• HOME
  • エンタメ
  • 人類の祖先は黒目だけだった!? 人間に『白目』がある理由
読み物

人類の祖先は黒目だけだった!?
人間に『白目』がある理由

人類の祖先は黒目だけだった!?<br /> 人間に『白目』がある理由

人間の目にあって、ほかの動物にはないもの。それが何かわかりますか?答えは『白目』です。どうして人間にだけ白目があるのか。その謎に迫ります。

動物の白目は奥まって目立ちにくく、人間の白目は露出して目立ちやすい

私たちの目の白い部分は、医学用語で『強膜(きょうまく)』と言います。この強膜は眼球の外壁にあたる厚さ1㎜の膜のことで、白く不透明な色から、『白目』と呼ばれています。

そしてこの白目、人間以外の動物では、ほとんど見かけることがありません。強膜そのものは哺乳類や鳥類など動物全般に備わっているのですが、人間の白目のように露出していないのです。たとえ露出していたとしても、体毛に近い色をしていて目立ちにくいのが特徴です。

shirome_02

どうして、人間だけに『白目』があるのでしょうか?

動物の白目が目立たない理由…、それは敵をあざむく術だった!

なぜ、人間だけに『白目』があるのか――。この謎をひも解くには、人類の進化の過程までさかのぼる必要があります。

人類の祖先がチンパンジーに至る系統から別れたのは、今から約600~700万年前。密林や樹上での生活から草原へと場所を移し、ほかの野生動物たちが生息する中で生活するようになった時代です。
この弱肉強食の世界において、野生動物が敵と対峙したとき、どちらの方向に逃げるのかが相手にバレてしまうと、それだけで生命の危機に陥ってしまいます。

つまり、目の中に白目があると、黒目が強調されて視線の動きが敵に見破られてしまい、都合が悪いのです。
逆に黒目だけなら視線の動きがバレるリスクはほぼありません。これが、動物の白目が露出していない理由だと言われているのです。

そのため、この時点ではまだ、人類の祖先は白目を露出していませんでした。

shirome_03

それでは、なぜ人類はデメリットである白目を露出させるようになったのでしょうか?

集団の狩りはアイコンタクト必須!だから人類の白目は進化した!

森を出て完全な地上生活者となった人類の祖先は、生きていくために集団で狩りを始めます。全方位に散らばる獲物に対して目を光らせるようになったことから、眼球の可動域は大幅にアップし、視野が拡大しました。
さらに、体の大型化や道具使用による捕獲スタイルへの変化に伴い、獲物に対する視線カモフラージュの必要性がなくなっていったのです。

その一方で必要になったのは、狩りを円滑におこなうためのコミュニケーション能力です。狩りの最中に声を上げてしまっては、獲物に勘づかれてしまいます。そこで人類の祖先は進化を遂げたのです。露出強膜を白色化(白目の露出)という進化を!

白目を露出させることで眼球の動きが際立ち、『アイコンタクト』を使って仲間に感情を伝えやすくなります。
人類の祖先はこの白目の露出によって、恐ろしい肉食動物にも十分に対抗できる狩りの術を手に入れたのです。

shirome_04

私たちの祖先が進化の過程で手に入れたものは、死の恐怖からただ逃げることではなく、目と目のコミュニケーションを通じてともに生きていくことでした。

昔から「目は口ほどに物を言う」ということわざがあります。
これは、人間の喜怒哀楽の感情を最も顕著に表すのは『目』であり、口先でうまく誤魔化しても目に本性が現れる、という意味です。

目は真実を語ります。
嘘をつく際は言葉よりも視線にご注意を。

▼目が真っ赤に充血していたら、疲れ目のサインかも!
目のトラブルについて~充血~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
電子情報通信学会−コミュニケーション装置としてのヒトの目の進化
http://www.ieice.org/jpn/books/kaishikiji/199906/19990601.html#01

黒目を10%ほど大きくすると魅力的に見える理由/美容・ファッション [キレイスタイルニュース]
http://kirei.woman.excite.co.jp/news/detail/20130517094758_esr20130517_91547/p_2

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

科学捜査に欠かせない!ブラックライトの特徴と使う時の注意点まとめ

科学捜査に欠かせない!ブラックライトの特徴と使う時の注意点まとめ

「ブラックライト」というものをご存知でしょうか? ブラックライトとは、紫外線や近紫外線を中心にできているライトを総称したものを指します。

私たちが日常生活で使うライトとは程遠いですが、紫外線探傷灯やお札の偽造鑑定など、ブラックライトはさまざまな場面で活躍しています。

そこで今回は、ブラックライトALSといった、特殊なライトについてお話ししていきます。

ブラックライトはどんな場面で使われているの?

ブラックライト_02

冒頭でもお話ししたように、ブラックライトとは紫外線近紫外線を中心になって発しているライトのことです。

紫外線は可視(ヒトの目で見える波長領域)380nmよりも波長の短い光を指し、近紫外線は可視領域の400nm周辺の光を指しています。通常の可視光よりもエネルギーの高い光が出ているので、対象物に光を当てると反応が見られることが特徴です。

可視光の光をほとんど発しませんので、蛍光反応を見るために用いられます。そのため、蛍光探傷検査や、紙幣の蛍光インクの検査などに用いられることが多いのです。

ブラックライトから出る紫外線は安全なのか?

ブラックライトで使用されている光は、人工的な紫外線になります。主に人体に悪影響が出る紫外線は320nm以下という短い波長側になり、これらの光は裸眼で見たり安易に人体に光をさらしたりすることは危険です。もしブラックライトを使用する機会があったら、このような点に気を付けましょう。

科学捜査で重要な役割を果たす!ALSとは?

ブラックライト_03

ALSというライトを聞いたことはありますか? ALSとは「Alternative Light Sources」の略で、「代替光源」や「特殊光学機器」を指します。主に警察の科学捜査で用いられ、血痕などを調べる時に用いられます。何を探すか、その対象物によって光の色を変えることができるライトです。

また、ALSを使用する時はゴーグルフィルターを用います。色を使い分ける方法は以下になります。こうしてみると、色によって反応するものが分かれますね。

赤:毛髪や繊維、炭素系を確認するために用いられる。
白:暗闇の様子や車体の下を照らす、通常のライト。
橙:蛍光繊維やガラス片を捜索する時に用いられる。
青:体液や尿、染料や染みに反応する。
紫:科学捜査で最も用いられる。体液や毛髪、繊維、ブラックライトと同じように、偽造紙幣の調査にも用いられるのが特徴。

いかがでしたか? 私たちの日常生活の中でブラックライトやALSを使用する機会は少ないと思いますが、特にALSは刑事ドラマで目にする機会もあると思います。実際にどんな色が用いられているのか、見てみると面白いかもしれません。

▼特殊ライトについての解説記事は他にも!
『ブルーライト』にはご用心!LEDライトの色によって目が悪くなる!?
昼間なのに異常に眠い!その眠気の原因、『ブルーライト』かも?

▼「目が疲れたな……」と思ったら、コチラもチェック!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)
モニターばかり見ているあなたに捧げる ブルーライト対策グッズ&アプリ5選
ブルーベリー以外にもたくさんあった!眼科医が教える「目にいい食べもの」まとめ
ツライ疲れ目をセルフチェック!現代の疲れた目にピッタリのケアアイテムとは?

【参考】
Yahoo!知恵袋 ドラマのATARUで血痕?指紋?を、ライトで照らしながら見てた時にかけていた赤いメガネみたいなのって何ですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1287691477
BLACK LIGHT
http://www.blacklight.jp/about/
ブラックライト専門店 トリックポスタードットコム
http://trick-poster.com/?mode=f16

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ