• HOME
  • エンタメ
  • “動物+目”の由来は何?『目』のつく名字まとめ
読み物

“動物+目”の由来は何?『目』のつく名字まとめ

“動物+目”の由来は何?『目』のつく名字まとめ

珍しい名字も多い『目』のつく名字。そのなかでも、今回は“動物+目”がつく名字ばかりを集めました。調べてみると意外と多く出てくる“動物+目”のつく名字の由来や、その名字の方が多く見られる都道府県などをまとめてご紹介します。

福島県に多い?『馬目』さん

目のつく名字_02

馬目=まのめと読む、『馬目』さんは、磐城(いわき)国磐城郡馬目村がルーツといわれています。磐城国磐城郡馬目村は、福島県の東側と宮城県南部に位置していた村。そのため『馬目』さんは、現在も福島県いわき市に多くいらっしゃるようです。

『猪目』さんは方位が由来?!

目のつく名字_03

鹿児島県に行くと出会えるという『猪目』=いのめさん。鹿児島県姶良(あいら)郡発祥の名字だといわれており、「猪がたくさん生息している地域だったから」「亥の方位にいたから」などの起源があるとされています。

太平記にも記されている『鹿目』さん

目のつく名字_04

南北朝時代の軍記物語である太平記には『鹿目』という記述があり、高階氏(たかしなうじ)高氏族のことを指しているそうです。『鹿目』は、かめ/かのめ、と読みます。現在では、福島県会津若松市を中心に福島県で多く見られる名字となっています。

発祥は鹿児島県といわれている『獅子目』さん

目のつく名字_05

大隅国肝属(きもつき)郡獅子目邑が発祥の地とされている『獅子目』=ししめ/しじめさん。大隅国肝属郡は、今の鹿児島県東部にあたります。

志々女氏の本領がその地にあり、漢字が変化して獅子目になったのではないか、という説が有力なようです。由来を裏付けるように、現在では宮崎県や鹿児島県で多く見られる名字です。

“動物+目”の名字を持つ方に出会ったら、出身地をうかがってみるとおもしろいかもしれませんね。日本にはまだまだ珍しい“目”のつく名字の方がいらっしゃいます。

自分の名字や友人の名字、ふと耳にした名字など気になったときに調べてみると、意外な共通点が見えてくるかもしれませんよ!

▼こちらの記事では、珍しい『目』のつく名字をご紹介しています!
どう読むの?!意外と多い『目』のつく珍しい名字まとめ

▼文字そのものが読みにくい…という方はもしかして?
目の老化について(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
名字検索No.1/名字由来net|日本人の名字(苗字)98%以上を掲載!!
https://myoji-yurai.net
太平記(たいへいき)とは – コトバンク
https://kotobank.jp/word/太平記-91961

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

トリビア

読めたら自慢できるかも!“目”のつく珍しい漢字―あなたは“眦”“眄”読めますか?

読めたら自慢できるかも!“目”のつく珍しい漢字―あなたは“眦”“眄”読めますか?

私たちがふだんなにげなく使っている漢字には、“目”が部首として意外とたくさん含まれています。

今回はそんな“目”という漢字の成り立ちから、ちょっと珍しい“目”のつく漢字まで、幅広くご紹介します!

漢字の“目”はどうやってできたの?

目が部首のおもしろい漢字_02
出典:chineseheritagelodge.com

そもそも、“目”という漢字はどうしてこの形になったのでしょうか? 漢字のもとになったのは、古代にものの形から生まれた“象形文字”です。“目”の字はそのものずばり、私たちの目の形から生まれました。

上の図は、古代の中国で使われていた最古の漢字“甲骨文字”(こうこつもじ)です。このように、“目”という字は今は縦長に書きますが、かつては横長の形でした。これを見ると、目の形から生まれた文字だということがよくわかりますよね。

目が部首のおもしろい漢字_03
出典:chineseheritagelodge.com

同じように、“眉”(まゆ・ビ)という漢字も目の上にあるまゆげの形から生まれました。

上の図は“金文”という青銅に刻まれた古代の文字ですが、この字は目の上に眉飾りをつけた形を表しています。古代中国では、呪力(まじないの力)を強めるために目の上に眉飾りをつけました。神につかえる巫女(みこ)などが、祈りやまじないをするときにつけていたようです。日本では絵の具で描いたり、入れ墨をしたりしていたとされています。

これ読める? 部首に“目”がある珍しい漢字

漢字を構成する部分のことを“部首”(ぶしゅ)といいます。“目”の部首をもつ漢字はたくさんありますが、その中からちょっと珍しいものをご紹介しましょう。いくつ読めるか、トライしてみてくださいね!

“眦”

目が部首のおもしろい漢字_04

音読みは「サイ」「シ」「セイ」、訓読みは「まなじり」「にら(む)」です。意味は「じろりとにらむ」「まなじり、めじり」。

代表的な使い方としては「眦を決して」という慣用表現などがあり、これは「目を大きく見開いて」「気力をふるい立たせて」といった意味です。

“睫”

目が部首のおもしろい漢字_05

これはちょっと簡単でしょうか? 答えは「まつげ」です。音読みでは「ショウ」となります。意味は「まぶたの周りの毛」や「まばたく」「またたく」です。

「まつげ」のようなふだんよく使っている言葉でも、漢字で書くことはあまりないので新鮮ですよね。

“眷”

目が部首のおもしろい漢字_06

ちょっと難易度アップです。いかがですか? 答えは音読みで「ケン」。訓読みでは「かえり(みる)」「なさ(け)」「みうち」「めぐ(み)」となります。

かえり見る、目をかけるという意味から転じて、目をかけている仲間、身内といった意味もあります。熟語の「眷属」(けんぞく)は、血のつながった身内、従者、家来、配下の者という意味です。

“眄”

目が部首のおもしろい漢字_07

最後はかなり難易度の高い漢字です。読めたらかなりの漢字通といえるでしょう。

答えは「ながしめ」。訓読みは他に「かえり(みる)」「み(る)」「なが(める)」があり、音読みは「ベン」「メン」です。流し目でちらりと見る、かえり見るといった意味があります。

この漢字が使われている四字熟語「右顧左眄」(うこさべん)は、周囲のことばかり気にして自分の態度をなかなか決断できないことを表します。

いかがでしたか?

私たちの目の形から生まれた“目”の字ですが、こんなにいろいろな漢字に使われているんですね! 珍しい漢字は他にもたくさんあるので、興味がわいたら調べてみてくださいね。

▼文字にまつわる豆知識なら、他にこんな記事も!
【閲覧注意】文字が文字に見えなくなる!?ゲシュタルト崩壊の仕組みに迫ってみた
迷ったときは「見る」でOK!? “みる”を正しく漢字変換する方法
ついに点字版電子書籍も開発! 点字図書の世界をのぞいて見よう
あなたは説明できますか?「涙」と「泪」と「涕」の違い
耳で「見る」、手で「読む」!?目の見えない人に学ぶ、私たちの脳のフシギ

▼読むだけでくしゃみが出そう?花粉症にまつわるトリビア
驚きの新事実!花粉症トリビア(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
第15回 人の形から生まれた文字〔3〕 体の部分~顔を中心に(1)|ジャパンナレッジ
http://japanknowledge.com/articles/kanji/column_jitsu_15.html
部首:め・めへん|漢字辞典オンライン
http://kanji.jitenon.jp/cat/bushu05007.html
「眄」の意味|goo辞書
http://ejje.weblio.jp/content/black+eye

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ