• HOME
  • エンタメ
  • まるで映画の世界!ここまで進化している最新コンタクトレンズ事情
コンタクト

まるで映画の世界!ここまで進化している最新コンタクトレンズ事情

まるで映画の世界!ここまで進化している最新コンタクトレンズ事情

「スマートコンタクトレンズ」を知っていますか?

スマートコンタクトレンズとは、GoogleやSamsung(サムスン)、SONYなど、各社がこぞって開発を進めている、ウエアラブル機器のことです。

実現すれば、まるでスパイ映画のように、コンタクトレンズで写真が撮れたり、無線通信ができるようになったりする可能性があります。

今回は、ワクワクドキドキが止まらない、最新コンタクトレンズ事情をご紹介します。

ウエアラブル機器って、そもそもなんのこと?

最新コンタクトレンズ_02
出典:iWatch Concept – Yrving Doveralba

スマートコンタクトレンズのご紹介の前に、ウエアラブル機器について学んでおきましょう。ウエアラブル機器とは、身につけて持ち歩ける機器のことです。

単に持ち運べるだけではなく、腕時計やメガネなどのように、実際に身体に身につけられる機器を指します。

置き型のデスクトップパソコンから小型化し持ち運べるように変化してきたウエアラブル機器ですが、今では、身につけられるものへとさらなる進化を遂げようとしているのです。

Googleのスマートコンタクトレンズは医療向け?

最新コンタクトレンズ_03
出典:Google Novartis Diabetes Contact Lens | Korean Contact Lens Free Shipping

Googleがスマートコンタクトレンズの開発を進めていることは、2014年の1月に発表されています。同年7月には、スイスの医薬品・医療機器メーカーがGoogle社の提携を発表。

糖尿病患者向けに血糖値測定ができる医療レンズのほか、度数の変更ができるタイプや無線アンテナ内蔵のものなどの開発が進められているようです。

サムスンのスマートコンタクトレンズはスマホと連携できる!?

最新コンタクトレンズ_04
出典:Samsung files patent for smart contact lenses with built-in camera

サムスンは、2014年9月にスマートコンタクトレンズの特許を申請。2016年3月にようやく特許取得となり、カメラやトランスミッタ(電気信号送信機)などを内蔵したレンズを開発中と発表されています。

医療分野で活躍しそうなGoogleのレンズとは異なり、スマートフォンとの連携も視野にいれた開発をしているそうです。

SONYのスマートコンタクトレンズの売りはカメラ機能か?

最新コンタクトレンズ_05
出典:Sony patents a new contact lens camera (say bye bye to Google Glass) – sonyalpharumors sonyalpharumors

SONYは、2016年にスマートコンタクトレンズのカメラ機能の特許を申請しています。ブレ防止機能や絞り調節など、通常のカメラと同じような機能がついているとのことで、高画質の写真撮影が可能になりそうです。無線通信でデバイスに撮影画像を送る機能も期待されています。

どんどん進化しているスマートコンタクトレンズの世界。

映画やアニメに登場するかっこいいスパイのように、まばたきだけで写真が撮れる日がいつかくるかもしれません。

そんな未来の訪れが楽しみですね!

▼最近の治療や研究にはこんなものもあります!
眼圧を下げるインプラント。緑内障の最新治療『チューブシャント手術』ってどんなもの?
長すぎても意味はない!? まつ毛の最適な長さが最新の研究で明らかに!
生物がスケスケになってしまう「透明化」ってどんな技術?
白内障手術の新たな選択肢 『多焦点眼内レンズ』ってどんなもの?
こんなに種類があるなんて! 目元の美容整形まとめ

▼コンタクトも正しいケアを!
正しいレンズケアのすすめ(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
Google、スマートコンタクトレンズでアルコンと提携。無線・センサ内蔵や可変レンズを商品化へ – Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2014/07/15/google-smart-lens/
サムスン、カメラやセンサを内蔵した「スマート」コンタクトレンズの特許を取得 – CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/business/35080877/
まばたきで撮影!?『カメラ内蔵コンタクトレンズ』をソニーが特許申請中! – ページ 2 / 2 – まぐまぐニュース!
http://www.mag2.com/p/news/188182/2

文/土屋菜々
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

コンタクト

「シリコーンハイドロゲル」とは? “次世代コンタクト”の長所と短所

「シリコーンハイドロゲル」とは? “次世代コンタクト”の長所と短所

ハード、ソフトに次ぐコンタクトレンズであることから“次世代のコンタクト”とも呼ばれる「シリコーンハイドロゲル」ですが、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、どんな点が新しいのか、どのように目に良いのか、デメリットはないかなど、眼科医・岡野先生に詳しく聞いてみました!

「シリコーンハイドロゲル」最大の特徴は「酸素透過性の高さ」!

「シリコーンハイドロゲル」素材のコンタクトを知る上で、欠かせないキーワードが「酸素透過性」です。これは「レンズがどれだけ酸素を通すか」を意味しますが、コンタクトにおいて、酸素透過性の高さは重要です。

以前、『目ディア』の記事『豊富な種類から何を頼りに選べばいいの?眼科医が教えるソフトコンタクトレンズの選び方』でもお伝えしましたが、目の細胞も呼吸をしています。そのため、レンズが酸素を通さなければ呼吸困難のような状態におちいり、長時間の装用が難しくなるだけでなく、目の細胞が死滅してしまうと病気を引き起こしたり、見え方に異常をきたしたりするケースもあるのです。

新素材について知るために!まずは従来型レンズの特徴をおさらい

シリコーンハイドロゲル_02
出典:WEISS,SAVEDOFF&CICCONE『The latest technology in contact lens care.』

「シリコーンハイドロゲル」について知る前に、まずは従来型レンズであるハード、ソフトについて見ていきましょう。

ハードコンタクトレンズ

ハードは、例えるならば“ザル”のような構造をしています。レンズに微細な穴が空いており、この穴から直接、目に酸素が届けられるのです。
硬い素材でできているため、装用時に違和感を覚えやすいことがデメリットですが、その反面、黒目にぴったりとは張り付かず、まばたきのたびにレンズと目のあいだに涙が供給されるメリットがあります。涙は目に潤いを与えるだけでなく、酸素や栄養分を届ける役割も担っているため、まばたきによっても、酸素が運ばれるのです。

ソフトコンタクトレンズ

ハードが“ザル”ならば、ソフトは、いわば“スポンジ”のような構造です。水分を吸収しやすい素材でできており、レンズが含んだ水分を通じて、目に酸素が届けられます。
柔らかな素材で、装用時の違和感が少ないことが大きなメリットですが、黒目にぴったりと張り付くため、まばたきによる酸素供給は難しくなります。そのため、レンズに含まれていた水分が蒸発してしまうと、乾燥を感じやすくなるのです。

ハードとソフトのいいとこ取り!酸素透過性が高く、違和感も少ない

シリコーンハイドロゲル_03
出典:Lenspick.com『What Are Silicone Hydrogel Contact Lenses and Why Should You Get Them?』

新素材「シリコーンハイドロゲル」は、ハードにおける酸素透過性の高さと、ソフトにおける装用感を兼ね備えたレンズです。なぜ、“いいとこ取り”ともいえることが可能なのでしょうか?
そもそもシリコーンハイドロゲルは、「シリコーン素材」と「ハイドロゲル素材」を融合させた素材ですが、シリコーンは酸素が溶けやすく、ハイドロゲルは多量の水分を含有できるという特性があります。シリコーンのもつ特性がハードのように直接目に酸素を届け、ハイドロゲルのもつ特性がソフトのように水分を介して目に酸素を届けてくれるのです。
同時に、質感は水分を含む柔らかな材質のため、装用時の違和感を覚えづらいというワケです。

ソフトが“高野豆腐”なら、乾きに強い新素材は“絹ごし豆腐”!?

シリコーンハイドロゲル_04

ソフトのデメリットとして挙げた「乾きの感じやすさ」についても、シリコーンハイドロゲルでは、克服されています。先ほどはソフトを“スポンジ”に例えましたが、ここではちょっと変化球、水分を含む素材として“高野豆腐”に例えましょう。

ソフトが含む水分は、主に保存液といった外部からの吸収に委ねられますが、シリコーンハイドロゲルは、素材そのものにも水分が含有されています。ソフトが水を含ませて食材として完成する“高野豆腐”なら、シリコーンハイドロゲルは、すでに水分を含んだ食材として販売されている木綿や絹ごしなど、“豆腐”のイメージです。
放っておけば、どちらも乾いてしまいますが、素材自体に水分を含んだ後者のほうが、乾燥に強いのです。

シリコーンハイドロゲルの短所とは?脂質によるアレルギーの危険も

シリコーンハイドロゲル_05
出典:WebMD『Slideshow: Tips for Contact Lens Wearers at Every Age』

しかし「シリコーンハイドロゲル」にも短所はあります。シリコーンは脂質との親和性が高いため、レンズに脂汚れが付着しやすく、除去しにくいのです。
さらに汚れを落とすための洗浄液や、保存液にも課題があります。専門的になりますが、とりわけ「PHMB(塩酸ポリヘキサニド系)」という成分との相性が悪く、これを含む洗浄液・保存液を使用した場合、6〜7%の人が脂質によるアレルギー反応を起こしてしまうという調査結果もあるそうです。
各レンズメーカーは、これらの課題を克服するためレンズに加工を施し、改善傾向にありますが、シリコーンハイドロゲルを選ぶにせよ、ハードやソフトを選ぶにせよ、コンタクトレンズを使用するには、眼科医の診断が欠かせません。
また、レンズケアが正しくおこなえなければ、目の健康を損なうことにつながります。どのタイプが自分に合うのか、体質はもちろん、ライフスタイルにも合わせ、適切な眼科医に相談することが大切です。

▼コンタクトレンズの選び方や知識については、コチラの記事もオススメ!
豊富な種類から何を頼りに選べばいいの?眼科医が教えるソフトコンタクトレンズの選び方

ハードコンタクトレンズ使用者に警鐘!人相にまで影響する『眼瞼下垂』って!?

発明したのは誰?意外と知らない『コンタクトレンズ』の歴史

日本人は欧米人に比べて眼球が大きい!?サイズを知れば見えてくる、コンタクトによる健康被害

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ