• HOME
  • エンタメ
  • 視力1.0はどんな基準で決まるの? 視力測定にまつわるおもしろい話
トリビア

視力1.0はどんな基準で決まるの? 視力測定にまつわるおもしろい話

視力1.0はどんな基準で決まるの?  視力測定にまつわるおもしろい話

視力検査のとき、誰もが目にする“C”の形が並んだ視力検査表。医師に示された図形を見ながら、「上」や「右」などと答えつつ視力を測りますよね。
誰もが経験する視力検査ですが、考えてみれば検査で視力を測定する基準って、よくわかりません。そこで今回は、正常な視力の目安とされる視力1.0を基準に、どのようにして私たちの視力が測定されているのかを見ていきたいと思います。

視力1.0は5mと7.5mmで決まる

視力検査に用いられるC字型の図形は、『ランドルト環』と呼ばれています。
一般的な視力検査では、視力表に描かれたランドルト環の切れ目の向きを見ることで視力が測定されます。このときの指標となるのが、5mという視力表からの距離と、直径7.5mmというランドルト環のサイズです。

(図A)

siryoku1.0_02
出典:株式会社ニデック – 目のおはなし – Vol.5 視力1.0の基準はなに?

このときのランドルト環の切れ目の幅は、日本では1.5mmと決められています。
ランドルト環から5m離れた位置にいる被験者の目の中心から、ランドルト環の切れ目までの間にできる角度(図A参照)を“1分の視角”というのですが、これは「1度の1/60の角度」を示す単位“分(ふん)”のことを指しています。
つまり、5m離れた距離から1.5mm(1/60度)のランドルト環の切れ目を見ることのできる能力が、視力1.0になるというわけなのです。

視力1.0の世界基準は日本とは違う?

siryoku1.0_03
出典:City-Cost – Kenko Shindan – The Japanese Health Check

しかしこの基準は、あくまで日本国内で定められているもの。国際規格はより複雑で、日本の基準のように切りのいい数値では行われていません。
実はISO(国際基準)で定められている数値では、以下のようになっています。

・直径:7.272….mm
・環の切れ幅:1.4544….mm

これは視力値1.0を基準に割り出したランドルト環の隙間の幅が、厳密には1’(分)=1.454 mm、大きさは5’(分)=7.272 mmとなるためです。
日本式のランドルト環は、わずかですが国際基準よりも大きく定められていることになるのです。

1.0以外の視力は、どうやって測定される?

視力測定の方法には、5mの距離がふさわしいとされています。
しかし実際には5mの検査距離を確保できない医院も存在するため、『短距離視力表』が使用されることもあります。
3m測定用や2.5m測定表が用いられることが多いのですが、みなさんの中にも、こうした短い距離での視力測定を経験した人がいるかもしれません。

最後に、基本となる5mの距離での測定方法をもとに、どのようにして1.0以外の視力が決められているのかをご紹介しましょう。

siryoku1.0_04
出典:meddic.jp – ランドルト環

簡単に言えば、視力2.0は視力1.0の2倍の距離(=10m)から直径7.5mmのランドルト環の切れ目を確認することができ、逆に視力0.5の場合は、1.0の半分の距離(=2.5m)からでないとランドルト環の切れ目を確認できないということになります。
そして視力1.5は、視力1.0の1.5倍の距離(=7.5m)からランドルト環の切れ目を確認できる視力ということになるのです。

でもこの検査方法だと、とても広い検査室が必要になってきますよね。視力表からの距離10mを確保できる検査室なんて、ちょっと想像できません。
そのため一般的な視力測定では、ランドルト環のサイズをさまざまに取りそろえた視力表が用いられているというわけです。

いかがでしたか?
なにげなく受けてきた視力検査ですが、詳しく基準を調べてみると、私たちの視力がどのように定められているのかがわかって興味深いですよね。
日常生活を送る上で欠かすことのできない、「目」という器官。生涯の友人として、これからも大切に関わっていきましょう。

【参考】
株式会社ニデック−目のおはなし−Vol.5 視力1.0の基準はなに? http://www.nidek.co.jp/eyestory/eye_5.html
目の辞典−治療、検査について – 視力表 http://www.ocular.net/jiten/jiten013.htm

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

トリビア

お手入れの仕方がメガネの寿命に影響する!?知っておきたいメガネレンズの性質とメガネを長持ちさせるコツ

お手入れの仕方がメガネの寿命に影響する!?知っておきたいメガネレンズの性質とメガネを長持ちさせるコツ

メガネには、一度買ったら度が合わなくなるまでずっと使えるイメージがありませんか?しかし実は、メガネにもちゃんと寿命があるのです。

今回は、メガネを少しでも長く使うためのお手入れのポイント長持ちさせるコツをご紹介します。

意外とデリケートだった!メガネレンズの性質とは?

メガネの寿命_02

メガネレンズには主にプラスチックレンズガラスレンズの2種類があり、現在流通しているメガネの約9割はプラスチックレンズです。

プラスチックレンズには、ガラスレンズより軽いうえに設計の自由度が高く、カラーバリエーションも豊富で割れにくい、というさまざまなメリットがあるからです。

一方、傷がつきやすいこと、熱に弱いことなどはプラスチックレンズの弱点となります。また、度数が高くなると、ガラスレンズのほうが薄くて済みます。

一般的に、プラスチックレンズの寿命は短くて2年程度といわれており、比較的劣化が早いのが特徴です。その理由には、プラスチックレンズの構造が関係しています。

プラスチックレンズは、反射コート膜とハード膜の2つの膜がプラスチック基材をコーティングしている3層構造になっています。

反射コート膜は金属、ハード膜は樹脂です。プラスチックには60℃を超えると急に膨張する性質がありますが、金属は高い温度になっても大きく変化しません。

この性質の差が同じレンズの上にあることにより、高温で膨張したプラスチックの圧力によって反射コート膜(金属)がクラック(ひび割れ)を起こしてしまうのです。

クラックは普通に使っていると1年くらいで発生してきます。これがコート剥がれ(反射コート膜が剥がれること)につながります。レンズの寿命が2年程度というのは、この段階がゆっくり進んでいくからです。

ただし、いくつもメガネを持っていて、1つのメガネの使用頻度があまり高くない方は、レンズの劣化ももう少しゆっくり進むので、より長く使えます。

メガネを長持ちさせる上手なお手入れのコツとは?

メガネの寿命_03

クラックがコート剥がれに、コート剥がれがメガネの寿命につながっているのですから、メガネを長持ちさせるには、普段からレンズを傷つけないようにすることが大切です。

メガネをかけたまま入浴しないなど高温には注意し、レンズの洗い方や拭き上げ方にも気を配りましょう。

レンズを傷つけないためのお手入れのポイントや、気をつけるべきことは次のとおりです。

1.レンズを拭く前に、ほこりを吹き飛ばしたり水洗いをしたりする
2.レンズは乾拭きを避け、クリーナーなどで湿らせてからやさしく拭く
3.取れにくい汚れは中性洗剤を使って取る(石けん、ボディソープなどアルカリ性、または酸性のものはレンズのコーティングに影響してコート剥がれにつながるのでNG)
4.夏の炎天下などで車内にメガネを置き去りにしない
5.タバコやドライヤーに近づけるなどメガネを高温にさらさない

いかがでしたか?レンズの寿命がきてしまったメガネは一気に見えづらくなりますから、視力が落ちたわけでもないのに見え方に違和感を覚えたら、レンズの交換どきかもしれませんね。

お気に入りのメガネを少しでも長く使えるように、毎日のお手入れにも気を配りましょう。

▼メガネにまつわる記事はほかにも!
今日は知的に!明日はカッコよく!? なりたい印象を叶えるメガネ選びのコツ
その手があったか! マスクでメガネが曇らない裏技まとめ
こんなデザインもありました 多種多様でビックリ! スポーツ用メガネ

▼普段はコンタクト、家ではメガネという方。どちらもお手入れが大事ですよ!
正しいレンズケアのすすめ(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
レンズの寿命は1年半から2年位 ~れんず屋
http://www.lensya.com/lenscoat/
レンズの寿命は?|グラスピープル 埼玉県さいたま市浦和駅西口にある小粋なメガネ屋
http://www.glass-people.com/information/lenses/index7.html
メガネレンズの基礎知識 : 東海光学株式会社
http://www.tokaiopt.jp/lens/lens0.php
メガネレンズの基本情報 (素材について) | パリミキ・メガネの三城
http://www.paris-miki.co.jp/knowledge/lens/foundation/01/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ