• HOME
  • エンタメ
  • 社会人なら知っておきたい 点字ブロックの豆知識
読み物

社会人なら知っておきたい 点字ブロックの豆知識

社会人なら知っておきたい 点字ブロックの豆知識

歩道や駅のホームで、誰もが目にしたことがある黄色い突起状の物体。それが『点字ブロック』です。身近な存在でありながら、知らないことだらけの点字ブロックについて、ご紹介します。

開発者は日本人だった…!? 点字ブロックの誕生秘話

点字ブロックは視覚障害者がひとりで安全な歩行ができるよう考案されたもので、正式名称は『視覚障害者誘導用ブロック』といいます。

足の裏の感覚でその存在や形状を確認できるようにするため、30センチ×30センチのブロックの表面に突起がついているのが特徴です。また、視力の弱い方でも識別しやすいように、黄色が推奨されています。

実はこの点字ブロックを世界で最初に開発したのが日本人であることは、あまり知られてはいません。
岡山県で旅館業を営む三宅精一さんという方が、友人が失明したことをきっかけに私財を投げうって開発したのが、点字ブロックの始まりです。

1967年(昭和42年)の3月18日には、岡山県立岡山盲学校にほど近い国道250号の交差点口に、三宅さんが寄贈した230枚もの点字ブロックが世界で初めて設置されました。これをきっかけに点字ブロックの価値が認められ、現在では日本全国の歩道や駅、公共施設だけでなく、商店街の出入り口近くなどで広く設置が進んでいます。

点字ブロックが設置された岡山盲学校近くの交差点口は、点字ブロック発祥の地として、2010年(平成22年)に記念の石碑が建てられたそうです。

誘導ブロック? 警告ブロック? 点字ブロックの種類と役割について

普段なにげなく目にする点字ブロックに、ふたつの種類があることをご存知でしょうか?
それぞれの違いや役割についてご説明したいと思います。

【誘導ブロック】

点字ブロックの豆知識_02
出典:点字ブロックについて 社会福祉法人 日本盲人会連合

主な目的:「あなたの進む方向はこちらです」と進行方向を示す。

平行する線状の突起が並んだ形状をしているため、『線状ブロック』とも呼ばれています。視覚障害者がブロックの突起を足裏や白杖で確認することで、突起の方向に進むことができるように設置されています。

【警告ブロック】

点字ブロックの豆知識_03
出典:点字ブロックについて 社会福祉法人 日本盲人会連合

主な目的:障害物の手前に設置することで一旦停止(警告)を示す。

点状の突起が並んだ形状をしているため、『点状ブロック』とも呼ばれています。その名の通り、注意すべき位置を示すブロックです。階段前、横断歩道前、誘導ブロックが交差する分岐点、案内板の前、障害物の前、駅のホームの端など、一旦停止が必要な場所に設置されています。

さて、これらの点字ブロックをどのように使うのでしょうか?

歩道を例にあげると、信号機のある交差点までは一列に敷き詰められた誘導ブロックでまっすぐ進みます。横断歩道の手前にさしかかると誘導ブロックから点字ブロックに切り替わり、「ここから先は危険です。一旦停止してください」と教えてくれるというわけです。

視覚障害の方が今現在どの場所にいるのか、どこに進めばいいのか。誘導ブロックと警告ブロックの2種類を使い分けることで、ひとりでも方向を失わずに済むのです。

無意識のうちにやっていませんか? 点字ブロックに対するルール違反

正しく使用すればとても有用な点字ブロックですが、周囲の非常識な行動によって思わぬトラブルに繋がる場合もあります。そうした注意点や、さらに点字ブロックの問題点についてもお届けします。

点字ブロックの豆知識_04

【その1 点字ブロック上の障害物は危険!】

点字ブロックの上に自転車や自動車が停められているケースです。視覚障害の方が点字ブロックに沿って歩行するも、障害物があることで足止めされ、動けなくなってしまいます。思わぬ自転車の転倒でケガをしたり、白杖が折れたりといったトラブルも……! 点字ブロックの上には絶対に物を置いてはいけません。

【その2 美観優先による点字ブロックの識別困難】

点字ブロックは色についての法的な規定がないため、美観を優先した歩道に溶け込むような同系色の点字ブロックが増えています。歩道と同系色、または同素材のブロックでは、弱視や色弱視の方は識別が困難です。点字ブロックを設置する側の意識改革が必要です。

【その3 点字ブロックの存在自体が一般歩行者の障害になることも】

点字ブロックがあることで、足腰の弱い高齢者や歩行がおぼつかない幼児がつまずき、思わぬ事故につながるケースもあります。車椅子やベビーカーの妨げとなったり、雨天や氷結時には滑りやすくなったりなどの問題点も指摘されており、形状や素材の改善が望まれています。

点字ブロックは、とても身近なバリアフリーです。街中で点字ブロックを見かけたら、その上には絶対に物を置かない、停めない、と意識することが大切です。
自分も視覚障害を持った方も気持ちよく過ごすためのマナーとして、ぜひ覚えておきましょう。

▼視覚障害にまつわる記事はコチラ
視覚障がい者に大人気のスポーツ ブラインドサッカーはこんなにおもしろい!
視力を矯正できない“見えにくい人” =『ロービジョン』の視覚を疑似体験
色覚障害の方の救世主!「色のない世界」を 「色のある世界」に変えるサングラスって?

【参考】
点字ブロックについて 社会福祉法人 日本盲人会連合
http://nichimou.org/impaired-vision/barrier-free/induction-block/
点字ブロックとは? 点字ブロック[公式]
http://www.tsrc.or.jp/about/

文/深山由佳理
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

何も見えない暗闇の中で食事!? 世界が注目する暗闇イベントとは?

何も見えない暗闇の中で食事!? 世界が注目する暗闇イベントとは?

右や左はもちろん、自分が目を開けているかどうかすらわからない……。そんな暗闇の中で、食事やワークショップを体験できる暗闇イベントが世界各地で開催され、注目を集めています。そんな気になる“暗闇の世界”をちょっとのぞいてみましょう。

見えない不安を逆手にとった 暗闇レストランが世界中で大盛況!

私たち人間は、情報の80%以上を視覚から得ているといわれています。そのため、見たいものが見えない状況がしばらく続くと、大きなストレスにつながります。急な停電で視界が奪われると不安になるのは、こうした理由なのです。

画像2

そんな中、真っ暗闇の中で食事が楽しめるレストランがヨーロッパをはじめ、ニューヨークやロサンゼルス、オーストラリアで続々とオープンし、大盛況を収めています。手元すら見えない暗闇の中で、一体どのようにして食事をするのでしょうか?

一歩足を踏み入れたらそこは暗闇!? 料理を探り当て、口に運ぶまでひと苦労

最初にご紹介するのは、暗闇レストランの元祖。1999年にオープンした、スイスのチューリッヒにある『blindekuh』というお店です。
外見は普通のレストランと変わりはありませんが、灯りがあるのは受付のみ。客はそこでメニューを選ぶと、携帯電話をはじめとする貴重品を受付に預けます。そして、いざ暗闇の中へ……!
客は給仕人の肩につかまり、一列になって席まで進んでいきます。席について食事を始めようにも、そこは暗闇。目の前にセッティングされたフォークとナイフを探り当て、皿の上の料理を口に運ぶまでに、かなりの苦労を要するようです。

画像3

体験者たちは口々にこう語ります。
「魚料理を注文したはずなのに、口に入れても魚なのか肉なのか、よくわからなかった」
「ずっと苦手で口にさえしなかったキノコを、今日だけは美味しく食べることができた」

普段の何気ない生活の中で、自分たちがいかに視覚に頼っていたのかを思い知らされたそうです。

その一方、テーブルごとに配置された給仕人たちはテキパキと料理を運び、ワインの栓を開け、不安がる客たちに「大丈夫ですか?」と声をかけては、キッチンに戻っていきます。暗闇の中で、なぜ自由に動けるのでしょうか?
その答えは、彼らが視覚障害者だからです。この『blindekuh』は、視覚障害者の雇用を支援し、健常者に視覚障害者の日常を理解してもらうために誕生したレストランだったのです。暗闇レストラン『blindekuh』は、目の見える人間と不自由な人間の立場が完全に逆転する、不思議な空間なのです。

一度体験するとクセになる!? 2割超がリピーターになる暗闇イベント

日本でも暗闇イベントを体験することができます。東京都渋谷区に開設された暗闇空間で、案内人役のアテンドに導かれながら、さまざまなシーンを体験できる『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』というイベントをご紹介しましょう。

画像4

暗闇に入る前に参加者は1人に1本ずつ、視覚障害者用の白杖(はくじょう)が渡されます。この白杖で足元を探りながら、6~8人のグループで行動をともにします。90分間、完全な暗闇の中で自然とふれあったり、ゲームをしたり、カフェで好きなものを頼んで飲むなど、その内容は季節ごとに変わるそうです。

暗闇の中を一緒に歩くアテンドは、こちらも全員が視覚障害者です。彼らは暗闇のエキスパートですから、参加者たちは安心して暗闇を楽しめるというわけです。
そして不思議なことに、この『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』を一度体験すると、「またあの暗闇に戻りたい」「今まで見えなかったものが“見えた”」と感激し、2割以上の人がリピーターになるそうです。

見えない世界で一体何が見え、感じられるのでしょうか?
その答えはあなた自身で体験し、探してみてください。

【参考】
“見えない”を体験できる暗闇レストラン – ビジネススタイル – nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/world/070314_blindekuh/
ダイアログ・イン・ザ・ダーク
http://www.dialoginthedark.com/
Shimicom presented by ION Kesho
http://shimicom.net/

文/深山由佳理
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ