• HOME
  • エンタメ
  • 人類の祖先は黒目だけだった!? 人間に『白目』がある理由
読み物

人類の祖先は黒目だけだった!?
人間に『白目』がある理由

人類の祖先は黒目だけだった!?<br /> 人間に『白目』がある理由

人間の目にあって、ほかの動物にはないもの。それが何かわかりますか?答えは『白目』です。どうして人間にだけ白目があるのか。その謎に迫ります。

動物の白目は奥まって目立ちにくく、人間の白目は露出して目立ちやすい

私たちの目の白い部分は、医学用語で『強膜(きょうまく)』と言います。この強膜は眼球の外壁にあたる厚さ1㎜の膜のことで、白く不透明な色から、『白目』と呼ばれています。

そしてこの白目、人間以外の動物では、ほとんど見かけることがありません。強膜そのものは哺乳類や鳥類など動物全般に備わっているのですが、人間の白目のように露出していないのです。たとえ露出していたとしても、体毛に近い色をしていて目立ちにくいのが特徴です。

shirome_02

どうして、人間だけに『白目』があるのでしょうか?

動物の白目が目立たない理由…、それは敵をあざむく術だった!

なぜ、人間だけに『白目』があるのか――。この謎をひも解くには、人類の進化の過程までさかのぼる必要があります。

人類の祖先がチンパンジーに至る系統から別れたのは、今から約600~700万年前。密林や樹上での生活から草原へと場所を移し、ほかの野生動物たちが生息する中で生活するようになった時代です。
この弱肉強食の世界において、野生動物が敵と対峙したとき、どちらの方向に逃げるのかが相手にバレてしまうと、それだけで生命の危機に陥ってしまいます。

つまり、目の中に白目があると、黒目が強調されて視線の動きが敵に見破られてしまい、都合が悪いのです。
逆に黒目だけなら視線の動きがバレるリスクはほぼありません。これが、動物の白目が露出していない理由だと言われているのです。

そのため、この時点ではまだ、人類の祖先は白目を露出していませんでした。

shirome_03

それでは、なぜ人類はデメリットである白目を露出させるようになったのでしょうか?

集団の狩りはアイコンタクト必須!だから人類の白目は進化した!

森を出て完全な地上生活者となった人類の祖先は、生きていくために集団で狩りを始めます。全方位に散らばる獲物に対して目を光らせるようになったことから、眼球の可動域は大幅にアップし、視野が拡大しました。
さらに、体の大型化や道具使用による捕獲スタイルへの変化に伴い、獲物に対する視線カモフラージュの必要性がなくなっていったのです。

その一方で必要になったのは、狩りを円滑におこなうためのコミュニケーション能力です。狩りの最中に声を上げてしまっては、獲物に勘づかれてしまいます。そこで人類の祖先は進化を遂げたのです。露出強膜を白色化(白目の露出)という進化を!

白目を露出させることで眼球の動きが際立ち、『アイコンタクト』を使って仲間に感情を伝えやすくなります。
人類の祖先はこの白目の露出によって、恐ろしい肉食動物にも十分に対抗できる狩りの術を手に入れたのです。

shirome_04

私たちの祖先が進化の過程で手に入れたものは、死の恐怖からただ逃げることではなく、目と目のコミュニケーションを通じてともに生きていくことでした。

昔から「目は口ほどに物を言う」ということわざがあります。
これは、人間の喜怒哀楽の感情を最も顕著に表すのは『目』であり、口先でうまく誤魔化しても目に本性が現れる、という意味です。

目は真実を語ります。
嘘をつく際は言葉よりも視線にご注意を。

▼目が真っ赤に充血していたら、疲れ目のサインかも!
目のトラブルについて~充血~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
電子情報通信学会−コミュニケーション装置としてのヒトの目の進化
http://www.ieice.org/jpn/books/kaishikiji/199906/19990601.html#01

黒目を10%ほど大きくすると魅力的に見える理由/美容・ファッション [キレイスタイルニュース]
http://kirei.woman.excite.co.jp/news/detail/20130517094758_esr20130517_91547/p_2

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

【閲覧注意】驚愕!メイクアップアーティストが放つ錯覚メイクの世界

【閲覧注意】驚愕!メイクアップアーティストが放つ錯覚メイクの世界

カナダ在住のメイクアップアーティスト、ミミ・チョイさんのインスタグラムが大きな話題を集めています。彼女が自らの顔をキャンバスとして描く錯覚メイク、その名も“イリュージョンメイク”が、とにかくスゴいのです!

教師からメイクアップアーティストに転身!超リアルメイクに目覚める

Been doing makeup in front of this mirror inside of my bathroom for more than 3 years now (10+ years if you count those university years when I did my own clubbing makeup, etc) No fancy lights, backdrop or even a chair — I've always enjoyed standing in that little gap between my sink and my toilet and painting away for hours. I like tight spaces, it makes me feel secure. Sometimes I have music on, sometimes my cat sits in the sink and falls asleep while watching me… It's therapeutic. I'll be moving to a new place soon which means that I will have to adapt to a new painting environment. It's both scary and exciting at the same time because I've grown so attached to my old makeup spot. But I'll adapt and maybe it will finally motivate me to invest in better equipments. ⭐️ _________________________ "INCEPTION" #makeup illusion inspired by a photoshopped image of Paul Ryan. Used @nyxcosmetics @nyxcosmetics_canada pencil and liquid eyeliners plus matte eyeshadows for this look. Lashes are all @houseoflashes "Knockout" falsies except for the littlest ones that I had to paint on. All hand-painted, took 3 hours.

MIMI CHOIさん(@mimles)がシェアした投稿 –

 

彼女がメイクの世界に足を踏み入れたのは28歳の頃。それまでは小学校の教師として働いていたものの、「自分の中の創作性が押さえつけられているような感じがした」という理由から教職を退きます。その後、地元の美容学校に通いながら独学でリアルメイクの腕を磨いていくのです。

 

特殊な道具は使わず、ドラッグストアで購入したメイク用品を愛用中

彼女が作り出すメイクは「リアル」「グロテスク」などというありきたりな言葉だけでは表現できない、パラレルワールドのような世界観が魅力です。フォロワーからは「トリックアートメイク」と賞賛され、ミミ・チョイさん本人は自らのメイクを「イリュージョン(錯覚)メイク」と呼んでいるそうです。

 

特殊メイクをはるかに超越したメイク作品の数々に、みなさんは「一体、どんなメイク用品を使っているんだろう?」という疑問を持つかもしれません。ところが、彼女が使用しているのは、ドラッグストアで購入できるごく一般的なメイクアイテムだというから驚きです。

 

「どうせCGでしょ?」という声を一掃するメイク動画を投稿して話題に

新しいメイク作品をアップするたびにインスタのコメント欄には「画像ソフトを使って写真を加工しているのでは?」という疑問の声が数多く寄せられるそうです。そこでミミさんは次のような動画をアップしています。

彼女は某海外サイトのインタビューで、次のように語っています。

「イリュージョンメイクを作るときは自分の身近なこと、自分が感じたこと、写真や絵画などから得られるインスピレーションをとても大事にしています。人とは違うユニークな作品を作りたいから、他のアーティストの作品はあまり見ません」

 

「毎回、昨日の自分が生み出した作品を越えることが目標です。私にとって1番の批評家であり、1番のライバルでもあるのは私自身ですから」

EYE OR LIP??? • I painted this eye on my lip using MAKE UP FOR EVER @makeupforeverofficial @makeupforeverca Aqua XL ink liners and color paints. Very happy that my eye doesn't look like a child's drawing anymore. Would you believe me if I told you that I did not know how to draw at all 3 years ago? This is not a result of talent, but a result of hard work, persistence, practice, practice and more practice. If you want something bad enough, if you work on it long enough, if your focus is to compare only to yourself yesterday, trust me – you will get it one day, whatever it is. Don't get me wrong – this eye definitely is not perfect but as long as it's slightly better than my last eye drawing, it's already a win for me. ✌ #performincolor

MIMI CHOIさん(@mimles)がシェアした投稿 –

時には5時間以上もの膨大な時間をかけて、1つの作品を仕上げるというミミさん。「もっと作品が見たい!」という方は、彼女のインスタグラムをフォローしてみてはいかがでしょうか?

▼メイクだけじゃない!目の錯覚にまつわる動画や写真はコチラ
目が離せない!何度も騙されてしまう、目の錯覚だらけのMV
旅の思い出にピッタリ!目の錯覚を利用した『トリック写真』はいかが?
目の前のものが消えているように見える!目の錯覚を利用したトロクスラー消失とは?

 

▼メイクやオシャレが気になる方はコチラもチェック!
可愛く盛るために何してる?“目もとオシャレ”トーク(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
MIMI CHOIさん(@mimles) • Instagram写真と動画
https://www.instagram.com/mimles/
Makeup Artist Mimi Choi Creates Mind-Blowing Optical Illusions on Herself Allure
http://www.allure.com/story/makeup-artist-mimi-choi-optical-illusions

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ