• HOME
  • エンタメ
  • ちょっと見え過ぎ!?世界の透視技術はここまで進んでいた!
読み物

ちょっと見え過ぎ!?世界の透視技術はここまで進んでいた!

ちょっと見え過ぎ!?世界の透視技術はここまで進んでいた!

Photo by Tedathin1

壁の向こうを透視する、本を開かずに読める――そんなSF作品のようなことが、現実になろうとしています。最新の科学技術によって、おどろくほど進化している“透視”の世界。

今回は、最新の透視技術についてくわしくご紹介しましょう!

宇宙線でピラミッドや火山を透視する?“ミュオグラフィ”とは

透視技術_02

最初にご紹介するのは“ミュオグラフィ”という透視技術です。これは、健康診断などでもおなじみのレントゲン撮影と同じ原理といえばわかりやすいでしょう。

レントゲン撮影はX線という人工の放射線を使いますが、ミュオグラフィは、宇宙線の一種である“ミュー粒子”を使います。X線の透過力が人体の大きさ程度であるのに対して、ミュー粒子は非常に透過力が高いのが特徴です。

この技術は、1960年代末にすでに実用化されています。ノーベル賞も受賞しているアメリカの物理学者が、ピラミッドの内部を調査するためにミュオグラフィを使ったのです。

このときの調査では期待したほどの成果は得られませんでしたが、その後も火山の内部構造の研究などに使われ、2000年代には日本が世界で初めて火山内部の透視に成功しました。最近では、福島第1原発事故で溶けた核燃料を調べるのにも使われています。

透視技術_03
出典:archaeology

2015年にはエジプト考古省が、この透視技術を使ってピラミッドの内部調査に乗り出すことを発表しました。対象となるのは、ギザにある世界最大のクフ王のピラミッドなどです。

具体的には、ピラミッド内部のすでに見つかっている空間に特殊なフィルムを置き、粒子の痕跡を解析することで未知の部屋を探し出そうという試みです。これには日本の最新デジタル技術が採用され、日本、フランス、カナダの研究チームが共同で調査にあたるそうです。

最新の透視技術によって、古代の謎が明らかになる日も近いかもしれませんね!

本を開かずに中身が読める! MITが開発した透視技術って?

透視技術_04

先端技術研究で世界をリードするアメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)は2016年9月に、「本を開かなくても中身が読める」という透視技術を発表しました。まるで超能力のようですが、いったいどんな仕組みなのでしょうか?

MITメディア・ラボによると、閉じた本に“テラヘルツ波”という電磁波を透過することで、本を開くことなく読み取ることができるのだそうです。MITでは10年前すでにテラヘルツ波を使って“封筒の中の文字を透視する”技術を開発していました。今回の新技術は、そこからさらにページ奥深くにある文字を読み取ることに挑戦したのです。

透視のステップは次の4つに分かれます。

(1)テラヘルツ波を本に透過させる。
(2)“タイムレゾリューション”と呼ばれる、異なるページで電磁波が反射するときに生じるわずかな時差を検出。さらに“フェント・フォトグラフィー”と呼ばれる超高速の撮影技術により、1兆分の1秒の頻度で物体を撮影する。
(3)文字と紙を識別する。
(4)前後のページで重なりあった文字を識別する。

透視技術_05
出典:Camera Culture

このようにして、最大9ページまでの本なら、開くことなく読み取ることに成功したそうです。この透視技術を使えば、損壊の危険があって開くことができない貴重な古い文献も、本を開かずに読むことが可能になります。文化財保存のためにも文献の研究のためにも、たいへん役立つ技術といえるでしょう。

ロシアでは“ドップラー効果”を応用して壁を透視!?

透視技術_06

ロシアの技術企業『EMIIA』は、最大で50メートル離れたところから壁を通して物体の動きをスキャンできる透視技術を開発したと発表しました。

『イモノクリ(#emonocle)』と名づけられたこのシステムは、物体が動くと無線波が変わるという“ドップラー効果”を利用しています。

開発者によれば、この技術は軍事・民間の両方で実用化することを想定しているそうですが、一番の開発目的は“人命救助”だといいます。例えば、がれきの下にいる人を捜索するときに使ったり、ガス漏れ、温度、あらゆる動きなどを察知できるため留守宅の警備に使ったりできるそうです。

現在はさらに、30~50m離れたところから壁を透視して動きをスキャンする、『グーグルグラス』のような特殊なメガネの開発を進めています。

いかがでしたか? こうして透視技術が進歩してきた背景には、“見えないものを見たい”という私たち人間の欲求があるのかもしれませんね。その気持ちがある限り、技術はますます進化していくことでしょう。

▼最新のテクノロジーと目の関係についてはこんな記事も!
目が見えなくても画面が「見える」?進化する人工知能と視覚の世界がすごい!
見えない目に光をともす 人工眼『バイオニック・アイ』が未来的すぎる
スマホを見るだけでロック解除!? 目で個人を識別する『虹彩認識』
まるでSFの世界! 3Dプリンターでハイテク義眼を印刷するプロジェクト
まるで映画の世界!ここまで進化している最新コンタクトレンズ事情

▼便利なハイテク機器、でも使い過ぎにはご用心!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
ピラミッドの謎、宇宙線で解明へ|毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20151027/ddm/012/030/052000c
ミュオグラフィとは――歴史の謎を解き明かす透視技術|PHPオンライン衆知
http://shuchi.php.co.jp/article/2811?
本を開くことなく中身を読む技術をMITが開発|Gigazine
http://gigazine.net/news/20160914-reading-through-closed-book/
Can computers read through a book page by page without opening it?|MIT Media Lab
http://cameraculture.media.mit.edu/can-computers-read-through-closed-books/
壁の透視技術クリミアで開発|ロシアNOW
http://jp.rbth.com/science/2015/10/28/534661

文/本間佳苗
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

UVケア

ドライブに活用してる?サンバイザーのカスタム方法と超ハイテクなサンバイザーのご紹介!

ドライブに活用してる?サンバイザーのカスタム方法と超ハイテクなサンバイザーのご紹介!

出典:My Material Obsession – See Through Sun Visor – Glare Vis’r Sun Shield

たのしいドライブの時、突然、前方から差し込んでくる眩しい日差し。時に視界をさえぎってしまう日の光は、事故につながることだってありえます。そんな時に役立つのが、車のサンバイザーです。どの車にも備えられているものですが、上手に活用すると、とても便利なアイテムなんです。

そこで今回は、これからの季節に役立つサンバイザーのカスタム方法に合わせて、周囲の明るさでプレートの色を変えるハイテクなサンバイザーをご紹介します。

日差し対策以外にもこんなに便利!サンバイザーをカスタマイズしよう!

車のサンバイザーは、どんな車にもフロントガラスの上部に装備されていますが、意外と上手に活用している人は少ないものです。中にはサンバイザーを跳ね上げたまま、通行券や領収書をはさむだけのクリップになっている人もいますよね。

でも本来のサンバイザーの役割は、強い日差しからドライバーの視界を守るためのもの。上下方向はもとより、留め具を外すことで横方向にも動かすことのできるサンバイザーは、夏のドライブには強い味方になってくれます。

しかしこのサンバイザーも、少しの工夫を加えることで、単なる日差しよけから車内に彩りを加える便利グッズへ早変わりするんです。

陽射し対策の車のサンバイザー アウトドアにも_02
出典:Amazon

まずは、サンバイザーに専用のクリップで取り付ける、サングラスホルダーをご紹介します。サンバイザーの本来の役割は日差しよけですが、そもそもサンバイザーだけでは全ての角度の日差しをさえぎることはできません。

そういう時に必要になるのが、サングラスです。サングラスとサンバイザーを同時に活用することで、夏の強い日差しから、より適切に目を守ることができます。

陽射し対策の車のサンバイザー アウトドアにも_03
出典:Amazon

次はサンバイザーに多機能な収納ケースを追加してみましょう。車内には色んな小物が常備されていたりして、つい乱雑になりがちです。でもこうしたポケットをサンバイザーに追加するだけで、ペンやカード類などが整理され、いつものドライブが、より快適なものになりますよ。

サンバイザー用の収納ケースには、さまざまな種類が発売されています。女性にはコスメを収納できるタイプなどもおすすめです。バイザー裏のバニティミラーを活用することで、いつものお化粧直しがもっと楽しくなるかも?

陽射し対策の車のサンバイザー アウトドアにも_04
出典:Amazon

続いてご紹介するのは、サンバイザーにスマホをセットすることのできるクリップ式のホルダーです。今や生活と切り離せなくなったスマートフォンですが、ドライブ中の通話は危険をともないますよね。

しかし、こうしたアイテムを使用することで、その危険を軽減させることにもつながります。また個人的におすすめしたいのが、カーナビゲーションアプリとの併用です。なんといってもナビゲーション画面を目の前にセッティングできるため、運転時に視線をそらす必要がなく、とても合理的に使用することができます。

いかがでしょうか?味気ない純正のサンバイザーでも少しの工夫を加えることで、より便利なアイテムへと様変わりします。ご紹介した商品はほんの一例ですから、目的に応じてさまざまなアイデアをこらしてみるのも楽しいですよ。

日差しの強さで色が変化?超ハイテクなサンバイザー

最後に、世界初の自動調光機能付きサンバイザー『オートサンバイザー2』をご紹介します。『オートサンバイザー2』は周囲の明るさに応じて光センサーが反応し、液晶スクリーンの透過度を変化させるというハイテクなサンバイザーなんです。

スモークフィルムを被覆しただけの偏光サンバイザーの場合、暗いトンネルに入った時には手で跳ね上げる必要がありますが、『オートサンバイザー2』ではその必要がありません。光センサーが急激な明るさの変化にも瞬時に反応し、スクリーンの濃淡を調整することで、クリアで安全な視界を確保することができます。

マハロー オート サンバイザー2 動画ガイド 全天候昼夜対応 カーバイザー

動画で見られるように、『オートサンバイザー2』の調光システムのレスポンスは極めて速く、光センサーの反応の遅さにわずらわされることなく快適なドライブをおこなうことができます。

サングラスを使用する場合でも、トンネルに入った時などはグラスをずらす必要が生じることが少なくありませんから、そうしたわずらわしさから解放されることは、オートサンバイザーの大きな強みです。

『オートサンバイザー2』は、カナダのE-Shades社が開発した技術で、日本では販売代理店のマハローを通じてインターネットでも購入することができます。強い日差しを見続けることは「目」にも良い影響を与えませんから、太陽光線とうまく付き合うことで快適なドライブを楽しみたいものですね。

▼ドライバーなら読んでおきたい、自動車に関する記事はコチラ!
車の運転に大事な動体視力!筋トレで鍛えることも可能!?
「死角」に注意!たのしいドライブ中に気をつけるべき、運転時のポイント
乗り物酔いは「目」から起こる? 酔いと視覚の関係を調べてみた
目が悪いと取得できない!? 一定の視力が不可欠の資格まとめ
頼りすぎには要注意!! 知っていますか?あなたの“利き目”

【参考】
MAHARO – GLOBAL
http://auto-sunvisor.com/global/
マハロー オート サンバイザー2 動画ガイド 全天候昼夜対応 カーバイザー
https://youtu.be/1s1ImBowccE

文/キネコ
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ