• HOME
  • エンタメ
  • 女性は男性より泣きやすい?涙は本当に“涸れる”の?涙にまつわるトリビア4選
トリビア

女性は男性より泣きやすい?涙は本当に“涸れる”の?涙にまつわるトリビア4選

女性は男性より泣きやすい?涙は本当に“涸れる”の?涙にまつわるトリビア4選

にまつわる通説やウワサって、たくさんありますよね。今回はその中から、「へぇ~」なトリビアを4つご紹介します!

鼻毛を抜くと“必ず”抜いた側の目から涙が出る!

涙にまつわるトリビア_04

鼻毛を抜いたら涙が……という経験のある人は少なくないでしょう。でも、その涙が必ず“抜いた側”の目から出ているとご存知でしたか?

涙の分泌にかかわる神経節は、鼻の近く、左右に配置されています。鼻毛を抜くというのは局所的な刺激なので、同じ側の神経節だけに伝わり、それが涙腺に伝わると涙が出ます。こうして、鼻毛を抜いた側の目だけから涙が出るのです。

ただし、鼻毛を抜くことはオススメしません。鼻毛を抜くと毛穴に雑菌が入り込んで化膿するおそれがありますし、鼻毛は吸い込んだ空気を適度に加湿・加温したりウィルスの侵入を防いだりするフィルターでもあります。むやみに抜かず、短くカットするといいでしょう。

男性よりも女性のほうがよく泣く?

涙にまつわるトリビア_03

今では教育や育児で使うことはまず推奨されませんが、昔は「男なら泣くな!」などと言われることもありましたよね。実際に男性は女性よりも“泣かない”のでしょうか?

ドイツ眼科学会がこれを実証する研究をおこなっています。発表によると、女性は1年間に平均30~64回泣くのに対し、男性はわずか6~17回。また、泣きやむまでの時間は女性の約6分間に対して男性は2~4分間、静かな落涙が本格的な“むせび泣き”に発展する確率は女性が65%で男性が6%と、総じて女性は「泣くときはとことん泣く」傾向があるようです。

しかし13歳までは泣きかたに男女差がなく、「よろこびや悲しみ、怒りなどに反応して泣くという行為は、学習されるものだということを示している」と結論づけられています。

涙は“目じり”ではなく“目頭”から流れる!

涙にまつわるトリビア_02

上のイラストもそうですが、涙は「(外側の)目じりから流れる」というイメージがありませんか? 実は、涙は目じりからは出ません。“目頭”からあふれるのです。

涙は、上まぶたの内側にそれぞれ1つずつある涙腺(るいせん)から、排出管を通って出てきます。出てきた涙は目の表面をうるおし、まばたきによって目頭の上下にある涙点(るいてん)という小さい穴に入ります。そこから細い管を通り、鼻のつけ根あたりの鼻涙管(びるいかん)という管を通って、鼻の中へと流れます。

涙の量が多いと鼻へ流れきらず目から涙があふれますが、必ず目頭からあふれます。外側の目じりから自然に涙があふれるということは、基本的にないのです。

涙は本当に“涸れる”のか?

涙にまつわるトリビア_05

よく「もう涙も涸れ果てた」なんて言いますが、実際に涙は“涸れる”のでしょうか? TV番組『所さんの目がテン!』では、2つの実験でこれを検証しました。

1つ目は、女優の卵である女性が“泣ける映画”を3作続けて鑑賞し、涙が流れると色の変わる試験紙が何枚変色するか測定する実験。結果、1作目では10枚、2作目では3枚、3作目では1枚半と、涙の量が減少しました。

もう1つは、男性タレントがタマネギ10個をみじん切りする実験を3回おこなうというもの。その際、涙点をふさいで流れる涙の量を測定すると、1回目は0.9ml、2回目は0.4ml、3回目は0.1mlと、やはり減少したそうです。

以上の実験から、涙の生産が追いつかなくなると、涙は“涸れる”という結論にいたっています。

いかがでしたか? 涙にまつわる意外なトリビア。知っているとちょっと自慢できるかもしれませんね!

▼涙についてもっと知りたい方はこちらもオススメ!
目のトラブルについて~なみだ目~(ロート製薬 商品情報サイト)
知っていますか?『涙』の正体!『涙』にまつわる4つのトリビア
女性の「ウソ泣き」俳優の「泣きの演技」 涙が自由に出せるのはナゼ?
へぇ〜!となること間違いなしのトリビア 「ウミガメの涙」のウソ・ホント
あなたは説明できますか?「涙」と「泪」と「涕」の違い
もうタマネギに泣かされない!?涙の出ない“第3のタマネギ”ってどんなもの?

【参考】
< 目の構造 > |目の事典
http://www.ocular.net/jiten/jiten004.htm
鼻毛を抜くと必ず抜いた側の目から涙が出る理由|ナイス!シニア
http://nice-senior.com/tips/8347/
Women cry more than men, and for longer, study finds|Telegraph
http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/6334107/Women-cry-more-than-men-and-for-longer-study-finds.html
大実験 涙はかれるのか|知識の宝庫!目がテン!ライブラリー
http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/02/09/0922.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

目の病気

「年をとると涙腺がゆるむ」って本当!? もしかしたらそれ、『涙目』の症状かも!

「年をとると涙腺がゆるむ」って本当!? もしかしたらそれ、『涙目』の症状かも!

「年をとると、涙腺がゆるくなってねぇ」——。
ドラマでも、日常生活でもお馴染みのフレーズ。

ですがこれ、医学的に証明できるのでしょうか?
眼科医・岡野先生に尋ねたところ、見えてきたのは、ひと口には語れない涙のメカニズム。
さらにデスクワーカーを悩ませる、『涙目』という症状まで見えてきました!

眼科医の見地からズバッと斬る!「年をとると涙腺がゆるむ」はウソ

単刀直入に言いましょう。
「年をとると涙腺がゆるむ」——。それは、あり得ません。
医学的な話をすれば、そもそも涙腺には、「ゆるむ」という表現が見合う、蛇口のような器官が存在しないからです。

合わせて、人間の肌を例に考えてみましょう。
肌は加齢によって水分の分泌量が少なくなり、カサつきを感じ始めます。
涙を分泌する器官である涙腺も同様、年を追うごとに機能が低下し、分泌量が減っていきます。
つまり「年をとると涙腺がゆるむ」=「年をとると涙がよく出る」とは正反対、眼科医の見地からすると、むしろ「年をとると涙が出づらくなる」というほうが正しいのです。

しかし「年をとると涙がよく出る」と感じるのは、間違いではありません。
なぜ、涙腺の状態とは正反対、矛盾とも言える感覚に見舞われるのか?
それを知るには、そもそも「涙」とは何なのかを知る必要があります。

加齢で「脂」が減少!それでも目を守ろうと「塩水」が過剰分泌される

namidame_02

涙は主に「塩水・脂・タンパク質」の3つで成り立っています。
私たちは「涙」と聞くと、さらさらととろみのない液体を思い浮かべますが、これは「塩水」の割合が多い状態。
しかし塩水ばかりでは、空気に触れるとすぐに乾いてしまい、目を守るには物足りません。
目は、涙に含まれた「脂」によって乾燥から守られ、「タンパク質」によって栄養が届けられるのです。

3つのうち、加齢とともに特に減少するのが「脂」。
脂が不足した涙では、目を乾燥から守るには不十分のため、それをどうにか補おうと、体はひたすら「塩水」を分泌させようと躍起になります。

程よくタンパク質(ムチン)や脂を含んだ「とろっとした涙」と、塩水のみの「さらさらとした涙」。
前者は粘度によって、まぶたの内側にとどまりますが、後者は目からこぼれ落ちるため、「涙が出ている」と認識しやすくなります。
加齢によって涙全体の分泌量は減少しているものの、「さらさらとした涙」が分泌される割合が増えるため、「年をとると涙が出やすくなる」と勘違いをしているのです。

孫の成長に号泣!さらさらとした涙は、感情の高ぶりで分泌される!?

namidame_03

出典:ヘルスケア倶楽部−目の健康

この勘違いを引き起こすには、もうひとつの要因があります。
実は、「塩水」と「脂」では分泌される器官が異なり、「脂」の減少に乗じて、「塩水」が躍起に分泌される器官は、感情に左右される側面が大きいからです。

「塩水」は「涙腺」から、「脂」は「マイボーム腺」から分泌されますが、前者は、感情をコントロールする脳の器官「前頭前野」と深い関わりを持ちます。
感動的な場面に出会ったとき、また悲しい場面に遭遇したとき、前頭前野が涙腺を刺激。
加齢とともにさまざまな経験を積めば、その分、感情が豊かになるため、ちょっとしたことでつい涙…という状況を生み出しているのでしょう。

加齢だけじゃない!「脂」を補う「塩水」の過剰分泌は「涙目」の症状

一方、「脂」が分泌される「マイボーム腺」は、まつげの生え際に沿うように存在し、パチパチとまばたきをすることで機能します。
まばたきによって、ポンプのように押し出されてくるのです。

つまり正常にまばたきができていないと、涙に含まれる「脂」の量が減り、目が乾燥しやすくなります。
すると先に説明したように、「塩水」が多く分泌され始める。
「妙に涙がよく出るなぁ」と感じたら、これは『涙目』という症状です。

となれば、「年をとったから…」と放っておいてはいけません。
『涙目』とは言わば、ドライアイの発症を告げるシグナルです。

『涙目』は、加齢に関わらず発症します。
とりわけ、仕事に集中を強いられるデスクワーカーは要注意。あまりに集中が続くと、まばたきを忘れてしまうことがあります。
正常にまばたきができる=正常に「脂」が分泌される環境をつくるため、パソコンと目の距離を調整したり、適度に休憩をとったりなどの対策が必要です。
それでも、あまりに涙が出るようなら、アレルギーや逆さまつげなどの要因も考えられるので、早めに眼科を受診しましょう。

▼「最近涙が出やすくなった」と感じる方は、こちらもどうぞ!
目のトラブルについて~なみだ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

目のテストに挑戦!

下記のカラーチャートに何種類の色が使われているか、あなたは見分けることができますか?

tetrachromacy2_02
答えはこちら!!

見えた色の数によってはもしかしたら、あなたは「4色型色覚者」かもしれません!

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ