• HOME
  • エンタメ
  • 人は食べ物を『目』で味わっている!? 食欲を刺激する、視覚の重要な役割とは?
読み物

人は食べ物を『目』で味わっている!? 食欲を刺激する、視覚の重要な役割とは?

人は食べ物を『目』で味わっている!? 食欲を刺激する、視覚の重要な役割とは?

生活のみならず、生きていく上で欠かすことのできない“食事”という行為。
みなさんも好きな食品や苦手な食品があるかと思いますが、人は味覚だけではなく、視覚でも料理を味わっています。
実は味覚さえ左右するという、料理や食品の色彩。今回は『目』で味わう、料理の謎にせまってみました。

料理は視覚で味わう!?

近年、ユネスコの無形文化遺産に登録されたことでも話題を呼んだ日本料理ですが、実は味覚と同じか、それ以上に“視覚で味わう料理”とされています。
例えば「日本料理は目で味わう」、「フランス料理は鼻で味わう」、「中国料理は舌で味わう」なんて表現されることもありますよね。
私たち日本人は、伝統的に料理を視覚で楽しむという行為に親しんできました。
野菜に現れる鮮やかな緑、熟れた果物の赤、新鮮な魚介類のつやつやとした光沢…。どれも食欲を刺激するものですが、食材の色は鮮度や熟度、品質劣化などを視覚的に判断する大きな要素にもなっています。

野菜を買うときに選択基準となるのは「色」

ajiwau_02

ある調査では、ほうれん草を購入するときに何を選択の基準とするかという質問に対し、「色」と答えた人が半数以上いるという結果が示されました。

ほうれん草などに見られる緑色は“クロロフィル(葉緑素)”により現れる色素で、クロロフィルは光合成の明反応で光を吸収する役割をもっています。いわゆる光合成をおこなう化学物質ですが、実際にクロロフィルの色が濃いほうれん草ほど、ビタミンCやカロテンといった栄養素が多く含有されていることがわかっています。

また“カロテン”は、にんじんを始めとした野菜や果物のオレンジ色の主成分でもあり、こうした視覚による食材の判断が、栄養学的にも正しいものであることがわかっています。

料理を彩る額縁、それは食器

ajiwau_03

食欲を刺激する食材の色はもちろん大切ですが、料理にはそれを彩る食器も重要。
特に和食で用いられる漆の朱や黒、灰釉(かいゆう)に現れる淡青、淡青緑、乳白色やネズミ色などの色は、西洋の食器には見られない日本独特の色なのです。

黒い食器には食材の色を際立たせる効果がありますし、縁起色とされる赤には食欲を亢進させる効果があります。

一般的に食欲を刺激する色彩とされているのは、赤やオレンジなどの暖色系の色。逆に青などの寒色系の色は、食欲を減退させる効果があるとされています。
これはカラーマーケティングの現場でも使用される効果で、暖色系の色を『進出色』、寒色系の色を『後退色』と称したりもします。
あなたは下の写真を見て、どのカレーライスが美味しそうに感じるでしょうか?

ajiwau_04
出典:ColoRhythm♪カラリズム -食に活かす色彩 -おいしさの秘密-

アンケートによると、赤や黄色の暖色系を選んだ人がもっとも多く、逆に青や紫などの寒色系を選んだ人はかなり少なかったそうです。これも視覚が食欲におよぼす影響をあらわしています。

食材はまさに色彩の宝庫!

ajiwau_05

緑の色素であるクロロフィルのほかにも、黄色や赤の色素である“カロテノイド”、白や黄褐色の色素である“フラボノイド”など、植物を彩る色素もさまざまです。また、抗酸化物質として知られるアントシアニンやポリフェノールなど、色彩は植物の栄養成分の生成にも大きく影響しています。

そのほか、甲殻類の殻や、それらをエサにするマダイの体表、サケ科の魚類の赤身などに見られる“アスタキサンチン”は高い抗酸化作用を持つことでも知られ、光による障害から目を保護するともいわれています。そして牛や豚などの食肉の赤い色は、色素タンパク質である“ミオグロビン”が現れたものです。

ajiwau_06

出典:ニッスイ企業情報サイト – ヒトは目で味わう

こうした食品の色は、さまざまな栄養素となって私たちの体に影響をおよぼす一方、食材の鮮度や味わいを見分ける指標の1つとしても、きわめて重要な役割をもっています。
事実、食事のときに働く五感の割合は視覚がもっとも高く、一説にはその割合は80%から90%にまで及ぶというのですから驚かされます。

目を閉じて食事をすると食材を正確に言い当てることすら困難で、私たちの脳はまず視覚情報により食べ物を認識し、過去の食事経験から味を予測、体内でホルモンの分泌や消化酵素の準備をおこなうといったルーチンを経ながら、「いざ食べよう!」という味わいモードに突入するというわけです。

まさに私たちは、「料理を目で食べている」といっても過言ではないのですね。

【参考】
ニッスイ企業情報サイト – ヒトは目で味わう
http://www.nissui.co.jp/academy/taste/11/index.html
兵庫栄養調理製菓専門学校 – 料理は目で食べている?
http://www.hyoei.ac.jp/library/nadeshiko/198.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

“見ない”で描いた絵がスゴイ!全盲の画家ジョン・ブランブリット氏のおどろくべき才能

“見ない”で描いた絵がスゴイ!全盲の画家ジョン・ブランブリット氏のおどろくべき才能

出典:boredpanda

色鮮やかで迫力あるこの絵。実は、全く目の見えないアーティストによる作品なのです! 対象を“見ない”で、どうやってこんなにすばらしい絵を描けるのでしょうか?

今回は、全盲の画家ジョン・ブランブリット氏をご紹介します。

失明してから画家としての活動をスタート

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_02
出典:Little Things

アメリカ・テキサス州のジョン・ブランブリット氏は、幼い頃から絵を描くことが大好きな少年でした。しかし、幼少期からてんかんの持病があり、発作に苦しんでいたそうです。

29歳のとき、てんかんの合併症で視力を失いはじめ、ついには全盲となります。そして、その頃から画家としての活動をスタートしました。

希望を失いかけていたブランブリット氏を救ったのが、幼い頃から親しんできた「絵を描くこと」だったのです。

対象や絵の具に“触れた感覚”で描く

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_03
出典:Little Things

全盲のブランブリット氏は、対象となるものの輪郭や色や明暗を実際に“見る”ことはできません。しかし、上の絵のように、実際の人物の肖像画を描くこともできます。いったいどうやって描いているのでしょうか?

ポイントは“触覚”です。

ブランブリット氏は、まずモデルや対象となるものに触れて、輪郭を把握します。それを頭のなかで絵としてイメージします。次に、白い絵の具で下描きをしていきます。絵の具で凹凸をつけることで、その後に色を塗る場所がわかるようにしているのです。

さらにおどろくべきことに、彼は使う絵の具の色も“触る”ことで選んでいます。絵の具に触れることで、1000種類もの色を判断できるそうです。

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_04
出典:boredpanda

出来上がった作品のすばらしさを見れば、彼の能力がいかに驚異的かは一目瞭然ですね!

視覚の代わりに触覚や記憶力が発達

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_05
出典:boredpanda

ブランブリット氏は、視力を失う代わりに触覚や立体感覚、記憶力が発達したと考えられます。そしてその能力を、画家としての活動に最大限活かしているといえるでしょう。

彼のように、目が見えなくなったことで別の感覚器官が発達するというケースは少なくありません。そのパターンはさまざまですが、“見える”人からするとおどろくような能力を持つ“見えない”人はたくさんいるのです。

いかがでしたか? 視力を失っても、こんなにすばらしい絵が描けるなんておどろきですよね。ブランブリット氏の他にも、全盲や弱視のアーティストはたくさんいます。この機会に、ぜひ彼らの作品をチェックしてみてくださいね!

▼加齢とともに気をつけたい目の病気はこちら
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

▼視覚とアートの関係をもっと知りたい方にはこちら!
『4色型色覚』を持つアーティストが描く絵が美しすぎる!
視力0.1の人にはこう見える!? 近視の人が見た世界を再現する絵画が幻想的
人間の脳力ってスゴイ! 努力の画家『エスレフ・アーマガン』
キャンバスは『手』! アイディアが光るトリックアート集
鉛筆だけで描いた絵が飛び出す!? 永井秀幸の3Dトリックアートがすごい!

【参考】
全盲の天才画家、ジョン・ブランブリットが描く色鮮やかな絵画|ラビトーク!
http://news.rabbitalk.com/archives/1023676478.html
全盲の画家!ジョン・ブランブリットさんが絵を描けるのは何故ですか?|ココロスキップ
http://www.cocoro-skip.com/fukushi/10135.html
Blind Artist – John Bramblitt – www.TinasArt.net – Artists With Disabilities|YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ogI6J3sgLtw

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ