• HOME
  • エンタメ
  • 怖いイメージがある閻魔様、実は眼病にご利益のある神様だった!
読み物

怖いイメージがある閻魔様、実は眼病にご利益のある神様だった!

怖いイメージがある閻魔様、実は眼病にご利益のある神様だった!

日本人なら誰もが知っている『閻魔様』。お寺にある閻魔様の像はみんな強面な表情をしていますし、なんとなく恐ろしいイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

そんな閻魔様ですが、実は、老婆の眼病を治したという心やさしい神様としての言い伝えが残されています。今回は閻魔様と、閻魔様にゆかりのある『源覚寺』について、ご紹介します。

源覚寺は閻魔様にゆかりのある寺

閻魔様は本来、人間の生前の行いや、罪の重さを審判する神様だといわれています。小さい頃に、「ウソをついたら閻魔様に舌を抜かれるよ!!」といわれていた、なんて人も多いかもしれません。

これは、「死後に閻魔様の前で閻魔帳に書いてあることと違うことをいうと、二度とウソがつけないように舌を抜かれる」という逸話が由来です。

寛永元年(1624年)年に開創された東京都文京区にある源覚寺にも、恐ろしい顔をした閻魔様が祀られています。源覚寺は開創以来、4度の大火に遭っており、さらに東京大空襲でも戦火の中にあったのですが、幸いなことに、火災や大空襲があっても本堂や閻魔様は無事でした。

源覚寺を訪れると、今でも開創当時の閻魔様に出会うことができます。

閻魔様には眼病治癒の逸話がある!

閻魔様_02

源覚寺に祀られている閻魔様の右目をよく見てみると、黄色く濁り、ひび割れています。実は、これにはちゃんとした理由があります。

今から300年ほど昔、目を患ったある老婆が、閻魔様へ祈願に行きます。その老婆は好物だったこんにゃくを断ち、「眼病が治りますように」とひたすらお祈りし続けました。

ある夜、老婆の夢の中に閻魔様が現れます。閻魔様は、「願掛けの満願成就のときに、私の両目のうち1つを差し上げよう」といわれました。その後、閻魔様がおっしゃっていた通り、満願の日に老婆の目が治ったのです。しかしそれ以来、閻魔様の右目は盲目となってしまいました。

目が治った老婆は感謝の気持ちを伝えるため、閻魔様にこんにゃくをお供えし続けました。これがきっかけとなり、源覚寺にお参りするときには「こんにゃくをお供えする」という風習が生まれ、現在にも伝わっています。

源覚寺の参拝は、こんにゃくをお供えするだけではない

閻魔様_03

先ほど「源覚寺ではこんにゃくをお供えする」というお話をしましたが、参拝する際はただこんにゃくをお供えすればよいわけではありません。ここで、正しい参拝方法をご紹介します。

1.本堂にあるお線香を購入し、常香炉へ供える
2.焚いたお線香から煙を浴びる
3.本堂へ向かい、こんにゃくをお供えする
4.お賽銭を入れて一礼。手を静かに合わせて祈願する

ちなみに、お供えするこんにゃくの種類には特に決まりがなく、なかにはこんにゃくゼリーをお供えする人もいるとのこと。また、社務所には眼病に関する「えんま様木札」や「えんま様守り」もあるので、目の病気の平癒や目の健康を願って購入するのもおすすめです。

いかがでしたか?都内にあるお寺なので、関東に住んでいる人であれば参拝もしやすいです。眼病平癒の祈願へぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。

▼目の病気についてはこちらもチェック!
目のトラブルについて~飛蚊症~(ロート製薬 商品情報サイト)

▼神様の目のトリビアをもっと知りたい人には、こちらもオススメ!
目が1,000個あるって知ってた?あらゆる生きものを助けるという【千手観音】の秘密を大公開!
【閲覧注意】額に目がある牛が大人気!?神話や物語に登場する「三つ目」に関するいろいろ

〈参考〉
こんにゃく閻魔の言い伝え|源覚寺
http://www.genkakuji.or.jp/intro.html
閻魔大王自ら目を犠牲にして治した!? 眼病平癒で有名な「こんにゃくえんま」|ハピズム
http://happism.cyzowoman.com/2012/10/post_1357_2.html
こんにゃくえんまの由来とは?閻魔大王のお話について知ろう!|いろどりせいかつ
http://irodoriseikatu.com/2773.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

目黒と目白だけじゃなかった!東京のパワースポット『五色不動』

目黒と目白だけじゃなかった!東京のパワースポット『五色不動』

山手線を利用したことがある方なら「目黒」と「目白」はご存じだと思いますが、地名の由来が「目黒不動」と「目白不動」からきていることまでは、あまり知られていないのではないでしょうか?

さらに驚くことに目黒、目白のほかに、目赤、目青、目黄も存在するのです。今回は知られざる東京のパワースポット、『五色不動』をご紹介します。

江戸の町に結界を張る!?徳川家光が創設した『五色不動』の謎

東京都内には、目黒不動、目白不動、目赤不動、目青不動、目黄不動と名づけられた5つの不動『五色不動』があります。これは風水のベースにもなっている『五行思想』の五色から、五方向(東・西・南・北・中央)を色で示したもので、江戸時代には『五眼不動』とも呼ばれていました。

江戸幕府の三代目将軍・徳川家光が天海僧正の建言によって江戸府内から5箇所の不動尊を選び、江戸の鎮護と天下泰平を祈願したとされています。

五色不動の由来については諸説ありますが、江戸城を起点とした結界を張る目的で、江戸城(青)、水戸街道(黄)、日光街道(黄)、中山道(赤)、甲州街道(白)、東海道(黒)の6寺院(目黄不動は2つ)に割り当てられたともいわれています。

五色なのになぜか6つある!目黒、目白、目赤不動を紹介

五色不動_02

いつのころからかよく耳にするようになったパワースポットという言葉。実は近年のパワースポット人気とともに、『五色不動』をめぐる旅が注目を集めているそうです。早速、ご紹介しましょう。

【目黒不動 瀧泉寺】 (東京都目黒区下目黒3-20-26)

千葉の成田新勝寺、熊本の木原不動尊と並ぶ、日本三大不動尊のひとつ。西郷隆盛や東郷平八郎などの歴史上の偉人が願かけで訪れたといわれ、最近では芸能界で再ブレイクしたヒロミさんが毎日参拝していたことから、願いが成就するパワースポットとして有名です。

【目白不動 金乗院】 (東京都豊島区高田2-12-39)

目白不動尊は文京区関口の新長谷寺にまつられていましたが、東京大空襲によって寺が焼失したことから現在の金乗院に移されたそうです。自分の能力を高めるために自ら片腕を切り落としたといわれる片腕の不動尊像が、お不動ファンの間で人気を集めています。

【目赤不動 南谷寺】 (東京都文京区本駒込1-20-20)

赤目山で授かった黄金の不動明王像がまつられていることから、もとは『赤目不動』という名の寺院でした。それが、鷹狩りで訪れた3代目将軍・徳川家光が「赤目を目赤とたたえるように」と命名したことから、現在の『目赤不動』になったと伝えられています。

縁結びなら目青不動へ!台東区と江戸川区に存在する目黄不動

【目青不動 教学院】 (東京都世田谷区太子堂4-15-1)

もとは港区麻布谷町の正善寺にありましたが、廃寺にともない現在の教学院に移転したそうです。天上界と地上界の間にたなびく青い空の色にもとづく不動尊であることから、天と地を連絡する(結びつける)、縁結びのお不動さまとして人気を集めています。

【目黄不動  永久寺】 (東京都台東区三ノ輪2-14-15)

いくつかの戦乱によって焼失と再建をくり返したのち、現在の三ノ輪に落ち着いたそうです。一歩足を踏み入れると、樹齢千年を超える松の木が静かに出迎えてくれます。日比谷線三ノ輪駅の3番出口を出て徒歩1分というアクセスのよさも魅力のひとつです。

【目黄不動  最勝寺】 (東京都江戸川区平井1-23-32)

荒川の土手のすぐ近くに堂を構えるのが、2つめの目黄不動、最勝寺です。良弁僧都が不動明王の霊告を感得して彫ったとされる、全長127cmの立派なお不動さまがいます。寺院内で蓮の花を栽培しているので、6月ごろには美しい蓮の花を眺めることができます。

五色不動、いかがでしたか?6つの寺院はすべて東京都内にありますので、一日でまわることも十分に可能です。自分と向き合う時間をつくりたくなったら、五色不動めぐりに出かけてみませんか?

▼赤い目…もとい充血にはご注意を!
目のトラブルについて~充血~(ロート製薬 商品情報サイト)

▼休日に出かけたい!目にまつわる観光スポット特集はコチラ
目の健康は初詣から!第2弾 元旦にお参りしたい目にご利益のある神社3選
【目の保養にいかが?】キレイな景色が見られる おすすめスポット「国内編」
日本人は温泉好き!GWに行きたい 全国『目にいい温泉』ガイド

【参考】
五色不動 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E8%89%B2%E4%B8%8D%E5%8B%95
仏に出会う旅-江戸五色不動
http://wanderingly.web.fc2.com/fudasyo/5shiki/5_fudo.htm
【都内パワースポット】御朱印にハマる「五色不動」巡りでパワー充電! エンタメウィーク
http://ent.smt.docomo.ne.jp/article/56080
江戸の結界パワースポット 江戸五色不動めぐり(その1) リビング東京Web
http://mrs.living.jp/tokyo/event_leisure/reporter/1401890
江戸の結界パワースポット 江戸五色不動めぐり(その2) リビング東京Web
http://mrs.living.jp/tokyo/event_leisure/reporter/1405141

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ