• HOME
  • エンタメ
  • 目薬の「防腐剤フリー」を盲信してない?防腐剤が入っている、本当の理由とメリットを学ぼう!
アイケア

目薬の「防腐剤フリー」を盲信してない?防腐剤が入っている、本当の理由とメリットを学ぼう!

目薬の「防腐剤フリー」を盲信してない?防腐剤が入っている、本当の理由とメリットを学ぼう!

出典:Health – Pinterest

目薬を選ぶとき、最近は防腐剤の入っていない製品を選ぶ方が多くなってきました。近年では防腐剤フリーの商品も数多く流通しており、以前と比べると薬局で手軽に購入することができるようになったこともユーザーを増やしている理由となっています。

しかし目薬に防腐剤が入っていないことで起こる、さまざまな変化もあります。そこで今回は、目薬の防腐剤はなんのために入れられているのかなど、それぞれの利点や欠点をまとめてみました。

もはや日常生活に必要不可欠な目薬。安全に使うためにはどれがいいの?

目薬は大切な目に直接さす医薬品ですから、安全性について神経質になることは必要です。しかも疲れ目やドライアイなど、目薬が必要な症状を抱えた人にとって、生活になくてはならない必需品でもあります。

目薬の防腐剤は何のため?_02

目薬を購入する際、「防腐剤フリー」の商品を手にとる人が増えています。しかしその一方で、防腐剤が添加されていない目薬は細菌が繁殖するため、使用期限がどうしても短くなってしまいます。そのため、今も防腐剤の入った目薬は薬局に並ぶ主要な商品となっています。

では目薬に使用されている、「防腐剤」とは一体、どのような成分なのでしょうか?

目薬の成分表示でよく見かける防腐剤は、「塩化ベンザルコニウム」、「クロロブタノール」、「パラベン」などの成分です。

この中で緑膿菌(りょくのうきん)をはじめとした菌類への殺菌効果が最も高いのは塩化ベンザルコニウムという成分です。その効果は塩化ベンザルコニウム>クロロブタノール>パラベンの順になります。中でも塩化ベンザルコニウムは“逆性石けん”としても知られており、高濃度で使用すると角膜を傷つける可能性が高いといわれています。

こうした防腐剤入りの商品を使用したくない方は防腐剤フリーの商品を選ぶといいでしょう。しかし、防腐剤フリーの商品は開封後の傷みが早く、使用期限を過ぎた目薬を使用することは、細菌で汚染された薬液を点眼することにつながります。

そのため、小分けタイプの目薬でも開封後10日を過ぎれば中身が残っていても必ず捨てる必要があります。

防腐剤は安全な製品のためには必要なこともある

防腐剤が入っているからといって、なにも悪いことばかりではありません。防腐剤といえばいかにも体に悪そうな気がしますが、目に有害な菌が繁殖することを抑えてくれるのですから、そういう意味では立派な有効成分といえるのです。

また点眼薬の剤形は、薬用成分の水に対する溶解性と、水溶液の中での安定性に応じて決定されます。目薬には薬用成分のほかにもさまざまな添加物が配合されており、薬用成分が水に溶けにくい場合には「可溶化剤」、涙液の浸透率を生理的な状態に近づけるために「等張化剤」、薬効の持続性を高めるために「粘稠化剤(ねんちゅうかざい)」を用いるなど、その役割もさまざまです。

防腐剤もそうした剤形の1つであり、防腐剤フリーと書かれた目薬の中にも、小分けタイプや通常サイズの容器を使った製品には「ホウ酸」など効果の低い防腐剤が使用されていることが多いのです。

目薬の防腐剤は何のため?_03
出典:When Cataracts Can Be Melted By Eye Drops – Heals Them

そうしたものまで避けるとなると、目薬を購入する際の選択肢は、1回使い捨てタイプの目薬しか残されていません。

ただし、使い捨てタイプの目薬はどうしても値段が割高となってしまうため、金銭的負担がネックとなります。また保険診療の場合はさまざまな制約から、使い捨てタイプの目薬が使用できないケースが多くあります。

目薬は自分にとって最適なものが一番。「防腐剤=危険」ではありません!

確かに塩化ベンザルコニウムという防腐剤には、タンパク質を変性させる作用があります。しかし角膜が若く健常な人であれば、過剰な使用をおこなわない限り、一般的な目薬の濃度で問題を起こすことはありません。また最近の目薬は角膜上皮障害を避けるため、塩化ベンザルコニウムの濃度をギリギリにまで抑えているものが多くあります。

しかし目薬をさすのが高齢者であったり、ドライアイの患者だったりする場合には、塩化ベンザルコニウムが含有されている目薬は避けた方が無難かもしれません。

目薬の防腐剤は何のため?_04
出典:Suffering from Dry Eye? – My Beverly Hills

なぜなら目薬は長期間さし続けなければならないことが多く、特にドライアイ患者の場合は健康な人と比べて涙の量が少ないため、本来なら涙で洗い流せる防腐剤が流せず、目に留まり続ける結果になるからです。またコンタクトを使用している方も、防腐剤入りの目薬を使うと防腐剤がレンズに吸着してしまうので避けた方が無難でしょう。

このように、目薬を選ぶにもさまざまな長所・短所を考慮して選ぶことが大切です。症状によって、また金銭的な理由など目薬を選ぶ理由は人によってさまざまですから、安心な容量、用法を守って使用することが何よりも大切ですね。

そして、くれぐれも使用期限の過ぎた目薬は使用しないようにしてくださいね!

▼目薬は正しく容量・用法を守って!知っておきたい目薬のお話
防腐剤について(ロート製薬 商品情報サイト)
コンタクト装着時NGの目薬! 眼科医が教える“知って納得”のワケ
実はこんなに奥深い! 知られざる「目薬の歴史」をひもといてみた
目薬で痛みを感じたら!痛み別に見る「隠れた目のトラブル」
目をパチパチさせるのはNG!? 目薬の正しいさし方をマスターしよう

【参考】
一般社団法人 日本眼科用剤協会 – 医療用点眼剤の製剤設計・製造
http://gankayozai.jp/manufacture/index.html
点眼剤一覧 – 管理薬剤師.com
http://kanri.nkdesk.com/drags/tengan.php
川本眼科 – ベンザルコニウム
http://www.kawamotoganka.com/tayori/1131/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

ドライアイ

うちのコは大丈夫…? 犬やネコも『ドライアイ』になる!!

うちのコは大丈夫…? 犬やネコも『ドライアイ』になる!!

いまどきのビジネスパーソンなら気を付けたい『ドライアイ』。まばたきの回数が減り、目に違和感を覚えるもので、パソコンやスマートフォンなどの長時間使用など、目を酷使していることが影響しているようです。このドライアイ、犬やネコにも起こるってご存じでしたか?!

動物と人間の『ドライアイ』は同じものではない

人間に起こるドライアイと、動物に起こるドライアイでは原因が異なります。人間も動物も、どちらも角膜を乾燥から守るために、まばたきをし、常にその表面を涙で湿らせていることは変わりありません。
人間のドライアイは、このまばたきの回数が減少し、目が乾燥することが主な原因です。一方で動物では、まばたきの回数ではなく、涙を分泌する「涙腺」の機能そのものが低下し、目が乾燥することが原因となっているのです。

pet_02

目を守る涙のしくみ

そもそも涙は、人間も動物も仕組みは変わらず三層からできています。一番外側の脂質の層(油層)は水分の蒸発を防ぎます。二番目には水分の層(水層)。三番目のタンパク質の層(ムチン層)は、水分を目の表面に均一に保持します。この三層の働きがあって、涙を角膜の上に維持することができるのです。
通常は涙があることによって細菌や、ゴミなどから角膜が守られています。しかし、涙が減りドライアイになると、目やにが出たり、結膜が充血したり、痛みを感じて目をショボショボさせるなどの症状が現れます。

動物のドライアイの原因とは?

動物の涙腺機能が低下する主な原因としては、「免疫介在性」「先天性」「神経麻痺」「代謝性疾患(甲状腺疾患、副腎疾患、糖尿病など)」「遺伝」など、さまざまな理由が考えられます。
そのため治療方法は、原因によって異なります。ネコよりも犬に発症率が高く、特に眼球の露出面積が大きい犬種(チワワ、パグ、シーズーなど)は注意したほうがいいようです。
結膜が充血を起こしていたり、黄色い目やにが出るようになるなど、大切なペットの目の異常に気が付いたら、まずは獣医に相談してくださいね。

目はどんな生き物にとっても大切な役割のあるものです。人間だけではなくペットの目も大切にしていきたいですね。

【参考】
マスダ動物病院 – 涙のはなしPart2:「ドライアイ」(乾性角結膜炎)
http://www.masuda-rui-heart.sakura.ne.jp/letter/045.html#top
アイリス動物病院 – 犬猫の目の病気、「ドライアイ」について
http://iris-vc.jp/irisblog/?p=503

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ