• HOME
  • エンタメ
  • 「虹の色は何色に見える?」 この質問に対する答えが各国で違う理由
トリビア

「虹の色は何色に見える?」 この質問に対する答えが各国で違う理由

「虹の色は何色に見える?」 この質問に対する答えが各国で違う理由

海外では幸せの象徴ともされている『虹』。空に見つけると、「今日はなんだかいい日になりそう」と思えたりしますよね。
では、ここで質問です。「虹の色は何色あるでしょうか?」この答えが、日本と世界ではそれぞれ違っているようですよ。

「虹は7色」という概念が通用するのは日本だけ!?

雨上がりの空に美しくかかる虹を見て「何色だと思う?」という質問をした場合、「7色!」と答える人が日本では大半です。しかし国が違えばその答えも違うということをご存知ですか?

たとえばアメリカの場合は、『赤・オレンジ・黄・緑・青・紫の6色』イギリスも同様で、ドイツでは『赤・黄・緑・青・紫の5色』、そして南アフリカのショナ語を話す地域では『3色』リベリアのバサ語を話す地域では『暖色と寒色(明暗)のみの2色』、と答えが返ってくるそうです。
地域や民族、そして文化の違いによってその表現は大きく異なります。

なぜ「7色」と言われるようになったの?

そもそも虹は、太陽の光が雨粒に屈折や反射し、その曲がり方の違いで色にわかれて見えるもの。この色の帯は、はっきりとした色の境目があるわけではないので、見方によっては7色以上にも数えることができます。
では、この『赤・オレンジ・黄・緑・青・藍・紫の7色』という定義はどこからきたものなのでしょうか?

実は虹の色の数を『7』と決めたのは、あの万有引力の法則でおなじみの科学者・ニュートンだといわれています。
それまでは『青・緑・赤の3色』、または『紫・青・緑・黄・赤の5色』と考えられていましたが、紫と青の間、黄と赤の間にそれぞれ藍とオレンジを入れたのです。
7色とした理由は、7という数字は縁起が良いとされていた、という説や当時の時代背景から音楽と自然学問を結びつけることが良いとされていたため、西洋音階(ドレミファソラシ)と虹の7色が対応しているとした、といった説があります。

色彩豊かな日本では色に対する感性もこまやかなため、この「7色」という美意識が定着したのではないか、とも考えられているんですよ。

虹にまつわるトリビアいろいろ

ちなみに『赤・オレンジ・黄・緑・青・藍・紫の7色』の場合の虹の色の覚え方もいろいろです。
Violet, Indigo, Blue, Green, Yellow, Orange, Red の頭文字をとった『VIBGYOR(ビブギョール)』や、漢字にして『赤橙黄緑青藍紫(せきどうおうりょくせいらんし)』と呼ぶなどの語呂合わせもあるようです。

見つけるだけで幸せな気持ちになれる虹。見えやすい時間帯は朝や夕方で、ハワイでは夜に出現する月虹(ムーンボウ)を見ると幸せが訪れるという言い伝えもあるそうです。とってもロマンチックですね!

▼目に関する美しい風景や芸術なら、コチラもおすすめ!
まるで『グリム童話』の世界。色覚障害を持つカメラマンが写しだす風景が幻想的

『4色型色覚』を持つアーティストが描く絵が美しすぎる!

【参考】
Excite Bit-アメリカの虹の色は六色だった
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091127807434.html
All About‐「7色の虹」という素敵な非常識
http://allabout.co.jp/gm/gc/220760/
Canon サイエンスラボ・キッズ‐光のなぞ‐色と光 ニュートンが虹の色を「7色だ」と決めたって、ほんと?
http://web.canon.jp/technology/kids/mystery/m_04_09.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

トリビア

「目からウロコ」の語源は『聖書』 その言葉どおりの生態を持つ生物もいた!

「目からウロコ」の語源は『聖書』 その言葉どおりの生態を持つ生物もいた!

普段、何気なく使うこともある「目からウロコが落ちる」という慣用句。実は、あのキリスト教の聖書に出てくる言葉が語源なんだそう!取引先や上司との会話に困ったときや、飲み会の席で役立つような、明日使えるちょっとした “目”に関するこぼれ話をご紹介します。

見えなかったものが見えるようになった男の話が由来

『目からウロコが落ちる』――これは、「あることをきっかけに、いままでわからなかった物事の実態(真相や本質)が急に理解できるようになること」のたとえとして使われる慣用句です。
この語源となったのは、新約聖書の『使徒言行録9章18節』の「The scales fall from one’s eyes」という言葉。
サウロ(のちのパウロ)はキリスト教徒を目の敵にし、厳しく迫害していました。そんな彼がダマスコという町に向かっていたところ、「サウロ、サウロ、なぜ、わたしを迫害するのか」と、天からの光とともにイエス・キリストの声が聞こえ、目が見えなくなってしまいました。
しかし、キリストに遣わされたアナニヤという人が彼に祈りをささげると、サウロの目からウロコのようなものが落ちてきて、たちまち目が元どおりに見えるようになったのだそう。
そしてその後、彼は洗礼を受け、聖人のひとりとなり大活躍をしたと伝えられています。
キリスト教に出会ったことで、これまでの生き方を改め、新しい道を選んだということから、「誤りを悟り、迷いから覚める」という意味であったものが、現在のような使われ方になったのですね。

じつは、目からウロコが落ちる生物は実在した!?

meuroko_02
Photo by Andy Morffew

ところで、実際に目からウロコが落ちる生物は、地球上にいるのでしょうか?
調べてみると、いました、いました!それは・・・、『ヘビ」。
ヘビの目には人間のようなまぶたがない代わりに、目の表面は大きな透明のウロコで覆われています。そして、それは脱皮のときに一緒にとれてしまうんだそう。
ちなみにヘビは頭の先から尾まで、全身の皮がつながった状態でスルリときれいに脱皮します。そのとき、脱皮殻にはコンタクトレンズのような透明なウロコがちゃーんと残されているんですって。

meuroko_03
出典:ジャパンスネークセンター‐へび百科‐眼の異常

▲まるでコンタクトレンズ、そっくり!

ちなみに、ほかにも聖書が由来している日本のことわざや慣用句としては、「豚に真珠」や「砂上の楼閣」、「笛吹けども踊らず」などがあるそうです。こうして調べてみると、おもしろいものですね。どうです?目からウロコが落ちましたか??

【参考】
六本木ルーテル教会‐実は聖書に由来している日本の諺 http://luther-rose.com/?p=558
ジャパンスネークセンター‐へび百科 http://snake-center.com/library/medical/07.php
アイトークタウン‐第13回“目から鱗(うろこ)が落ちる”って本当にあるの? http://www.menicon.co.jp/eyetalktown/trivia/vol13.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ