• HOME
  • エンタメ
  • あなたの“利き目”は右?左?利き目を使うメリット・デメリットについて
トリビア

あなたの“利き目”は右?左?利き目を使うメリット・デメリットについて

あなたの“利き目”は右?左?利き目を使うメリット・デメリットについて

利き手や利き足のように、“利き目”があることをご存知ですか?手や足と同じく、目にも見るときによく使うほうの目があります。そこで今回は、利き目に関するいろいろな情報をまとめてみました!

利き目ってなに?

利き目は、専門的には『優位眼』といい、利き目でないほうの目は『非優位眼』といいます。私たちは普段、左右どちらの目も同じように使って見ている気がしますが、実は、利き目のほうでしっかりものを見ていて、もう片方の目は立体像を作るために補助的な役割をしているにすぎないのです。

なぜ利き目があるの?

利き目_02

なぜ利き目が存在し、左右の目で見え方に差が生まれるのでしょうか?これに関しては、人類の進化が関係しているという説があります。

利き手でいえば、現在、人類の9割以上は右利きであるといわれています。約5,000年前の人類もおよそ9割は右利きでしたが、200~250万年前までさかのぼると、右利きの割合は6割程度にしかすぎないそう。

さらに、人の進化の過程をたどっていくためサルやチンパンジーを調べてみると、右利きの割合は全体の約5割、つまり、右利きと左利きの割合は1:1になるのです。

このように見てみると、「人類の進化とともに右利きに偏ってきている」ともいえそうです。その背景には、言語と道具の発達があるのではないかと考えられています。

複雑な道具を利用してピラミッドや城などの大きな建物を作るためには、たくさんの言葉を使って周りの人とコミュニケーションし、考える必要があります。そのため、言語や思考を司る「左脳」が発達し、左脳が支配する右側の体の機能が向上していったのでしょう。

これはもちろんあくまでも1つの仮説にすぎませんが、右側が利き目である人の割合が多いのも、同様の理由からだといえるかもしれません。

利き目の調べ方は?

利き目_03

利き目は、自分の指と、少し遠くにあるものを使って簡単に調べることができます。いろいろな方法がありますが、ここではそのうちの1つをご紹介します。

1.片手の指を1本立てる
2.指と重なるように遠くの目標物(数メートル先の壁の時計など)に焦点を合わせる
3.そのままの状態で片目ずつつぶる
4.指と目標物が重なったままずれないほうが利き目

利き目ではないほうの目で見ると、両目では指と重なって見える目標物が指から離れてしまうので、利き目との見え方の差に驚くかもしれません。ちなみに、顕微鏡を覗くときに使おうとする目も利き目なので、これで判断することもできます。

利き目を使うメリットって?

利き目_04

利き目を日常生活で意識する場面はあまりありませんが、スポーツでは利き目を活かすことで有利になる場面があります。

たとえば野球では、右打者は左のバッターボックスに入るので、利き目が左であると、しっかりと体の近くまでボールを追うことができます。一方、右打者なのに利き目が右の場合は、ボールから目が離れてしまいやすくなります。

また、フィギュアスケートやバレエ、砲丸投げや円盤投げなど体の回転が必要な競技では、いち早く視認できるように利き目側へ回転したほうが有利だといわれています。

利き目に頼りすぎるとデメリットも

利き目_05

一方で、利き目ばかりを使っていると、体に歪みが出てくるともいわれています。どちらかの目に偏ってものを見続けていると、脳の中で重ね合わせる認識の中心軸がずれるため、体が動作する軸もずれます。これが、姿勢が崩れて顔や体が歪んでしまう原因にもなるのだとか。

スマホを持つときやパソコンを見るとき、画面の位置が利き目寄りになっている人は要注意。なるべく中央に置いて見るようにしましょう。また、テレビなどを見るときも、まっすぐに画面が見える位置に座るよう意識してみてください。

視力によって利き目が変わる?

ここまで“利き目”についていろいろとご紹介してきましたが、実は、ものを見る距離によって利き目が変わることもあります。左右の目の視力に差がある場合、たとえば、左が近視、右が正常視力では、近くを見るときは左が利き目になり、遠くを見るときは右が利き目になります。

人によっては、どちらが利き目でどちらがそうでないか、明確に分かれていない場合もあるようです。

いかがでしたか?スポーツや日常生活の中で“利き目”を意識しながら生活してみると、また新たな発見があるかもしれませんね。

▼“利き目”に関してもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!
頼りすぎには要注意!! 知っていますか?あなたの“利き目”

▼自分や子どもの視力の左右差、斜視が気になる方にはこちら
子ども達の視力低下が増えています!(ロート製薬 商品情報サイト)
近年、子どもたちにも急増中!? 左右に視力差がある『不同視』とは?
子どもが『不同視』と診断されたら?進行抑制のための基礎知識
VRは子どもの目には危険?!斜視になるリスクとは?

〈参考〉
Vol.8 利き目はどちら? | 目のおはなし | 株式会社ニデック
http://www.nidek.co.jp/eyestory/eye_8.html
愛媛県総合科学博物館 | 学芸員のおもしろ実験&研究
http://www.i-kahaku.jp/good_story/home/04_12/index.html
利き目はどっち? | 川本眼科(名古屋市南区)
http://www.kawamotoganka.com/tayori/2557/
「利き目」Check!~顔の歪みの原因かも:日経ウーマンオンライン【肌トレ塾】
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120113/116964/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

トリビア

意外に難しい!『深視力検査』ってどんな検査なの?

意外に難しい!『深視力検査』ってどんな検査なの?

『深視力検査』という目の検査を知っていますか?一般にはあまり知られていない検査方法ですが、運転免許の種類によっては免許取得や更新のときに必須となっている検査で、苦手とする人が多いといわれています。

深視力とはどんな検査方法なのか、その検査についてや苦手な人が多いとされる理由、克服方法などをまとめました!

深視力検査とは?

深視力_02

深視力検査とは、視力を測るものではなく、立体感・遠近感・距離感を正しく把握し、判断できる能力を測る検査のことです。機械の中に横並びに並ぶ3本の棒のうち、真ん中の棒が前後に移動し、横一列に並んだところで合図を出す、という方法で検査を行います。

横一列にまっすぐ並んでいる状態を0cmとして、前後に何cmズレたところで合図を出したかで、深視力をチェックできる仕組みです。

こんなときに深視力検査が行われる

深視力_03

運転免許の中でも大型・中型・二種・牽引の4つの免許を取得・更新する際に、深視力検査が行われます。基本的には、これらの免許を取得する人以外では深視力検査は行われないため、知らない人も多く、「免許取得時に初めてやった」という人が大半です。

深視力検査は苦手な人が多いの?

深視力_04

深視力検査は、通常の視力検査ではチェックできない視機能に異常がないかをチェックする目的で、衝突事故や接触事故を防ぐために実施されています。そのため、視力がよくても引っかかる可能性があり、「難しい」といわれることも多い検査です。

うまくタイミングを合わせられなかったり、視機能に日常生活では気づいていない異常があったりすると合格できず、苦手とする人も多いようです。

克服方法はあるの?

深視力_05

もし視機能に異常がある場合は、どんな異常があるのかを調べ、治療や矯正をすることで対応できる可能性があります。たとえば、左右で視力に大きな差がある場合は、メガネやコンタクトの度数を調整することで深視力をアップさせられる可能性があります。

万一不合格になってしまったときは、深視力検査の可能な眼科やメガネ店を探して、視機能に異常がないかチェックしてみましょう。

深視力検査は、特殊な運転免許を取得しなければ検査を受ける機会のないものです。しかし、普通免許で車を運転する場合でも、衝突事故や接触事故を防ぐために、深視力は欠かせないといえます。

気になった方は、深視力検査のできるメガネ店(検査料がかかる可能性あり)で、一度試してみてはいかがでしょうか?

▼車の運転に関する情報はこちらも要チェック!
車の運転に大事な動体視力!筋トレで鍛えることも可能!?
「死角」に注意!たのしいドライブ中に気をつけるべき、運転時のポイント

▼物の見えづらさが気になる方はコチラもチェック!
目の老化について(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
深視力検査について|ご利用案内|メガネ・時計のササガワ
http://www.sasa-gawa.net/howto/test/index.html
大型・二種免許に必要な深視力テストをクリアするメガネ|せのをや 岡山 西大寺店
http://senorya.com/eyewear/depth.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ