• HOME
  • エンタメ
  • 意外と知らない??日本語の「目」がつくことわざ・慣用句を英訳すると……
トリビア

意外と知らない??日本語の「目」がつくことわざ・慣用句を英訳すると……

意外と知らない??日本語の「目」がつくことわざ・慣用句を英訳すると……

目が重要な役割を果たす感覚器官であることはみなさんご存知のとおり。私たちが普段使っていることわざや慣用句にもたくさんの「目」を含む表現が存在することから、昔から目がいかに大事なものと考えられてきたかをうかがい知ることができます。

それでは前回に引き続き、日本語の「目」を含むことわざ・慣用句を英語に訳すとどうなるか、クイズ形式でお送りします。みなさんは何問正解できるでしょうか?

1.壁に耳あり障子に目あり(難易度★☆☆☆☆)

ことわざ英訳_02

誰もが知っているだろうこちらのことわざ。どこで誰が聞いているかわからないから発言には気をつけて、という意味です。なんと英語でも “Walls have ears” 、つまり「壁に耳がある」という表現をするのです。とても覚えやすいですよね!「壁」がwallsと複数形になることだけ注意してください。

一説によれば、このことわざははるか昔、イタリアのシラクサの王様であったディオニュシオス1世が、宮殿の中のすべての会話が聞こえるように部屋同士を廊下でつないだことが起源となっているそうです。

ディオニュシオス1世は、残虐で執念深い王として悪名高かったといわれており、このことわざにも彼の考え方が端的に表れているといえそうです。

2.面目ない(難易度★★☆☆☆)

ことわざ英訳_03

「こんなことになってしまって面目ない……」もちろん使わないに越したことはないのですが、とても身近なこの表現。ここにも「目」が入っていますね。意味を考えてそのまま訳せば正解に行きつきそうです。

英語では “be ashamed” 。「恥じる」という意味です。聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?後ろに “of myself” (=自分のことを)とつけるとより意味が強められます。

“I am really ashamed of myself.” 「面目次第もございません」

トラブルを起こしてしまったときの保険として覚えておくと、最悪の事態は回避できるかもしれません。

3.鵜の目鷹の目(難易度★★★★☆)

ことわざ英訳_04

鵜や鷹が獲物を探すときのような鋭い目つきのこと。何かを探し出そうとしているときなどによく使う表現です。英語ではどのように表現するのでしょうか?

正解は “eager eyes” 。「鋭い目」です。 “to seek(look) with eager eyes” といえば、「鵜の目鷹の目で探す」となります。

“He was looking with eager eyes.” 「彼は鵜の目鷹の目で探していた。」

eagerといえば、 “be eager to~” 「しきりに~したがっている」という表現で覚えた!という方もいることでしょう。自分の欲求や欲望が言動に表れているというニュアンスが、“eager eyes” にも共通しているといえそうです。ぜひ一緒に覚えてみてはいかがでしょうか?

4.脇目も振らず(難易度★★★★☆)

ことわざ英訳_05

1つのことに熱心になったり夢中になったりして、よそ見をしない様子のことです。仕事や趣味に打ち込んでいる人、あるいは、恋愛に夢中になっている人などを表すのに使いますね。

英語では “put one’s heart and soul” と表現します。直訳すれば「自分の心と魂を置く」となりますが、この単語のチョイスは日本語の「心血を注ぐ」「全身全霊で」といった言い回しに近いです。別の言語に一度訳してみて初めて、日本語の類義語・同義語を思い出すのはとてもユニークですね。

“She put her heart and soul into her work.” 「彼女は脇目も振らず仕事に没頭した。」

5.生き馬の目を抜く(2つ正解あり:難易度★★★★★)

ことわざ英訳_06

最後はこちらのことわざ。生きている馬の目を抜くほど素早く何かをすること、という意味が転じて、油断のならない様子のことをいいます。英語では、それぞれ違うものを使った2通りの表現が該当するようです。

1つ目は “pull out one’s eye-teeth(糸切り歯を引き抜く)” 。馬ではなく人間の歯になってしまいましたが、元のことわざに少し似ていますね。しかも、「糸切り歯」= eye-teethにeye(目)が含まれていて、何とも面白い表現です。

2つ目は “sharp-shooter (狙撃の名手)” 。 “He is a sharp-shooter. (彼は生き馬の目を抜くような奴だ) ” といえば、俊敏で抜け目のない人を端的に表すことができます。

今回は少し難しい問題を中心に出題してみました。5問中、何問正解できたでしょうか?

本シリーズでは引き続き、日本語の「目」にまつわることわざについて取り上げていきます。どうぞお楽しみに!

▼まさに「目が離せない」、目にまつわる語学トリビア記事おすすめ3選
あなたは何問答えられる?小学校で習う「目」がつくことわざを英訳すると……
「黒い目」は言語別でまったく意味が違う!? 「目の色」にまつわる表現いろいろ
知ったらどんどん使いたくなる!「目」が入った英語の慣用句・日常表現5選

▼勉強やスマホにテレビ…子どもの目だって疲れているんです
子どもの目はとっても大変!疲れ目CHECK!(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
英和辞典 Weblio辞書
https://ejje.weblio.jp/
コトバンク
https://kotobank.jp/
故事ことわざ辞典
http://kotowaza-allguide.com/
Dictionary.com
http://www.dictionary.com
ディオニュシオス1世 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ディオニュシオス1世

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

文化の違いも共通点も丸わかり!?日本語表現も一緒に学ぼう!英語の「目」の慣用句・日常表現4選

文化の違いも共通点も丸わかり!?日本語表現も一緒に学ぼう!英語の「目」の慣用句・日常表現4選

英語を勉強していて、「あれ?こんな表現、日本語にもあったかも」と思ったことはありませんか?2つの異なる言語の間では、同様の意味を持つことわざや慣用句があるかと思えば、まったく違う単語を使って同じような意味を表す表現もあります。

そこで今回は、英語の「目」にまつわる表現の中から、日本語と似た表現や、日本語との違いが面白い表現を選んでご紹介。英語の慣用句・日常表現を楽しく学びましょう!

easy on the eye

直訳すれば「目に簡単だ」「目にやさしい」となるこの口語表現。たとえば、 “She’s easy on the eye!” というと、「あの子はキレイだね(見ててこっちの気分までよくなるよ)!」と、単に目の前の女の子の容姿が美しいことだけではなく、それを見た結果としての自分の気持ちもあわせて表すことができます。

日本語の「目にやさしい」とは、少し意味が異なってくるでしょうか。

人に対して使えば「(心地よくさせてくれるほど)美しい人、かっこいい人」という意味になりますが、 painting(絵)などに対しても使えます。また、 eye(目)を ear(耳)に変えると、「聴いていて心地よくなる」という表現になります。

“This music is easy on the ear.” 「この音楽を聴いていると心地よくなる」

my eyes are popping out of my head

英語_02

「目が頭から飛び出す」、つまり「驚く」という意味の表現です。日本語でも英語でも似たような形と意味になるのは、びっくりしたときに目を見開く(その結果、ふだんよりも眼球が出ているように見える)というジェスチャーが共通しているからでしょう。

とはいっても、実際に目が丸ごと顔から飛び出すわけではありませんよね。下の例文のように、 almostやnearlyなど「ほとんど」という意味を持つ言葉とともに使われて、「目が飛び出そうだった」という表現になることが多いようです。

“My eyes are almost popping out of my head with astonishment.” 「驚きのあまり目が飛び出そうだった」

なお、この場合の「飛び出す」には、 pop outを使います。 popという単語を動詞として使うと、“The cork popped.” 「コルク栓がポンと音を立てて抜けた」といったように、動作が突然起こるというニュアンスや、ポン!とはじけるように出る小気味のよい雰囲気を表すことができます。ぜひ覚えておきましょう。

hit the bull’s-eye

英語_03

bull は雄牛のことなので、全体を直訳すると「雄牛の目を射る」となりますが、これは「急所をつく」「命中する」「図星だ」などという意味です。ダーツに親しんでいる人なら、標的の中心に位置する円のことを bull’s-eyeと呼ぶことから、想像がついたかもしれませんね。

“The arrow hit the bull’s-eye.” 「矢は中心円に当たった」

ところで、日本語には「正鵠(せいこく)を射る」という表現がありますね。「正鵠」は射的に用いられる的の中心円のことなので、英語の“hit the bull’s-eye”とかなり似た表現だといえそうです。

a feast for the eyes

これは日本語の「目の保養」「眼福」に相当する表現です。feastは、「宴会」「祝祭」などとともに「ご馳走」という意味を持っています。そのためこの表現は「目にとってのご馳走」、つまり「目を楽しませてくれるもの」という意味になります。

実際には食べられないものを説明する表現なので、早とちりして和訳しないように注意しましょう。

“The garden is a feast for the eyes.” 「その庭園は目の保養になる」

ちなみに “a feast for the eyes and the stomach” という言い回しもあります。 stomach(お腹、胃)という単語がプラスされるので、 こちらは「目で見ても楽しく、味わってもおいしいご馳走」という意味になります。

いかがでしたか?英語にはほかにもたくさん、「目」にまつわる面白い表現があります。英語の慣用句・日常表現に触れることを通じて、言葉自体の面白さを味わってみてください。

▼学問に王道なし!でも「目」からはたくさん英語が学べちゃう!?おすすめ記事はコチラ
直訳NGな表現に注意!あの職業にも「目」が関係している!?英語の「目」の慣用句・日常表現6選
あの名曲のタイトルにも!?ビジネスでも日常会話でも使えるちょっと粋な英語の「目」の慣用句・日常表現6選
英語が苦手な人は必見!今日から使える「目」の慣用句・日常表現6選

▼勉強のしすぎで目の疲れが溜まっていませんか?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
英和辞典・和英辞典 – Weblio辞書
http://ejje.weblio.jp/
Idioms and phrases
http://idioms.thefreedictionary.com/
Oxford Dictionaries – Dictionary, Thesaurus, & Grammar
https://en.oxforddictionaries.com/
英辞郎 on the WEB
https://eow.alc.co.jp/
コトバンク
https://kotobank.jp/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ