• HOME
  • エンタメ
  • 「めばちこ」「めいぼ」「おひめさま」……全国でこんなに違う!「ものもらいの」呼び方
読み物

「めばちこ」「めいぼ」「おひめさま」……全国でこんなに違う!「ものもらいの」呼び方

「めばちこ」「めいぼ」「おひめさま」……全国でこんなに違う!「ものもらいの」呼び方

なんとなく目が痒い、なんとなく目がゴロゴロする……。
なんとなくから気づけばまぶたが腫れ、ときには手術を要する事態ともなる“ものもらい”。
しかし“ものもらい”とは関東地方の方言。地方によってさまざまな方言があり、学術的な名称が、また別にあることをご存じでしたか?

学術的な名称は症状によって数種類!

“「ものもらい」「めいぼ」「めばちこ」は正式な医学用語ではないので、人によって指すものが違う可能性があります。”

出典:All About『ものもらいの種類・正式名称

“ものもらい”とは、言わば通称。
試しにスマホやブラウザからWikipediaを開き、このフレーズで検索してみてください。一発では、解説ページにたどり着けません。
医学的には、まぶたが菌に感染し、膿がたまる「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」、まぶたに脂肪がたまる「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」や、その脂肪が化膿を起こしている「化膿性霰粒腫(かのうせいさんりゅうしゅ)」などに分類され、その総称を一般的に“ものもらい”と呼んでいるに過ぎないのです。

関東では“ものもらい”、関西では“めばちこ”

東日本では一般的に“ものもらい”と呼ばれる症状。「感染する、うつる」といったイメージから、「ものをもらう」が転じたものかと思いきや、福島県東白河郡には「三軒の家から米をもらって食べるとなおる」という伝承があり、「ひとからもらう」ではなく、「ひとにもらうと治る」という俗説が語源だとか。
一方、“ものもらい”に次いで一般的な呼び方は“めばちこ”や“めいぼ”。どちらも近畿地方でよく使われる表現で、語源は「目がパチパチするから“めばちこ”」という説、「目にイボができるから“めいぼ”」という説があるというから、“ものもらい”の語源よりもしっくり来ます。

宮城県では“ばか”という呼び方も!

“特徴的だったのは、宮城県での呼び名の「ばか」と、熊本県の「おひめさん」だ。”

出典:日本経済新聞:ことばオンライン『ものもらいを「ばか」と呼んだら宮城県出身

宮城では“ばか”、熊本では“おひめさん”で、どちらも「自分からは遠ざけたい存在」と気持ちを、目の病に引っかけているようです。
おばかさんを遠ざけたいのは容易に理解できますが、“おひめさん”は「わがまま放題のお姫様には、近づいてほしくありません」ということでしょうか。
ともあれ、いつも瞳を健康に、目の病を寄せ付けない生活が大切。
コンタクトレンズの連日使用を避けたり、女性の場合はまぶたのキワへのアイメイクを控えたりと目を清潔に保つのはもちろん、バスタイムにはしっかり湯船に浸かり、まぶたまでしっかり温めることも“ものもらい”の予防につながります。

▼麦粒腫について、もっと詳しく知りたい方はコチラ
目のトラブルについて~麦粒腫(ものもらい)~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
All About『ものもらいの種類・正式名称』
http://allabout.co.jp/gm/gc/301731/
日本経済新聞:ことばオンライン『ものもらいを「ばか」と呼んだら宮城県出身』
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDB1600A_W4A110C1000000/
ROHTO『ものもらいMap』
http://www.rclub2.rohto.co.jp/clinic/mono/index.htm
スマイル眼科クリニック
『ものもらいのタイプそして予防と対策について』http://www.smile-eye.com/faq/3_1.htm

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

コミュニケーションのツボはアイコンタクト!相手の目を見て話すコツ

コミュニケーションのツボはアイコンタクト!相手の目を見て話すコツ

コミュニケーションにおいて、アイコンタクトは重要な要素です。しかし、そうはいっても苦手な方も多いのではないでしょうか?

「アイコンタクトが大切なことはわかっていても、どこを見ていいのかわからず視線をそらしがち」「目ばかり見ていると恥ずかしくなってくる」とアイコンタクトの取り方で悩んでいるときに試してみたい、相手の目を見て話すコツをご紹介します!

ビジネスにおいてアイコンタクトはなぜ重要?

アイコンタクト_02

アイコンタクトをしっかり取ることはビジネスにおいてとても重要です。目と目を合わせることで、相手が自分の話していることを理解しているかどうかを判断することも、相手の話をきちんと聞いていることを伝えることもできます。

友人や家族とのコミュニケーションであれば、アイコンタクトを取らなくても「恥ずかしがり屋だから」と許してもらえるでしょう。

しかし、ビジネスにおいては「信用できない」「心ここにあらず」と思われてしまう可能性があり、アイコンタクトがなければリスクの高いコミュニケーションとなってしまうのです。

アイコンタクトを取らないと絶対にコミュニケーションが取れないわけではありませんが、営業などで想いを伝えたいときや、相手から何かを引き出したいときにはアイコンタクトが大切であることは覚えておきましょう。

会話中のアイコンタクトは目を見なくてもOK

アイコンタクト_03

会話中のアイコンタクトでは、目を見なくてもOKです。特に流れるように会話を繰り広げているようなときには、目をじっと見つめていると、相手に威圧感を与えてしまう可能性もあるため、適度に視線をそらすこともポイントになります。

会話の中で覚えていてほしいことや確認したいことでは、相手の目をしっかりと見つめてアイコンタクトを取る必要がありますが、そうでないときには、眉間の辺りに視線を合わせてぼんやりと見つめるようにしてみましょう。

目をハッキリ見ているわけではないので気恥ずかしさは和らぎ、相手の目の辺りを見ていることで「目を見て話をしている」印象を与えることができます。

アイコンタクトを取るコツ

アイコンタクト_04

アイコンタクトを取るコツは、眉の辺りをぼんやりと見るようにすることもひとつですが、「アイコンタクトを取るぞ」と目で見ることに意識を向けるのではなく、会話の内容や、自分の心・考えに意識を集中させるのも一手です。

目で見ることから意識がそれることで、「どこを見たらいいのだろう」「顔の表情はどうしたらいいかな」といったことを考えずに会話を続けられるようになります。

また、相手の目を見るときも、30秒程度で視線を外すようにするのがコツです。41秒以上見つめ続けると相手に圧迫感を与えてしまうという研究結果も出ているため、ここぞというときだけ相手の目を見て、スッと視線を外すのがポイントになります。

アイコンタクト_05

コミュニケーションのツボであるアイコンタクトですが、見つめ続けすぎるのもマイナスイメージにつながってしまいます。

相手の目を見ることを苦手に感じているなら、まずは眉間の間に視線を持っていき、相手を見ることではなく会話や自分の考えに意識を向けてみてください。

それに慣れてきたら、しっかり伝えたいことをいうときだけ30秒ほど目を見るようにして、アイコンタクトマスターを目指してみましょう!

▼コミュニケーションに関するこんな情報も見てみよう!
オランウータンとヒトの目は似ている? 共通点は “コミュニケーション”のとり方にあった!

▼仕事のし過ぎで目に疲れがたまっていませんか?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
視線が苦手?相手の目を見られない人がやるといい2つの方法|「マイナビウーマン」
https://woman.mynavi.jp/article/140925-178/
人の目を見て話をするコツ|現役·心理カウンセラーの『知って得する心理学』+α
https://ameblo.jp/will3104/entry-11652018680.html
仕事がデキると言われている人が必ずおさえている交渉・商談の鉄則/和知鋭二郎・クロスメディア・パブリッシング(インプレス) ・2009/1/16

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ