• HOME
  • エンタメ
  • あなたの態度は大丈夫? 目は口ほどに物を言う=目の動きでウソがバレる!?
読み物

あなたの態度は大丈夫? 目は口ほどに物を言う=目の動きでウソがバレる!?

あなたの態度は大丈夫? 目は口ほどに物を言う=目の動きでウソがバレる!?

“ウソ”をつかない人はいないのではないでしょうか。善悪やことの大小はともかくとして、人はウソをついてしまう瞬間があります。
しかし、もしそのウソを目の動きだけで見破られてしまうとしたらどうしますか?

シラを切っているつもりでも、体は“ウソ”のストレスに耐えられない

人がウソをつくときには、いくつかの身体現象が現れます。
例えば、「鼻をかく」。これは、ウソをついたストレスによって交感神経が活発になり、鼻の内部組織が膨張してムズムズするためなのだそうです。
このように人は、ウソをつくことで生じる“罪悪感”や“恐怖心”がストレスとなり、そこから解放されるためにしばしばアクションを起こしてしまうのです。
中でも顕著に表れるのは「目の動き」。しかもこれは、女性より男性の方がわかりやすいのだそうです!

人は“ウソ”をつくとき、右上を見てしまう

あなたはウソをつくとき、つい右上を見上げていませんか?これは相手に「ウソをついている」というサインを送っているのと同じことです。
この目の動きは、右脳と左脳の働きによって視線の先が変わるために起こります。左脳は言語を司り、右半身を支配しているので、ウソをつくために“経験していないことを想像しながら言葉を選んでいるとき”には視線が右上に動きます。反対に真実を伝えるときは、“過去の出来事を視覚的に思い出す”などの感覚を司る右脳が働き、右脳が支配している左側に視線が動きます。これは一般的に右利きの人に当てはまる傾向で、左利きや両利きの人では判断が難しいのだそうです。

uso_02

「目が泳ぐ」「目をこする」「目線を合わせない」

ほかにもウソをついている可能性がある目の動きがあります。小心者の人ほど「目が泳ぐ」。相手と目を合わせたくないために、「目をこする」「視線を合わせない」なども怪しい動きです。また、これは男性によく見られる行動で、女性の場合はウソをつくときに「相手の目をまっすぐ見る」という傾向があるのだそうです。熱い視線で堂々と語られてしまうと、それが“ウソ”なのか“真実”なのか見分けるのは難しそうですね。

「目は口ほどに物を言う」とは、まさにこのことですね。少し気を付けてみればわかってしまいそうな相手の“ウソ”。あなたは自分の目を見開いて、相手の言葉が真実かウソか見極めてみたいですか?

【参考】
LAURIER‐男性の方がわかりやすい? うそを見破る方法 http://www.excite.co.jp/News/laurier/partner/E1353290992686.html?_p=2

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

視覚障がいがあっても一緒に楽しもう!言葉や聴覚を活用したゲームを紹介

視覚障がいがあっても一緒に楽しもう!言葉や聴覚を活用したゲームを紹介

私たち人間にとって「目」は、日常生活はもちろんのことレジャーなど、遊ぶ時にも欠かせません。しかし、世の中には視覚障がいをお持ちの方もいらっしゃいます。

でも視覚障がいがあるからといって、一緒にゲームをしたりすることを諦める必要はありません。実は、視覚障がいがある方でも一緒に楽しめるゲームがあるのです!

そこで今回は、言葉や聴覚を活用したゲームをご紹介します。

視覚障がいがあっても一緒にできる!「アラビアの壺」とは?

視覚障がいがあってもできるゲームまとめ_02

アラビアの壺というゲームをご存知でしょうか? 一体どのようなゲームかというと、3×3のマス目に用意されている壺を用いて、この壺が縦・横・斜めのいずれか一列に並べ、同じ音の壺をそろえた人が勝ち、というゲームです。

実はこの壺は色で分かれているのではなく、壺は全て同じ色。判断材料はしかありません。その為視覚障がいの方と健常者の方が一緒に楽しむことができるのです。

順番がきたプレーヤーはそれぞれの壺を手に取って振り、音を確認します。音は「シャカシャカ」や「コロンコロン」、「チリンチリン」といった、とてもシンプルなものです。ですが聴覚を最大限利用するゲームなので、健常者であっても没頭するゲーム内容になっています。

体内時計を活用して”ピタリ賞”を狙おう!

視覚障がいがあってもできるゲームまとめ_03

この体内時計を活用したゲームとは、目をつぶって1分間数え、1分経ったと思ったら目を開けるといった「ピタリ賞」を当てるゲームです。

体内時計を活用しているので、自分自身がいればゲームは始められます。場所や人数、必要なものもありません。体内時計であれば誰でも備わっているものなので、どんな視覚障がいの程度や状態の人でも参加することができます。

言葉を用いたゲームやカラオケで、皆で一緒に楽しもう

視覚障がいがあってもできるゲームまとめ_04

皆さんもよく子どもの頃にやった人もいるかもしれませんが、しりとりや山手線ゲーム、なぞなぞといった遊びも視覚は必要ありません。言葉が話せれば参加できる遊びですね。

それから用いる曲や人によって歌詞が必要になる場合もありますが、カラオケも曲が聞こえれば皆一緒に楽しむことができますね。

いかがでしたでしょうか? もし皆さんの周りに視覚障がいをお持ちの方がいたら、ぜひ誘って一緒にゲームを楽しんでみてくださいね。

▼「見えなくなる」は他人事じゃない!
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

▼視覚障がいについて正しく理解できる豆知識は他にも!
街で視覚障がい者に出会ったら……即実践! 正しいサポート方法とは
サイレント映画から前衛的なミュージカルまで! 一度は見てほしい、視覚障がいに向き合った傑作映画5選
写真の翻訳、歩行支援、色のメガネ…… 視覚障がい者をサポートする便利なアプリ7選!
見えない世界で見えるものとは? 視覚障がい者の美術鑑賞
社会人ならマスターしたい! 視覚障がい者の正しい手助け方

▼参考URL
Yahoo!知恵袋
視覚障がい(後天的な弱視、全盲)の方も楽しんで頂ける「ゲーム」「パズル」「レクリエーション」などがあったら教えてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1133788691
(Yahoo!知恵袋)
Handicap 視覚障がい者と健常者がガチで勝負できるボードゲーム「アラビアの壺」
https://plus-handicap.com/2014/12/4583/
(Handicap)

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ