• HOME
  • エンタメ
  • 男女で色の見え方が違うって本当?色覚の違いに性差がある理由
トリビア

男女で色の見え方が違うって本当?
色覚の違いに性差がある理由

男女で色の見え方が違うって本当?<br />色覚の違いに性差がある理由

「男性と女性は違う生き物」なんて言う人もいますが、実際に男性と女性は異なる世界を感じながら生活しているのかもしれません。

近年おこなわれた研究によると、色の見分け方には男女で違いがあるらしいことがわかりました。その違いには、どうやら男女間における進化の影響があるようなのです。

女性は男性より多くの色を見ることができる?

男女で色の見え方に違いがある――そんな研究結果を発表したのは、ニューヨーク州立大学ブルックリン校のイズリエル・エイブラモフ心理学教授。

正常色覚を持つ16歳以上の若い男女を対象におこなわれた一連の研究では、色の識別と動体認識を中心とした調査の中で、個体差だけでは説明のつかない男女の見え方の違いがあることが示唆されました。

gender differences_02
出典:RGB|CMY Digital Color Atlas | Blog – Becoming a Colorist

研究によると、おおよそ全ての色について女性は男性よりも色を識別する能力に優れており、より細かな色の違いを見分けることができたそうです。

では、なぜ男女で色の見え方が異なるのでしょうか? エイブラモフ教授によると、男女間における『可視スペクトル』のとらえ方の違いが、このような結果として現れているのだとか。
エイブラモフ教授は、その理由についてこう述べています。

“「可視スペクトルのほぼ全域にわたって、同じ色相を知覚するのに男性は女性よりやや長い波長を必要とする」”

出典:ナショナルジオグラフィック日本版サイト – 男性と女性、ものの見え方に違い

この波長の長さの違いにより、女性はより詳細な色を識別する能力に秀でていると考えられるのです。

また、視覚的には波長が長いほど“暖かい色”として現れるため、男女で異なる波長の捉え方は、色の認識にも微妙な違いとなって現れます。
具体的には、女性は黄色、緑色、青色といった色の識別能力が男性に比べてより高く、男性はオレンジ色が女性に比べて赤みがかった色彩に感じられるなど、やや暖色寄りの色となって認識されるらしいのです。

ちなみに、通常よりも多い色覚を持つ『4色型色覚』の割合も、男性より女性の方が高いということがわかっています。

▼『色覚』おもしろコラムはコチラ
まるで『グリム童話』の世界。 色覚障害を持つカメラマンが写しだす風景が幻想的
色のない世界ってどんなもの? 色覚異常を持つ人のモノの見え方を疑似体験
『4色型色覚』を持つアーティストが描く絵が美しすぎる!

見え方の違いに男性ホルモンが影響?

エイブラモフ教授は、「男女の色覚の違いは、目の構造によるものだけでは説明がつかない」とした上で、「男性ホルモンであるテストステロンが、なんらかの形で男性と女性の視覚認識に重要な役割を果たしている」と述べています。

gender differences_03

では、なぜ男性ホルモンが見え方の違いとなって現れるのでしょうか?

目の構造そのものは男女で異なるわけではありませんから、色相や視覚の捉え方の違いは、脳の処理能力の違いだと考えることができます。また、この研究による男女の見え方の違いで顕著となったのが、“細部の素早い変化を遠くからとらえる能力”。いわゆる『動体視力』でした。

▼『動体視力』なら、こちらもオススメ
かけるだけで動体視力がアップ!? 動体視力トレーニングメガネ『プライマリー』がすごい!
見るだけ簡単!眼筋トレーニング動画で目ヂカラUP↑ 老眼対策にも!

答えはヒトの進化にあり!?

実は、男性は女性に比べて、視覚野(大脳皮質のうち視覚に直接関係のある領域)のニューロン(※)の数が25%ほど多いと言われています。このニューロンに影響を与えるのが、男性ホルモンの一種『テストステロン』なのです。

(※)ニュートロン……原子核を構成する中性(無電荷)の粒子=中性子

研究チームは、このテストステロンにおける男女の違いを、いわゆる『狩猟採集仮説』を裏付けるものだと主張しています。
狩猟採集仮説とは、“人類の進化が狩猟・採集行動によって影響を受けた”とするものですから、動体視力とテストステロンの関係は一定の説得力を帯びてきます。

では、狩猟ではなく、木の実などの“採集”を中心としていた女性にとって、こうした色の違いを見分ける能力は、より重要であったのでしょうか?

gender differences_05

今回の研究で明らかになった、女性は色の識別能力に優れるという傾向と、男性は動体視力に優れるという傾向。こうした視覚の性差は、進化の過程における男女の役割分担と密接につながっています。

なにより、子を生み育てるという役割分担の中で、子どもの顔色の変化や排泄物の色の違いなどの子細な変化を見極める感受性は、女性にとってより必要な能力として進化していったのかもしれません。

gender differences_04

でもこう考えると、この研究は農耕民族と呼ばれる日本人には適用されないのでは? なんて考えてしまいますよね。

しかし、農耕民族という区分けは、農耕社会が確立されて以降の考え方です。人類学上は新石器時代までの全ての人類は狩猟採集社会だったと言われていますから、この結果は私たちにも適応されると考えていいと思います。

いかがでしたか?
女性による多彩な色の感受性。あなたには思い当たるところがあるでしょうか?

▼動物の見え方についてはこちら
ペットにはどう見えている!?人間と動物の見え方の違いを探ってみた!

▼年齢が気になってきたら…
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)


【参考】
Daily Mail Online – Men and women really DO see things differently: Our brains process colours in different ways
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2197888/Men-women-really-DO-things-differently-Our-brains-process-colours-different-ways.html
ナショナルジオグラフィック日本版サイト – 男性と女性、ものの見え方に違い
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/6703/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

トリビア

女性は男性より泣きやすい?涙は本当に“涸れる”の?涙にまつわるトリビア4選

女性は男性より泣きやすい?涙は本当に“涸れる”の?涙にまつわるトリビア4選

にまつわる通説やウワサって、たくさんありますよね。今回はその中から、「へぇ~」なトリビアを4つご紹介します!

鼻毛を抜くと“必ず”抜いた側の目から涙が出る!

涙にまつわるトリビア_04

鼻毛を抜いたら涙が……という経験のある人は少なくないでしょう。でも、その涙が必ず“抜いた側”の目から出ているとご存知でしたか?

涙の分泌にかかわる神経節は、鼻の近く、左右に配置されています。鼻毛を抜くというのは局所的な刺激なので、同じ側の神経節だけに伝わり、それが涙腺に伝わると涙が出ます。こうして、鼻毛を抜いた側の目だけから涙が出るのです。

ただし、鼻毛を抜くことはオススメしません。鼻毛を抜くと毛穴に雑菌が入り込んで化膿するおそれがありますし、鼻毛は吸い込んだ空気を適度に加湿・加温したりウィルスの侵入を防いだりするフィルターでもあります。むやみに抜かず、短くカットするといいでしょう。

男性よりも女性のほうがよく泣く?

涙にまつわるトリビア_03

今では教育や育児で使うことはまず推奨されませんが、昔は「男なら泣くな!」などと言われることもありましたよね。実際に男性は女性よりも“泣かない”のでしょうか?

ドイツ眼科学会がこれを実証する研究をおこなっています。発表によると、女性は1年間に平均30~64回泣くのに対し、男性はわずか6~17回。また、泣きやむまでの時間は女性の約6分間に対して男性は2~4分間、静かな落涙が本格的な“むせび泣き”に発展する確率は女性が65%で男性が6%と、総じて女性は「泣くときはとことん泣く」傾向があるようです。

しかし13歳までは泣きかたに男女差がなく、「よろこびや悲しみ、怒りなどに反応して泣くという行為は、学習されるものだということを示している」と結論づけられています。

涙は“目じり”ではなく“目頭”から流れる!

涙にまつわるトリビア_02

上のイラストもそうですが、涙は「(外側の)目じりから流れる」というイメージがありませんか? 実は、涙は目じりからは出ません。“目頭”からあふれるのです。

涙は、上まぶたの内側にそれぞれ1つずつある涙腺(るいせん)から、排出管を通って出てきます。出てきた涙は目の表面をうるおし、まばたきによって目頭の上下にある涙点(るいてん)という小さい穴に入ります。そこから細い管を通り、鼻のつけ根あたりの鼻涙管(びるいかん)という管を通って、鼻の中へと流れます。

涙の量が多いと鼻へ流れきらず目から涙があふれますが、必ず目頭からあふれます。外側の目じりから自然に涙があふれるということは、基本的にないのです。

涙は本当に“涸れる”のか?

涙にまつわるトリビア_05

よく「もう涙も涸れ果てた」なんて言いますが、実際に涙は“涸れる”のでしょうか? TV番組『所さんの目がテン!』では、2つの実験でこれを検証しました。

1つ目は、女優の卵である女性が“泣ける映画”を3作続けて鑑賞し、涙が流れると色の変わる試験紙が何枚変色するか測定する実験。結果、1作目では10枚、2作目では3枚、3作目では1枚半と、涙の量が減少しました。

もう1つは、男性タレントがタマネギ10個をみじん切りする実験を3回おこなうというもの。その際、涙点をふさいで流れる涙の量を測定すると、1回目は0.9ml、2回目は0.4ml、3回目は0.1mlと、やはり減少したそうです。

以上の実験から、涙の生産が追いつかなくなると、涙は“涸れる”という結論にいたっています。

いかがでしたか? 涙にまつわる意外なトリビア。知っているとちょっと自慢できるかもしれませんね!

▼涙についてもっと知りたい方はこちらもオススメ!
目のトラブルについて~なみだ目~(ロート製薬 商品情報サイト)
知っていますか?『涙』の正体!『涙』にまつわる4つのトリビア
女性の「ウソ泣き」俳優の「泣きの演技」 涙が自由に出せるのはナゼ?
へぇ〜!となること間違いなしのトリビア 「ウミガメの涙」のウソ・ホント
あなたは説明できますか?「涙」と「泪」と「涕」の違い
もうタマネギに泣かされない!?涙の出ない“第3のタマネギ”ってどんなもの?

【参考】
< 目の構造 > |目の事典
http://www.ocular.net/jiten/jiten004.htm
鼻毛を抜くと必ず抜いた側の目から涙が出る理由|ナイス!シニア
http://nice-senior.com/tips/8347/
Women cry more than men, and for longer, study finds|Telegraph
http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/6334107/Women-cry-more-than-men-and-for-longer-study-finds.html
大実験 涙はかれるのか|知識の宝庫!目がテン!ライブラリー
http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/02/09/0922.html

文/本間佳苗
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ