意外に難しい!『深視力検査』ってどんな検査なの?

ENTERTAINMENTエンタメ

意外と知らない目にまつわるトリビアや、ついつい夢中になってしまう目の錯覚動画から、
仕事の休憩時間にサクッと試せる疲れ目のケア方法、おすすめケアアイテムまで、
目に関する「へぇ〜」な情報が満載!

意外に難しい!『深視力検査』ってどんな検査なの?
トリビア

意外に難しい!『深視力検査』ってどんな検査なの?

『深視力検査』という目の検査を知っていますか?一般にはあまり知られていない検査方法ですが、運転免許の種類によっては免許取得や更新のときに必須となっている検査で、苦手とする人が多いといわれています。 深視力とはどんな検査...

詳細を見る
江戸時代の女性も眉毛を描きわけていた!お江戸のアイメイク物語
読み物

江戸時代の女性も眉毛を描きわけていた!お江戸のアイメイク物語

現代女子の目元を盛るのに欠かせないアイメイクですが、実は江戸時代の女性もアイメイクを楽しんでいました。 今のように便利なメイク道具がなかった時代、江戸っ子たちはどのような手段でメイクを行っていたのでしょうか?知られざる...

詳細を見る
ゲシュタルト崩壊に要注意!運転中に起こる錯覚を知っておこう
トリビア

ゲシュタルト崩壊に要注意!運転中に起こる錯覚を知っておこう

車の運転中にはさまざまな錯覚が起こる可能性があり、事故の原因となっていることはご存じですか? 中には、文字が正しく認識できなくなることで知られる『ゲシュタルト崩壊』も運転中に起こることがあり、注意しなければならない事象...

詳細を見る
あの名曲のタイトルにも!?ビジネスでも日常会話でも使えるちょっと粋な英語の「目」の慣用句・日常表現6選
トリビア

あの名曲のタイトルにも!?ビジネスでも日常会話でも使えるちょっと粋な英語の「目」の慣用句・日常表現6選

短くて簡単な表現だけど、覚えておくと役に立つことわざや慣用句。最適な場面で使われる気の利いた言い回しは、会話のスパイスになります。 英語を学んでいる人の中には、「基本的な単語を覚えるので精一杯…」という方も多いかもしれ...

詳細を見る
仕事帰りや週末に立ち寄ってみよう!目にご利益のあるお寺を紹介~首都圏編~
読み物

仕事帰りや週末に立ち寄ってみよう!目にご利益のあるお寺を紹介~首都圏編~

これまで全国各地の目にご利益のあるスポットをご紹介してきた目の神様シリーズ。今回は首都圏編をお送りします!都心に住んでいる方が気軽に訪れやすい場所なので、仕事帰りや週末のちょっとしたお出かけに、ぜひ足を運んでみてください...

詳細を見る
有名ハリウッド俳優も!人の顔を覚えられない『相貌失認』ってどんな病気?
読み物

有名ハリウッド俳優も!人の顔を覚えられない『相貌失認』ってどんな病気?

ビックカップルとして知られ、養子も含めて6人の子どもを持つ有名ハリウッド俳優が、2013年に『相貌失認(そうぼうしつにん)』であることを告白し、一時話題となった“人の顔を覚えられない”症状。あまり知られていない症状ですが...

詳細を見る
ウサギの視野は360°?! 肉食動物と草食動物の見え方の違いとは
読み物

ウサギの視野は360°?! 肉食動物と草食動物の見え方の違いとは

自然の中で生活する野生の動物たちは、外敵から身を守りながら、肉食動物であれば捕まえた動物、草食動物であれば自生している植物を食べながら生きています。 そこで気になるのが、「野生の動物は、一体どれくらいの範囲が見えている...

詳細を見る
渋滞って目の錯覚から起こっていたの?!目からウロコの渋滞原因とは?
読み物

渋滞って目の錯覚から起こっていたの?!目からウロコの渋滞原因とは?

車での楽しいお出かけの憎き敵といえば、渋滞です。真っ赤なブレーキランプの長い列を見ると楽しい気分も半減、思わずため息をついてしまうこともあるのではないでしょうか。 事故などの外的要因があればまだ納得できるものの、「なん...

詳細を見る
懐かしいあの名曲、『とんぼのめがね』には子どもたちへの想いが詰まっていた!
読み物

懐かしいあの名曲、『とんぼのめがね』には子どもたちへの想いが詰まっていた!

童謡『とんぼのめがね』は、おそらくほとんどの人が子どもの頃から知っている歌ですが、誰がどのような想いで作ったのかを知る人はあまりいないかもしれません。 今回は『とんぼのめがね』を作詞した額賀誠(ぬかがまこと)医師と、同...

詳細を見る
【閲覧注意】驚愕!メイクアップアーティストが放つ錯覚メイクの世界
読み物

【閲覧注意】驚愕!メイクアップアーティストが放つ錯覚メイクの世界

カナダ在住のメイクアップアーティスト、ミミ・チョイさんのインスタグラムが大きな話題を集めています。彼女が自らの顔をキャンバスとして描く錯覚メイク、その名も“イリュージョンメイク”が、とにかくスゴいのです! 教師から...

詳細を見る
  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ