• HOME
  • エンタメ
  • 体の大きさよりも走る速度に由来!? 哺乳類の“目のサイズ”の秘密
読み物

体の大きさよりも走る速度に由来!?
哺乳類の“目のサイズ”の秘密

体の大きさよりも走る速度に由来!?<br /> 哺乳類の“目のサイズ”の秘密

動物の目の大きさは、体の割に大きかったり小さかったりと実にさまざまです。最近の研究では、この目の大きさは、体の大きさに比例するものではなく“走る速度”に由来することがわかってきているそうです。実に興味深い話ですよね。

活動時間が影響すると思われていた哺乳類の目の大きさ

これまでの学説で考えられてきたのは、頭蓋骨の大きさに対して目が大きい動物は夜行性であり、これは夜間の薄明かりを網膜に十分に取り入れるためのもの。また、これ以外に動物の目の位置については、猫や猿は顔の前面に目がついていて、これは両眼視、立体視によって距離や奥行きを把握するため。反対に牛や馬などの被捕食動物は、横位置に目がついていて、これは身の安全を守るために視野を広げる目的があるというものでした。

実際に影響を与えていたのは“走る速度”

しかし、最近のテキサス大学による研究では、哺乳類の目のサイズは、体の大きさより走る速度によって決まっていることがわかってきたそうです。50種類以上の哺乳類を研究した結果、動物の活動時間によって目の形状の差異は生まれても、大きさとの相関性は見られず、目の大きさに影響しているのはその動物の“移動の最高速度”であるというのです。

eyesize_02

高速で移動する哺乳類の目が大きい理由とは?

研究者によると、チーターや馬のように高速で移動する動物の目が大きいのは、「移動時に障害物をいち早く察知し、衝突を避けるため」なのだそうです。
例えば、今回調査された哺乳類の中で一番大きなものは象でしたが、チーターの走る速度が最高時速110km/hなのに対して、象は最高時速40km/hと大きな差があります。

この2体の目のサイズを比較すると、体の大きな象よりも、移動速度の速いチーターの方が体に対して目の割合が大きいことがわかります。

この研究家結果から、動物の体の大きさと移動速度から、目の大きさをほぼ割り出すことができるのだそうです。

哺乳類の目の大きさの秘密、いかがでしたか?まさか移動速度に由来するとは意外なようではありますが、実利面を考えると実に納得できる話ですよね。

【参考】
Daily Mailonline- Paws for thought! Eye size determined by maximum running speed in mammals

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2139849/Paws-thought-Eye-size-determined-maximum-running-speed-mammals.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

“見ない”で描いた絵がスゴイ!全盲の画家ジョン・ブランブリット氏のおどろくべき才能

“見ない”で描いた絵がスゴイ!全盲の画家ジョン・ブランブリット氏のおどろくべき才能

出典:boredpanda

色鮮やかで迫力あるこの絵。実は、全く目の見えないアーティストによる作品なのです! 対象を“見ない”で、どうやってこんなにすばらしい絵を描けるのでしょうか?

今回は、全盲の画家ジョン・ブランブリット氏をご紹介します。

失明してから画家としての活動をスタート

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_02
出典:Little Things

アメリカ・テキサス州のジョン・ブランブリット氏は、幼い頃から絵を描くことが大好きな少年でした。しかし、幼少期からてんかんの持病があり、発作に苦しんでいたそうです。

29歳のとき、てんかんの合併症で視力を失いはじめ、ついには全盲となります。そして、その頃から画家としての活動をスタートしました。

希望を失いかけていたブランブリット氏を救ったのが、幼い頃から親しんできた「絵を描くこと」だったのです。

対象や絵の具に“触れた感覚”で描く

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_03
出典:Little Things

全盲のブランブリット氏は、対象となるものの輪郭や色や明暗を実際に“見る”ことはできません。しかし、上の絵のように、実際の人物の肖像画を描くこともできます。いったいどうやって描いているのでしょうか?

ポイントは“触覚”です。

ブランブリット氏は、まずモデルや対象となるものに触れて、輪郭を把握します。それを頭のなかで絵としてイメージします。次に、白い絵の具で下描きをしていきます。絵の具で凹凸をつけることで、その後に色を塗る場所がわかるようにしているのです。

さらにおどろくべきことに、彼は使う絵の具の色も“触る”ことで選んでいます。絵の具に触れることで、1000種類もの色を判断できるそうです。

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_04
出典:boredpanda

出来上がった作品のすばらしさを見れば、彼の能力がいかに驚異的かは一目瞭然ですね!

視覚の代わりに触覚や記憶力が発達

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_05
出典:boredpanda

ブランブリット氏は、視力を失う代わりに触覚や立体感覚、記憶力が発達したと考えられます。そしてその能力を、画家としての活動に最大限活かしているといえるでしょう。

彼のように、目が見えなくなったことで別の感覚器官が発達するというケースは少なくありません。そのパターンはさまざまですが、“見える”人からするとおどろくような能力を持つ“見えない”人はたくさんいるのです。

いかがでしたか? 視力を失っても、こんなにすばらしい絵が描けるなんておどろきですよね。ブランブリット氏の他にも、全盲や弱視のアーティストはたくさんいます。この機会に、ぜひ彼らの作品をチェックしてみてくださいね!

▼加齢とともに気をつけたい目の病気はこちら
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

▼視覚とアートの関係をもっと知りたい方にはこちら!
『4色型色覚』を持つアーティストが描く絵が美しすぎる!
視力0.1の人にはこう見える!? 近視の人が見た世界を再現する絵画が幻想的
人間の脳力ってスゴイ! 努力の画家『エスレフ・アーマガン』
キャンバスは『手』! アイディアが光るトリックアート集
鉛筆だけで描いた絵が飛び出す!? 永井秀幸の3Dトリックアートがすごい!

【参考】
全盲の天才画家、ジョン・ブランブリットが描く色鮮やかな絵画|ラビトーク!
http://news.rabbitalk.com/archives/1023676478.html
全盲の画家!ジョン・ブランブリットさんが絵を描けるのは何故ですか?|ココロスキップ
http://www.cocoro-skip.com/fukushi/10135.html
Blind Artist – John Bramblitt – www.TinasArt.net – Artists With Disabilities|YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ogI6J3sgLtw

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ