• HOME
  • 専門家
  • それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル
目の病気

それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル

それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル

コップに水を注ぐにもこぼしてしまう、靴の左右を履き間違えてしまう、ドアにぶつかってしまう……。
どれも日常によくあるうっかりミスですが、頻発したら要注意!もしかしたらそれ、失明の危険まである怖い病気、『緑内障』かもしれません。
全国に360万人以上の患者がいるとされ、その9割以上に自覚症状がないという緑内障。病気の怖さやうっかりミスが頻発するワケ、さらには気になる予防方法まで、眼科の先生に聞いてきました。

そもそも『緑内障』ってどんな病気?お年寄りがかかるものじゃないの!?

視神経という神経の集合体が、眼球に集められた情報を脳に伝達することにより、私たちは「目で見る」ことができます。しかし眼圧の上昇によって視神経が傷つけられると、視野の一部が欠けたり、最悪、失明したりします。これが『緑内障』という病気です。

この視神経ですが、一生、万能というワケにはいきません。年齢を重ねるごとに眼圧から受ける影響が強くなり、視神経の欠損も多くなっていきます。そこで、ようやく見え方に疑問を感じ、眼科を受診される方がほとんど。「緑内障はお年寄りの病気でしょ?」というイメージが強いのもそのためですが、実は20代からジワジワと進行が進んでいるというパターンも、少なくありません。

頻発したら要注意!人間の驚くべき機能がうっかりミスを引き起こす

「盲点を突く」という言葉がありますが、単なる慣用句ではありません。盲点は医学用語で、人間には生まれながらに、「見えない箇所」が存在しています。それでも私たちは、視界に欠損を感じることはありませんよね?それは脳が欠損した部分を補い、「見えているように見せてくれている」からです。

しかし緑内障が進行すると、視野の欠損が増加していきます。「コップに水を注ぐ」という行為を例にしましょう。私たちは日常生活で何度もコップに水を注ぎ、その行為と場面を脳が記憶します。すると、ちょっと視野が欠けていても、これまでの経験をもとに脳が視野の欠損を補い、「見えていないのに見えている」状態をつくり出します。けれど現実には、視野の一部が欠けている。そこで手元に狂いが生じ、ちゃんとコップに水を注いでいたつもりなのに、上手に注げない、こぼしてしまうといった、うっかりミスが起こります。

うっかりミスから気づくようでは手遅れ!?緑内障を早期発見するには?

うっかりミスを頻発するようになったら、緑内障が進行している可能性も。脳が視野の欠陥を補填できない状況、例えば初めて訪れる場所で「見え方に違和感がある!」と気づいて眼科を受診される方もいますが、やはり、初期の段階は過ぎています。

緑内障を早期に発見するのは、素人判断では難しいところ。となると、重要なのは健康診断です。会社にもよりますが、視力検査に加え、眼底検査が組み込まれているはずです。この検査で『視神経乳頭陥凹(ししんけいにゅうとうかんおう)』の結果が出たら、視神経が眼圧に負け、一部が凹んでいる状態かもしれません。早めに眼科を受診しましょう。

笑う門には福来たる!ストレスフルな生活が緑内障を予防する!?

眼圧、つまり眼球にかかる圧力の巡りをスムーズにするため、体を冷やさないように心がけるなど、代謝を高める生活が先決です。冗談のようですが、いつもイライラして、眉間にシワを寄せているのもよくありません。目元に力が入っているだけで眼球にかかる圧力が強くなり、積み重なれば視神経の欠損に繋がります。

残念ながら、健やかな生活を心がけること以外に、明確な緑内障予防の対策がないのが実情。しかし失明に陥る前に、健康診断で症状に気づければ、目薬の点眼ひとつで進行を抑えることができます。会社の健康診断に眼底検査が組み込まれていない場合も、自治体が補助金を出してくれることがあるので、お近くの眼科に尋ねてみてくださいね。

▼緑内障の詳しい症状や治療法はコチラ
目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
NHK『ためしてガッテン:うっかりミスで発覚!40代を襲う謎の病』 http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20130731.html

日本眼科学会『視神経の病気』 http://www.nichigan.or.jp/public/disease/shishinkei_shishinkei.jsp

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

目の病気

花粉症シーズンは要注意!白目がゼリー状に腫れる症状は【結膜浮腫】かも?

花粉症シーズンは要注意!白目がゼリー状に腫れる症状は【結膜浮腫】かも?

白目がぶよぶよのゼリー状に腫れてしまったら、それは「結膜浮腫」という目の病気かもしれません。とくにこれからの花粉症シーズンは要注意です。

今回はそんな結膜浮腫の症状や原因、治療方法などを詳しくご紹介します!

結膜浮腫ってどんな病気?

結膜浮腫(けつまくふしゅ)とは、白目がぶよぶよとしたゼリー状に盛り上がってしまう目の病気です。球結膜浮腫といわれることもあります。

結膜浮腫_02

子どもに多い病気とされていますが、大人がかかることもあります。腫れの程度はさまざまで、白目の一部にしわが寄ったような軽いケースもあれば、白目の全体が盛り上がってしまい、まぶたが閉じにくくなるほどひどいケースもあります。

結膜浮腫の原因は?

結膜浮腫は、簡単にいえば「白目のむくみ」です。白目の表面には「結膜」という透明な膜がありますが、何らかの原因で、この膜と白目の間に水がたまってしまうことで、この「むくみ」が生じます。

水がたまってしまう原因として大きいのは、目を強くこするなど、外部からの刺激です。とくにアレルギー性結膜炎によるかゆみで目をこすってしまい、症状が出た……という方が多いようです。

どうやって治療するの?

結膜浮腫_03

結膜浮腫の症状そのものは、実はあまり心配する必要はありません。というのも、結膜浮腫はほとんどの場合、時間の経過とともに自然におさまるからです。

白目がぷっくり腫れてしまうので最初はおどろきますが、眼科を受診するときには腫れがほぼひいていた……なんてことも少なくないようです。

ただし、結膜浮腫の症状が出る前提としてアレルギーによる目の炎症などがある場合は、放っておいてもなかなか改善しないことがあります。そういう場合は、点眼投薬といった治療をおこなったほうが早くよくなります。

少し時間をおいても腫れがひかない、かゆみが強くて気になる……といった場合には、一度眼科を受診しましょう。

花粉症シーズンは要注意! 結膜浮腫の予防法とは

結膜浮腫_04

結膜浮腫の予防で大切なのは、「目をこすったり刺激したりしないこと」です。

とくにこれからのシーズンは、花粉症による目のかゆみに悩む方も多いですよね。かゆくても、なるべく目をこすらないよう注意してください。

「とりあえず今このかゆみをなんとかしたい!」という方は、保冷剤を包んだタオルや濡れタオルなどで目元を冷やすと、多少はかゆみがおさまります。温めてしまうとかゆみを強く感じるので、気をつけましょう。

ただし、冷やすのはあくまでその場しのぎの対処法です。根本的にかゆみをどうにかしたいなら、医療機関を受診することをおすすめします。

花粉症をはじめとするアレルギー性結膜炎の場合は、病院で抗アレルギー剤を処方してもらいましょう。また、最近は処方薬と同量・同成分の抗アレルギー薬も市販されているので、病院を受診するヒマがない方には便利です。ドラッグストアで薬剤師さんに相談してみてもいいでしょう。

今回は、白目が腫れる「結膜浮腫」という病気についてご紹介しました。いかがでしたか?

ついついこすりたくなる目のかゆみですが、こすりすぎはこうした目の病気のもと。なるべく症状をおさえるような対処をして、かゆみを根本からおさえる対策をとってくださいね。

▼気になる目のかゆみや花粉症については、コチラの記事も!
花粉対策の基本!(ロート製薬 商品情報サイト)
つらい!かきたい!花粉症の目のかゆみにおすすめの対策法5選
花粉症だけじゃない!?その目のかゆみ、大丈夫?
花粉症の方は必見!目がかゆくなるアレルギーの仕組みとケア方法

【参考】
眼科の症状|森村眼科クリニック
http://www.morimura-ganka.com/cgi-bin/morimura_01/siteup.cgi?&category=2&page=1&view=&detail=on&no=5
白目が腫れた!結膜浮腫になった時の対処法・なる前の予防法|いしゃまち
https://www.ishamachi.com/?p=31314

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ