• HOME
  • エンタメ
  • 【目の保養にいかが?】キレイな景色が見られる おすすめスポット「国内編」
アイケア

【目の保養にいかが?】キレイな景色が見られる おすすめスポット「国内編」

【目の保養にいかが?】キレイな景色が見られる おすすめスポット「国内編」

春を迎えGWとなりましたが、もうすぐ夏休みもやってきます!お出かけが楽しい季節になってきましたね。

そこで今回は、景色のキレイなスポットをご紹介します。おすすめスポット紹介の第1弾は国内の大自然です。

忙しい日常で疲れている心も目もリフレッシュできる絶景スポットをまとめました。夏のお出かけの参考にしてみてください!

眺めるだけでリラックスできる海

国内絶景スポット_02

暑くなるこれからの季節、海に出かける機会も増えてきます。ジャブジャブ入って楽しむアクティビティーもいいですが、海辺に座ってボ~っと眺めるリラックスタイムにしてみませんか?見ているだけでも楽しめる、キレイな海をご紹介します。

●米原ビーチ/石垣島(沖縄県)

海、といえば沖縄は外せません。沖縄ならどこのビーチも本州で見られる海よりもキレイですが、石垣島の米原ビーチは遊泳禁止の「目の保養」に最適なビーチです。カラフルな熱帯魚も間近に見られる米原ビーチなら、のんびりと夏を過ごせます。

●二ツ亀/佐渡ヶ島(新潟県)

日本海にも絶景スポットはあります。新潟港からフェリーに乗れば約2時間半で到着する佐渡ヶ島の「二ツ亀」は、亀が2匹並んでいるような離島が目印のビーチです。透明度の高い海と離島までの浜が潮の満ち引きによって現れたり海に潜ったりする様子が見どころ!

夏は山登りの季節!高原でハイキングも気持ちいい

国内絶景スポット_03

夏は登山もハイシーズン。富士山を初めこの時期にしか登れない山もあります。頂上から見える景色はどの山も絶景ではありますが、特に押さえておきたい山とハイキングにおすすめの高原をご紹介します。

●大台ケ原/奈良県・三重県・和歌山県

奈良・三重・和歌山の3県にまたがる大台ケ原は標高1,694mと初心者向けの山です。コースも2つあり、途中にも絶景を拝めるスポットがたくさんあるため、景色を堪能したい方向けの山です。天気がよければ、頂上から富士山が見えることもあるので、天気予報をチェックしてから出かけるのがポイントです。

●大河原高原/徳島県

風車と牛の放牧の様子が一度に見られる高原です。120ヘクタールもの面積があり、緩やかな傾斜のついた高原なので、どこまでも広がる景色を楽しめます。アジサイの咲く7月が1番の見頃ですが、緑が広がる春から夏にかけてはいつ行ってもキレイな景色を眺められます。

ロマンチックな「夕陽」やプラネタリウムのような「星空」

国内絶景スポット_04

夕陽や星……夏は空を見上げるにもピッタリの季節です。時間帯を合わせて、ステキな空の景色を見に行きましょう。

●島根県立美術館/島根県

夕陽100選にも選ばれている島根県の美術館から見える夕陽です。美術館の閉館時間も日の入りに合わせて日没後30分となっているため、ゆっくり夕陽を眺められます。美術館でアートに触れたあとで、大自然の絶景を見られる……夢のような空間です。

国内絶景スポット_05

●ひろのまきば天文台/岩手県

星空教室というイベントも開催されている『ひろのまきば天文台』。一度見たら忘れられないほどの美しさです。夏なら気軽に夜のお出かけも楽しめるので、足を運んでみませんか。

海に山に星空に……。もうすぐやってくる夏は景色を楽しむのにもピッタリの季節です。せっかくお出かけするなら、大自然の絶景スポットに行って、景色も堪能しましょう!

(※写真はすべてイメージです。ご紹介したスポットの写真ではございませんので、ご了承ください。)

▼目の保養になる写真はこちらでもご紹介しています。
疲れた心と目の保養に! 幻想的で美しい『オーロラ』写真館

▼夏のお出かけは目のケアも必須です。
その“常識”で大丈夫!?確認必須の紫外線危険度グラフ(ロート製薬 商品情報サイト)
日焼けならぬ「目やけ」から瞳を守る!夏の紫外線には目薬で“瞳のUVケア”
紫外線から目を守れ!今春のトレンドアイテム『サングラス』の選び方

【参考】
この夏行ってみたい!国内絶景ビーチスポット10選 | smartrip [スマートリップ]
http://smartrip.jp/matome/1777.html
関西の秘境、奈良・大台ケ原の山頂からは天気がよければ富士山も!登山道も整備され、ハイキングに最適♪ | 奈良県 | トラベルjp<たびねす>
http://guide.travel.co.jp/article/1504/
ハイジのような風景が国内にも!日本にある壮大な絶景高原5選 | RETRIP[リトリップ]
https://retrip.jp/articles/3815/
島根県立美術館で味わうアートと自然の絶景!ココロと目に保養を♪ – Find Travel
http://find-travel.jp/article/24893
ひろのまきば天文台
http://www.ohnocampus.jp/tenmondai/

文/土屋菜々
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

眼精疲労

日本人は温泉好き!GWに行きたい 全国『目にいい温泉』ガイド

日本人は温泉好き!GWに行きたい 全国『目にいい温泉』ガイド

5月の大型連休が近付いてきましたが、レジャー先はもう決まっていますか?もしあなたが「毎日の疲れを癒す旅行を……」と考えているなら、『目にいい温泉』巡りはいかがでしょう。

日本には、目の湯治にいいとされる温泉はあちこちにあるんですよ!そこで今回は、日本『三大目にいい湯』を中心に、数々の名湯をご紹介します。

ここは押さえておきたい!日本三大『目にいい湯』とは?

全国の中でも、三本の指に入る“目にいい”といわれる名湯とその由来、そしておすすめの入浴法をまとめてみました。

【1】姥子温泉(うばこおんせん)

目にいい温泉_02

標高885m、「姥子の森」の中にたたずむ姥子温泉。場所は、神奈川県足柄下郡箱根町にあります。

こちらはあの日本昔話で有名な「金太郎」のモデルともなった坂田金時が枝で目をつきケガをしたときに、姥がお告げを受けて見つけたこの温泉で目が回復したという伝説が残っているそうです。以来「姥子の湯」として眼病湯治の湯として知られています。

箱根温泉郷を構成する温泉のひとつで、「姥子温泉秀明館」という湯治場で楽しむことができます。

【入浴ポイント】
お湯で目を洗うと眼病が治るという言い伝えがあるため、こちらの温泉で目を洗う湯治客も多いそうです。他にも婦人病、胃腸、腰痛や肩こりにも効能があります。

【2】微温湯温泉(ぬるゆおんせん)

福島県福島市桜本字温湯にあります。標高920mに位置する趣のある一軒宿の旅館「二階堂」で入湯できます。

溶岩流の下から湧き出る源泉は、眼病によく効くと江戸時代から目の温泉として知られているそうです。こちらは温泉名に“ぬる湯”ともあるように、温度も31~32度と低いことが特徴です。

【入浴ポイント】
殺菌効果の強い“みょうばん成分”が含まれているため、長時間入浴することで白内障や結膜炎などの眼病に効くといわれています。また、このお湯で目を洗うことで、眼精疲労やドライアイにも効果的だそうです。

【3】貝掛温泉(かいかけおんせん)

新潟県南魚沼郡湯沢町三俣にあります。鎌倉時代から続く歴史ある温泉のひとつです。

こちらが目の温泉として知られるようになったのは江戸時代から。「貝掛に温泉ありて、この湯少し塩味ありて清し、寒中はぬるくして入り難く。目を患う者多く来りて浴し候」と書かれた当時の文献も残っており、広く庶民に親しまれてきたそうです。

明治時代には、「快眼水」という目薬を一般販売していたこともあったそうですよ。

【入浴ポイント】
こちらの湯は、眼科で洗眼をするときに使用される殺菌効果のある“メタホウ酸”が主な成分です。37度とややぬるめのお湯に長湯することで体内に吸収されやすくなり、白内障やドライアイ、眼精疲労などの眼病に効果があるともいわれています。

まだまだあります、目にいい温泉

目にいい温泉_03

他にも『目の湯』やと呼ばれる名湯は全国にあります。有名なものだけでも、

・古来より目にいいとされる霧島最古の岩風呂・霧島温泉郷「目の湯」(鹿児島県)
・目に傷を負った小鳥が湧き出る湯で癒したことから「目之湯」と名付けられた浅間温泉「目之湯旅館」(長野県)
・南部藩の家臣が刀傷がもとで患っていた眼病を温泉水で目を洗って治癒したといわれる、登別温泉の「目の湯」から引湯された夢元さぎり湯(北海道)

などが挙げられます。

いかがでしたか?せっかくの大型連休、目にいい温泉湯治ツアーの計画を立てても楽しいかもしれませんね!

▼疲れ目やドライアイが気になる方はこちらもチェック!
目のトラブルについて(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
わかさ生活 わかさの広場‐全国 目のご利益スポット
http://www.wakasa.jp/hiroba/spot/

文/よしだみすず
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ