• HOME
  • エンタメ
  • 知っていますか?『涙』の正体!『涙』にまつわる4つのトリビア
トリビア

知っていますか?『涙』の正体!
『涙』にまつわる4つのトリビア

知っていますか?『涙』の正体!<br />『涙』にまつわる4つのトリビア

うれしいことや悲しいことがあったとき、あくびをしたとき……、さまざまな理由で流れてくる『涙』。そもそも、どんな成分でできているのでしょう?知っているようで知らない、涙のトリビアをご紹介します!

『涙』は血液でできている!?

namida_02

まず初めに、『涙』の正体についてお話します。涙とは…、

“涙腺内の毛細血管から得た血液から血球を除き、液体成分のみをとりだしたもの”

出典:Wikipedia−涙

つまり、血液とほぼ同じ成分でできているんです!血球は赤い色を持つ成分なので、もしこれが取り除かれなければ、血液と同じ色の液体が目からあふれ出るということに!ちょっと怖いですね。

『涙』がしょっぱい理由とは?

また、涙は口にはいるとしょっぱい味がしますが、これは涙に含まれているナトリウムの味です。食塩は塩化ナトリウムという成分からできているということからわかるように、涙のしょっぱい味はこの成分が要因となっています。

一年間の『涙』の量はビール缶1本分ほど

感情を伴って流す涙ではなく、純粋に分泌されている涙の量は、一年間に多くてビール缶1本分程度なのだそうです。意識しなくとも起きている間、涙は常に少量ずつ分泌されていて、目頭にある穴=涙点に吸い込まれ、鼻涙管(びるいかん)というパイプを通り鼻の方へと流れています。
常時分泌されている涙の量は大人で0.5~1ml、子どもで約1.5mlなのだそうです。しかし、当然のことながら感情を伴って分泌される涙はこれよりずっと多くなります。鼻へ流すだけでは追いつかなくなって、目から溢れ出てしまうのです。

泣いたときに目にハンカチを当てるのは日本人の特徴!?

日本人と欧米人では泣き方が違うのをご存知ですか?
涙が出るとき、日本人は目にハンカチを当てます。これは、日本人は目と鼻をつなぐ鼻涙管が細いために、鼻に流しきれない涙が目からあふれるためです。
しかし欧米人は、鼻にハンカチを当てる人が多いようです。欧米人は日本人に比べて鼻涙管が太く、大量の涙が鼻へ流れ出るため、泣くときには鼻にハンカチを当てる、ということになるのです。

いかがでしたか?仕組みを聞けば納得『涙』のトリビア。知ってみるとおもしろいことが多いですよね!

【参考】
Wikipedia‐涙

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%99

ROTHO-なみだの正体

http://www.rclub2.rohto.co.jp/clinic/dryeye/namida.htm

文/矢野はな
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

トリビア

ペットたちが見ているのはどんな世界?おどろきの視力と動体視力を解明してみた

ペットたちが見ているのはどんな世界?おどろきの視力と動体視力を解明してみた

ペットとして家族の一員になって、私たちの身近にいる犬や猫たち。しかし、彼らの見ている世界が人間とはだいぶ違うことをご存知でしょうか?

今回は、犬猫たちの驚くべき視力動体視力についてまとめました!

犬も猫も視力はよくない

動物たちの視力や動体視力_02

人間とくらべると、基本的に犬も猫も視力は悪いです。昼間の場合、犬は人間の視力でいうと0.2~0.3程度、猫は0.1~0.2程度しかありません。人間ならメガネやコンタクトレンズが必須になる視力ですよね。

また、犬はだいたい30cm~1mくらいまでの距離ならハッキリ見えますが、10m離れると飼い主の顔がもはや判断できなくなります。逆に近づきすぎてもよく見えません。これは、ピントを調節する筋肉が発達していないためです。

ただし犬種によっては、遠視で遠くまでよく見える目を持っています。猟犬としての歴史があるアフガンハウンド、グレイハウンド、ボルゾイなどのハウンド系はこの傾向が強いようです。

猫も近すぎるとピントが合わせにくく、最もよく見えるのは2m~6mの距離です。ただし、8~10mくらいまでなら人間の顔を識別できる高い能力があります。

犬猫の視野は人間の2倍!

動物たちの視力や動体視力_03

犬や猫の目はピント調節能力は低いのですが、そのぶん視野が広くなっています

一般的に人間の視野が約100~180度なのに対して、犬は約200~280度、猫は約250~280度。獲物や外敵をすばやく察知できるように、こうした構造になっているようです。

ただし、犬は“立体視野”という両目での視野が狭いので、距離感を把握したりものを立体的に見たりする能力は高くありません。つまり、人間が正面からハッキリと立体的に見えているものでも、犬にはぼんやりとしか見えていない可能性があります。猫は人間と同じくらいです。

猫は暗闇に強い!

動物たちの視力や動体視力_04

猫は基本的に夜行性ですし、意外と犬も、もともとは夜行性でした。そのため、暗い場所で最もよく目が見えるようにできています。犬は人間の3分の1、猫はなんと6分の1の光で、ものを見ることができるそうです。

なぜかというと、犬や猫の目には人間にはない“タペタム”という反射板があり、目に入った光を約2倍に増幅できるのです。構造としては、懐中電灯に似ています。暗い場所で犬猫などの動物の目が光って見えたり、写真を撮ると目が黄緑色にうつるのは、このタペタムの反射が原因です。

暗いところでも目がよく見える「タペタム」をもつ生き物特集!

犬猫の動体視力はハンパない!

動物たちの視力や動体視力_05

犬や猫は、動体視力が非常に優れています。どのくらいかというと、人間の約4倍! これはもともと獲物をハントするときに役立っていた能力で、遠くですばやく動く生き物を発見することはとても得意です。ただし、静止しているものはよく見えません

犬種によっては、もっと遠くのものを見ることができます。ハウンド系は特に優れていて、警察犬による実験では、900m離れた場所で動くものを見分けたという報告もあります。

犬や猫は視覚にそこまで頼っていない

動物たちの視力や動体視力_06

犬猫たちの目は「視野が広くて、暗闇や動いているものには強い」ということはわかったけれど、基本的な視力がこんなに悪くて大丈夫なの? と思うかもしれません。

でも、心配はご無用。犬や猫はその他の感覚器官が発達しているので、そもそも人間ほど“視覚に頼っていない”のです。

一般に、日常生活での犬の五感の利用率は、嗅覚40%、聴覚30%、視覚20%、味触覚10%程度だとされています。猫は嗅覚20%、聴覚40%、視覚20%、味触覚20%程度だそう。

これに対して、人間は視覚が80%以上とされています。つまり、私たちが思っているほど、犬や猫にとって“見えない”ことは問題じゃないわけですね。

いかがでしたか? 犬や猫たちの視覚は、私たち人間とは全然違います。彼らの感覚を想像してみると、日常の世界がちょっと新鮮に見えるかもしれませんね。

▼動物の“目”についてもっと知りたい方はこちら!
ペットにはどう見えている!? 人間と動物の見え方の違を探ってみた!
体の大きさよりも走る速度に由来!? 哺乳類の“目のサイズ”の秘密
オランウータンとヒトの目は似ている? 共通点は “コミュニケーション”のとり方にあった!
「目」を見れば、肉食か草食かわかる? 実はこんなに違う“動物の瞳”
ただのオシャレじゃない!? 競走馬が目隠しをする理由について

▼見え方に違和感があったら要注意!
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
◯◯メートル先の生き物を捉える!犬の動体視力に驚き!テレビはコマ送りに見える?|PETOMO
http://petomo.net/I0000306/&page=0
犬猫の視覚について|神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院
http://www.kobe-flanders.com/column/column2.php
ハンターなのにド近眼で視力が悪い…猫目線で見る世界がおもしろい!|NAVERまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2141808722713818201
犬の視力はどのくらい?夜でも見えてるの?|animal-world
http://wan-world.info/archives/998.html

文/本間佳苗
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ