• HOME
  • エンタメ
  • 驚愕の視覚トリック! 何度見てもだまされる『錯視』動画5選
読み物

驚愕の視覚トリック! 何度見てもだまされる『錯視』動画5選

驚愕の視覚トリック! 何度見てもだまされる『錯視』動画5選

昔から目の錯覚を利用した『だまし絵』は数多く存在しますが、最近では眺める方向によって物体が姿を変える『立体錯視』が熱い注目を集めています。立体錯視とは、一体どのような世界なのでしょうか?

今回は動画を通じて、驚愕の立体錯視の世界をご案内します!

『【目の錯覚がスゴい!】人間の脳は簡単にダマされるVol.1』

一度は遊んだことのある方も多いであろう、ルービックキューブ。その上に数枚のコインが置かれている…と思いきや、このルービックキューブは実は立体ではなく、紙に描かれた、ただの絵だったのです! 人間の脳がいとも簡単にだまされることを証明した衝撃映像です。

『目の錯覚-錯視コレクション-Optical Illusions』

床一面にゆらめく幻想的なキャンドルの炎が、ある角度から眺めると全く違う物体が浮き上がってくるトリック映像です。こちらは特別な道具は必要なく、キャンドルの置き方を参考にするだけで自分で再現することが可能です。興味がある方はぜひお試しください。

『これは騙される!錯視GIFで硬くなった頭の体操』

3Dアニメさながらのワニが大きな瞳でこちらをギョロリと見つめている…と思ったら、板に描かれた超アナログなワニの絵だった…というオチです。タネを明かされたところで、どうして立体に見えるのかわからない摩訶不思議な映像でもあります。

『Ambiguous Cylinder Illusion』

鏡にうつすと姿がガラッと変わる『変身立体錯視』です。こちらは錯視の研究をおこなうかたわら、自らも3Dプリンタをもちいた作品を世に送り出す明治大学の杉原厚吉教授の作品です。
なんと、世界一の錯視を決めるコンテスト『2016 Best Illusion of the year Contest』で栄えある準グランプリを受賞しています。もうこれ以上の説明は不要ですね。目をこらしてご覧ください!

『[NEWS] ワイヤーや磁石などは一切不使用 目の錯覚を利用したマジック』

こちらも明治大学の杉原厚吉教授が作り出す立体錯視の世界です。玉が重力に逆らい、自由自在に坂道を登っているように見えるのですが、CGではありません。
「人間の脳は画像を認識するときに直角を優先する」という心理学的知見をたくみに利用した視覚トリックなのです。

錯視は、人間の脳が足りない情報を補おうとして失敗したときに生じる現象だといわれています。今回ご紹介した錯視動画5本はどれも秀逸です。ぜひみなさんの目と脳で実際に見て、不思議な世界を体験してみてくださいね。

▼思わず何度も見たくなるおもしろ動画はコチラ!
目が離せない!何度も騙されてしまう、目の錯覚だらけのMV
まるで芸術のよう!ハイスピードカメラが作り出す別世界の映像3選
モノクロ写真がカラーに見える! 残像を利用した『色錯覚』動画がおもしろい!
『見る』不思議を動画で体感!モノクロがカラーに見える「補色残像」
視力は鍛えられる!?動体視力トレーニング&テスト動画まとめ

▼何度見ても楽しい動画。でも、目の使い過ぎには注意!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
Ambiguous Cylinder Illusion – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=oWfFco7K9v8
【目の錯覚がスゴい!】人間の脳は簡単にダマされる Vol.1 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=n3vOnClQeh0
Kokichi Sugihara’s Homepage (Japanese)
http://home.mims.meiji.ac.jp/~sugihara/ambiguousc/ambiguouscylinderj.html?utm_content=buffer8e561&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
不可能立体の進化~脳が生み出す不条理な世界~
https://www.jst.go.jp/pdf/pc201605_sugihara.pdf#search=’%E6%9D%89%E5%8E%9F%E5%8E%9A%E5%90%89+%E5%A4%89%E8%BA%AB%E7%AB%8B%E4%BD%93′

文/深山由佳理
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

3D映像が飛び出して見えない理由「視覚」がおよぼす原因とは?

3D映像が飛び出して見えない理由「視覚」がおよぼす原因とは?

皆さんは3D映像をご覧になったことがあるでしょうか?キャラクターが目の前に飛び出してくるかのような迫力たっぷりの映像は、通常の映像では得られない臨場感がありますよね。

しかし、こうした3D映像を見ることのできない人々が少なからず存在しています。彼らは、いったいなぜ3D映像を見ることができないのでしょうか。その理由を探ってみましょう。

3D映像が見えない人たち、実はこんなにいます

映画がフィルム方式からデジタル方式に切り替わって、すでに長い年月が経過しています。現在では身近な存在となっている3D(立体)映画も、デジタル技術の普及によって大きな進化を遂げてきました。

しかし、こうした技術を体験するためには、私たちの視覚による個人差を考えないわけにはいきません。これまでにも『目ディア』で取り上げてきた“立体視”の能力にも個人差があり、3D映像を見ることのできない一部の人たちが存在しているのです。

まずは、こうした人々の意見に耳を傾けてみましょう。

いかがでしょう。3D映像を見ることのできない方には、片目が見えないことによるもの、斜視によるもの、乱視によるものなど、さまざまな理由があるようです。

なかには、左右の視力が異なるために3D映像を見ることができないという方もいました。

以前に<レンブラントが『立体盲』だったという記事>でご紹介したように、ものを立体的に見るためには「両眼視」という能力が不可欠となります。3D映像とは、この両眼視により生じた「視差(ズレ)」をスクリーンの上で再現することで立体として見せているのです。

3D映像を見ることのできない人は、約5%

3D映像_02

出典:REALITYPOO – 5.3-D Can Help Diagnose Vision Problems

原因はさまざまですが、3D映像を見ることのできない人は全体の約5%におよぶと考えられています。これは両眼視困難者の絶対数を表すデータではないので注意が必要ですが、マーケティングという意味では無視できない数字ということができるでしょう。

ではなぜ、これらの人々は3D映像を楽しむことができないのでしょうか?すでにいくつかの実例を紹介していますが、その理由を視覚に限定すると、大きく分けて以下のようなものが考えられます。

・不同視(左右の目で視力が大きく異なること)
・斜視
・強度の乱視
・利き目の偏りが大きい
・片目の視力喪失

私事になりますが、筆者も眼振(眼球振盪 がんきゅうしんとう)という症状を抱えているため、立体視に関してはいささかの障害を感じることが少なくありません。その他にも、映像酔いが激しいなど、生理的に3D映像を楽しめない人の存在も考えられるでしょう。

また、一口に3D映像といっても、「偏光フィルター方式」や「干渉フィルター方式」、「液晶シャッター方式」など複数の種類があります。3D映像を見ることができない人の中には、特定の方式との相性が悪い方もいるかもしれません。

しかし、こうした人の中には、トレーニングにより3D映像を見ることができるようになる可能性も考えられます。どうしても3D映像を楽しみたい方は、眼科でご相談されることを検討されてはいかがでしょうか?

▼3Dや立体視についてなら、こんなコラムもご参考に!
迫力満点!大人気の『3D映画』 映像が立体的に見える仕組みとは?
鉛筆だけで描いた絵が飛び出す!? 永井秀幸の3Dトリックアートがすごい!
視力回復、老眼改善!画像と動画で『立体視トレーニング』に挑戦
早めの気づきと治療が大切! あらためて知りたい『斜視』について
近年、子どもたちにも急増中!? 左右に視力差がある『不同視』とは?

▼画像や映像を見ていると、目が乾く?
目のトラブルについて~ドライアイ~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
Wikipedia – 立体映画
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E4%BD%93%E6%98%A0%E7%94%BB
Topa-z – 3D映像が立体に見えない?
http://bjns.blog113.fc2.com/blog-entry-36.html

文/キネコ
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ