• HOME
  • エンタメ
  • 「めばちこ」「めいぼ」「おひめさま」……全国でこんなに違う!「ものもらいの」呼び方
読み物

「めばちこ」「めいぼ」「おひめさま」……全国でこんなに違う!「ものもらいの」呼び方

「めばちこ」「めいぼ」「おひめさま」……全国でこんなに違う!「ものもらいの」呼び方

なんとなく目が痒い、なんとなく目がゴロゴロする……。
なんとなくから気づけばまぶたが腫れ、ときには手術を要する事態ともなる“ものもらい”。
しかし“ものもらい”とは関東地方の方言。地方によってさまざまな方言があり、学術的な名称が、また別にあることをご存じでしたか?

学術的な名称は症状によって数種類!

“「ものもらい」「めいぼ」「めばちこ」は正式な医学用語ではないので、人によって指すものが違う可能性があります。”

出典:All About『ものもらいの種類・正式名称

“ものもらい”とは、言わば通称。
試しにスマホやブラウザからWikipediaを開き、このフレーズで検索してみてください。一発では、解説ページにたどり着けません。
医学的には、まぶたが菌に感染し、膿がたまる「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」、まぶたに脂肪がたまる「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」や、その脂肪が化膿を起こしている「化膿性霰粒腫(かのうせいさんりゅうしゅ)」などに分類され、その総称を一般的に“ものもらい”と呼んでいるに過ぎないのです。

関東では“ものもらい”、関西では“めばちこ”

東日本では一般的に“ものもらい”と呼ばれる症状。「感染する、うつる」といったイメージから、「ものをもらう」が転じたものかと思いきや、福島県東白河郡には「三軒の家から米をもらって食べるとなおる」という伝承があり、「ひとからもらう」ではなく、「ひとにもらうと治る」という俗説が語源だとか。
一方、“ものもらい”に次いで一般的な呼び方は“めばちこ”や“めいぼ”。どちらも近畿地方でよく使われる表現で、語源は「目がパチパチするから“めばちこ”」という説、「目にイボができるから“めいぼ”」という説があるというから、“ものもらい”の語源よりもしっくり来ます。

宮城県では“ばか”という呼び方も!

“特徴的だったのは、宮城県での呼び名の「ばか」と、熊本県の「おひめさん」だ。”

出典:日本経済新聞:ことばオンライン『ものもらいを「ばか」と呼んだら宮城県出身

宮城では“ばか”、熊本では“おひめさん”で、どちらも「自分からは遠ざけたい存在」と気持ちを、目の病に引っかけているようです。
おばかさんを遠ざけたいのは容易に理解できますが、“おひめさん”は「わがまま放題のお姫様には、近づいてほしくありません」ということでしょうか。
ともあれ、いつも瞳を健康に、目の病を寄せ付けない生活が大切。
コンタクトレンズの連日使用を避けたり、女性の場合はまぶたのキワへのアイメイクを控えたりと目を清潔に保つのはもちろん、バスタイムにはしっかり湯船に浸かり、まぶたまでしっかり温めることも“ものもらい”の予防につながります。

▼麦粒腫について、もっと詳しく知りたい方はコチラ
目のトラブルについて~麦粒腫(ものもらい)~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
All About『ものもらいの種類・正式名称』
http://allabout.co.jp/gm/gc/301731/
日本経済新聞:ことばオンライン『ものもらいを「ばか」と呼んだら宮城県出身』
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDB1600A_W4A110C1000000/
ROHTO『ものもらいMap』
http://www.rclub2.rohto.co.jp/clinic/mono/index.htm
スマイル眼科クリニック
『ものもらいのタイプそして予防と対策について』http://www.smile-eye.com/faq/3_1.htm

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

“見ない”で描いた絵がスゴイ!全盲の画家ジョン・ブランブリット氏のおどろくべき才能

“見ない”で描いた絵がスゴイ!全盲の画家ジョン・ブランブリット氏のおどろくべき才能

出典:boredpanda

色鮮やかで迫力あるこの絵。実は、全く目の見えないアーティストによる作品なのです! 対象を“見ない”で、どうやってこんなにすばらしい絵を描けるのでしょうか?

今回は、全盲の画家ジョン・ブランブリット氏をご紹介します。

失明してから画家としての活動をスタート

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_02
出典:Little Things

アメリカ・テキサス州のジョン・ブランブリット氏は、幼い頃から絵を描くことが大好きな少年でした。しかし、幼少期からてんかんの持病があり、発作に苦しんでいたそうです。

29歳のとき、てんかんの合併症で視力を失いはじめ、ついには全盲となります。そして、その頃から画家としての活動をスタートしました。

希望を失いかけていたブランブリット氏を救ったのが、幼い頃から親しんできた「絵を描くこと」だったのです。

対象や絵の具に“触れた感覚”で描く

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_03
出典:Little Things

全盲のブランブリット氏は、対象となるものの輪郭や色や明暗を実際に“見る”ことはできません。しかし、上の絵のように、実際の人物の肖像画を描くこともできます。いったいどうやって描いているのでしょうか?

ポイントは“触覚”です。

ブランブリット氏は、まずモデルや対象となるものに触れて、輪郭を把握します。それを頭のなかで絵としてイメージします。次に、白い絵の具で下描きをしていきます。絵の具で凹凸をつけることで、その後に色を塗る場所がわかるようにしているのです。

さらにおどろくべきことに、彼は使う絵の具の色も“触る”ことで選んでいます。絵の具に触れることで、1000種類もの色を判断できるそうです。

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_04
出典:boredpanda

出来上がった作品のすばらしさを見れば、彼の能力がいかに驚異的かは一目瞭然ですね!

視覚の代わりに触覚や記憶力が発達

盲目の偉人:ジョン・ブランブリット_05
出典:boredpanda

ブランブリット氏は、視力を失う代わりに触覚や立体感覚、記憶力が発達したと考えられます。そしてその能力を、画家としての活動に最大限活かしているといえるでしょう。

彼のように、目が見えなくなったことで別の感覚器官が発達するというケースは少なくありません。そのパターンはさまざまですが、“見える”人からするとおどろくような能力を持つ“見えない”人はたくさんいるのです。

いかがでしたか? 視力を失っても、こんなにすばらしい絵が描けるなんておどろきですよね。ブランブリット氏の他にも、全盲や弱視のアーティストはたくさんいます。この機会に、ぜひ彼らの作品をチェックしてみてくださいね!

▼加齢とともに気をつけたい目の病気はこちら
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

▼視覚とアートの関係をもっと知りたい方にはこちら!
『4色型色覚』を持つアーティストが描く絵が美しすぎる!
視力0.1の人にはこう見える!? 近視の人が見た世界を再現する絵画が幻想的
人間の脳力ってスゴイ! 努力の画家『エスレフ・アーマガン』
キャンバスは『手』! アイディアが光るトリックアート集
鉛筆だけで描いた絵が飛び出す!? 永井秀幸の3Dトリックアートがすごい!

【参考】
全盲の天才画家、ジョン・ブランブリットが描く色鮮やかな絵画|ラビトーク!
http://news.rabbitalk.com/archives/1023676478.html
全盲の画家!ジョン・ブランブリットさんが絵を描けるのは何故ですか?|ココロスキップ
http://www.cocoro-skip.com/fukushi/10135.html
Blind Artist – John Bramblitt – www.TinasArt.net – Artists With Disabilities|YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ogI6J3sgLtw

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ