• HOME
  • エンタメ
  • きっとあなたも騙される!? 秀逸なトリック・アートCM+広告まとめ【後編】
読み物

きっとあなたも騙される!? 秀逸なトリック・アートCM+広告まとめ【後編】

きっとあなたも騙される!? 秀逸なトリック・アートCM+広告まとめ【後編】

前回に引き続き、トリック・アートを使用した広告をご紹介します。
決して完全ではないとわかっていても、つい妄信してしまいがちな視覚情報。でも実は、私たちの見ている世界は、とても不確実な存在なのかもしれません。
あなたには、「ありのままの世界」が見えていますか?

1.


出典:AXE : Tiens-toi prêt !

男性化粧品ブランド『AXE』のお洒落なフランス版CMです。何人の美女が隠れているか、わかりましたか?

2.


出典:Unbelievable Bus Shelter | Pepsi Max. Unbelievable #LiveForNow

ロンドンのバス停で、ふと横を見るとエイリアンやロボット、トラなどが迫ってくるという遊び心のある映像広告は、ペプシによるプロモーションです。
備え付けのカメラのライブ映像に、あらかじめ製作されたCG映像を重ね合わせることで、まるで自分が特殊効果の空間に迷い込んだかのような錯覚を感じさせます。

3.


出典:Illusion d’optique dans le métro de Montréal

モントリオールの地下鉄駅構内に、突如として文字が浮かび上がる広告です。
ちなみに「mots cachés」とは、アルファベットを用いた一種のクロスワードパズルのこと。一定の位置からでないと読み取れないワードの数々は、好奇心を駆り立てると同時に、広告の効果を高めるのに十分なインパクトを持っています。

4.


出典:Audi “Oh deer!” / Casefilm EN

最後にご紹介するのは、アウディによる広告です。
空港の動く歩道にしつらえられたモニターに「You’re Driving, it is Dark, Suddenly:(闇の中をドライブ中、突然;)」という文章が映し出されており、ある一定の距離まで近づくと、「A DEER!(鹿だ!)」というメッセージがフォーカスされ、浮かび上がるという仕掛けになっています。

同様の視覚効果によるポスターを、オーストリアの照明システムメーカー『ZKW』が提案しているので、参考までに見てみましょう。

5.

trickart2-2

出典:Ads of the World / ZKW, ZIZALA Lichtsysteme: Xenon

極めてシンプルなこのポスターは、見る人の視覚的な距離によって、見える文字に変化が現れる構成になっています。
これらはヒトの目が持つピント調整機能を利用した錯視広告ですが、もちろんアウディは自社の車が持つ暗視システムのアピールも忘れていません。
なんとも効果的で「スマート」な広告です。

いかがでしたか?
ほんの少し視点を変えることで浮かび上がってくる、日常とは異なる世界。トリック・アートには、広告の原点ともいえる「驚き」が詰まっています。
目と同時に、心や脳にまで刺激を与えてくれる騙し絵の世界。ますます目が離せません。

視力が悪い人にしか見えない画像

下の画像には何が書いてあるかわかりますか?

tetrachromacy2_02

実はこの画像、視力が悪い人にしか見えないんです。メガネやコンタクトを外したら見えるかも?

もっと見たい方はこちらへ!

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

【動画あり】目にカメラを埋め込んだ”アイボーグ”は実在する?!

【動画あり】目にカメラを埋め込んだ”アイボーグ”は実在する?!

「目にカメラ機能がつけられていて、見たものをそのまま撮影できる」そんなSF映画やゲームの世界を実現させた映画作家がいます。自らをアイボーグと呼ぶ彼は、今後さらに改良したカメラでさまざまなことを実現させたいと考えているそうです。

今回は、アイボーグを含め、身体にマイクロデバイスなどを埋め込んで過ごすバイオハッカーについてご紹介します。

アイボーグになった映画作家

カナダ在住のロブ・スペンス(Rob Spence)さんは、子どもの頃に失明した片目に小さなカメラを入れ、撮影ができるようにしています。まだまだ撮影時間も短いのですが、今後は長時間の撮影ができるようにしていくなど、さまざまな構想を練っているそうです。

マイクロチップを埋め込んで電気信号で“見える”ようになる?

※【閲覧注意】手術映像が含まれています。

アイボーグのロブ・スペンスさんのドキュメンタリー映像には、目が見えない方が目の中にマイクロチップを埋め込み、電気信号を脳に送れるようにした話が収録されています。実験の結果は、物の形を見て何が目の前にあるのかわかるようになり、成功だったそうです。

盲目の方も手術によってものが見えるようになる、そんな時代がもう目の前にあるのかもしれません。

バイオハッカーって何?

アイボーグ_02

バイオハッカーとは、皮膚の下にマイクロデバイスなどを埋め込む人の総称です。中には、LEDのシリコンインプラントを入れて手が光るようにする人や、専用の機械にかざすと決済ができる認証チップを入れる人もいます。

身ひとつで鉄道に乗り放題!

アイボーグ_03

皮膚の下に、認証チップを入れた人が実際にそのチップで決済をし、鉄道に乗れる国があります。その国とは、スウェーデンです。

国営の鉄道会社では、体内に埋め込まれた認証チップをスキャンする料金支払い方式を導入しています。お金やクレジットカードなど支払いができるアイテムを何も持たなくても、鉄道に乗れるようになっているのです。

健康への影響も懸念されている皮膚の下に埋め込むマイクロデバイス。いずれはそうした問題もクリアされ、誰もが身体に埋め込まれたチップによって決済などもすべてできるようになる、そんな未来がやってきそうです!

▼未来が見えてくるようなハイテクアイテムについてまとめた記事はこちらもおすすめです!
まるでSFの世界! 3Dプリンターでハイテク義眼を印刷するプロジェクト
ウインクするだけで写真が撮れる!?世界最速ウェアラブルカメラ『BLINCAM』とは
点字のスマートウォッチ、睡眠効果UPのアイマスク……視覚に関するウェアラブル・デバイスの進化がすごい!

▼技術は発展しても、人間の目はそうはいきません…目の疲れにはご注意を!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
マイクロチップを身体に埋め込んで自分を“アップグレード”する若者たち | クーリエ・ジャポン
https://courrier.jp/news/archives/892/
The Eyeborg Project
http://eyeborgproject.tv/
TEDXBrussels – Rob Spence – Eyeborg, the Enhanced Self – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=CfCS-YcD-O4
「体内Suica」で乗り放題! スウェーデンの鉄道が新システムを導入 | BUSINESS INSIDER JAPAN
http://www.businessinsider.com/heres-why-body-hacking-is-taking-off-2015-7?utm_source=intl&utm_medium=ingest

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ