• HOME
  • エンタメ
  • 人類の祖先は黒目だけだった!? 人間に『白目』がある理由
読み物

人類の祖先は黒目だけだった!?
人間に『白目』がある理由

人類の祖先は黒目だけだった!?<br /> 人間に『白目』がある理由

人間の目にあって、ほかの動物にはないもの。それが何かわかりますか?答えは『白目』です。どうして人間にだけ白目があるのか。その謎に迫ります。

動物の白目は奥まって目立ちにくく、人間の白目は露出して目立ちやすい

私たちの目の白い部分は、医学用語で『強膜(きょうまく)』と言います。この強膜は眼球の外壁にあたる厚さ1㎜の膜のことで、白く不透明な色から、『白目』と呼ばれています。

そしてこの白目、人間以外の動物では、ほとんど見かけることがありません。強膜そのものは哺乳類や鳥類など動物全般に備わっているのですが、人間の白目のように露出していないのです。たとえ露出していたとしても、体毛に近い色をしていて目立ちにくいのが特徴です。

shirome_02

どうして、人間だけに『白目』があるのでしょうか?

動物の白目が目立たない理由…、それは敵をあざむく術だった!

なぜ、人間だけに『白目』があるのか――。この謎をひも解くには、人類の進化の過程までさかのぼる必要があります。

人類の祖先がチンパンジーに至る系統から別れたのは、今から約600~700万年前。密林や樹上での生活から草原へと場所を移し、ほかの野生動物たちが生息する中で生活するようになった時代です。
この弱肉強食の世界において、野生動物が敵と対峙したとき、どちらの方向に逃げるのかが相手にバレてしまうと、それだけで生命の危機に陥ってしまいます。

つまり、目の中に白目があると、黒目が強調されて視線の動きが敵に見破られてしまい、都合が悪いのです。
逆に黒目だけなら視線の動きがバレるリスクはほぼありません。これが、動物の白目が露出していない理由だと言われているのです。

そのため、この時点ではまだ、人類の祖先は白目を露出していませんでした。

shirome_03

それでは、なぜ人類はデメリットである白目を露出させるようになったのでしょうか?

集団の狩りはアイコンタクト必須!だから人類の白目は進化した!

森を出て完全な地上生活者となった人類の祖先は、生きていくために集団で狩りを始めます。全方位に散らばる獲物に対して目を光らせるようになったことから、眼球の可動域は大幅にアップし、視野が拡大しました。
さらに、体の大型化や道具使用による捕獲スタイルへの変化に伴い、獲物に対する視線カモフラージュの必要性がなくなっていったのです。

その一方で必要になったのは、狩りを円滑におこなうためのコミュニケーション能力です。狩りの最中に声を上げてしまっては、獲物に勘づかれてしまいます。そこで人類の祖先は進化を遂げたのです。露出強膜を白色化(白目の露出)という進化を!

白目を露出させることで眼球の動きが際立ち、『アイコンタクト』を使って仲間に感情を伝えやすくなります。
人類の祖先はこの白目の露出によって、恐ろしい肉食動物にも十分に対抗できる狩りの術を手に入れたのです。

shirome_04

私たちの祖先が進化の過程で手に入れたものは、死の恐怖からただ逃げることではなく、目と目のコミュニケーションを通じてともに生きていくことでした。

昔から「目は口ほどに物を言う」ということわざがあります。
これは、人間の喜怒哀楽の感情を最も顕著に表すのは『目』であり、口先でうまく誤魔化しても目に本性が現れる、という意味です。

目は真実を語ります。
嘘をつく際は言葉よりも視線にご注意を。

▼目が真っ赤に充血していたら、疲れ目のサインかも!
目のトラブルについて~充血~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
電子情報通信学会−コミュニケーション装置としてのヒトの目の進化
http://www.ieice.org/jpn/books/kaishikiji/199906/19990601.html#01

黒目を10%ほど大きくすると魅力的に見える理由/美容・ファッション [キレイスタイルニュース]
http://kirei.woman.excite.co.jp/news/detail/20130517094758_esr20130517_91547/p_2

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

絵も3Dで表現できる時代になった!VRアートで今までになかった世界を体験しよう

絵も3Dで表現できる時代になった!VRアートで今までになかった世界を体験しよう

VRアートというものをご存じでしょうか?VRアートとは、バーチャルリアリティ(VR)の空間に、なんと3Dの絵を描いた作品のことをいいます。

今まで絵画は二次元でしたが、VRアートになれば立体的な作品になりますので、アートを”体感”することができるのです。そこで今回は、VRアートの作品や制作風景についてご紹介します。

世界初のVRアートの展覧会はサンフランシスコで開催

VRアート_02

VRアートはすでに世に広まっており、2015年6月にはサンフランシスコで初のVRアート展覧会が開催されました。今まで絵画の展覧会というと「目で見るだけ」の鑑賞でしかありませんでしたが、VRアートは三次元の空間で、自分が好きなように絵を描き、まるで絵の中に入り込むような体験ができます。

VRアートは絵を描いて終わり、という訳ではありません。描いた絵はスマホアプリを通じて共有することができます。そして「Google Cardboard」というツールを使えば、VRとして体験することもできるのです。これは紙の絵画ではなくVRだからこそ実現できることですね。

VRアートで個展を開催している”せきぐち あいみ”さん

日本ではVRアーティストとして世界初VR個展を開催されています。せきぐちさんは普段、YouTuberとしてSDペンアート動画を投稿する等の活動をされています。

こちらが、せきぐちあいみさんのVRアート(イルミネーション)の作品です。

【VR Art#12】イルミネーション/ illumination(HTC Vive/TiltBrush)

また、下の動画はVRアートの制作風景です。三次元の中で日本庭園を描かれています。一見、何も作られていないように見えてしまいますが、ヘッドセットを装着した先の世界はとても綺麗な日本庭園のVRアート作品が広がっています。

【VR Art#3】空飛ぶ日本庭園/Flying Japanese Garden(HTC Vive/TiltBrush)

そしてこちらはもうひとつのVRアートの制作風景です。「風神雷神」という作品になります。実際に筆で描かれている訳ではないですが、細部まで立体的に描かれていますね。

【VR Art#6】風神雷神/Wind and Thunder Gods(HTC Vive/TiltBrush)

いかがでしたか?幅広い業界で注目されているVRですが、VRの世界で三次元の絵を描くということも話題を呼んでいます。気になる方はぜひ、他のVRアートの作品をご覧になってみてはいかがでしょうか。

▼楽しくても見るのはほどほどに…。
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

▼VRやアートに関する記事はコチラ!
まるでその場所にいるような臨場感! 今話題の”VR”を体験できるコンテンツ3選
VRは子どもの目には危険?!斜視になるリスクとは?
子どもの色彩感覚を伸ばす秘密は身の回りの環境にある?
ゲームにスマホ…疲れている子どもの目は『妖怪ストレッチ動画』でケア

【参考】
Mogura VR 世界初のVRアート展覧会がサンフランシスコで開催。絵画は鑑賞から体験へ
http://www.moguravr.com/worlds-first-virtual-reality-painting-exhibition/
GREEN FUNDING byT-SITE 世界初!?VRアートの個展を開きたい!人気美人YouTuber せきぐちあいみがVRアートの魅力を伝えます
https://greenfunding.jp/lab/projects/1751

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ