• HOME
  • エンタメ
  • 目の不思議!誰にでも“モノが見えなくなる場所”=『盲点』がある
トリビア

目の不思議!誰にでも“モノが見えなくなる場所”=『盲点』がある

目の不思議!誰にでも“モノが見えなくなる場所”=『盲点』がある

『盲点』とは…

“脊椎動物の目の構造上、生理的に存在する暗点(見えない部分)の一つ”

出典:Wikipedia- 盲点

「盲点をつく」など“当人が気付かずにいる点を攻撃したり、指摘する”という意味合いで用いられるこの『盲点』ですが、言葉の上だけでなく、私たちの目に実際に存在しているものなのです。

私たちの目は見えていない部分も脳で補っている

普段私たちが見ているものは、100%目から入った情報が脳に伝わったものだと思っていませんか?実は、実際は少し違っていて、見えていないところを脳が補って創り上げている部分もあるのです。その部分は脳が想像で創り上げている訳ではなく、目から入った実際の情報を元に補完されたものなのです。この実際には見えていない部分が『盲点』です。この脳の機能によって、私たちは普段、盲点を意識することはありません。

『盲点』とはなにか?なぜモノが見えないのか?

mouten_02
出典:株式会社ニデック−目のおはなし−Vol.9 盲点はどこにある?

目に盲点があるのは構造上の問題です。盲点は、『視神経乳頭』と呼ばれる場所にあります。ここは、網膜の中の視神経が束になっているところです。この束ねられた場所には、モノを見るための細胞がありません。ですからそこに映った情報は認識することができないのです。ところが、目には『両眼視機能』というものがあります。これは左右の目で見た微妙に異なる映像を脳がひとつの映像として修正する働きのことです。互いの目が見えない部分を補い合っているのです。このことから、私たちが日常生活において、両目でモノを見ている限り、盲点を意識することがないのです。

mouten_04

自分の『盲点』を確かめてみよう!

では実際に、自分の盲点を確認してみましょう。

mouten_03
出典:らばQ−目の盲点が面白いようにわかる図─脳は見えていない部分を補っている

①まず左目を閉じます。(手で左目を覆ってもOK)

②次に右目だけで十字のマークを見つめます。見るのは十字のマークだけですが、視野の中にある黒丸も意識しておきましょう。

③そのままモニターに顔を近づけていきます。そうすると、視界から黒丸が消えるポイントがあります。これが『盲点』です。

 
いかがでしたか?
普段意識することがなくても、片目で試してみると確かに視界からものが見えなくなる場所がありますね。盲点は誰にでもあるもので、特別なものではありません。その分、脳で視野を補っているなんて、体の構造は実に興味深いものですね。

【参考】
視力回復の研究ノート‐脳と目「マリオット盲点」

http://www.me-kaiteki.com/brain-eye/

らばQ‐目の盲点が面白いようにわかる図─脳は見えていない部分を補っている

http://labaq.com/archives/51014471.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

トリビア

英語が苦手な人は必見!今日から使える「目」の慣用句・日常表現6選

英語が苦手な人は必見!今日から使える「目」の慣用句・日常表現6選

「目は口ほどに物を言う」「目からうろこ」「鬼の目にも涙」…「目」を含むことわざや慣用句は、ちょっと考えただけでもいろいろな例を思いつくことができます。目は、私たちの話し言葉の中でも大活躍です。

さて、日本語だけではなくほかの言語でも、日常的に使われるさまざまな「目」の言い回しがあります。今回は海外留学歴のある筆者が、「目(eye)」を含む英語のフレーズで、日常生活でも使い勝手のよいものを6つご紹介します。

シンプルで短いものをチョイスしてみたので、ぜひ覚えて使ってみてくださいね。

a bird’s eye view

直訳すると「鳥の目で見た景色」。大空を飛ぶ鳥は、人間よりも高いところから景色を捉えることができますよね。そのため、「高いところから全景を見渡した図」という意味になります。

たとえば、“a bird’s eye view of Tokyo”といえば、「東京全図」を指すことになります。

eye opener

英語_02

そのまま訳せば「目を開けるもの」という意味ですが、目を見開くときといえば驚いたとき…ということで、「目を大きく見開くような衝撃的なこと、驚くべきこと」という意味になります。

よい意味でも悪い意味でもショックを受けたときに使える表現ですが、“His word was an eye opener.”「彼の言葉で目が覚めた、迷いがなくなった」のように用いられることが多いようです。

keep an eye on

「〇〇を注視する」「〇〇から目を離さない」という意味で、対象のものからじっと視線をそらさないようなニュアンスです。

このフレーズを使いたいシチュエーションは、たとえばカバンを置いて席を立つとき。同行者に“Keep an eye on the bags.”「取られないようにカバンを見てて」といえばバッチリです。

be all eyes

体中が目になるくらい「注目して見る」という意味です。

なにかにずっと視線をそそぐという意味では前出の “keep an eye on ”と似ているのですが、“keep an eye on ”が「悪いことが起こらないように見張る」というニュアンスがあるのと異なり、” be all eyes”は「好奇心や驚きの気持ちで、起こったことすべてを見逃さないように見る」といったイメージです。

たとえば、“The children were all eyes when the magician started performing.”「マジシャンが芸をはじめると、子どもたちは注目した」となります。

ちなみに、 “be all ears”という似たような慣用句もあり、こちらも「聞きもらさないよう注意して聞く、耳をダンボにして聞く」という意味なので、合わせて覚えておきましょう。

naked eye

英語_03

直訳すると「裸の目」。「裸眼」「肉眼」のことです。

“It is invisible to the naked eye.”「肉眼では見えない」というように、「顕微鏡や望遠鏡の助けを借りず」というニュアンスで使われることが多いので、どちらかというと裸眼よりは肉眼の意味のほうが近いかもしれません。

ちなみに、「見やすくするための器具の助けを得ていない」ということで、“unaided eye”も同じ意味になります。

an eye for an eye, a tooth for a tooth

こちらは、日本語訳を見る前にピンときた方もいるのではないでしょうか?日本語に訳すと「目には目を、歯には歯を」。皆さんご存知のとおり、仕返しをするときは相手がしてきたことと同じ手段でせよ、というあのことわざです。

いかがでしたか?ここまでご紹介してきた表現は、どれも日常生活で使い勝手のよいフレーズです。それぞれのフレーズの持つイメージ・ニュアンスは、人によって少し異なるところもあるかもしれませんが、面白いかもと思った方は、ぜひほかのことわざや慣用句についても調べてみてください。

日本語と似ているもの、違うもの、さまざまな言い回しを知ることができますよ。

▼目にまつわるさまざまな表現を知ろう!おすすめ記事はコチラ
「黒い目」は言語別でまったく意味が違う!? 「目の色」にまつわる表現いろいろ
目に関する“ことわざ”【2】 【外国語編】韓国語や英語にも“目”が一杯!?

▼身近な目の病気「ものもらい」。地方によって呼び方が違うって知ってますか?
ものもらいMAP~呼び名分布日本地図~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
英和辞典・和英辞典 – Weblio辞書
http://ejje.weblio.jp/
Idioms and phrases
http://idioms.thefreedictionary.com/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ