• HOME
  • エンタメ
  • 実はちゃんとした違いがわかってない!? 近視・遠視・乱視・老視の違いをおさらい
読み物

実はちゃんとした違いがわかってない!? 近視・遠視・乱視・老視の違いをおさらい

実はちゃんとした違いがわかってない!? 近視・遠視・乱視・老視の違いをおさらい

「視力が悪い」とひと口に言っても、近いものが見づらい、遠いものがぼやける、物がゆがんで見える、など症状は人によってさまざま。では一体、それらの見え方の違いはどこにあるのでしょうか?目の構造とともにわかりやすく解説します!

近視・遠視・乱視は屈折異常によるものだった

人間の目の構造というのは、わかりやすく例えると、カメラと同じです。
カメラのレンズと同じ働きをするのが、目の水晶体と呼ばれるもので、カメラのフィルムは、目の網膜です。カメラで写真を撮る際、レンズを前後に動かすことでピントを合わせますが、人間の目は水晶体がその厚みを変化させることでピントを合わせ、物を見ています。この働きを、『調節』といいます。

kinshi-enshi_02
出典:公益社団法人 日本眼科医会-子供が近視といわれたら

では、正常な目(正視)、近視、遠視、乱視とはそれぞれどんな状態を言うのでしょうか。例えば遠くを見たときに、網膜にきちんとピントが合う屈折状態の人は『正視』、網膜より前にピントが合う屈折状態の人を『近視』、網膜の後ろにピントが合う屈折状態の人を『遠視』といいます。そして『乱視』は角膜や水晶体にゆがみがあるため、焦点が一点に結ばれない目を持つ人のことをいいます。

ちなみに、厳密に言うと乱視ではない人はほとんどいないことがわかっており、近視や遠視の目には乱視が合併していることが多いのだそう。

kinshi-enshi_03
出典:公益社団法人 日本眼科医会-子供が近視といわれたら−2.近視と遠視、どうちがうの?正視ってなに?

▲虫めがねのように目の奥で光を1点に集め、その場所が近い、遠い、乱れているかで症状が変わります。

しかし驚くことに、これらの明確な原因については、きちんと解明されていないのだとか!ただ、そんな中でも考えられるとされる原因と症状をまとめてみると、以下のようになります。

 

【近視】

▼原因

眼軸長(角膜から網膜までの眼球の長さ)が長い、屈折力が強い、またはその両方

▼症状

近くは見えるが遠くはぼやける

▼矯正

凹レンズで矯正

 

【遠視】

▼原因

眼軸長が短い、屈折力が弱い、またはその両方

▼症状

近い、遠いに関係なくぼんやりとして見える

▼矯正

凸レンズで矯正

 

【乱視】

▼原因

角膜や水晶体のカーブのゆがみ

▼症状

物が何個もあるように見えたり、ゆがんで見える

▼矯正

屈折度に合わせた乱視レンズ

 

誰もがなり得る「老視」は、ほうっておくと眼精疲労に!

老化現象のひとつとして現れる現象が『老視』です。若い人ほど目の調節力は大きいのですが、年齢とともに水晶体の弾性が失われ、衰えていきます。一般的には40代くらいから徐々に、近くを見る作業がつらい、目が疲れる、などの不快感が現れます。これらを感じ始めたら、これは老視のサイン!

 

●正視の人

⇒近くのものが見づらくなります。だいたい40代くらいで約35 cmの距離にあるものが見づらいと感じる人が多いようです。

 

●近視の人

⇒近くのものは見えますが、よく見える位置の少し手前のものや、遠くが見えにくくなります。よく「近視の人は老視になりにくい」といいますが、これは間違い。もともと近くに焦点が合いやすいため、老視を認識しづらいことからこのように言われているようです。

 

●遠視の人

⇒正視や近視の人よりも、老視を早く感じる傾向にあると言われています。近くのものから中間くらいの距離にあるものが見づらくなります。

 

たいていの人は45歳ごろには老眼鏡の必要を感じるようになり、残念ながら老視を治す方法というものはありません。
「まさか自分が?」と、加齢を認めたくない気持ちはわかりますが、老眼鏡を使わず見づらいままで生活し続けるなど、老視をほうっておくのはNG!目に疲れがたまり、眼精疲労につながることも。さらに眼精疲労が続くと、目の奥が痛い、頭痛がする、肩こりがする、などのひどい症状に悩まされてしまう可能性もあります。

 

老視かな?と感じたら、まずは眼科専門医に検査してもらうことをおすすめします。現在は、老眼鏡のほかにも「大人のためのコンタクトレンズ」なる遠近両用タイプのコンタクトレンズもあるので、老視であることが周囲にバレずに済みますよ!

  

【参考】
公益社団法人 日本眼科医会-子供が近視といわれたら−2.近視と遠視、どうちがうの?正視ってなに?

http://www.gankaikai.or.jp/health/39/02.html

公益社団法人 日本眼科医会-目についての健康情報-40代で始まる目の老化−6.老眼をほうっておくと?

http://www.gankaikai.or.jp/health/37/06.html

NIDEK CO., LTD.-目のおはなしVol.6 近視・遠視・乱視・老視

http://www.nidek.co.jp/eyestory/eye_6.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

絵も3Dで表現できる時代になった!VRアートで今までになかった世界を体験しよう

絵も3Dで表現できる時代になった!VRアートで今までになかった世界を体験しよう

VRアートというものをご存じでしょうか?VRアートとは、バーチャルリアリティ(VR)の空間に、なんと3Dの絵を描いた作品のことをいいます。

今まで絵画は二次元でしたが、VRアートになれば立体的な作品になりますので、アートを”体感”することができるのです。そこで今回は、VRアートの作品や制作風景についてご紹介します。

世界初のVRアートの展覧会はサンフランシスコで開催

VRアート_02

VRアートはすでに世に広まっており、2015年6月にはサンフランシスコで初のVRアート展覧会が開催されました。今まで絵画の展覧会というと「目で見るだけ」の鑑賞でしかありませんでしたが、VRアートは三次元の空間で、自分が好きなように絵を描き、まるで絵の中に入り込むような体験ができます。

VRアートは絵を描いて終わり、という訳ではありません。描いた絵はスマホアプリを通じて共有することができます。そして「Google Cardboard」というツールを使えば、VRとして体験することもできるのです。これは紙の絵画ではなくVRだからこそ実現できることですね。

VRアートで個展を開催している”せきぐち あいみ”さん

日本ではVRアーティストとして世界初VR個展を開催されています。せきぐちさんは普段、YouTuberとしてSDペンアート動画を投稿する等の活動をされています。

こちらが、せきぐちあいみさんのVRアート(イルミネーション)の作品です。

【VR Art#12】イルミネーション/ illumination(HTC Vive/TiltBrush)

また、下の動画はVRアートの制作風景です。三次元の中で日本庭園を描かれています。一見、何も作られていないように見えてしまいますが、ヘッドセットを装着した先の世界はとても綺麗な日本庭園のVRアート作品が広がっています。

【VR Art#3】空飛ぶ日本庭園/Flying Japanese Garden(HTC Vive/TiltBrush)

そしてこちらはもうひとつのVRアートの制作風景です。「風神雷神」という作品になります。実際に筆で描かれている訳ではないですが、細部まで立体的に描かれていますね。

【VR Art#6】風神雷神/Wind and Thunder Gods(HTC Vive/TiltBrush)

いかがでしたか?幅広い業界で注目されているVRですが、VRの世界で三次元の絵を描くということも話題を呼んでいます。気になる方はぜひ、他のVRアートの作品をご覧になってみてはいかがでしょうか。

▼楽しくても見るのはほどほどに…。
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

▼VRやアートに関する記事はコチラ!
まるでその場所にいるような臨場感! 今話題の”VR”を体験できるコンテンツ3選
VRは子どもの目には危険?!斜視になるリスクとは?
子どもの色彩感覚を伸ばす秘密は身の回りの環境にある?
ゲームにスマホ…疲れている子どもの目は『妖怪ストレッチ動画』でケア

【参考】
Mogura VR 世界初のVRアート展覧会がサンフランシスコで開催。絵画は鑑賞から体験へ
http://www.moguravr.com/worlds-first-virtual-reality-painting-exhibition/
GREEN FUNDING byT-SITE 世界初!?VRアートの個展を開きたい!人気美人YouTuber せきぐちあいみがVRアートの魅力を伝えます
https://greenfunding.jp/lab/projects/1751

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ