• HOME
  • エンタメ
  • 目の不思議!誰にでも“モノが見えなくなる場所”=『盲点』がある
トリビア

目の不思議!誰にでも“モノが見えなくなる場所”=『盲点』がある

目の不思議!誰にでも“モノが見えなくなる場所”=『盲点』がある

『盲点』とは…

“脊椎動物の目の構造上、生理的に存在する暗点(見えない部分)の一つ”

出典:Wikipedia- 盲点

「盲点をつく」など“当人が気付かずにいる点を攻撃したり、指摘する”という意味合いで用いられるこの『盲点』ですが、言葉の上だけでなく、私たちの目に実際に存在しているものなのです。

私たちの目は見えていない部分も脳で補っている

普段私たちが見ているものは、100%目から入った情報が脳に伝わったものだと思っていませんか?実は、実際は少し違っていて、見えていないところを脳が補って創り上げている部分もあるのです。その部分は脳が想像で創り上げている訳ではなく、目から入った実際の情報を元に補完されたものなのです。この実際には見えていない部分が『盲点』です。この脳の機能によって、私たちは普段、盲点を意識することはありません。

『盲点』とはなにか?なぜモノが見えないのか?

mouten_02
出典:株式会社ニデック−目のおはなし−Vol.9 盲点はどこにある?

目に盲点があるのは構造上の問題です。盲点は、『視神経乳頭』と呼ばれる場所にあります。ここは、網膜の中の視神経が束になっているところです。この束ねられた場所には、モノを見るための細胞がありません。ですからそこに映った情報は認識することができないのです。ところが、目には『両眼視機能』というものがあります。これは左右の目で見た微妙に異なる映像を脳がひとつの映像として修正する働きのことです。互いの目が見えない部分を補い合っているのです。このことから、私たちが日常生活において、両目でモノを見ている限り、盲点を意識することがないのです。

mouten_04

自分の『盲点』を確かめてみよう!

では実際に、自分の盲点を確認してみましょう。

mouten_03
出典:らばQ−目の盲点が面白いようにわかる図─脳は見えていない部分を補っている

①まず左目を閉じます。(手で左目を覆ってもOK)

②次に右目だけで十字のマークを見つめます。見るのは十字のマークだけですが、視野の中にある黒丸も意識しておきましょう。

③そのままモニターに顔を近づけていきます。そうすると、視界から黒丸が消えるポイントがあります。これが『盲点』です。

 
いかがでしたか?
普段意識することがなくても、片目で試してみると確かに視界からものが見えなくなる場所がありますね。盲点は誰にでもあるもので、特別なものではありません。その分、脳で視野を補っているなんて、体の構造は実に興味深いものですね。

【参考】
視力回復の研究ノート‐脳と目「マリオット盲点」

http://www.me-kaiteki.com/brain-eye/

らばQ‐目の盲点が面白いようにわかる図─脳は見えていない部分を補っている

http://labaq.com/archives/51014471.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

トリビア

気球を見て計測するのは遠くを見るため!目の検査で使われる「オートレフ・ケラトメーター」の役割とは?

気球を見て計測するのは遠くを見るため!目の検査で使われる「オートレフ・ケラトメーター」の役割とは?

コンタクトやメガネを常用している人であれば、目の検査を行う機会は多いでしょう。「オートレフ・ケラトメーター」という、レンズの向こう側に気球が見える機器を使ったこともあるのではないでしょうか?その際、「なんで気球なんだろう?」と疑問に思ったことがある人もいるはず。

今回は、目の検査の際に使われる機器、オートレフ・ケラトメーターについてお話ししていきます。

オートレフ・ケラトメーターは、目のピントを測定する機器

視力検査「気球」_02

目の検査の際には、レンズをのぞくと気球が見える機器が使われることがあります。これが「オートレフ・ケラトメーター」です。この機器では、目のピントや屈折力を測定しています。

最初にオートレフ・ケラトメーターをのぞくと、気球の画像にピントが合わず、ぼやけて見えることが多いですよね。しかし、次第にピントが合うようになっていくはずです。「自分の目でピントを合わせている」と思うかもしれませんが、このとき実は、機器のほうが目のピントが合う瞬間を自動で調べてくれているのです。

私たちの目は物を見るとき、目に入る光が網膜上で焦点を結ぶことにより、ピントが合う仕組みになっています。しかし、目による光の屈折が正常でなくなってしまうと、近視や遠視、乱視のような屈折異常を起こしてしまいます。この屈折異常を、目の瞳孔から網膜に光を当て、網膜から反射する光によって測定しているのが、オートレフ・ケラトメーターです。

私たちはこの機器があるおかげで、より自分に合ったメガネやコンタクトを作ることができているといえます。

画像が気球なのは「遠くを見る」ため!?

視力検査「気球」_03

オートレフ・ケラトメーターの多くは、画像に気球を用いています。実は、この気球には、「遠くを見てもらうため」という目的があります。気球の画像自体は、機器をのぞくと近くにあるように見えるかもしれませんが、レンズを使うことで、遠くに気球があるように見せているのです。

ちなみに、画像は決して気球でないといけない…というわけではありません。正確な検査のためには真ん中を見てもらう必要もあるため、中心に集中できるものであれば、気球に限らず他の画像でもよいとのこと。昔は飛行機の画像を用いている機器もあったそうですよ。

ただ見たままを答えるのはNG!正しく視力を測るための注意点とは?

視力検査「気球」_04

目の検査の際には、「C」のような輪(ランドルト環)を見て、輪の切れ目を答える検査もよく行われます。実はこれ、オートレフ・ケラトメーターによる検査とはまったく別の意味を持つもの。

オートレフ・ケラトメーターの検査では目の屈折力を測っているのに対し、ランドルト環の検査では、「本人が認識している実際の見え方」を確認しているのです。屈折力に異常がなくてもきちんと物が見えないことがあるので、どちらも必要な検査なのですね。

オートレフ・ケラトメーターでの測定が行われるときには、ほとんどセットでランドルト環による検査も行われるので、正しい検査方法を知っていて損はない!ということで、ここからは、正しく視力を計測するための3つの注意点をご紹介します。

●決められた位置から前後に動かない

検査の際に、「輪の切れ目がよく見えないから」といって、少し体を前のめりにして答えていませんか?定位置から測ることによって正しい計測が可能になるので、背筋をピンと伸ばして答えるようにしましょう。首や頭を傾けて見るのもNGです。

●両目を自然に開けた状態で対象を見る

目を細めたり片目をつぶったりして、今の視力でなんとか小さな対象まで見えるようにしようとしていませんか?気持ちは分かりますが、これでは当然、正確な視力を測ることはできません。普通に物や景色を見るのと同じように、自然に目を開けた状態で計測しましょう。器具で隠れているほうの片目も一緒に、自然に開けた状態にしておくのがコツです。

●視力検査用のメガネは動かさない

検査用のメガネを装着して行う場合は、メガネを自分で動かしたりせず、スタッフの人にかけてもらった状態のまま、視力検査を行うようにしてください。

今回は「オートレフ・ケラトメーター」に関するトリビアや、視力を測定する際の注意点についてお話しましたが、いかがでしたか?正しく検査を行い、自分の目に合うコンタクトやメガネを作りましょう!

▼視力検査に関しては、こんな記事もオススメ!
誰にでも経験のある『視力検査』いつから始まったの?そのルーツとは?
目の検査は『視力検査』だけじゃない! 知らなかった目に関する『○○検査』
“C”だけじゃなかった!? 世界の『視力検査表』にまつわるトリビア

▼最近ピントが合いづらくなった…という方はコチラもチェック
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
眼科で見せられるあの「気球」は何なのか聞いてきた|Daily portal
http://portal.nifty.com/kiji/160308195883_1.htm
メガネ屋さんで見る気球の意味は? 自動で視力測定できる機械ってどういう仕組み? 2ページ目|マイナビ学生の窓口
https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/34133?page=2
視力検査で登場する気球がぼやけるのには理由があった?|子供の病気いろは
http://kodomo-byouki-iroha.com/shiryoku-kensa-kikyuu-3183.html
視力検査を受ける時の注意点。|さくら眼科 院長&スタッフblog
http://www.sakura-ganka.jp/blog/?p=4559

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ