• HOME
  • エンタメ
  • モノクロ写真がカラーに見える!? 残像を利用した『色錯覚』動画がおもしろい!
読み物

モノクロ写真がカラーに見える!? 残像を利用した『色錯覚』動画がおもしろい!

モノクロ写真がカラーに見える!? 残像を利用した『色錯覚』動画がおもしろい!

カメラのフラッシュが目に入ったとき、その強い光がしばらく視界に残って見える…そんな経験ってありますよね?
この現象を“残像効果”といいます。具体的には、窓の形が壁などに残像として残って見えるなどの場合を指しますが、この残像効果を利用した、とてもおもしろい動画をご紹介します。

これって白黒写真? それともカラー写真?

動画の指示にしたがい、目をそらさずに、じっと見つめ続けてください。きっとおもしろい効果が現れるはず。

こちらの動画も、真ん中の黒い丸をじっとご覧ください。

中央の白い円から目をそらさず、見つめてください。
ルネ・マグリットによる絵画作品『偽りの鏡(Le Faux Miroir)』を使用したこの動画では、色の残像がより劇的な効果となって現れるはずです。

これは『補色残像』という現象です

強い光を見つめたあと、その光が視界の中に残って感じられる。
こうした残像効果のひとつに、『補色残像』という現象があります。これは強い色を見つめ続けることで、その色の残像が異なる色として網膜に残る現象のことですが、この時に現れる色のことを“心理補色”と呼びます。

color_02

心理補色のチャートを色相環で表すと、上の図のようになります。
『心理四原色』と呼ばれる、赤、黄、緑、青を中心に24の色相で構成されており、「赤」に対する心理補色は「青緑」、「黄色」に対する心理補色は「青紫」というように、いずれも対角線上にある色彩となって現れます。

このように、私たちの目は一定の色に対する、補色の感受性を持っています。この感受性により、色の重なりにさまざまな色を認識することができたり、異なる色が残像として浮かぶ『心理補色』のような現象として現れたりするのです。

補色残像には、こんなパターンもあります

一見モノクロ写真のように見える女性の写真ですが、女性の鼻の先端に三原色で構成された、3つの点が打たれています。
女性の写真の一点を見つめ続けることで、ある現象が現れます。とても不思議でおもしろい体験ができるので、ぜひお試しあれ。

いかがでしたか?
ご紹介した動画は、いずれも心理補色による残像効果を利用したもの。
強い色を見つめ続けた私たちの網膜は、モノクロ写真の上に、無意識に残像としての色彩を見てしまうというわけなんです。
人間の視覚って、やっぱり不思議ですね。

▼その他の錯覚を利用したおもしろ写真・動画はこちらをチェック!
旅の思い出にピッタリ!目の錯覚を利用した『トリック写真』はいかが?
鉛筆だけで描いた絵が飛び出す!? 永井秀幸の3Dトリックアートがすごい!
視聴注意!?見る人に幻覚が見える不思議体験『トリップ動画』

【参考】
IROUSE – 補色
http://www.geocities.jp/net_t3/color/harmony01_3.html
日本色研事業株式会社 – PCCSの色相
http://www.sikiken.co.jp/pccs/pccs02.html

視力が悪い人にしか見えない画像

下の画像には何が書いてあるかわかりますか?

tetrachromacy2_02

実はこの画像、視力が悪い人にしか見えないんです。メガネやコンタクトを外したら見えるかも?

もっと見たい方はこちらへ!

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

異常に人目が気になる……それって“アザコン”かも!?原因と克服法

異常に人目が気になる……それって“アザコン”かも!?原因と克服法

自分が他人からどのように見られているかは、程度の差はあれ誰もが気にしていることです。しかし、それが病的なまでにひどい状態になると、心身に異常をきたし、場合によっては日常生活を送ることが困難になることも……。

今回は近年増加しているといわれる『アザーコンプレックス』について、その症状と原因や克服する方法を解説していきます。

アザーコンプレックスってどんな症状?

アザーコンプレックス、通称“アザコン”とは、人目や他人の評価を気にしすぎるあまり、社会生活や家庭生活に支障をきたしている状態をいいます。

アザコンは大人に限らず子どもにも当てはまる症状で、自己評価が極端に低いために消極的になったり、体裁を取り繕うために必要以上に見栄を張ったりするのが特徴です。

具体的な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

・常に他人からどう見られているかが気になり、他人といることに苦痛を感じる
・他意のない言葉であるにもかかわらず、悪い意味に受け取ってしまう
・「いいね」をしてもらう目的で、豪華な旅行などをしてSNSにアップする
・他人からよく見られたいがために身の丈以上の買いものをする
・他人から親切にされると「ありがとう」ではなく「ごめんなさい」といってしまう
・どんなに忙しくてもメールやLINEの返信を優先してしまう

アザーコンプレックスになるのはなぜ?

アザーコンプレックス_02

アザーコンプレックスになりやすい人の特徴として、自己肯定感が非常に低いことが挙げられます。

他人と良好な関係を保つためにはまず、自分自身を短所も含めて受け入れ、肯定するステップが必要です。自分の欠点を受け入れられるからこそ、他の人のよくないところも気にならなくなり、円滑なコミュニケーションにつながるためです。

しかし、自分自身を認めることができないと劣等感が強くなり、かけられた言葉も素直に受け止められず、他人とコミュニケーションをとることが億劫になります。

また、自分に自信が持てないことから「他人から悪く思われたくない」という気持ちになり、体面を取り繕ったり過度に見栄を張ったり、反対に何事にも消極的になったり、といったことにつながるのです。

また、ネットやスマホの普及により、最近では他人からの評価を目にする機会が多くなったことも、アザコンが増えている原因のひとつ。自分の発信したことに対してダイレクトに反応があることから、「もっとよく見られたい」「他人から評価されたい」という思いにつながると考えられます。

アザーコンプレックスを克服する方法

アザーコンプレックス_03

アザコンを克服するには、自己肯定感を持つことが重要です。欠点や短所にしか思えないことも、見方や捉え方を変えればあなたの個性のひとつです。自分にとってよくないと思える部分も個性として受け止められるように、少しずつ考え方を変えていきましょう。

自分の欠点や短所を認められるようになれば、他人の欠点も自ずと受容できるようになります。そうすれば、他人とのコミュニケーションは今よりももっとラクになるはずです。

「そうはいわれても、いきなり自分を受け入れるなんてムリ」という方は、自分なりに自信が持てる分野、興味が持てる好きなことに打ち込んでその世界を広げ、自分の中のよいと思える部分から少しずつ自身を認めてあげてください。

アザーコンプレックスと疾患の関連性

アザーコンプレックス_04

アザコンが大きな問題だといえるのは、対人関係がうまくいかなくなることで大きなストレスを抱えてしまうことです。積もり積もったストレスは自律神経の働きを乱し、交感神経の作用を強くさせて、頭痛や動機、不整脈、倦怠感、不眠といった疾患を引き起こすこともあります。

アザコンによる対人関係ストレスがきっかけで体に不調が現れている場合は、心療内科や精神科などで一度専門医のカウンセリングを受けてみましょう。

人目や他人の評価が気になることは誰にでもあることですし、他人と円滑なコミュニケーションをとるためには、「他人からどのように見られているか」という視点は、ある程度持っておいたほうがよいものでもあります。そのため、“病気”と捉えられるほど異常であるかどうかは、判断が難しい場合もあるでしょう。

しかし、アザコンのために不必要な出費で家計を圧迫していたり、仕事など必要なことに打ち込めなかったりする場合は、適切な対処が必要です。ひとりで解決できないときは無理をせず、専門家の力を借りるのがよいでしょう。

▼心に関する症状についてもっと詳しく知りたい方は
自分の視線が気になってついつい他人を見てしまう……視線恐怖症の一種である『脇見恐怖症』とは
他人の視線が気になる『視線恐怖症』の原因と克服法とは

▼目の疲れが心身の疲れを引き起こすこともあるってご存知でしたか?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
常に周りの人の視線が気になるのは自己承認できないせい!|マイナビウーマン
https://woman.mynavi.jp/article/140210-139/
他人の評価が気になるのは“アザコン”かも? 原因と症状をチェック|ドクターズミー
https://doctors-me.com/doctor/column/5896
人目がきになってしまう、アザーコンプレックス(アザコン)とは?|フォーヘルスケア
http://4healthcare.jp/02023/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ