• HOME
  • エンタメ
  • 見えなくても音で認識できる?!色を聴くアーティスト『ニール・ハービソン』
読み物

見えなくても音で認識できる?!色を聴くアーティスト『ニール・ハービソン』

見えなくても音で認識できる?!色を聴くアーティスト『ニール・ハービソン』

色覚異常のために色を視覚で捉えることができないにもかかわらず、特殊な装置を体に埋め込むことで、色を音として認識できるように改造した人がいます。今回は、今注目を集めているアーティスト、ニール・ハービソン氏についてご紹介します。

“世界初の公認サイボーグ”ニール・ハービソンってどんな人?

Weird Factsさん(@factsweird)がシェアした投稿

イギリス人のニール・ハービソンは、世の中のさまざまな音を色で表現したり、逆に色を音に変えて音楽を作り出したり、といったパフォーマンスを行っているアーティストです。1色覚(全色盲)を持って生まれた彼は、すべての色を認識することができません。

常にモノクロの世界にあるなか、“視覚”という感覚を多様な面から理解したいと考え、21歳の頃に特殊なデバイスを自身の頭蓋骨に埋め込む手術を行います。この装置のおかげで、彼は色を音として認識できるようになったのです。

アンテナのようにも見える不思議な装置は、もはや彼の体の一部のようなもの。シャワーを浴びるときも寝るときも、邪魔だと感じたことはないそうです。

政府の認可を受けて、デバイスを装着したままの写真をパスポートにも使用していることから、“世界初の公認サイボーグ”と呼ばれています。

▼1色覚(全色盲)とは?
色のない世界ってどんなもの? 色覚異常を持つ人のモノの見え方を疑似体験

頭のアンテナで“色を聴く”仕組み

彼が色を音として認識できる仕組みのカギは、頭に埋め込んだ特殊デバイスを用いた「骨伝導」にあります。アンテナのような形をした装置の先端には、周波数を読み取ることのできるセンサーがついています。

色には、赤なら620~750nm、青なら450~495nm、といったようにそれぞれに決まった波長があるので、周波数も色によって異なります。

そのため、それぞれの色が持つ周波数をセンサーで読み取り、振動に変換して頭蓋骨へ伝えることで、その振動が骨を伝わっていくときに音として知覚され、色を音の違いで識別することができるのです。

彼が聴くことのできる音は、可視光線だけではありません。本来私たちが目にすることのできない紫外線や赤外線といった不可視光線も、彼には音として知覚されます。

また、色をそれぞれ異なる音として区別できるようになったことから、現在では音を色で表現することもできるそうです。

ニール・ハービソン氏が“サイボーグ”になることを選んだわけは?

ニール・ハービソン氏は、テクノロジーを利用するのではなく自らがテクノロジーになることで、まるでシナスタジア(共感覚……「音に色を感じる」「形に味を感じるなど」など、1つの刺激に対し通常の感覚と別の感覚も生じる現象)のような、五感を超えた別次元の感覚を手に入れました。

しかしその理由は、自身のグレースケールをコンプレックスに思ったからではありません。

彼が持つモノクロの視覚には、物体のかたちを覚えやすい夜目が利く、といったさまざまな利点があり、自分の見え方を変えたいと思ったことはないそう。彼はただ、視覚をより深く理解するために“見る”ための新しい器官がほしかったのです。

ニール・ハービソン氏は、触角(頭に埋め込んだデバイス)を持つ自身を「ヒトという種を超越した存在」と称します。人間には見ることのできない赤外線や紫外線まで知覚することが可能になるのなら、彼の言葉もあながち間違いではないのかもしれません。

▼シナスタジア(共感覚)について知りたい方はこちらをチェック!
音に色や温度を感じる 「共感覚」が不思議すぎる!

いかがでしたか?自分が望むように能力や感覚を拡張し、自らを新しい存在としてデザインし直す。そんなSFのような未来は、もうすぐそこまで迫ってきているのかもしれませんね。

▼まるで近未来!?驚きの最新技術に関する記事ならこちらもチェック!
他人の夢や考えを見られるようになるかも?!脳から心を読むブレイン・デコーディングとは
目が見えなくても画面が「見える」?進化する人工知能と視覚の世界がすごい!
透明人間はもうSFの話じゃない!“透明マント”に“透明自動車”……透明化する最新技術がすごい

▼便利なデジタル化社会…でも使いすぎにはご用心です
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
色を音に変換 色覚障害の男性、頭蓋骨に“アンテナ”付け音楽奏でる|IT media NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/15/news083.html
私はこうして「世界初の公認サイボーグ」になった|NATIONAL GEOGRAPHIC
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/040500125/?P=1
政府公認のサイボーグ男が仲間と会社設立して目論み中。「人類サイボーグ化計画」|HEAPS
http://heapsmag.com/officialcyborg-Neil-Harbisson-updated-let-us-be-cyborg
可視光線|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/可視光線

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

“見ない”で描いた絵がスゴイ!全盲の画家ジョン・ブランブリット氏のおどろくべき才能

“見ない”で描いた絵がスゴイ!全盲の画家ジョン・ブランブリット氏のおどろくべき才能

出典:boredpanda

色鮮やかで迫力あるこの絵。実は、全く目の見えないアーティストによる作品なのです! 対象を“見ない”で、どうやってこんなにすばらしい絵を描けるのでしょうか?

今回は、全盲の画家ジョン・ブランブリット氏をご紹介します。

失明してから画家としての活動をスタート

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_02
出典:Little Things

アメリカ・テキサス州のジョン・ブランブリット氏は、幼い頃から絵を描くことが大好きな少年でした。しかし、幼少期からてんかんの持病があり、発作に苦しんでいたそうです。

29歳のとき、てんかんの合併症で視力を失いはじめ、ついには全盲となります。そして、その頃から画家としての活動をスタートしました。

希望を失いかけていたブランブリット氏を救ったのが、幼い頃から親しんできた「絵を描くこと」だったのです。

対象や絵の具に“触れた感覚”で描く

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_03
出典:Little Things

全盲のブランブリット氏は、対象となるものの輪郭や色や明暗を実際に“見る”ことはできません。しかし、上の絵のように、実際の人物の肖像画を描くこともできます。いったいどうやって描いているのでしょうか?

ポイントは“触覚”です。

ブランブリット氏は、まずモデルや対象となるものに触れて、輪郭を把握します。それを頭のなかで絵としてイメージします。次に、白い絵の具で下描きをしていきます。絵の具で凹凸をつけることで、その後に色を塗る場所がわかるようにしているのです。

さらにおどろくべきことに、彼は使う絵の具の色も“触る”ことで選んでいます。絵の具に触れることで、1000種類もの色を判断できるそうです。

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_04
出典:boredpanda

出来上がった作品のすばらしさを見れば、彼の能力がいかに驚異的かは一目瞭然ですね!

視覚の代わりに触覚や記憶力が発達

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_05
出典:boredpanda

ブランブリット氏は、視力を失う代わりに触覚や立体感覚、記憶力が発達したと考えられます。そしてその能力を、画家としての活動に最大限活かしているといえるでしょう。

彼のように、目が見えなくなったことで別の感覚器官が発達するというケースは少なくありません。そのパターンはさまざまですが、“見える”人からするとおどろくような能力を持つ“見えない”人はたくさんいるのです。

いかがでしたか? 視力を失っても、こんなにすばらしい絵が描けるなんておどろきですよね。ブランブリット氏の他にも、全盲や弱視のアーティストはたくさんいます。この機会に、ぜひ彼らの作品をチェックしてみてくださいね!

▼加齢とともに気をつけたい目の病気はこちら
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

▼視覚とアートの関係をもっと知りたい方にはこちら!
『4色型色覚』を持つアーティストが描く絵が美しすぎる!
視力0.1の人にはこう見える!? 近視の人が見た世界を再現する絵画が幻想的
人間の脳力ってスゴイ! 努力の画家『エスレフ・アーマガン』
キャンバスは『手』! アイディアが光るトリックアート集
鉛筆だけで描いた絵が飛び出す!? 永井秀幸の3Dトリックアートがすごい!

【参考】
全盲の天才画家、ジョン・ブランブリットが描く色鮮やかな絵画|ラビトーク!
http://news.rabbitalk.com/archives/1023676478.html
全盲の画家!ジョン・ブランブリットさんが絵を描けるのは何故ですか?|ココロスキップ
http://www.cocoro-skip.com/fukushi/10135.html
Blind Artist – John Bramblitt – www.TinasArt.net – Artists With Disabilities|YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ogI6J3sgLtw

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ