• HOME
  • エンタメ
  • 体の大きさよりも走る速度に由来!? 哺乳類の“目のサイズ”の秘密
読み物

体の大きさよりも走る速度に由来!?
哺乳類の“目のサイズ”の秘密

体の大きさよりも走る速度に由来!?<br /> 哺乳類の“目のサイズ”の秘密

動物の目の大きさは、体の割に大きかったり小さかったりと実にさまざまです。最近の研究では、この目の大きさは、体の大きさに比例するものではなく“走る速度”に由来することがわかってきているそうです。実に興味深い話ですよね。

活動時間が影響すると思われていた哺乳類の目の大きさ

これまでの学説で考えられてきたのは、頭蓋骨の大きさに対して目が大きい動物は夜行性であり、これは夜間の薄明かりを網膜に十分に取り入れるためのもの。また、これ以外に動物の目の位置については、猫や猿は顔の前面に目がついていて、これは両眼視、立体視によって距離や奥行きを把握するため。反対に牛や馬などの被捕食動物は、横位置に目がついていて、これは身の安全を守るために視野を広げる目的があるというものでした。

実際に影響を与えていたのは“走る速度”

しかし、最近のテキサス大学による研究では、哺乳類の目のサイズは、体の大きさより走る速度によって決まっていることがわかってきたそうです。50種類以上の哺乳類を研究した結果、動物の活動時間によって目の形状の差異は生まれても、大きさとの相関性は見られず、目の大きさに影響しているのはその動物の“移動の最高速度”であるというのです。

eyesize_02

高速で移動する哺乳類の目が大きい理由とは?

研究者によると、チーターや馬のように高速で移動する動物の目が大きいのは、「移動時に障害物をいち早く察知し、衝突を避けるため」なのだそうです。
例えば、今回調査された哺乳類の中で一番大きなものは象でしたが、チーターの走る速度が最高時速110km/hなのに対して、象は最高時速40km/hと大きな差があります。

この2体の目のサイズを比較すると、体の大きな象よりも、移動速度の速いチーターの方が体に対して目の割合が大きいことがわかります。

この研究家結果から、動物の体の大きさと移動速度から、目の大きさをほぼ割り出すことができるのだそうです。

哺乳類の目の大きさの秘密、いかがでしたか?まさか移動速度に由来するとは意外なようではありますが、実利面を考えると実に納得できる話ですよね。

【参考】
Daily Mailonline- Paws for thought! Eye size determined by maximum running speed in mammals

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2139849/Paws-thought-Eye-size-determined-maximum-running-speed-mammals.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

犬の目やにが臭い!目元が赤茶色になってしまう“涙やけ”情報まとめ

犬の目やにが臭い!目元が赤茶色になってしまう“涙やけ”情報まとめ

愛らしい表情で、ペットとして人気のトイプードルやマルチーズ。街中でも散歩している姿を見かけますが、よく見ると目の周りが赤茶色になっているのに気づいたことはありませんか?その赤茶色の正体は“涙やけ”です。

今回は、ペットの目やにの臭いが気になっている方にもチェックしてほしい、犬の涙やけについてまとめました!

涙やけってどんなもの?病気なの?

涙やけ_02

涙やけは、目からこぼれた涙が化学変化を起こしたり、紫外線などによって変色したりすることで起こるもので、それ自体は病気ではありません。ただ、涙やけを起こすほど涙が目からこぼれているのには、病気が隠れている可能性があります。

涙やけはどうして臭いの?

涙やけ_03

涙やけが臭う原因は、赤色に染める色素をもつ菌にある可能性が高いです。目元が赤茶色になってくると同時に臭いがキツくなっているようなら、菌が繁殖しているのが原因かもしれません。

ただし、涙やけが臭っているのか、顔のほかの部分が臭っているのか判断がつかないときもあります。まずは、涙やけを取り除きキレイにしてあげてから、臭いがなくなるかを確かめてみましょう。

涙がたくさん出る原因は?

涙やけ_04

犬は人間のように、感情によって涙がポロポロとこぼれ落ちるようなことはないとされています。涙やけを起こすほど涙が出ているのは、目の表面が刺激を受けているか、涙をためておけない何らかの異常が起こっているかのどちらかが原因です。

特に、生まれつき涙をためておけない場合は、内眼角形成異常の可能性も考えられるため、獣医師に相談することをおすすめします。

涙やけになってしまったときに取りたい対処法

涙やけ_05

涙やけは、ちょっとした目への刺激があったときにも起こります。サッと拭いても取れなかったり、何度拭いても涙やけを起こしたりするようなときには、動物病院で治療を受けましょう。

医療機関で使用する専用の製品で涙やけをキレイにしたり、温めたタオルを巻いた状態でまばたきをさせる『温庵法(おんあんぽう)』を受けたりすることができます。

ペットショップなどで手軽に購入できる涙やけを拭き取る薬剤には、漂白剤などが含まれている可能性があり、目によくないケースも見られます。自宅で対処する場合は、使用するアイテムは成分までしっかり確認してから使うようにしましょう。

大切な家族の一員であるペットの目元が赤茶色になってしまっているようなら、涙やけ対策が必要です。「目元が濡れているときはこまめに拭いてあげているけど、なかなか治まらない」「どんどん涙があふれてくる」というようなときには、動物病院に連れて行ってあげましょう!

▼犬に関連した記事はこちらもおすすめです!
【涙活】タオルのご準備を! 犬がテーマの泣ける動画5選
うちのコは大丈夫…? 犬やネコも『ドライアイ』になる!!

▼涙がぼろぼろ…ヒトも気になる涙目についてはこちらをチェック!
目のトラブルについて~なみだ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
涙やけについて|よくある健康相談(犬・猫編)|プリモ動物病院 練馬・動物アレルギー医療センター|一般診療 皮膚アレルギー トリミング ペットサロン
http://nerima.jprpet.com/practice-info/consultation/08/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ