• HOME
  • エンタメ
  • 目の中に入れるコンタクト!? レーシックに代わる選択肢『ICL』手術とは?
視力回復

目の中に入れるコンタクト!?
レーシックに代わる選択肢『ICL』手術とは?

目の中に入れるコンタクト!? <br />レーシックに代わる選択肢『ICL』手術とは?

日進月歩で進化を続ける視力矯正手術。

レーザーで角膜を削るレーシックやPRK手術など、視力矯正のための手術にはいくつか種類がありますが、ドライアイを引き起こすなど合併症の危険性を問われることも少なくありません。

そんな中、より安全性を高めたと言われる新しい手術が登場しました。
『ICL』手術と呼ばれる、最新の手術の詳細をご紹介します。

瞳の中に直接コンタクトレンズを挿入!?

ICL手術は『有水晶体眼内レンズ挿入術(フェイキックIOL)』と呼ばれる屈折矯正手術の一種で、ICLとは、「Implantable Collamer Lens」の略称です。HEMA(水酸化エチルメタクリレート)とコラーゲンを含む“コラマー”という特殊な素材でできた眼内レンズ(ICL)を目の中にインプラントすることでおこなわれます。

job_002
出典:Wikipedia – Implantable collamer lens

レンズの素材となるコラマーは、ソフトコンタクトレンズのように非常に軟質な素材で、極めて生体融合性の高い素材だと言われています。また、コラマー自体がマイナスの電荷を帯びており、タンパク質や細胞などの粒子を寄せ付けないため、眼球内部に挿入しても炎症が起こりにくく、眼内で長期間にわたって透明性を維持します。

そのため、長期にわたってメンテナンスの必要がなく、その特徴から“永久コンタクトレンズ”と呼ばれることもあります。

job_003
出典:CLINICA VIRGEN DE LUJAN−CIRUGÍA REFRACTIVA ICL−Lentes ICL

手術でレンズを固定する位置は、虹彩と水晶体の間にある『後房』と呼ばれる部分。黒目と白目の境界に約3mmの創口を切開し、そこから小さく折りたたんだICLを挿入するというのが手術の工程です。

ICLは眼内の水晶体を温存したままレンズを挿入するというスタイルでおこなわれるため、白内障治療で使用される眼内レンズのように、水晶体を除去する必要がありません。

このため、もし術後に問題が生じた場合でも、レンズを抜去して元の状態に戻すことができるという特徴があります。

ICL手術に危険性はないの?

目の中にレンズを埋め込むなんて聞くと、「ちょっと怖いな」と思う人もいると思います。
もちろん100%安全な手術など存在せず、まれに水晶体とレンズの干渉により白内障を引き起こす危険性などがあるようです。

また、手術器具やレンズを眼の中に直接挿入する手術であるため、細菌による感染には特に注意が必要です。この点、角膜表面への施術となるレーシックやPRK手術は、細菌に感染しても比較的対処が容易といえます。

しかしICLの場合でも、レンズの不具合などの物理的な対処については、先述のようにレンズを取り出して術前の状態に戻すことが可能です。こうしたICLの持つ“可逆性”は、大きな強みといえるでしょう。
いずれにしろ、専門医の正しい指導のもとに最適な治療法を選択することが重要と思われます。

ICLのメリットとデメリット

レーシックやPRK手術などの、エキシマレーザーを使って角膜を削る矯正手術は、角膜の強度を保持するために矯正できる近視の度数に限界がありました。
しかしICL手術ではレンズの度数のレンジが広いため、レーザー手術では適応外とされる強度近視や乱視の患者でも使用することができます。
また、レーザー手術でしばしば引き起こされるドライアイなどの合併症や、『グレア』や『ハロー』と呼ばれる、光に対する過敏性が引き起こされることもありません。

さらに、レーシックの場合は術後数年で視力が近視状態に戻る傾向が報告されていますが、ICLでは長期におよぶ安定した視力を維持できます。そして、ICLのレンズには紫外線をカットする紫外線吸着剤が含まれており、UVによる目へのダメージを軽減する効果も期待できます。

ICLが厚生労働省に認可されたのは2010年2月と比較的近年のことですが、ヨーロッパでは1992年にCEマーク(基準適合マーク)を取得したほか、2005年にはFDA(アメリカ食品医薬品局)での認可を取得。すでに60カ国を越える薬事承認を得ています。
こうした背景を受けて、近年では急速な伸びを見せているICLの使用実績。しかし近視や乱視は病気とは見なされず、保険の効かない自費診療となってしまうため、手術が高額となってしまいます。
人によっては、これが一番のデメリットになる場合もありそうです。

【参考】
インプラントで視力矯正 – ICL(アイシーエル)情報サイト
http://www.icl-info.com/recommend/
兵庫、神戸(西宮・伊丹・尼崎・芦屋・ 宝塚)大阪(梅田・豊中)から通院可能な遠谷眼科 – 有水晶体眼内レンズICLによる視力矯正
http://www.entani.com/kinshi/icl.html
草加の眼科 アイケアクリニック -屈折矯正手術(ICL)
http://www.eye-care-clinic.jp/operation-icl.html

目のテストに挑戦!

下記のカラーチャートに何種類の色が使われているか、あなたは見分けることができますか?

tetrachromacy2_02
答えはこちら!!

見えた色の数によってはもしかしたら、あなたは「4色型色覚者」かもしれません!

文/キネコ
みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 6

(年齢とともに) 最近、目が疲れやすくなったり、本や新聞を読みにくいなど目のかすみを感じることはありますか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 6

年齢による目の変化を感じるのはどのような時ですか?(複数回答可)

Loading ... Loading ...
Q3 / 6

年齢とともに、細胞活性力が衰え、涙の分泌量が低下したり、ピント調節筋が凝り固まって機能しなくなることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q4 / 6

年齢による目の機能の衰えからくる疲れやかすみ(目やにの多い時など)には、目の代謝をアップすることが大切なのをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 6

「Vアクティブ」は目(角膜)の代謝を促進し、年齢で衰える瞳の回復力を高めることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q6 / 6

老眼が始まっていると感じていますか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

(年齢とともに) 最近、目が疲れやすくなったり、本や新聞を読みにくいなど目のかすみを感じることはありますか?

  • はい
    88%
  • いいえ
    12%
Loading ... Loading ...
Q2

年齢による目の変化を感じるのはどのような時ですか?(複数回答可)

  • 本や新聞などの文字が読みにくくなった
    68%
  • 景色がぼやけるようになった
    33%
  • 目がすぐ疲れたり、常に疲れていて、なかなか回復しない
    52%
  • 夕方になると、目が乾いてしょぼしょぼする
    47%
  • PCやスマホの文字が読みづらい
    57%
  • 色が微妙に違って見えたり、鮮やかに見えない
    10%
Loading ... Loading ...
Q3

年齢とともに、細胞活性力が衰え、涙の分泌量が低下したり、ピント調節筋が凝り固まって機能しなくなることをご存知でしたか?

  • はい
    60%
  • いいえ
    40%
Loading ... Loading ...
Q4

年齢による目の機能の衰えからくる疲れやかすみ(目やにの多い時など)には、目の代謝をアップすることが大切なのをご存知でしたか?

  • はい
    27%
  • いいえ
    73%
Loading ... Loading ...
Q5

「Vアクティブ」は目(角膜)の代謝を促進し、年齢で衰える瞳の回復力を高めることをご存知でしたか?

  • はい
    8%
  • いいえ
    92%
Loading ... Loading ...
Q6

老眼が始まっていると感じていますか?

  • はい
    62%
  • いいえ
    38%
Loading ... Loading ...

ものが見えづらいのは年齢のせい?加齢による目の疲れが気になったら!

\年齢などによる疲れ目におすすめの目薬/
年齢などによる疲れ目、かすみ目なら『ロートVアクティブ』にお任せ!
年齢などによる疲れ目、かすみ目なら『ロートVアクティブ』にお任せ!
目がかすむ、ものが見えづらい…など加齢等による目の悩みには『ロートVアクティブ』が効果的!ピント調節機能や角膜の代謝促進を高める成分配合で、老後も元気に楽しみたいアクティブシニア世代におすすめの目薬です。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

“C”だけじゃなかった!?
世界の『視力検査表』にまつわるトリビア

“C”だけじゃなかった!?<br /> 世界の『視力検査表』にまつわるトリビア

なにかと目を酷使してしまいがちな現代人。メガネやコンタクトレンズなど視力補正器具のお世話になっている人も多いかと思いますが、視力検査の時に誰もが目にするのが、大きさと方向の異なる“C”が描かれた視力検査表です。
実はこの“C”マーク、正式な名称を『ランドルト環』といい、国際眼科学会で標準指標として採用されている由緒正しいデザインなのです。

でもこの視力表、世界ではちょっと事情が異なるみたいです。

1. Cの切れ目はどちらを向いていますか?

kensahyou_02
出典:Amazon – 視力表 山地式 3m

視力検査の時には、いつも聞かれるこの言葉。きっと誰もが、黒いスプーンのような器具で片目を押さえて検査を受けた経験があるはず。

この黒いスプーンのような器具、正式な名称を『遮眼子(しゃがんし)』 というのですが、遮眼子を用いた検査方法は万国共通。しかし国際基準としてのランドルト環を用いた検査表には、日本独自のバリエーションもあるようなのです。

ランドルト環と平仮名を組み合わせた『大島式』や、平仮名と数字を組み合わせた『中村式』。“双魚指標”と呼ばれる魚2匹のシルエットが平行に並んだ『山地式』など、日本独自の視力表もさまざま。このように各国ごとに異なる文字や記号を使用した視力検査表のことを、『万国式試視力表』と呼ぶそうです。

ランドルト環と双魚指標、平仮名を組み合わせたものなど、日本独特の視力表は海外から見ると奇抜なデザインに映るかもしれませんね。

2. 国際指標だけど世界標準じゃない?

kensahyou_03
出典:Snellen chart – Wikipedia

ランドルト環が国際的な標準指標として採用されたのは1909年といいますから、明治42年のこと。スイスの眼科医エドマンド・ランドルト氏によって開発されたランドルト環は、イタリアの国際眼科学会で全世界共通の標準指標として採用され、今では『国際標準ランドルト氏環』と呼ばれています。
ところが世界を見渡すと、ランドルト環を採用していない国も多く存在しています。

3. ランドルト環、実は少数派?

kensahyou_04
出典:Tumbling E Eye Chart

既述のとおり、国際的な標準指標として採用されているランドルト環。しかし、必ずしも全世界共通で使用されているわけではありません。
例えば中国で視力検査表として広く用いられているのは、ランドルト環ではなくて“E”を用いた『Eチャート』と呼ばれるもの。
古典的なラテンアルファベットを基礎とした視力表で、中国のように母国語としてアルファベットを用いない国でも多く採用されているようです。

ちなみに欧米で広く用いられているのは、複数のアルファベットを用いた『スネレン指標』と呼ばれるもの。1862年にオランダの眼科医ハーマン・スネレンによって考案されたスネレン指標は、現在も多くの国で使用されています。

4. 世界の視力検査表

kensahyou_05
出典:C.R.Williams Opticians Blog – New Year Resolution for Your Eyes

左から『Eチャート』、『ランドルト環』、『スネレン指標』です。
日本人にとって、一番見慣れているのはもちろんランドルト環ですが、ひと口に視力を測る指標といってもさまざまのバリエーションがあるのですね。

ちなみにランドルト環の形には規定があり、円の直径と円弧の幅、開いている幅の比率は5:1:1に定められているのだとか。また、かつて広く用いられていた、斜めの方向に切れ目の入ったランドルト環は、被験者が答えにくいという理由から姿を消し、現在では上下左右の角度のみが使用されるようになったそうですよ。

▼その他「視力検査」にまつわる関連記事はこちらをチェック
目の検査は『視力検査』だけじゃない! 知らなかった目に関する『○○検査』

男性向けや動物まで!思わず両目で 見たくなる『おもしろ視力表』まとめ

▼「最近物が見えにくいな…」という方、もしかしたら目の老化のせいかも?
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
Excite bit 小ネタ – 前から気になっていた視力検査の“C”にせまる
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1270439302823.html

目の辞典・治療、検査について
http://www.ocular.net/jiten/jiten013.htm

文/キネコ
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ