• HOME
  • エンタメ
  • 昼間なのに異常に眠い! その眠気の原因、『ブルーライト』かも?
眼精疲労

昼間なのに異常に眠い!
その眠気の原因、『ブルーライト』かも?

昼間なのに異常に眠い!<br> その眠気の原因、『ブルーライト』かも?

Photo by Vive La Palestina

仕事中なのに眠くて眠くて仕方がない…。夜は睡眠時間をしっかり確保しているはずなのに、なんだか疲れがとれない…。とお悩みのそこのあなた!

実はこの症状、普段みなさんが浴びている『ブルーライト』によるものかもしれません。

寝ても疲れがとれない…。この原因は目の疲労?

目の疲れには、大きく分けて2種類あります。

ひと晩ぐっすり眠るなど、休息することによって回復する場合は、『疲れ目』で、休息や睡眠をとっても症状が残るものを『眼精疲労』と呼びます。

この眼精疲労の初期症状は、目の痛み、目のかすみ、まぶしさ、充血などの症状から始まり、さらに悪化すると頭痛、肩こり、吐き気などの全身症状が出現することにもつながります。

また、疲れ目による不快感がストレスにつながり、自律神経のバランスがくずれ、不眠やひどいときには軽いうつ状態になったりする人もいるようです。

しかし、このような睡眠障害は、単純に目の疲れだけが原因とは限らないようです。

疲れ目の原因でもある『ブルーライト』は睡眠障害と深~い関係があった!

nemuke_03

Photo by r.nial.bradshaw

『眼精疲労』の理由のひとつにパソコンなどの長時間の使用を挙げる方がほとんどですが、実はスマホやパソコンの画面などから発する『ブルーライト』が目の“大敵”なんです。

このブルーライトとは、人の目で見ることのできる光=可視光線の中でももっともエネルギーが強く、波長が短い性質で、散乱しやすくちらついて見えるため、長時間のパソコン作業などで目が疲れる原因につながります。

そして最近の研究によると、ブルーライトは疲れを誘発するだけでなく、夜間に長時間浴びると、眠気を誘発するメラトニンと呼ばれるホルモンが正しく分泌されにくくなり、体内時計が狂うということがわかったのです。

これにより、「長時間眠ったはずなのになんだか眠り足りない」「夜眠れないから、昼間に眠くなってしまう」といった睡眠障害を引き起こし、ときにはほかの健康被害まで及ぶケースもあるんだとか!

毎日使うスマホやパソコンですが、とくに夜間の使用は睡眠を妨げる原因になるので、なるべく避けたほうがよいでしょう。

知らないとコワい!『ブルーライト』が及ぼす健康被害

ブルーライトが及ぼす悪影響は、睡眠障害だけではありませんでした。

目の疲れ、ドライアイ

ブルーライトの光は目の網膜に大きな負担を与えます。
▼詳しくはこちら
『ブルーライト』にはご用心!LEDライトの色によって目が悪くなる!?

『加齢黄斑変性』

加齢によって引き起こされる病気ですが、実はブルーライトも大きな原因の1つなんです!
▼詳しくはこちら
欧米では失明原因の第1位!日本人にも増殖中の『加齢黄斑変性』ってどんな病気!?

ブルーライトが失明の原因にもなってしまうなんて怖いですね。

現代人の6割が『目の疲れ』の悩みを放置している!?

あるアンケート調査によると、20~40代の4割以上が目の疲れを感じていることがわかりました。目の疲れによって感じる症状では、「集中力の低下」、「気力の低下」、次いで「眠気が起こる」など仕事への悪影響を感じている方が多いにもかかわらず、半数はなんのケアもしていないという驚きの結果が…! 

しかし、この眼精疲労は放っておけばさらに悪化し、仕事や生活環境などに変化がない限り、自然には治らないと言われているかなりのクセ者…。

もしかしたら、と思い当たる方は、下記サイトで眼精疲労度をチェック!

▼セルフドクターネット‐眼精疲労度チェック
https://www.selfdoctor.net/check/2003_09/check.html

nemuke_02

出典:JINS MEME

また、目の疲れや眠気を教えてくれる 世界初のメガネ『JINS MEME(ジンズ・ミーム)』が2015年春、発売予定。

これは、顔との接触部分に搭載した3つのセンサーが、「疲れや集中度の確認」、「数分後の眠気」、「コンディション」といった心と体の変化を敏感にキャッチしてくれる“次世代メガネ”なんです。

『目の疲れ』放っておかずに早めのブルーライト対策を!

眼精疲労度が高めだったあなた…要注意です。以下のサイトを参考にして、早めに目のケアをしましょう。

▼ブルーライトによる疲れ目、炎症対策
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)
▼目の疲れをケアするアイテム
目の疲れに悩む“デジアイ症候群”に捧ぐ!現代のデジタル社会を生き抜くケアアイテム
▼眼精疲労を緩和する食べ物
ブルーベリーだけじゃない! 「眼精疲労」に効果がある食べ物はコレだ
▼すぐできるディスプレイ設定
デスクワーカーなら即実践すべし! ディスプレイの設定で目の疲れを軽減

目の疲れ、睡眠障害にお悩みの方はぜひお試しください!

【参考】
新宿東口眼科医院‐眼精疲労
http://www.shec.jp/gannseihirou.html
おやけ眼科‐眼精疲労
http://www.oyake-clinic.com/original4.html
メガネショップ J-EYE‐パソコンを見ていると眠くなる
http://www.j-eye.com/001_014/one_point/f10174_023.html
日本経済新聞‐スマホが出す「夜の光」 肥満やうつのリスク要因か
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO75941200R20C14A8000000/
NHKニュースおはよう日本-“青色光”健康への影響は?
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/06/0612.html
ブルーライト協会‐ブルーライトとは
http://blue-light.biz/about_bluelight/?p=12
ウェルラボ‐目もとを温めて“慢性目疲れ”を予防
http://www.well-lab.jp/201309/feature/298
JINS‐ウエアラブルデバイスの、遥か彼方へ
https://www.jins-jp.com/jinsmeme/

みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

平日、パソコンを利用している時間はどれくらいですか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

デジタル時代、デスクワークで一番疲労を感じる部位は「目」だということをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

ブルーライトを発するデジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)で、目が疲れたり、炎症を起こしたりする「デジアイ症候群」をご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

(デジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)を使うことによる疲れ目)「デジアイ症候群」の原因の1つであるブルーライトは、目の中の四方八方へ飛び散ることで、目のピント調節筋を疲れさせてしまうことをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究して生まれた、PC・スマホのブルーライトなどによる目の疲れ、炎症に効く目薬として「ロートデジアイ」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

平日、パソコンを利用している時間はどれくらいですか?

  • 1時間未満
    3%
  • 1~2時間未満
    5%
  • 2~4時間未満
    10%
  • 4~6時間未満
    15%
  • 6~8時間未満
    22%
  • 8時間以上
    42%
  • 平日は利用しない
    3%
Loading ... Loading ...
Q2

デジタル時代、デスクワークで一番疲労を感じる部位は「目」だということをご存知でしたか?

  • はい
    78%
  • いいえ
    22%
Loading ... Loading ...
Q3

ブルーライトを発するデジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)で、目が疲れたり、炎症を起こしたりする「デジアイ症候群」をご存知ですか?

  • はい
    38%
  • いいえ
    62%
Loading ... Loading ...
Q4

(デジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)を使うことによる疲れ目)「デジアイ症候群」の原因の1つであるブルーライトは、目の中の四方八方へ飛び散ることで、目のピント調節筋を疲れさせてしまうことをご存知でしたか?

  • はい
    27%
  • いいえ
    73%
Loading ... Loading ...
Q5

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究して生まれた、PC・スマホのブルーライトなどによる目の疲れ、炎症に効く目薬として「ロートデジアイ」があることをご存知でしたか?

  • はい
    20%
  • いいえ
    80%
Loading ... Loading ...

パソコンやスマホからのブルーライトダメージにはこれ!

\パソコン仕事の疲れ目におすすめの目薬/
デジタル時代の瞳を癒す黄色い一滴、『ロート デジアイ』
デジタル時代の瞳を癒す黄色い一滴、『ロート デジアイ』
日中はパソコンやスマホ、夜はテレビやゲーム…1日中デジタル機器に囲まれる私たちは、画面から放出される「ブルーライト」によって目に疲労が蓄積しています。そんな「デジアイ症候群」対策の目薬を試してみませんか?

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

眼精疲労

目の不調は慢性疲労や慢性疲労症候群のサインかも!?違いや対処法を専門家が解説

目の不調は慢性疲労や慢性疲労症候群のサインかも!?違いや対処法を専門家が解説

「視力が落ちたように感じる」「目が疲れやすい」といった目の不調は、慢性的に疲労がたまっているサインかもしれません。特に、原因不明のひどい疲労感が続き、「まぶしくて目がくらむ」などの症状がある場合は要注意。深刻な「慢性疲労症候群」の可能性があります。

今回は、カイロプラクティック理学士の檜垣先生に、慢性疲労慢性疲労症候群について、違いや対処法をお聞きしてきました。

「慢性疲労」と「慢性疲労症候群」の違い

慢性疲労と慢性疲労症候群は、名称が似ていることから混同されがちですが、実際はまったく異なるものです。

●慢性疲労

疲労感・倦怠感がくり返されたり、長期間(約1週間~1ヶ月)続いたりする状態を指します。休息をとったり、生活習慣を見直したりして改善を試みても、数日するとだるさが戻ってしまい、体が重い感覚がなかなか抜けないのが特徴です。

疲労感・倦怠感以外にも、以下のような症状が見られることがあります。

・胃腸の調子が悪い
・呼吸が浅くなったり動悸がしたりして胸が苦しい
・肩こりや頭痛を感じることが増える
・冷えを感じたり、逆にのぼせる感覚があったりする
・イライラしやすくなる
・気分が落ち込む
・視力が落ちたように感じる
・目が疲れやすい
・なかなか寝つけない、眠りが浅い

このような症状の原因は、心身へのさまざまな刺激・ストレスが、生命維持にかかわる働き(呼吸や体温調整、内臓の働き)をつかさどる自律神経の働きを乱してしまうためです。

刺激やストレスによる疲労で注意したいのが、「隠れた慢性疲労」。たとえば「仕事にやりがいと充実感があり、疲れを感じていない」という方は、実は危険な状態にあるかもしれません。

不調のサインである「疲労感」が、達成感や高揚感で隠れてしまい、疲労回復に必要な休息を積極的にとるタイミングを逃してしまいがちだからです。そのため、気づかないうちに慢性疲労状態となり、急にガクンと体調を崩す可能性があります。

●慢性疲労症候群

原因不明で、日常生活に支障が出るほど重度の疲労が6ヶ月以上続く状態のことです。

症状としては、以下のようなものが現れます。

・動くこともつらいほどの疲労感がある
・休息や睡眠をとっても疲労感が抜けない
・微熱が続く
・筋肉が痛む、筋力が低下する
・喉の痛みがある
・頭痛がある
・寝つきが悪い、日中に強い眠気があるなど睡眠の問題がある
・記憶力や集中力が低下する
・体を動かした後の疲労感が24時間以上続く
・気持ちが落ち込み、不安定になる
・頸部のリンパ節が腫れる
・まぶしくて目がくらむ

「慢性疲労」と症状が似ている部分もあるため、まずは休息をとったりストレスを解消したりして、改善しようとすることが多いでしょう。

しかし、それでも変化が見られなかったり、あるいは改善する気力さえ失ってしまっていたりする場合は、慢性疲労以外の疾患の疑いがあります。悪性腫瘍、甲状腺や肝臓の異常、うつ病、貧血などがその例です。

しかし、医療機関で検査を受け、それらの疾患が見つからなければ、「慢性疲労症候群」と診断されることが多くなっています。慢性疲労症候群の原因は医学的に明らかになっていませんが、脳内に炎症がある場合もあるようです。

慢性疲労は対処可能!セルフケアで改善しよう

慢性疲労の場合は、セルフケアで対処可能です。以下で具体的にご紹介しましょう。

●入浴する(湯船につかる)習慣をつける

入浴すると、血流がよくなるとともに副交感神経が優位になるため、リラックス効果が期待できます。お湯の温度は、38~40度が適切です。

ただし、過労や寝不足で心身に大きな負担がかかっている方は、入浴することでエネルギーが消費され、疲れが増すように感じてしまうことがあります。そのような場合は、長時間の入浴などは避けましょう

●軽く全身を動かす

全身を動かすことで血流をよくし、体の緊張をほぐしてリフレッシュしましょう。特に疲労がたまると呼吸が浅くなりがちなので、呼吸を深く意識できるような体操や、軽いウォーキングなどがおすすめです。

●夜はなるべくリラックスし、ゆったりと過ごす

就寝時には心身がリラックスしている状態になるよう、夜はゆったりと過ごしましょう。寝る前の飲食や、スマートフォン・パソコン操作は控えます。

●栄養バランスを考える

量よりも栄養のバランスを重視した食事をとるようにしましょう。多忙な生活や精神的ストレスから、食事内容が偏ったり、食事量が極端に増減したりしないようにしてください。

●リラックスできるストレッチを行う

ストレッチは自律神経を整えるのに役立ち、肩周りや背中の筋肉の凝りを改善する効果が期待できます。深呼吸をして呼吸を整えながら行うことで、体の力を抜き、リラックスしましょう。

以下で、簡単にできるリラックスストレッチをご紹介します。疲れや筋肉の凝りを感じたときにやってみてください。

1.頭上で両手を合わせ、息を吸いながら、体全体を天井方向へ伸ばします。

2.息を吐きながら、合わせた両手を左右へ開き、ゆっくりと体の側面に向かっておろしていきます。このとき、指先が外側へ引っ張られるよう意識し、なるべく腕の付け根(肩)から伸ばすようにしてみましょう。

3.一度脱力し、両腕をだらんと下におろすようにして、体の側面につけます。

4.腕を手前側にねじり、手の甲が太ももの側面につくようにしたら、腕を体の前に持ってくるイメージで内側に寄せ、手の甲を太ももの前面につけるようにします。このとき、腕の付け根(肩)からしっかり腕を体の前に持っていくのがポイントです。

左右の肩甲骨の内側が軽く伸びるのを感じながら、ゆっくり呼吸し、5秒間キープしましょう(さらに、頭を前に倒して、首の後ろのストレッチを加えるのもおすすめです)。

5. 手の甲を内側に向けたまま、胸を開きながら、体の後ろのほうまで腕全体を持っていきます。肩甲骨が寄せられているのを感じながら、ゆっくり呼吸し、5秒間キープします。

この1~5を1セットとして、3~5回くり返しましょう。

慢性疲労症候群が疑われる場合は医療機関へ

慢性疲労症候群が疑われる場合、まずは内科などのかかりつけ医に相談しましょう。必要に応じて、他の診療科への紹介状を出してもらいます。また、疲労を専門とする神経内科などもあるので、インターネットなどで調べて受診する方法もあります。

治療としては、症状に応じた薬が処方されるほか、認知行動療法が行われたり、状態に適した運動を指導されたりすることが多いようです。

目の不調が出てくることもある慢性疲労。原因がわからない場合や、対処してもなかなか改善しない場合は、慢性疲労症候群の可能性があるため早めに医療機関を受診しましょう。

▼檜垣先生が監修しているそのほかの記事はコチラ!
目元のシワ・たるみ・むくみに効果的!専門家が教える代謝改善スプーンマッサージ
肩こりのときにやってはいけないことがある?!本当に効果的な対処法を専門家が伝授
ゴールデンウィーク明けからなんとなく調子が悪い……専門家が教える五月病の予防法・対処法
「病気じゃないけど調子が悪い」とお悩みの方必見!現代人に多い自律神経失調症の改善方法を専門家が伝授
《専門家監修》通勤時間や休み時間にやってみて!目の疲れや肩こりに効くプロ直伝の簡単ストレッチ

▼たまった目の疲れ、放置せずしっかり対処しましょう!
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

文/西東美智子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ