• HOME
  • エンタメ
  • 歌舞伎で有名な演技『見得』 でも、なんで寄り目なの?
トリビア

歌舞伎で有名な演技『見得』 でも、なんで寄り目なの?

歌舞伎で有名な演技『見得』 でも、なんで寄り目なの?

歌舞伎の中で登場することの多い演技のひとつに、『見得』があります。これは役者が身体の動きを止め、首を回すように振って、最後は力を込めた目でにらむ……といった、まさに歌舞伎を代表するポーズのこと。

でも、どうして『見得』のにらむときはグッと“寄り目”になるイメージがあるのでしょう?『見得』の効果や意味について調べてみました!

見得ってどんな効果、意味があるの?

元々、「おおげさな言葉や態度で他人に自信のほどを示す」という意味のある慣用句として使われる「大見得を切る」という言葉は、歌舞伎用語の『見得』からきています。

この『見得』とは、物語の重要な場面や登場人物の感情が高まったときに、役者がいったん演技を止めてポーズをとる動作です。

これは、役者をクローズアップさせ観客の注目を一気に集めることができ、現代のように照明技術がなかった時代にとってはとても画期的な演出方法でした。さらに、一瞬の間合いをとることで演技にアクセントをつけるという効果もあります。

そして多くの場合、この見得の瞬間には「バッタリ」と粋な音で「ツケ」(樫の木の板に、拍子木様のものを打ちつけて音を出す)を打つことで動作を強調させ、客席からは大向うから「○○○屋!」などと掛け声がかかり、芝居をより盛り上げます。

見得にもいくつか種類があった!

そんな見得には種類があり、それぞれの場面に合わせて演じわけられます。

特に目に触れる機会が多いのは、初代市川團十郎が生み出したといわれる荒事でよく使われる『元禄見得』(右手を水平にのばし、左手はひじをまげて上にかざすと同時に左足を大きく踏み出して力強さを演出します)や、「勧進帳」の弁慶が行う石を投げたような格好となる『石投げの見得』、「鳴神」の建物の柱や長刀のような長いものに手と足を巻きつける『柱巻きの見得』などが有名です。他にも天地の見得や不動の見得などがあります。

寄り目は成田屋の伝統所作

歌舞伎の見得_02

では、見得のときには、なぜ印象深い“寄り目”になるのかをみてみましょう。

見得のひとつに、「にらみ」というものがあります。これは市川家一門の役者、いわゆる『成田屋』(現在では市川海老蔵さん)に伝わる邪気払いの所作で、これを見ると一年間風邪をひかないといわれています。

左目と右目が異なる方向を見る、という巧みな表情が特徴的ですが、これには天と地をにらむという意味や、どこも見ないことで光を受けるのではなく放射する、という意味を持っているそうです。確かにすごい迫力ですし、美しいという表現がぴったりの演技ですよね。

この「にらみ」があの独特の“寄り目”を作り出していたのです。

歌舞伎役者のみなさんは子どもの頃からの鍛錬でできるようになるというそうですが、一般の方はくれぐれも無理して真似しないようにしてくださいね!

▼無茶な動きは目にとって危険なことも!
白目をむきすぎると白目がたるむ!? お笑いコンビ「ピスタチオ」の白目ネタに心配の声…

▼充血や疲れ目ケアで、白目をきれいに!
目のトラブルについて~充血~(ロート製薬 商品情報サイト)


【参考】
独立行政法人日本芸術文化振興会 文化デジタルライブラリー‐歌舞伎事典 見得
http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/modules/kabuki_dic/entry.php?entryid=1272
歌舞伎の表現 見得
http://www2.ntj.jac.go.jp/unesco/kabuki/jp/4/4_04_05.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

「めばちこ」「めいぼ」「おひめさま」……全国でこんなに違う!「ものもらいの」呼び方

「めばちこ」「めいぼ」「おひめさま」……全国でこんなに違う!「ものもらいの」呼び方

なんとなく目が痒い、なんとなく目がゴロゴロする……。
なんとなくから気づけばまぶたが腫れ、ときには手術を要する事態ともなる“ものもらい”。
しかし“ものもらい”とは関東地方の方言。地方によってさまざまな方言があり、学術的な名称が、また別にあることをご存じでしたか?

学術的な名称は症状によって数種類!

“「ものもらい」「めいぼ」「めばちこ」は正式な医学用語ではないので、人によって指すものが違う可能性があります。”

出典:All About『ものもらいの種類・正式名称

“ものもらい”とは、言わば通称。
試しにスマホやブラウザからWikipediaを開き、このフレーズで検索してみてください。一発では、解説ページにたどり着けません。
医学的には、まぶたが菌に感染し、膿がたまる「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」、まぶたに脂肪がたまる「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」や、その脂肪が化膿を起こしている「化膿性霰粒腫(かのうせいさんりゅうしゅ)」などに分類され、その総称を一般的に“ものもらい”と呼んでいるに過ぎないのです。

関東では“ものもらい”、関西では“めばちこ”

東日本では一般的に“ものもらい”と呼ばれる症状。「感染する、うつる」といったイメージから、「ものをもらう」が転じたものかと思いきや、福島県東白河郡には「三軒の家から米をもらって食べるとなおる」という伝承があり、「ひとからもらう」ではなく、「ひとにもらうと治る」という俗説が語源だとか。
一方、“ものもらい”に次いで一般的な呼び方は“めばちこ”や“めいぼ”。どちらも近畿地方でよく使われる表現で、語源は「目がパチパチするから“めばちこ”」という説、「目にイボができるから“めいぼ”」という説があるというから、“ものもらい”の語源よりもしっくり来ます。

宮城県では“ばか”という呼び方も!

“特徴的だったのは、宮城県での呼び名の「ばか」と、熊本県の「おひめさん」だ。”

出典:日本経済新聞:ことばオンライン『ものもらいを「ばか」と呼んだら宮城県出身

宮城では“ばか”、熊本では“おひめさん”で、どちらも「自分からは遠ざけたい存在」と気持ちを、目の病に引っかけているようです。
おばかさんを遠ざけたいのは容易に理解できますが、“おひめさん”は「わがまま放題のお姫様には、近づいてほしくありません」ということでしょうか。
ともあれ、いつも瞳を健康に、目の病を寄せ付けない生活が大切。
コンタクトレンズの連日使用を避けたり、女性の場合はまぶたのキワへのアイメイクを控えたりと目を清潔に保つのはもちろん、バスタイムにはしっかり湯船に浸かり、まぶたまでしっかり温めることも“ものもらい”の予防につながります。

▼麦粒腫について、もっと詳しく知りたい方はコチラ
目のトラブルについて~麦粒腫(ものもらい)~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
All About『ものもらいの種類・正式名称』
http://allabout.co.jp/gm/gc/301731/
日本経済新聞:ことばオンライン『ものもらいを「ばか」と呼んだら宮城県出身』
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDB1600A_W4A110C1000000/
ROHTO『ものもらいMap』
http://www.rclub2.rohto.co.jp/clinic/mono/index.htm
スマイル眼科クリニック
『ものもらいのタイプそして予防と対策について』http://www.smile-eye.com/faq/3_1.htm

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ