• HOME
  • 専門家
  • まぶたが下がってしまう疾患 『眼瞼下垂』に有効な鍼灸治療とは?
目の病気

まぶたが下がってしまう疾患 『眼瞼下垂』に有効な鍼灸治療とは?

まぶたが下がってしまう疾患 『眼瞼下垂』に有効な鍼灸治療とは?

自分ではしっかりと目を開いているつもりなのに、他人から「眠そうだね」と指摘されたり、なんだか視界が狭く感じていたり……、という経験はありませんか?
もしかしたら、そんなあなたは『眼瞼下垂(がんけんかすい)』の症状が現れているのかもしれません。
ちなみにこの眼瞼下垂は、新生児から高齢者まで発症する、極めて対象が広い疾患です。
そこで今回は眼瞼下垂について、鍼灸師の高田香菜子先生に東洋医学における考え方と治療法について教えてもらいました!

眼瞼下垂の原因と症状とは?

『眼瞼下垂』とは、顔を正面に向けた時に、まぶたが瞳の上まで上がらない症状のことを指します。
人は、まぶたを動かすために『眼瞼挙筋(がんけんきょきん)』と呼ばれる筋肉と、眼瞼挙筋の動きを補佐する筋肉『ミューラー筋』の働きを必要とします。
この眼瞼挙筋は『動眼神経』に、ミューラー筋は『交感神経』に支配されており、これらの筋肉または神経に異常があると、眼瞼下垂が起こると言われています。

しかし、ひと口に眼瞼下垂といっても、生まれつきの『先天性眼瞼下垂』、生まれた時は違ったけれどその後まぶたが下がってきた『後天性眼瞼下垂』、そして一見すると眼瞼下垂のように見えるが、そうではない『偽眼瞼下垂』に分類することができます。

【先天性眼瞼下垂】

(特徴)
・生まれつきまぶたが下がっている
・片側だけなど左右差がある場合が多い

(原因)
・動眼神経の分岐異常
・眼瞼挙筋自体の発育不全

【後天性眼瞼下垂】

【1】腱膜性眼瞼下垂

眼瞼挙筋の末端部の膜、腱膜(けんまく)が伸びたり緩んだりして、まぶたが正常に持ち上がらず、開きにくい状態。

(原因)
・加齢
・パソコンなどによる目の酷使
・コンタクトレンズ(特にハードコンタクトレンズ)の長年の使用
・花粉症やアトピーなどで目をこする
・目の手術の時、目を開いた状態を保つ器具(開眼器)の使用
・メイクを落とす際、強くこする

【2】外傷性眼瞼下垂

(原因)
・けが

【3】重症筋無力症

(原因)
・神経の命令が筋肉に伝わりづらくなる病気

【4】甲状腺眼症(バセドウ病眼症)

(原因)
・目を動かす筋肉に炎症が起きる

【5】眼瞼腫瘍

(原因)
・まぶたに腫瘍ができ、重みで下垂

後天性眼瞼下垂は以上のように、原因によって5つに分類されますが、最も多いのは【1】腱膜性眼瞼下垂だと言われています。

▼ハードコンタクトレンズ使用者は要注意!
ハードコンタクトレンズ使用者に警鐘!人相にまで影響する『眼瞼下垂』って!?

【偽眼瞼下垂】

(特徴)
・一見、眼瞼下垂のようにみえるがそうではない症状
・まぶたの皮膚のたるみ
・眼球縮小(先天性小眼症)
・眼球萎縮
・眉毛下垂
・眼瞼痙攣 など

(原因)
・加齢や病気 など

先天性眼瞼下垂については専門医による手術などが必要ですが、それ以外の場合は、なんと、鍼灸で症状が改善されたという方も多いそうです。

目の疾患の原因は、『目』だけではない!?

東洋医学では、目は五臓六腑の『肝』に深く関係があると考えられています。この『肝』は、精神情緒の安定や、自律神経を介した機能調整を行う役割があります。
そのため、肝の働きが悪くなると視覚の異常や運動系(筋肉)の異常へと影響が見られる、といった考え方をします
(※これは西洋医学とは異なる考え方であり、肝臓自体の病気ではないので、血液検査などで出てくる肝臓の数値などは直接的にあまり関係ありません)

このことから

●肝⇔目
●肝⇔筋肉(眼瞼挙筋、ミューラー筋)
●肝⇔自律神経(ミューラー筋は自律神経(交感神経節)支配されているため)

というように、東洋医学の考え方では、眼瞼下垂は『肝』と深く関係していると考えられます。

具体的な治療の手順とは?

では、実際に鍼灸治療で眼瞼下垂の治療を行う場合の手順をみてみましょう。

【1】問診

まずは問診で、どの症状に当てはまるかをお伺いします。いつから発症したのか、他の症状がないかなどを伺い、病気が潜んでいるかを判断します。

【2】身体全体の調整、治療

東洋医学の考え方から、目の周りの血流や筋肉だけを施術しても効果が出にくいと考えられているため、身体全体の調整をしていきます(主に肝の機能を調整する治療です)。
また、ある程度の下垂があると、物を見る時にあごを上げる姿勢をとることが多くなります。そのため、首や肩が凝りやすくなったり、まぶたをより上げようと額(前頭筋)に力が入ることで眉毛が上がったり、頭痛が出やすくなるといった症状がみられることがあります。身体全体を整え、そうした症状を改善していきます。

さらには、ミューラー筋を使おうとするので、交感神経が過緊張になり、不眠やイライラなど自律神経失調の症状が出る場合もあります。こうした首や肩凝り、頭痛、不眠、イライラなど、各症状への治療もしていきます。

【3】目の周辺部の血流改善

頭や首、目の近くのツボを使用し、直接的に目の周辺の血流を良くしていきます。

【刺激するツボの例】

・太衝(たいしょう)

眼瞼下垂の鍼灸治療_02

▲身体の治療で使用する、肝につながるツボへの刺鍼です。

・太陽(たいよう):こめかみ
・睛明(せいめい):目頭
・攅竹(さんちく):眉頭

眼瞼下垂の鍼灸治療_03

▲目の周りの血流を良くするツボへの刺鍼です。

「なんだかまぶたがおかしいな」と思ったら、眼科など専門医への相談はもちろん必要ですが、一度鍼灸へ足を運んでみるのも良いかもしれませんね!
なお、上記の施術はあくまで一例です。治療方法や使用するツボに関しては、鍼灸師によって、また患者様のその時の体調によって異なります。詳細や質問などは、各治療院にお問い合わせください。

▼ためになる、美人鍼灸師・高田先生の過去記事はコチラの一覧から!
http://eye-media.jp/takadakanako/

文/よしだみすず
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

コンタクト

ハードコンタクトレンズ使用者に警鐘!人相にまで影響する『眼瞼下垂』って!?

ハードコンタクトレンズ使用者に警鐘!人相にまで影響する『眼瞼下垂』って!?

「コンタクトレンズはハード?ソフト?」―――。

何気なく交わされる会話ですが、今現在、ハードコンタクトレンズは性能に関して、ソフトコンタクトレンズに大きく差をつけられているそう。
長年、ハードコンタクトレンズを使用することにより、人相すら変わってしまう『眼瞼下垂』という症状を引き起こすとことさえあると言います。

そこで今回は、ハードコンタクトレンズのデメリットと合わせ、気になる『眼瞼下垂』について眼科医・岡野先生に聞いてきました。
ハードコンタクトレンズを使用されている方はもちろん、お知り合いに使用者がいる方も必見です!

「ハードのほうが優秀」という思い込みは時代遅れ!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソフトコンタクトレンズが主流となりつつある昨今。
ハードコンタクトレンズを使用されている方に理由を尋ねると、「ソフトよりも目にいいから!」ですとか、「ソフトよりサイズが小さい分、目に違和感がないから!」とお答えになることが少なくありません。

けれど、ちょっと待ってください。
恐らくその方は、十数年前にコンタクトレンズを処方されて以来、ソフトコンタクトレンズを試していないのではないでしょうか?

確かに「ソフトよりもハードコンタクトレンズのほうが、酸素透過性が高い(酸素をたっぷり通す)」と言われている時代がありました。
しかしハードコンタクトレンズは1999年に最新型が発売されて以降、モデルチェンジはあったものの、根本的な性能は大きくは変化していないのです。
一方、ソフトコンタクトレンズは、毎年のように新たな種類が開発、発売され、年を追うごとに性能を向上させてきました。

酸素透過性において、ハードコンタクトレンズが圧勝していたのは、少なくとも90年代後半まで。
21世紀に入ってからは、ソフトコンタクトレンズに追い抜かれてしまったのです。

時代とともに勘違いも勃発!「ハードは水洗いOK」は大間違い!?

gankenkasui_03

さらに「ソフトは洗浄液を使わないといけないけど、ハードなら水道水でも洗えるから楽ちん!」と言う方がいます。
これは、もし今もおこなっているという方がいたら、やめることをオススメします。

「ハードコンタクトレンズの進化は停滞気味」とお話ししましたが、“コンタクトレンズの元祖”として1930年代に誕生して以降、大きく進化をしてきました。
とりわけ、1970年代に開発された酸素透過性のあるハードコンタクトレンズは、目の健康にとって大きな躍進。
レンズをかぶせる部位である角膜(俗に言う黒目)も呼吸をしており、酸素が通らないと呼吸困難のような状態を引き起こします。
角膜に酸素が通わなければ、長時間の装着が難しいだけでなく、ついには細胞が死んでしまい、目の病にもつながります。
酸素透過性レンズの開発により、このリスクが大きく軽減されたのです。

しかし酸素が通るということは、レンズに微細な穴が開いていると言うこと。
専用でない液体で洗えば、この微細な穴にも水道水の成分であるカルシウムなどが付着し、汚れの原因となります。
つまり水洗いが許されていたのは、酸素透過性レンズが一般に広まる80年代まで。
今となっては、ハードコンタクトレンズの進化の流れから取り残された“都市伝説”のようなものです。

長年の使用でまぶたが伸びる!?ハードが引き起こす『眼瞼下垂』

gankenkasui_04

目の病気や視力の矯正などに特別な事情がない限り、ハードよりも、ソフトコンタクトレンズの使用をオススメします。
なぜなら、これまでお話ししてきたこと以外に、ハードコンタクトレンズを長年、使用していると、『眼瞼下垂(がんけんかすい)』という症状を引き起こす可能性が高くなるからです。

『眼瞼下垂』とは、まぶたの上げ下げに使用する「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」という筋肉が伸びてしまい、まぶたが上がりにくい=目が十分に開きにくくなってしまう病気。
後天的な発祥の場合、ハードコンタクトレンズの使用者に多く見られます。
その理由は、コンタクトレンズによる摩擦、こすりつけられる抵抗、重力による負荷など。ソフトコンタクトレンズ使用者には、摩擦も抵抗も少ないせいか、この症状が見られることは滅多にありませんから、やはり要因は、ハードコンタクトレンズ自体にあると考えるのが自然です。

コンタクトレンズは角膜の上に“のせて”使用します。
角膜からズレないよう、緻密につくられていますが、地球上に重力がある以上、どうしても下へ、下へと引っぱられてしまう。
そこに生理現象である、まばたきが加わります。
まばたきは言うまでもなく、まぶたの上下運動ですが、ここで「重力によって下がろうとするコンタクトレンズ」と「上に上がろうとするまぶた」の間で摩擦が生じます。
すると、お互いがこすれ合うことで、少しずつ、少しずつ、まぶたの筋肉=眼瞼挙筋が伸びてしまい、「目を開くのも困難!」となってしまうのです。

人相だけじゃない!『眼瞼下垂』は手術が必要になることも

gankenkasui_05

ハードコンタクトレンズの使用による『眼瞼下垂』ですが、眼科医であれば、患者さんの顔を見ただけで、疾患を見て取れます。
まぶたが伸びる、つまりは、目にかぶさる皮膚の面積が広くなるということですが、この状況下でも、必死にまぶたを上げよう=目を開こうとすることから、眉毛がヘの字になり、おでこにシワができます。
症状が進行してくると、一般の方にも「眠そうな表情をする方だな」という印象を与えるかも知れません。

しかし人相が変わるだけなら健康には害はないものの、さらに症状が進むと、瞳孔が隠れてしまうほど、まぶたが伸びきってしまいます。
瞳孔は閉じたり開いたりによって、光として取り入れた情報を鮮明に結ぶための器官。
ここが隠れてしまえば「見る」という働きに支障を来し、手術が必要になります。

長年のハードコンタクトレンズ使用による『眼瞼下垂』の症状は、40〜50代ごろに、手術を要するにまで進行するケースが多々、見られます。
この記事をご覧のハードコンタクトレンズ使用者の方は、手術を要するようになる前に、今一度、眼科を受診されてはいかがでしょうか?

【参考】
産経ニュース−カラコンによる眼障害 酸素不足が原因、最悪失明
http://www.sankei.com/life/news/140930/lif1409300009-n1.html
gooヘルスケア−眼瞼下垂の症状と原因
http://health.goo.ne.jp/medical/10A10600
KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト−眼瞼下垂
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000195.html

1分間ですっきり!疲れ目解消のツボ

目頭と鼻の間の『睛明(せいめい)』、眉頭の『攅竹(さんちく)』、眉尻と目尻の間から親指1本分うしろのへこんだところ、こめかみのあたりには『太陽(たいよう)』の3つは目の疲れを軽減してくれるツボです。
「目が疲れたな」と感じたら、指の腹でこれらのツボをゆっくりと、5秒ずつ押してみてください!

tetrachromacy2_02
疲れ目解消のツボについて、詳しくはこちら!

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ