• HOME
  • エンタメ
  • モノクロ写真がカラーに見える!? 残像を利用した『色錯覚』動画がおもしろい!
読み物

モノクロ写真がカラーに見える!? 残像を利用した『色錯覚』動画がおもしろい!

モノクロ写真がカラーに見える!? 残像を利用した『色錯覚』動画がおもしろい!

カメラのフラッシュが目に入ったとき、その強い光がしばらく視界に残って見える…そんな経験ってありますよね?
この現象を“残像効果”といいます。具体的には、窓の形が壁などに残像として残って見えるなどの場合を指しますが、この残像効果を利用した、とてもおもしろい動画をご紹介します。

これって白黒写真? それともカラー写真?

動画の指示にしたがい、目をそらさずに、じっと見つめ続けてください。きっとおもしろい効果が現れるはず。

こちらの動画も、真ん中の黒い丸をじっとご覧ください。

中央の白い円から目をそらさず、見つめてください。
ルネ・マグリットによる絵画作品『偽りの鏡(Le Faux Miroir)』を使用したこの動画では、色の残像がより劇的な効果となって現れるはずです。

これは『補色残像』という現象です

強い光を見つめたあと、その光が視界の中に残って感じられる。
こうした残像効果のひとつに、『補色残像』という現象があります。これは強い色を見つめ続けることで、その色の残像が異なる色として網膜に残る現象のことですが、この時に現れる色のことを“心理補色”と呼びます。

color_02

心理補色のチャートを色相環で表すと、上の図のようになります。
『心理四原色』と呼ばれる、赤、黄、緑、青を中心に24の色相で構成されており、「赤」に対する心理補色は「青緑」、「黄色」に対する心理補色は「青紫」というように、いずれも対角線上にある色彩となって現れます。

このように、私たちの目は一定の色に対する、補色の感受性を持っています。この感受性により、色の重なりにさまざまな色を認識することができたり、異なる色が残像として浮かぶ『心理補色』のような現象として現れたりするのです。

補色残像には、こんなパターンもあります

一見モノクロ写真のように見える女性の写真ですが、女性の鼻の先端に三原色で構成された、3つの点が打たれています。
女性の写真の一点を見つめ続けることで、ある現象が現れます。とても不思議でおもしろい体験ができるので、ぜひお試しあれ。

いかがでしたか?
ご紹介した動画は、いずれも心理補色による残像効果を利用したもの。
強い色を見つめ続けた私たちの網膜は、モノクロ写真の上に、無意識に残像としての色彩を見てしまうというわけなんです。
人間の視覚って、やっぱり不思議ですね。

▼その他の錯覚を利用したおもしろ写真・動画はこちらをチェック!
旅の思い出にピッタリ!目の錯覚を利用した『トリック写真』はいかが?
鉛筆だけで描いた絵が飛び出す!? 永井秀幸の3Dトリックアートがすごい!
視聴注意!?見る人に幻覚が見える不思議体験『トリップ動画』

【参考】
IROUSE – 補色
http://www.geocities.jp/net_t3/color/harmony01_3.html
日本色研事業株式会社 – PCCSの色相
http://www.sikiken.co.jp/pccs/pccs02.html

視力が悪い人にしか見えない画像

下の画像には何が書いてあるかわかりますか?

tetrachromacy2_02

実はこの画像、視力が悪い人にしか見えないんです。メガネやコンタクトを外したら見えるかも?

もっと見たい方はこちらへ!

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

“見ない”で描いた絵がスゴイ!全盲の画家ジョン・ブランブリット氏のおどろくべき才能

“見ない”で描いた絵がスゴイ!全盲の画家ジョン・ブランブリット氏のおどろくべき才能

出典:boredpanda

色鮮やかで迫力あるこの絵。実は、全く目の見えないアーティストによる作品なのです! 対象を“見ない”で、どうやってこんなにすばらしい絵を描けるのでしょうか?

今回は、全盲の画家ジョン・ブランブリット氏をご紹介します。

失明してから画家としての活動をスタート

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_02
出典:Little Things

アメリカ・テキサス州のジョン・ブランブリット氏は、幼い頃から絵を描くことが大好きな少年でした。しかし、幼少期からてんかんの持病があり、発作に苦しんでいたそうです。

29歳のとき、てんかんの合併症で視力を失いはじめ、ついには全盲となります。そして、その頃から画家としての活動をスタートしました。

希望を失いかけていたブランブリット氏を救ったのが、幼い頃から親しんできた「絵を描くこと」だったのです。

対象や絵の具に“触れた感覚”で描く

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_03
出典:Little Things

全盲のブランブリット氏は、対象となるものの輪郭や色や明暗を実際に“見る”ことはできません。しかし、上の絵のように、実際の人物の肖像画を描くこともできます。いったいどうやって描いているのでしょうか?

ポイントは“触覚”です。

ブランブリット氏は、まずモデルや対象となるものに触れて、輪郭を把握します。それを頭のなかで絵としてイメージします。次に、白い絵の具で下描きをしていきます。絵の具で凹凸をつけることで、その後に色を塗る場所がわかるようにしているのです。

さらにおどろくべきことに、彼は使う絵の具の色も“触る”ことで選んでいます。絵の具に触れることで、1000種類もの色を判断できるそうです。

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_04
出典:boredpanda

出来上がった作品のすばらしさを見れば、彼の能力がいかに驚異的かは一目瞭然ですね!

視覚の代わりに触覚や記憶力が発達

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_05
出典:boredpanda

ブランブリット氏は、視力を失う代わりに触覚や立体感覚、記憶力が発達したと考えられます。そしてその能力を、画家としての活動に最大限活かしているといえるでしょう。

彼のように、目が見えなくなったことで別の感覚器官が発達するというケースは少なくありません。そのパターンはさまざまですが、“見える”人からするとおどろくような能力を持つ“見えない”人はたくさんいるのです。

いかがでしたか? 視力を失っても、こんなにすばらしい絵が描けるなんておどろきですよね。ブランブリット氏の他にも、全盲や弱視のアーティストはたくさんいます。この機会に、ぜひ彼らの作品をチェックしてみてくださいね!

▼加齢とともに気をつけたい目の病気はこちら
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

▼視覚とアートの関係をもっと知りたい方にはこちら!
『4色型色覚』を持つアーティストが描く絵が美しすぎる!
視力0.1の人にはこう見える!? 近視の人が見た世界を再現する絵画が幻想的
人間の脳力ってスゴイ! 努力の画家『エスレフ・アーマガン』
キャンバスは『手』! アイディアが光るトリックアート集
鉛筆だけで描いた絵が飛び出す!? 永井秀幸の3Dトリックアートがすごい!

【参考】
全盲の天才画家、ジョン・ブランブリットが描く色鮮やかな絵画|ラビトーク!
http://news.rabbitalk.com/archives/1023676478.html
全盲の画家!ジョン・ブランブリットさんが絵を描けるのは何故ですか?|ココロスキップ
http://www.cocoro-skip.com/fukushi/10135.html
Blind Artist – John Bramblitt – www.TinasArt.net – Artists With Disabilities|YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ogI6J3sgLtw

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ