• HOME
  • エンタメ
  • 目の検査は『視力検査』だけじゃない! 知らなかった目に関する『○○検査』
読み物

目の検査は『視力検査』だけじゃない! 知らなかった目に関する『○○検査』

目の検査は『視力検査』だけじゃない!  知らなかった目に関する『○○検査』

誰もが経験のある、見なれた“C”マークを用いておこなわれる視力検査。
でもちょっと待って!目に関する検査は、なにも視力検査だけではありません。今や『テクノストレス眼症』とも呼ばれる、『VDT症候群』が問題視されている時代。
目を酷使してしまいがちな現代人にとって、知っておいて損はない、目に関する身近だけど知られていない『○○検査』をご紹介します。

1.『細隙灯顕微鏡検査』

kensa_02

出典:China Medical Device−スリットランプ顕微鏡(SLM-1、SLM-2、SLM-3、SLM-4)

目の検査の中でも基本的かつ重要な検査とされているのが、『細隙灯(さいげきとう)』と呼ばれる特殊な拡大鏡を使用する、『細隙灯顕微鏡検査』。
スリットランプの細い帯状の光で瞳を照らし、顕微鏡で拡大して観察することで、結膜や角膜、虹彩、瞳孔、水晶体などの検査をおこないます。
コンタクトレンズのフィッティングを確認するときにも使用されるため、目の異常がなくてもお世話になった方がいるかもしれません。

2.『シルマーテスト』

kensa_03

出典:REVIEW of Ophthalmology−Lose the Pain, But Keep the Gain

ドライアイの診断には欠かせない、『シルマーテスト』。“涙紙(るいし)”と呼ばれる7×50mmの大きさの細いろ紙を、涙点の上にまぶたで挟むことでおこなわれます。
そう、あのなんだかチクチクする紙を目尻にはさむ検査のことです。
こうして5分の間まぶたを閉じ、涙の染み込んだ涙紙の数値を読み取ることで涙の量を計測し、ドライアイの有無を判断するというわけです。
ドライアイの検査にはシルマーテスト以外にもいくつかあり、フルオレセインという色素を点眼し、細隙灯顕微鏡で目の表面の乾燥を観察する『涙液層破壊時間(BUT)検査』や、強い乾燥により障害が生じた部分を観測する『生体染色検査』などがあります。

3.『網膜電図検査(ERG)』

kensa_04
出典:病院の検査の基礎知識 – 網膜電図検査(ERG)

白内障の術前検査としておこなわれる、『網膜電図検査』。電極を埋め込んだ特殊な“コンタクトレンズ電極”を装着し、光の刺激を与えることで網膜に現れる微小な電気信号を記録するという刺激的な検査方法ですが、もちろん点眼麻酔をした上でおこなわれます。
網膜に光を照射すると網膜と角膜の間にある電位に変化が生じるため、この電位変化を増幅して記録・分析するというのが、そのプロセス。
網膜電図は英語では「Electroretinogram」、略してERGと呼ばれています。

4.『視野検査』

kensa_05

出典:West Coast Eye Care−Visual field exam

緑内障のほか、視神経の炎症や網膜はく離など、視野が欠ける症状の診断に用いられるのが、『視野検査』です。
正常な人では片目につき上方60度、下方75度、鼻側に60度、耳側に100度という広い視野角を持っていますが、これがさまざまな眼疾患により欠けてしまった状態を『視野欠損」と言います。この検査にはコンピュータ式の『自動視野計』や、ドーム状の外観を持つ『ゴールドマン型視野計』などが用いられますが、いずれもランダムに現れる光の点により、視野の広さを計測します。
また、視野検査は脳腫瘍の発見にも有効な場合があるため、眼の検査だけではなく、広い意味でも重要な検査といえます。

5.『眼圧検査』

kensa_06
出典:Oftavision – TONOMETRÍA DE NO CONTACTO

房水(ぼうすい)という液体で満たされた、眼球の圧を計測するのが『眼圧検査』です。
通常は房水により10~21mmHgという一定の眼圧が保たれているのですが、内部の房水の供給バランスが崩れることで眼圧が高まり、さまざまな症状を引き起こします。
非接触型の『空気眼圧計』や接触型の『ゴールドマン眼圧計』を用いて眼圧の測定をおこないますが、これにより高眼圧症や緑内障、網膜はく離、虹彩毛様体炎などの症状がないかを測定することができます。

6.『眼底検査』

kensa_07
出典:Dr. med. Corina Röscheisen – STANDARD OPHTHALMIC EXAMINATION

眼球の内壁を構成する組織のことを『眼底』と言いますが、眼底カメラや眼底鏡という器具を使って、眼底の血管や視神経、網膜の状態を調べる検査が『眼底検査』です。
網膜や視神経など目の疾患を調べることはもちろん、糖尿病や高血圧、高脂血症など全身疾患の病状まで把握することができるため、とても重要な検査といえます。
特に緑内障の発見のためには大切で、眼圧の検査だけではわからない『正常眼圧緑内障』の早期発見には、眼底検査での視神経乳頭の所見が決め手とされています。

〜実は増えている『若年性緑内障』〜

ところでみなさんは、「緑内障なんて中高年のかかる病気」だと考えていませんか? 確かに一般的にも、緑内障が発症するのは40代からといわれますよね。
しかし近年になって、20代でも発症することがある『若年性緑内障』が増えているそうです。その原因には諸説ありますが、一説にはステロイドが関係しているのだとか。
実際、筆者も緑内障と診断され、現在も点眼治療と定期的な検査をおこなっています。

知らず知らずのうちに視野が欠けていき、発症すれば進行をおさえる以外の治療法がない、不可逆性の眼疾患が緑内障です。国内の中途失明の原因として、もっとも高い割合を占めている疾患でもあり、早期発見するに越したことはありません。
緑内障の発見のためには、ご紹介した『視野検査』、『眼圧検査』、『眼底検査』の3つの検査が特に重要とされていますので、「若いから関係ない」なんて思わずに、機会があれば受診されることをおすすめします。

7.『レッドグリーンテスト』

kensa_08
出典:簡易検査指標

最後に、誰でも簡単にできる測定テストをご紹介しましょう。
『二色テスト』とも呼ばれるレッドグリーンテストは、メガネやコンタクトレンズなどの視力補正用器具の度数が適正な状態かを測定するために使用される検査方法です。

角膜や水晶体などの“目のレンズ”が色収差(いろしゅうさ)※1を起こす現象を利用したもので、赤と緑をバックにした記号のどちらがはっきりと見えるかを測定し、テストします。

(※1)色収差……レンズで像を作る時に、レンズ材料の分散が原因で発生する収差。層の“色ズレ”として現れる。

視力補正器具を使用している方は、モニターを少し離して、上の画像を見てください。
もし緑色の記号の方がはっきりと見えた場合、あなたの補正器具の度数は過矯正(強すぎ)か低矯正(低すぎ)である可能性があります。
どちらの場合も眼精疲労につながりますので、適正な度数の器具に交換する必要があるかもしれませんよ。

【参考】
眼の検査の種類−40歳を過ぎたら年1回は眼科を受診しましょう

http://www.vdt-life.com/test/

病院の検査の基礎知識−目と耳の病気の検査

http://medical-checkup.info/category/3161904-1.html

Leightons pticians – How Eye Tests help detect other diseases

http://www.leightonsopticians.com/blog/how-eye-tests-help-detect-other-diseases

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

手軽にプチ整形!『まぶたの脂肪吸引』のメリット・デメリットについて

手軽にプチ整形!『まぶたの脂肪吸引』のメリット・デメリットについて

今や、プチ整形で誰でも理想の目元を手に入れられる時代。まぶたの脂肪吸引も、「くっきりとした二重まぶたをつくりたい!」という女性の願いを叶える、プチ整形のひとつです。しかし、本当に効果があるのか、どのようなリスクがあるのかについては、よく分かっていない人も多いはず。

今回は、まぶたの脂肪吸引の施術方法や、メリット・デメリットについてまとめてみました。

くっきり二重を実現できる?まぶたの脂肪吸引とは

まぶたの脂肪吸引は、厚く垂れ下がったまぶたの脂肪を取り除き、パッチリ目元やくっきり二重を実現するプチ整形のひとつです。

まぶたの脂肪には、まぶたの奥のほうにある眼窩脂肪(がんかしぼう)と、まぶたの表面に近い部分にあるROOFの2種類があり、まぶたの脂肪吸引ではより厚みのある眼窩脂肪を取り除きます。

まぶたの“脂肪吸引”とはいっても、まぶたの皮膚はもともと薄く、そのすぐ下に眼球があることを考えると、吸引器具を差し込んで脂肪を吸い出すのは非常に危険です。そのため、上まぶたを小さく切開し、その穴から少しずつ脂肪を引き出して取り除く方法がとられます。

腫れぼったいまぶたが改善?まぶたの脂肪吸引のメリット

まぶたの脂肪吸引_02

まぶたの脂肪吸引には、主に以下に挙げる2つのメリットがあります。

●眼窩脂肪がもともと厚い人は、目元がスッキリする

眼窩脂肪は、まぶた表面にある脂肪のROOFに比べれば、しっかりと厚みのある脂肪です。そのため、もともと眼窩脂肪が厚い人や、眼窩脂肪が二重線にかかるほど垂れ下がっている人の場合は、まぶたの脂肪吸引により眼窩脂肪を除去することで、目元がスッキリと見えることがあります。

●埋没法の効果を高める

埋没法とは、医療用の細い糸を用いてまぶたを内側から留め、くっきりとした二重をつくるプチ整形のひとつです。メスを使わず、ほかの施術に比べて目への負担も少ないことから、人気を集めています。

ただし、ただまぶたを糸で留めているだけなので、糸がゆるんだりたるんだりする可能性があることは、埋没法のデメリットのひとつ。術後の経過とともにまぶたの脂肪の重みや重力の影響を受け、希望通りのくっきりとした二重にならないこともあります。

しかし、まぶたの脂肪吸引によってあらかじめ眼窩脂肪を除去しておけば、より埋没法の効果を高めることができます。クリニックによっては、埋没法とまぶたの脂肪吸引がセットになっているところもあるようです。

本当に効果があるの?まぶたの脂肪吸引のデメリット

まぶたの脂肪吸引_03

まぶたの脂肪吸引には一定の効果が現れる人もいる一方で、以下に挙げる3つのデメリットもあります。

●施術に向いている人と向いていない人がいる

前述の通り、眼窩脂肪はまぶたの奥にある脂肪なので、たとえ取り除いたとしても、よほど眼窩脂肪に厚みがある人やかなり垂れ下がっている人でない限り、見た目にはっきりとした効果は現れません。

二重への影響は、まぶた表面に近いROOFや目周辺の眼輪筋のほうが大きいので、まぶたの脂肪吸引単独では、期待するほどの効果が得られないことも少なくないのです。

また、そもそも、小さく切開したくらいの穴では脂肪が十分に取り除けないと考える医師もいます。

●脂肪を取り過ぎると逆効果になる

眼窩脂肪の厚みが標準程度の人、または、標準より薄い人にまぶたの脂肪吸引を施すと、脂肪を取り過ぎてしまう可能性があります。将来的に目の上がくぼみやすくなることにつながるので、美容の観点からいえばむしろ逆効果だといえるでしょう。

●ダウンタイムを考慮する必要がある

ダウンタイムとは、施術を受けた後、日常生活に復帰できるまでの期間を指します。代表的なダウンタイムの症状は痛みや腫れ、内出血などで、これらはもちろん、まぶたの脂肪吸引後も起こる可能性があります。

ダウンタイムの期間や症状は施術方法によって異なりますが、同じ施術方法でも医師の技術力によって差が出ることもあります。そのため、信頼できるクリニックで施術を受けることが大変重要です。

プチ整形には、高額なお金を払ったにもかかわらず、効果が出なかったり、失敗してしまったりするリスクももちろんあります。施術を受ける前に、本当に必要なことかよく考え、自分の体のことをきちんと考えてくれる医師に相談することをおすすめします。

▼整形せずに魅力的な目元をつくる方法ってあるの!?
可愛く盛るために何してる?“目もとオシャレ”トーク(ロート製薬 商品情報サイト)
美人やイケメンは自分で作る時代!NO整形で目と眉毛を近づける裏技
カワイイはつくれる!目を大きく見せる涙袋の作り方
「アイプチ」ユーザー必見!自然な二重を作るコツと注意点まとめ

<参考>
二重プチ整形にまぶたの脂肪吸引は必要? クリニック別の手術プラン
https://nicoly.jp/article/817
脂肪とり、厚みとり|まぶたをむくみにくく二重を取れにくくする方法
http://www.motobi.jp/treatment/1718/
まぶたの脂肪吸引は効果が少ない!医師が教える効果と注意点
http://kirei-kyokasho.com/eyelid-liposuction-2354#i-2
埋没法とは|人気医師が答える二重の整形エトセトラ
http://www.sbc-futae.com/maibotsu.html
美容整形のダウンタイムとは?
https://www.biyou-antiageing.net/faq/faq008/
腫れぼったい目元もすっきり!まぶたの脂肪吸引の施術まとめ
https://nicoly.jp/article/6251

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ