膜結石は、発生してもすぐに治療しなければならないわけではありません。違和感や痛みがなければ、見つかっても経過観察になることがほとんど。その後は、定期検診で変化がないかをチェックしていくことになります。

しかし、すでに痛みなどの症状が出ている場合は、目薬の投与による治療を実施します。これと並行して、結膜結石ができた原因に対してもアプローチしていきます。

なお、石が角膜を傷つけてしまっている場合は、手術で石を取り除きます。これについて岡野先生は「手術と聞くとびっくりしてしまうかもしれませんが、実際はとても簡単なもので、基本的にはほんの数分で終了します。もちろん入院も必要ありませんので、安心してくださいね」と教えてくれました。

定期検診ではまぶたの裏をしっかりチェックしてもらって!

結膜結石_04

結膜結石で目を傷つけるのを防ぐためには、定期的に検診を受けることが重要になります。ひどくなる前に発見できれば、早期に根本的な問題にアプローチでき、結膜結石に対する治療は必要なくなることもあるでしょう。

なお、岡野先生は「検診を受ける際は、必ずまぶたの裏までチェックしてもらってください」と語っています。残念ながら、まぶたの裏の状態を確認してくれないクリニックもまれにあるとのこと……。その場合は、自ら申し出て診てもらうか、かかりつけのクリニックを変えることをおすすめします。

目にゴロゴロとした違和感があったら、一度まぶたの裏をチェックしてみましょう。黄色っぽい突起があれば、速やかに病院へ。この機会に、結膜結石だけでなく結膜炎などの原因もしっかり改善して、健やかな目を手に入れてくださいね。

▼岡野先生が監修しているそのほかの記事はコチラ!
白目の小さなシミ「結膜母斑」発生の原因や治療の必要性など、気になるあれこれを眼科医が解説!
20代も要注意!夕方になるとピントが合わなくなる「夕方老眼」の原因と改善・予防策
中高生男子は特に注意!春に増加する目の病気「春季カタル」ってどんなもの?
眼球破裂は意外と身近な目のケガだった!知っておきたい日常に潜む目のケガの原因とは
目が発信する危険信号を見逃さないで!眼底出血はさまざまな病気を知らせる重要な「サイン」だった

▼その他の目の病気についてはこちらもチェック!
目のトラブルについて~結膜炎~(ロート製薬 商品情報サイト)
目のトラブルについて~飛蚊症~(ロート製薬 商品情報サイト)
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

<参考>
結膜結石 | 新宿で眼科を探すなら新宿東口眼科医院 | 新宿駅東口から徒歩1分の眼科医院 土日祝日も診察
http://www.shec.jp/disease/056.html
結膜結石は眼科に行くべき?まぶたの裏のブツブツの治療法 | いしゃまち
https://www.ishamachi.com/?p=18670

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ