• HOME
  • エンタメ
  • 寒い季節も健やかに過ごしたい!目の健康にもご利益がある病気平癒の神様まとめ~北海道編~
読み物

寒い季節も健やかに過ごしたい!目の健康にもご利益がある病気平癒の神様まとめ~北海道編~

寒い季節も健やかに過ごしたい!目の健康にもご利益がある病気平癒の神様まとめ~北海道編~

冷え込みが厳しくなる冬は、風邪やインフルエンザが流行する、空気が乾燥してのどや目の調子が悪くなるなど、体調がいまいちスッキリしません。しかし、この時期の北海道には雪まつりや雪景色など、今しか見ることのできない魅力がたくさんあります。

冬の北海道を満喫しに行くなら、一緒に健康祈願へも行ってみませんか?病気平癒だけでなく目の病気にもご利益のある神社をまとめました。

乳神神社(ちちがみじんじゃ):十勝郡

目の神様_02

浦幌神社の敷地内にある乳神神社は、浦幌町瀬多来地区の森にあったナラの老木をご神木として祀ったのが起源だそうです。

1962年の台風によりご神木は倒れてしまいましたが、乳房のような形の2つのコブは残り、今でもご神木の一部がご神体として祀られ、「乳神様」と親しまれています。

「乳神様にお供えしたお米で炊いたご飯を食べたら母乳が出た」「乳神様にお供えした水を飲んだら病気が治った」と、乳神様には数々の逸話があります。母乳が出にくい人や婦人系の病気に悩む人を救ってきたといわれ、「おっぱいの神様」として全国的にも広く知られているそう。

病気平癒にもご利益があるといわれており、地元の人たちに古くから信仰されています。女性なら一度は行ってみたい神社ですね。

住所:北海道十勝郡浦幌町字東山町18-1
アクセス:JR浦幌駅より徒歩12分

西野神社(にしのじんじゃ):札幌市

目の神様_03

西野神社は1885年(明治18年)、土地開発のためにきた移民により建設されました。札幌のパワースポットとして知られており、病気平癒の祈願のために訪れる人の姿も多く見られます。

注目したいのは、300以上もあるお守りです。健康や病気関係のお守りである「病除守」だけでも9種類あり、糖尿病や癌、胃腸系などがあります。

目の病気にも対応した「目耳鼻病除守」もあるので、目の健康を願う人にもおすすめです。病気平癒のご利益にあやかりたい方は、購入してみてはいかがでしょうか。

住所:北海道札幌市西区平和1条-3
アクセス:地下鉄寒南駅よりバスで約20分

北海道神宮:札幌市

目の神様_04

円山公園に隣接している北海道神宮も、病気平癒にご利益があります。

1869年(明治2年)に「蝦夷地」から「北海道」に名称が変わったことを機に、北海道の開拓・発展の守護神として開拓三神が祀られたのがはじまりです。社殿が現在の場所に建てられたのは1871年(明治4年)ですが、当時の社名は「札幌神社」でした。

1906年(明治39年)、開国を決めて西洋の文明を取り入れたことで日本の発展のきっかけを作った明治天皇を新たにお祀りし、「北海道神宮」となりました。北海道神宮には健康に関するお守りがあり、病気平癒の祈願のために購入する人もたくさんいます。

「北の守護神」とも呼ばれる開拓三神と明治天皇の力を感じるパワースポットで、健康を祈願してみてはいかがでしょうか?

住所:北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
アクセス:地下鉄円山公園駅より徒歩15分

今回は北海道エリアで病気平癒にご利益のあるスポットをご紹介しましたが、いかがでしたか?「北の守護神」「おっぱいの神様」とインパクトのある名前の神様が祀られている、種類豊富なお守りが用意されている、など、記憶に残りやすい神社ばかりですね。

観光やイベントの合間に目の健康や病気平癒を祈願して、この冬を楽しく過ごしましょう。

▼全国各地の「目の神様」へ会いに行こう!ほかのエリアはこちらから
寒サニ負ケズ、雪ニモ負ケズ、目の健康を祈願しよう!目にご利益のある神様まとめ~東北編~
休日のお出かけに立ち寄ってみよう!目にご利益のある神様まとめ~近畿地方編~

▼寒い季節に気になる目の乾燥。しっかりケアできていますか?
目のトラブルについて~ドライアイ~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
浦幌神社
https://www.urahorojinja.org/
西野神社
http://nishinojinja.or.jp/
北海道神宮
http://www.hokkaidojingu.or.jp/
北海道神宮|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E7%A5%9E%E5%AE%AE

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

目の病気

寒い季節はご用心!冬場に増える目のトラブル『眼底出血』とは?

寒い季節はご用心!冬場に増える目のトラブル『眼底出血』とは?

朝晩の冷え込みが厳しくなるにつれて風邪やインフルエンザなどが流行りますが、注意したい病気はそれだけではありません。今回は寒い季節に起こりやすい目のトラブル、『眼底出血』についてお届けします。

高血圧は眼底出血を発症するリスクが高い!

眼底出血とは、眼底内の網膜にある血管の一部が出血することをいいます。出血を引き起こす原因は目の病気だけでなく、全身の健康状態が密接に関わっていることをご存知でしょうか?ここで眼底出血が起こりやすい3つのタイプをご紹介しましょう。

眼底出血_02

1. 高血圧
2. 高脂血症(脂質異常症)
3. 糖尿病(予備軍も含む)

この3つは生活習慣病であり、動脈硬化を進行させる危険因子として広く知られています。動脈硬化とは、文字どおり血管が硬くなる病気です。血管が硬くなると、血管の弾力性が失われたり血液の通り道がせまくなったりして、血流を悪くします。すると、さまざまな臓器にトラブルが起こります。

その1つが、目の網膜に起こるトラブルです。網膜には細かい血管が密集しているため、動脈硬化の状態が長く続くと、網膜の血管は少しずつ変形したり、詰まりを起こしたりします。この状態では酸素や栄養が網膜のすみずみまで行き渡らなくなることから、網膜では新しい血管を作って、酸素や栄養の通り道を補おうとします。

ところが、新しくできた血管は非常にもろいため、出血を起こしやすいのです。これが、動脈硬化によって眼底出血を引き起こすメカニズムです。

眼底出血の引き金となる「ヒートショック」とは?

生活習慣病を持っている方は眼底出血を起こしやすいことがわかったところで、続いては「なぜ、寒くなると眼底出血が増えるのか?」についてご説明します。実は、「ヒートショック」が深く関係しているのです。

●ヒートショックとは?

暖かい部屋から寒い部屋への移動など、急激な温度変化により血圧が上下に大きく変動することで起こる健康被害。失神や不整脈、心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険性あり。

眼底出血_03

ヒートショックという言葉を知っている方は多いと思いますが、体だけではなく、目にも悪影響をおよぼすことをご存知でしょうか?

高血圧などの生活習慣病を持っている方は、動脈硬化が進んでいるために血管が傷んでもろくなっている状態です。そんな方が寒い脱衣所で震えながら服を脱ぎ、いきなり熱い湯船につかるとどうなるでしょうか?急激な血圧変動に網膜の血管が耐えられず、眼底出血を起こす可能性があります。

ヒートショックの影響で起こる眼底出血の要因には、網膜内の静脈が詰まる『網膜静脈閉塞症』という代表的な病気があります。詰

まる場所によって自覚症状は異なりますが、血管が詰まりを起こしているところで出血し、漏れた血液などが黄班部におよぶと、物がゆがんで見えたり、視力が低下したりします。

また、網膜全体に血液成分や水分が漏れ出してしまうとむくみが起こり、視力が急激に低下したり、視野が暗くなったりします。

冬場の入浴やトイレなど温度変化のある場所を利用した直後、「急に目の前がまっ暗になった」「視野の一部が欠けた」という場合は、ヒートショックによる眼底出血の可能性があります。すぐに眼科を受診しましょう。

知っておきたい!ヒートショックによる眼底出血の予防策

ヒートショックによる眼底出血を防ぐためには、急激な温度変化をなくすことが大切です。早速、予防策をご紹介しましょう。

1.脱衣所とトイレに暖房器具を設置する

眼底出血_04

ヒートショックの大半はこの2つの場所で起こっています。リビングとの温度差は5℃未満が安全とされていますから、リビングが25℃の場合は脱衣所やトイレは20℃以上を心がけましょう。

2.入浴前に浴室を温めておく

浴槽にお湯をはるときにシャワーを使ってお湯をはると、湯気で浴槽全体が暖まるのでおすすめです。

3.浴槽のお湯の温度は41℃以下

お湯の温度が高いほど血圧のアップダウンは激しくなります。熱湯はひかえ、41度以下で入浴するようにしましょう。

4.飲酒後に入浴はしない

もともと飲酒後は血圧が下がりやすく、湯船で体が温まるとさらに血圧が下がりやすくなるために大変危険です。飲酒後の入浴は厳禁。どうしても入りたい場合は、シャワーで済ませましょう。

5.入浴の前後にコップ1杯の水を飲む

眼底出血_05

体内の水分が不足すると血圧が上がりやすくなります。入浴前後は特に、水分補給をお忘れなく。

歳をとれば誰にでも訪れる老眼とは違い、冬場の眼底出血は予防することが可能です。生活習慣病の方は食生活や運動を見直し、住環境のヒートショック対策も取り入れましょう。こうした努力が目と全身の健康を向上させる第一歩となるのです。

▼合わせて読みたい眼底出血に関する特集記事はコチラ
目が発信する危険信号を見逃さないで!眼底出血はさまざまな病気を知らせる重要な「サイン」だった
健やかに春を迎えるために……知っておきたい「冬に起こる目のトラブル」あれこれ

▼その他の気になる目のトラブルはコチラをチェック!
目のトラブルについて~充血~(ロート製薬 商品情報サイト)
目のトラブルについて~飛蚊症~(ロート製薬 商品情報サイト)
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
冬に増える眼底出血(その①) 網膜静脈閉塞症が多い! おぐり近視眼科コラム
http://ogurikinshi.com/column/?p=1475
冬に多い病気の防ぎ方と心構え Let’s take five
http://opticajp.exblog.jp/14788399/
ヒートショックの死亡者数は交通事故の4倍!今日からできる7つの対策
http://sumartnavi.com/heat-shock/
熱めのお風呂は要注意!ヒートショックを防ぐ「5か条」とは? – 医療総合QLife
https://www.qlife.jp/square/healthcare/story60334.html
高齢者、寒い日にご用心 温度・湿度を家族も確認を|くらし&ハウス|NIKKEI STYLE
https://style.nikkei.com/article/DGXKZO94182420Z11C15A1NZBP01?channel=DF130120166126&n_cid=LMNST011
冬はこんなところで病気を招く! [感染症] All About
https://allabout.co.jp/gm/gc/300788/
『図解 やさしくわかる目の病気』 株式会社ナツメ社

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ